FC2ブログ

▶『水を得た魚(うお)』

 
【2018-11ー18(日) 記】

blog_l6ne1.gif
日めくりの今日の金言  

『水を得た魚(うお)』

《解説》・・・ 自分にふさわしい場所や得意の分野を得て、生き生きとしている様子のこと。----「ことわざ辞典」 より。

blog_l6ne1.gif

今回は 文字通り、 『水を得た川魚』です。
5月初めに、 夏が近づき始めたので 川魚を飼い始めたのですが・・・夏の高い水温 (最初の頃は保冷剤や氷を入れて冷やしたのですが、間に合わなくなり、33度にもなった日がありました) にも負けず・・・半年が過ぎて、 小さかった魚も 大きくなりました♪(^^)

特に大きくなったのが・・・赤い色の「錦鯉」(?)です。
川で掬った魚ですが、 薄黒さに何か少し色が付いたような 3cmくらいの魚だったのが 8cmくらいになり、かつ 紅くなりました!
この水槽の中で 一番大きな魚です(^^)

疑問は・・・川に何故 錦鯉の幼魚が居たのか?・・・です。
飼っていた人が 川に放流した錦鯉が卵を産んで・・・川で繁殖したのかも知れませんね。

問題は これからです。
これからの寒さでは 外に出している水槽を 室内に入れて保温しないと 凍え死ぬかなあ~と 少し心配しています。
しかし・・・室内に入れると、 ただでさえ大変な一週間に一回の水替え・水槽掃除が 更に大変なことになります(^^;)
     ↓↓
Res-IMG_20181117_122413 (2)


『ブログ』のランキングUPのために、 みなさま方の御支援を お願いしまーす!!(^_-)ー☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ここを一日一回クリックして下さい!
にほんブログ村



(画像はクリックすると大きくなります・・・その拡大した画像を もう一度クリックすると 更に拡大します(^^))
blog_line1.gif

▶川釣り 《その4》 


【2018-9ー21(金) 記】

blog_l6ne1.gif

    日めくりの今日の金言  

『人を思うは身を思う』


 《解説》ーーー人に情けをかけることは自分のためになることであり、人を苦しめることは やがて自分の苦しみになるということ。 類語=情けは人の為ならず。ーーー「故事ことわざ辞典」より。

『実るほど頭の下がる稲穂かな』


 《解説》ーーー人格者ほど謙虚であるというたとえ。ーーー「故事ことわざ辞典」より。

blog_l6ne1.gif

さて、 いよいよ魚釣りです。
野草を撮った堤から  右側の川に降りていきます。
     ↓↓
Res-_143735 (2)


これが いつもの釣り場です。
左の方から右の方へ 水が流れていますが・・・正面の方からの 小さな流れが合流して、 澱みが出来て 小さな釣堀のような感じになっています♪(^^)
     ↓↓
Res-_釣り場 (2)


まず・・・餌になる川エビを掬います。
何処の川も 川エビが案外多いのは 驚きです。

掬った川エビを餌にして…釣り糸を投げ込み、 3分くらい待っていると・・・川の流れにゆっくり流されていたウキが微かに動きました。
少し待っていると また 少し動きました!
来てるな!・・・と思って 竿を静かに上げてみると・・・・途端に ブルブルブル! 
竿に魚が暴れる振動が伝わってきます。
やった!ヽ(^o^)丿 
このブルブルブルが 魚釣りの醍醐味で…この感触で釣りにハマる人が多いですね!(^o^)v
8cmくらいの「ウグイ」 でしょうか?
喜んで、用意したバケツに入れます。

餌を付け替えて・・・また流れが澱んでいる所に投げ込みます!
1分くらいで 浮子が少し動きました! 一呼吸待って 竿を上げます!
2匹目の「ウグイ」 GETです!

