▶トンボ 発見! (その2)


【2017-4-29(土) 記】    

先の方へ進むと・・・翅が古くなったツバメシジミ(幼虫で越冬)が、日光浴中でした(^^)
     ↓↓
Res-tsubameshijimi__553 (2)


池の水辺に立つと・・・まず目についたのは・・・アメンボウでした(^^)
     ↓↓
Res-amenbou__669 (2)


カップルの重さでも沈まない・・・不思議ですね~(^○^)
     ↓↓
Res-amenbou__654 (2)


絶滅危惧種(?)の「コウホネ」(河骨、川骨)が 咲いていました(^^)
     ↓↓
Res-hana_kouhone__368 (2)


根茎が骨のように見えるのが、 コウホネ(河骨、川骨)の名の由来のようです(^o^)
     ↓↓
Res-hana_kouhone__386 (2)


遠くで カイツブリが何かを捕まえて・・・大きな獲物を食べるのに 四苦八苦していました(^o^)
      ↓↓
Res-kaitsuburi__767 (2)


水辺には、食虫植物の「トウカイコモウセンゴケ」がありました。
粘液を出して 獲物が来るのを待っているようでした(^^)
     ↓↓
Res-toukaikomousengoke__698 (2)



blog_line1.gif
ブログランキングに参加しています(^-^) 
 ⇊ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

blog_line1.gif


▶トンボ 発見! (その1)


【2017-4-28(金) 記】    

やっと晴れたので、久しぶりに “いつもの丘陵地”の 池の周りを歩いて、自然観察ですd (^^) 
狙いは もう飛んでいるはずの 『シオヤトンボ』です!

池の近くの湿地で 「フデリンドウ」・・・らしいのを見て・・・(^-^)
     ↓↓
Res-hana__275 (2)


Res-hana__302 (2)


Res-hana__296 (2)


歩いて行くと・・・
トンボが フッ~ と 飛んできました!♪(^^) 
これが 早春から飛ぶ 『シオヤトンボ』ですd (^^) 
羽化して相当日が経っているようで・・・腹部に もう粉を吹いています。
     ↓↓
Res-shioyatonbo__347 (2)


小さな 小さな 昆虫も飛んできました!
名前を調べるのは 相当難しそうです(-_-;)
     ↓↓
Res-konchuu__336 (2)



池に沿った道の入り口のところに来ると、紫色の花が咲いていました(^^)
(スミレだな・・・何スミレだろう?) と思って、撮ってから、カメラの液晶を見ると・・・スミレではありません(^ ^;)
この花は 以前 図鑑か何処かで 見たような気もするのですが・・・何でしょうか?
     ↓↓
Res-hana__569 (2)


辺りを見回すと・・・案外咲いています!(^^)
     ↓↓
Res-hana__575 (2)


【追記】・・・検索すると・・・「春に咲く野の花」で見つけました!
ヒメハギ(姫萩)でした!♪(^^) 


希少な花のようですから、もう一枚追加します(^-^)
     ↓↓
hana_himehagi_zaiko_3.jpg




ーーー▶トンボ 発見! (その2) へ(^^)




blog_line1.gif
ブログランキングに参加しています(^-^) 
 ⇊ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

blog_line1.gif


▶野鳥の森” へ (その3)

【2016-10-26(水) 記】   

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『小さな親切が大きな感謝を生む』


blog_line1.gif


順序が逆になりましたが・・・この森に来て、森の中を歩き始めた時に・・・道端の草の葉の上に カメムシを見付けました。
     ⇊
a_Rs-kamemushi__15 (2)


帰宅してから調べると、『マツヘリカメムシ』 でした(^o^)
     ⇊
a_Rs-kamemushi_24 (2)


ヤマトシジミも、まだ元気です(^^)
     ⇊
a_Rs-yamatoshijimi__9 (2)


自然愛好家のボランティア・グループが管理している湿地を覗くと・・・木道の上に「マユタテアカネ」が居ました。
     ⇊
a_Rs-mayutateakane__57 (2)


近寄ると 飛んで草の葉に・・・あまり元気がないです(-_-;)
     ⇊
a_Rs-mayutateakane__197 (2)


坂道を登り、池の近くの草原に来ると・・・背丈くらいの低い木に、トンボが留まっていました(^_^)
     ⇊
a_Rs-akiakane__201 (2)
 

このトンボ・・・胸部(翅胸)の黒条が良く見えないので 暫く待っていると・・・風が吹いて 翅を上げたので、翅胸が見えました! 
     ⇊
a_Rs-akiakane__219 (2)


黒条が、筆の先のように尖っている(赤・矢印)ので・・・この2—3年 数を減らしている「アキアカネ」と判ります。
     ⇊
akiakane.jpg




このトンボは、翅の先に 黒斑があります。
     ⇊
a_Rs-konoshimetonbo__279 (2)


翅の先に 黒斑があるトンボは、
 ①ノシメトンボ
 ②コノシメトンボ
 ③リスアカネ
 ④マユタテアカネの♀(雌)の一部
の4種類だけですので、このトンボは この中のどれか・・・と云うことになります。

同定するためには、胸部(翅胸)の黒条を見なければならないのですが・・・翅が邪魔をして 良く見えません^^;;
     ⇊
a_Rs-konoshimetonbo__269 (2)


翅を上げたので・・・黒条が見