更に もう一匹・・・10cmくらいの「オイカワ」のような魚を釣り上げて・・・もう充分です。
     ↓↓
Res-_ugui.jpg


帰ろうと、川の中を歩いていると・・・頭の上から声が!
見上げると・・・幼児を抱いたお母さんが・・・
 『すみません・・・何かいますか?』
 「はあ・・・小さな魚とか川エビとか・・・」
 『研究者の方ですか?』
 「いえいえ ここで釣ったり、掬ったりして 家の水槽で魚を飼っているのです」
 『私も 子供を自然に親しませたくて・・・魚を掬おうと・・・』 (と言いながら 網を見せる)
 「ああ いいですね! K森の近くの川まで行くと、お子さんを遊ばせることが出来ますよ。 水が綺麗な浅い川で、砂地ですから、泳げますしね」 
 『そんなに良い所があるのですか・・・今度行ってみます』

そんな話をしていると・・・また、別の車が止まり・・・網を持ったカップルがやって来て・・・『何か居ましたか?』

私が ここで魚を釣ったり、掬ったりしているものですから、学校帰りの中学生が 自転車を停めて 川辺で遊ぶようになったし・・・魚を掬う人が来るようになったし・・・人が集まり始めました♪(^〇^)


釣った魚は大切に持ち帰り・・・家の水槽に放すと・・・勢いよく泳ぎ始めました!
     ↓↓
Res-_165924 (2)

Res-_3621 (2)


『ブログ』の ランキングUPに---みなさま方の御協力を---お願いします!! (^_-)ー☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ここをクリック!
にほんブログ村




(画像はクリックすると大きくなります・・・その拡大した画像を もう一度クリックすると 更に拡大します(^^))

blog_line1.gif

▶ 川魚の危機!

  
【2018-7ー18(水) 記】

blog_l6ne1.gif

日めくりの今日の金言

『海のことは漁師に聞け』

《解説》・・・ その道のことは、その道の専門家に相談するのが最善の方法だということ。・・・故事・ことわざ辞典オンラインより。


『早寝早起き 病知らず』

《解説》・・・ 早寝早起きの習慣をつければ、健康に恵まれて病気もしないということ。・・・故事・ことわざ辞典オンラインより。

blog_l6ne1.gif


風邪気味の上、 酷暑なので 自然観察を休んでいます(^^;)

朝、 餌をやろうと思って 水槽の蓋を開けた時、 水温計の目盛りに気が付きました!
ぎゃあー! 32℃にも!
淡水魚にとっては 高温過ぎます!
慌てて、ビニール袋に氷を詰めて 水槽に入れました。
しかし・・・水を冷やすには 大量の氷が必要でしょう!
氷が そのうち足りなくなる・・・そうだ!100均へ行って「保冷パック」を買って来よう!

ところが100均へ行ってみると・・・「アイスノン」の様なものしか置いていません!
それでは・・・と、以前 「保冷パック」を買ったことがあるスーパーへ 酷暑の中 車を走らせます。
ありました!  「保冷パック」 10個 1000円也!
水槽で泳ぐ魚を良い環境で育てるには 手間と経費が掛かりますね!(^^;)

帰途、 スーパーに寄り 買い物をしたついでに・・・氷を2袋 もらいました。
これを、水槽に入れると みるみる温度が28℃まで下がりました。
これからは 保冷剤と冷蔵庫の氷、 足りなくなると スーパーで氷を貰って、 何とか水槽の水温を下げたいと思います。
上手く行けばいいのですが・・・ (^^)

《保冷パックです。 溶けると冷凍室で凍らせて、何度でも使えます》
Res-horeipakku _保冷

  
今日のブログ ↑↑・・・如何でしたか? 
宜しければ、 下の『ブログ ランキング』のバナー(工事監督さん)をクリックして下さい!! (^_-)ー☆

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ここをクリック!
にほんブログ村


blog_line1.gif

(画像はクリックすると大きくなります・・・その拡大した画像を もう一度クリックすると 更に拡大します(^^))

blog_line1.gif


▶メダカ

  
【2018-7ー16(月) 記】

blog_l6ne1.gif

日めくりの今日の金言

『大海の一滴』

《解説》・・・ 大きな海の中の一滴の水のように、果てしなく広いところにきわめて小さなものがあることのたとえ。・・・故事・ことわざ辞典オンラインより。


blog_l6ne1.gif


風邪気味なので、 自然観察を休んでいます(^^;)
今日の早朝、ゴミ出しに外に出たら・・・セミの大合唱していたので ビックリ!
ついに 本格的な夏が来ましたね!


以前、 何方かが コメント欄で、 「メダカが居ない」 と仰った時、 「探せば居ますよ」と気軽に書いたのですが・・・実は・・・;
川を覗くと、 数匹が群れになって泳ぐ・・・この魚を メダカだと思っていたのです。
ところが、 尾びれなど 黄色くなっている このような魚は、 メダカじゃなくて 他の魚の幼魚だそうですね(^^;)

それでは 自然が残っている 別の所には居るだろうと・・・あちら こちらの池や小川でメダカを探したのですが・・・メダカは どこにも居ないですね!(^^;)
やはり、 絶滅危惧種になっているだけのことはあります(˃_˂)   
  《メダカは、 1999年に環境庁(現環境省)によって絶滅危惧種2類に指定されています》

先日、 農協(JA) の園芸コーナーで メダカを売っているのを見ました。
一匹100円だったのですが・・・買うのは良くないので・・・横目で見て 通り過ぎました(^^)
何処の小川にでも 群れて泳いでいた 身近なメダカですが・・・値段がつく 恐ろしい時代になったものですね!(- - ::) (˃_˂)
      
  《これが メダカだと思っていました(^^;)》
Res-Res-sakana__92 (2)


メダカに興味がある方は、ここ ↓↓ を御覧下さい。

  生きものがたり_かつては身近だったメダカ 現在は絶滅危惧種に
 
  メダカ - Wikipedia

  メダカは絶滅の危険性が増大している種 絶滅危惧2類(VU) 


  童謡「メダカの学校」(youtube)です、
  
今日のブログ ↑↑・・・如何でしたか? 
宜しければ、 下の『ブログ ランキング』のバナー(工事監督さん)をクリックして下さい!! (^_-)ー☆

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ここをクリック!
にほんブログ村


blog_line1.gif

(画像はクリックすると大きくなります・・・その拡大した画像を もう一度クリックすると 更に拡大します(^^))

blog_line1.gif


▶川釣り

  
【2018-6ー28(木) 記】

日めくりの今日の金言

   『情けは人の為ならず』

《解説》・・・人に情けをかけるのは、その人のためになるばかりでなく、やがてはめぐりめぐって自分に返ってくる。人には親切にせよという教え。・・・・・故事ことわざ辞典より。


blog_l6ne1.gif

川魚掬いや 川釣りにハマってしまい、 自然観察が 疎かになっています(^^;;)
昨日は 田んぼが広がる隣の市の小川へ 第2回目の川釣りに行きました。

100均で100円で買った「釣り道具一式」の仕掛けは 針が大きくて、 小魚は釣れそうにないので・・・まず、釣具屋に寄り、小さい針を買いました。 
竿も 歪んだような 変な竹竿では恥しいので、 グラスファイバー製の振り出し竿(全長2.8m)を一本買いました(1000円也)
^^;;
エサも買おうと思ったのですが・・・川魚を掬いに行った時に 川エビが沢山掬えたことを思い出し・・・(エサは買うことはない・・・川エビにしよう) と、思いつきました!

川に着きました。
まず川エビを掬います。
何とか川に降り 川の中を歩ける・・・こんな川です。 
     《スマホ写真です》
     ↓↓
川


草陰を掬いながら下流の方に歩いて行きます。
オタマジャクシ、ザリガニや 川エビが多い川です。 
たまにフナやカワムツ(?)などが掬えます♪(^^) 
     ↓↓
_2川 (2)
 
釣り場は こんな所です。
タンボの水が川に入って来るところで、 水深1.5mくらいの 淀みが出来ています。
     ↓↓
_川_3


右の方が上流で、 ここから2km先に行くと この川の源流である池があります。
     ↓↓
_川_4


掬った川エビを小さな針にひっかけて(チョン掛けして)・・・いよいよ川釣りの開始です(^^)
座る場所が無く 立ったまま釣りますが・・・強い陽射しの下・・・(これじゃ 熱中症になるなぁ)・・・と思いましたね(^^;;)
麦藁帽子を被り、 氷が入った 冷たい麦茶は水筒に入れて 携行しているのですが・・・日陰が無いので 汗が吹き出します(-_-;)

10分くらいウキを見ていると、 何だかウキの動きが 変です。
竿を上げると・・・途端に竿がブルブル!
やった!・・・と思って更に竿を上げると・・・小魚が空中に舞い 銀色が煌(キラ)めきました!
体調6cmのモツゴ(?) でした!
初めての小魚GETです!v(^o^)
ハリから外して、 用意したバケツの中へ・・・生かしたまま 持って帰ります♪(^^) 
     ↓↓
__MG_20180627_104600 (2)


続けて、川エビを針にチョン掛けし、 釣りを続行!
ウキを見ている目の片隅に 飛んでいる何かが見え・・・留まりました(^^)
トンボです。
この留まり方は・・・コフキトンボかと思ったのですが・・・ハラビロトンボでした。
デジ一眼を車から取り出し・・・カシャリッ!
こんな所にも ハラビロトンボが居るのですね(^^)
     ↓↓
Res-harabirotonbo__75 (bb)


釣りを続行していると・・・頭の上から 何か声が降って来ました ^^;;
見上げると、 帰宅途中の中学生・・・男女3人が自転車を止めて・・・「何をしているんですかぁー?」
(何をしてる?・・・見れば判るだろう?・・・釣りをしたことが無いのかな?)・・・と思いつつ・・・にこやかに・・・「魚釣りだよ~!」
「何が釣れるんですかぁー?」
「フナ!」 ・・・と、 誰でも知っていそうな魚の名前を云うと・・・「ああ フナですか・・・釣れるといいですね」 と言って、 去って行きました(^^)

ところが・・・一匹釣れたら 後が続きません(^^;;)
強い陽射しで 熱中症になりそうなので 帰ることにして・・・堤防道を走っていると・・・あれっ? あれは?
ゴイサギが川の中に!
車窓から一枚撮らせてもらいました!
     ↓↓
Res-goisagi__14 (2)

帰宅して、釣った魚を水槽に入れたら・・・勢い良く 泳ぎ出しました!(^-^)
浄水器兼エアーポンプを2台設置していますから 酸素は十分なのですが・・・そろそろ水槽は満杯ですね(^-^)
     ↓↓
_すいそう_新 (2)



今日のブログ ↑↑・・・如何でしたか? 
宜しければ、 下の『ブログ ランキング』のバナー(工事監督さん)をクリックして下さい!! (^_-)ー☆

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ここをクリック!
にほんブログ村


blog_line1.gif

(画像はクリックすると大きくなります・・・その拡大した画像を もう一度クリックすると 更に拡大します(^^))

blog_line1.gif

▶水槽の魚たち 

  
【2018-6ー19(火) 記】

blog_l6ne1.gif

日めくりの今日の金言

   『今日の一針、明日の十針』

《解説》・・・「すぐにしなければならないことを先延ばしすると、余計に手間がかかるということのたとえ。今日なら一針縫えば済むのに、明日に延ばせばほころびが広がり、十針も縫わなければならなくなるという意から。・・・・・ことわざ辞典より。


   『楽あれば苦あり、 苦あれば楽あり』

《解説》・・・ 人生はいつも楽しいことばかりではなく苦しいこともある、逆に苦しいことばかりではなく楽しいこともあるということ。
単に「楽あれば苦あり」「苦あれば楽あり楽あれば苦あり」とも言う。江戸いろはがるたの一つ。・・・・・「故事・ことわざ辞典オンライン」 より。


blog_line1.gif

今、水槽で育てている魚は、 隣の家からもらった金魚の他は、 郊外の川で掬って来た魚ばかりです。
     ↓↓
6_18_kawamotsu (BLOG)


水槽で育てているのは、 フナ、ドジョウ、 ハゼのような魚、 川エビなどですが・・・以下の魚を ご紹介します。

これは『カマツカ(コイ科)』 です。
カマツカは初めて見る魚で、このような淡水魚も生息して居るのだと・・・ビックリです!
常に水槽の底に居て、 底に溜まったエサを食べてくれるので・・・水槽の食べ残りエサ処理係として 重宝してます(^^)   
     ↓↓
kamatsuka_2.jpg


カメラ嫌いで、スマホを近付けると・・・遠くの方へ行ってしまい、 撮るのが大変でした(^o^)
     ↓↓
kamatsuka_1.jpg


この魚が 何だか良く判りません。
『カワムツ』(コイ科)』なのか、『モロコ(コイ科)』なのか、『『アブラハヤ』(コイ科ウグイ亜科』)なのか??
     ↓↓
sakana__19_1.jpg


『カワムツ』の可能性が 一番高いです。
     ↓↓
sakana__19_2.jpg


これまで掬った魚の中で 特に嬉しかったのは・・・薄い紅黄色の色がついた この幼魚たちです。
川の中の 取り残されたような 深い淀みに居ました。
小さ過ぎるので、 ドジョウやハゼや 他の魚たちに食べられるのではないかと思い、ペットボトルに穴を開けて その中に入れ、 他の魚たちと 隔離していますv(^o^)
何魚の幼魚か判りませんが・・・宝石のような幼魚で、大切に育てていますv(^o^)
     ↓↓
IMG_20180607_103035 (1)


『カマツカ(コイ科)』
体長12〜25cmぐらい。口は小さく下向きで、かつ下向きに伸ばすことができる。1対のヒゲがある。体色は背側が薄い褐色腹側は銀白色。体側中央に7〜9個の不明瞭な暗斑がある。胸、背、尾の各ヒレに小黒点がある。側線は完全でまっすぐに走る。
河川の中〜下流域、清澄な湖などの砂底や砂礫底に生息。

『カワムツ(コイ科)』
外形はオイカワによく似ている。体側に幅広い青紫色の縦帯があることで、オイカワと区別ができる。大きいものは20cmに達する。
流れのゆるやかな草木の影になったような所や細流に群れていることが多い。

『モロコ(コイ科)』
細長い体型で背および腹は丸みをおびている。全長6~15cm程度。側線は完全で、体側中央を直走している。いずれも1対のひげをもつが、種によって長短がさまざまである。体色は背が緑褐色でそれ以外は銀白色である。また側線にそって不鮮明な黒色の縦筋がある。平野部の河川や汽水域、池、沼、湖、農業用水などに棲む。

『アブラハヤ(コイ科ウグイ亜科)』
国内では福井県・岡山県より東の本州に分布する。府内では猪名川水系 、淀川水系、大和川水系から生息記録があるが、同じヒメハヤ属のタカハヤと混同されていた可能性があり、確実な生息水域は明らかではない。あるいは府内では生息しないか、生息したとしてもきわめて個体数は少ないと推定される。体表はぬめりが強く、油を塗ったようにぬるぬるするハヤというのが名前の由来であろう。
 水温の低い場所に生息することが多く、府内の生息記録は河川上流部に限られる。淵や平瀬の底層にいて、底 生動物、付着藻類、落下昆虫などを食べる雑食性である。産卵期は春~初夏にかけて。淵や平瀬の砂泥底に群れになって産卵する。雌が河床に頭から突入し、雄が続いて突っ込んで放精して砂礫中に卵は埋め込まれる。


  (●出典ーーー《蒼社川魚図鑑》《大阪府立環境農林水産総合研究所》など。)


今日のブログ ↑↑・・・如何でしたか? 
宜しければ、 下の『ブログ ランキング』のバナー(工事監督さん)をクリックして下さい!! (^_-)ー☆

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ここをクリック!
にほんブログ村


blog_line1.gif

(画像はクリックすると大きくなります・・・その拡大した画像を もう一度クリックすると 更に拡大します(^^))

blog_line1.gif

▶フナ(鮒)

  
【2018-6ー17(日) 記】

blog_l6ne1.gif

日めくりの今日の金言

   『親の背を見て子は育つ』

《解説》・・・「ことわざ辞典」には ありませんが・・・子供は、親の行動を見て、それが良いことと思い、 自分の行動の基準にすることなのでしょう。
なので、親は 自分の行動に気を付けないといけないと云うことになります。


blog_line1.gif

思い掛けない便利な、安いものを 置いているものですから・・・最近は良く 100均を覗いています。
例えば・・・量販店で800円もする 頑丈なアルミ製のボディの 「LED懐中電灯」 が100円!
川魚を育てている水槽の水を浄化する部品がホームセンターでは800円が 100均では200円!
断然 安いです! 品質も変わりませんv(^o^)
それで、 (こんなものが欲しい) と思ったら、 まず100均を覗く 「習慣」をつけようと思っています♪(^^) 

100均の「趣味のコーナー」を見ていると・・・目に付いたものが 簡単な 《釣り道具セット》!
勿論、100円です!
(これを買って・・・小魚を釣って・・・育てている川魚の仲間を増やそう)・・・と閃きました!

その継ぎ竿と仕掛けを持って、 小川へ魚釣りに出掛けました。
エサは 「パンの耳」です。
糠を炒り、 小麦粉を加えて練った「コマセ(寄せエサ)」も用意しました♪(^^) 

ところが・・・3カ所 場所を変えたのですが・・・全くアタリがありません!
諦めて・・・「パンの耳」も、 「コマセ(寄せエサ)」も 魚たちに提供して・・・タモでの魚掬いに変更しました(^o^)

ところが・・・川は防災のため、 両岸をコンクリートで固め、 川に降りる所も無い川ばかりです。
川魚を育て始めてから 初めて気付いた事ですが・・・もう少し、《親水公園》のようなものを増やして、 子供たちが自然に親しむきっかけとなる川 にすることも 必要ではないか・・・と、思いましたね。

少し深みの所で、 長靴に水が入らないか・・・心配しながら ドジョウ掬いの要領で 草陰の魚を追うと・・・タモがプルプルと振動を伝えます♪  
急いでタモを揚げて 水を切ると・・・フナ(鮒)の幼魚がとれていました!
自分で掬ったフナ! 
幼い子供が喜ぶように・・・嬉しかったですね!(*^^*)

直ぐに蓋付きバケツに入れて 持ち帰り・・・水槽に入れると・・・フナは勢い良く泳ぎ出しました!
  ↓↓
funa_ (2)


ところが・・・先住者の金魚が・・・このフナを 追い回すのです ^^;;
今まで 金魚の周りは 小さな魚ばかりだったので・・・金魚がボス顔で威張っていたのですが、 自分より ほんの少しだけ小さいフナが来たので 縄張りを守ろうとするのか??・・・フナに接近しては身体を擦りつけているのです。
まさか、フナに恋をしたわけじゃないでしょう (^○^)

2時間後に また見に行ったら・・・もう、 何事もなかったように 離れて泳いでしました(^-^)
     ↓↓
funa_ (1)


今日のブログ ↑↑・・・如何でしたか? 
宜しければ、 下の『ブログ ランキング』のバナー(工事監督さん)をクリックして下さい!! (^_-)ー☆

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ここをクリック!
にほんブログ村


blog_line1.gif

(画像はクリックすると大きくなります・・・その拡大した画像を もう一度クリックすると 更に拡大します(^^))

blog_line1.gif

▶番外編__川魚の名前

  
【2018-5ー17(木) 記】

blog_l6ne1.gif

日めくりの今日の金言

   『小さく生んで大きく育てる』

{解説}・・・事業なども小資本で始め、だんだん大きくするのがよいやり方だということ。ーーー故事・ことわざ辞典より。


blog_line1.gif

昨日、市内の池に行き トンボを撮っていたのですが・・・絶滅危惧種の『ベニイトトンボ』に出会いました!
数年前に 一度見かけて ビックリしたのですが・・・もう居なくなったと思っても 数年に一回くらい出て来るのです。

その 『ベニイトトンボ』 の写真をUPしようと思ったら、 RAWで撮ったようで・・・画像の拡張子が「JPEG」ではなくて、 「NEF」 になっていて、 画像の編集が出来ません(^^;)
後で 画像をJPEGに変換して 追って 『ベニイトトンボ』を ご紹介します♪(^^) 

さて、 今 飼っている川魚で、一番多い種類は・・・この魚です。
名前が 判らないので、 今日 「錦鯉センター」へ行き、 店主に聞いてみようと思います。

この魚です。
   ↓↓
①モロコ モツゴ ウグイ5_RET

「淡水魚図鑑」を見ると・・・『イトモロコ』 や『『ヌマムツ』』や『カワムツ』にも似ているのですが・・・『アブラハヤ』 がピッタリ来ます!
しかし・・・コイ科コイ目に属する淡水魚で、オイカワやウグイやカワムツなどを総称して、『ハヤ』と呼ばれるらしいので、 「ハヤ」にしておけば、 間違いないでしょうね(^^;;)


blog_line1.gif



今日のブログ ↑↑・・・如何でしたか? 
宜しければ、 下の『ブログ ランキング』のバナー(工事監督さん)をクリックして下さい!! (^_-)ー☆

    にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ここをクリック!
にほんブログ村


blog_line1.gif

(画像はクリックすると大きくなります・・・その拡大した画像を もう一度クリックすると 更に拡大します(^^))

blog_line1.gif

プロフィール

 ▶白竜 (はく りゅう)

Author: ▶白竜 (はく りゅう)
2004年から、自然写真を撮りながら森や野山をノ~ンビリ歩き、素晴らしい日本(東海地方)の四季を楽しみつつ、自然環境や生きものたちの変化を観察しています。【管理画面へ】
 ********
ブログ・ランキングに参加しています.にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ/日本ブログ村/
 ********

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
■新カウンター(2015_2_~    
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED     本日: SEO対策はUNFINISHED       昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED
QRコード
QR
日めくり
ランキング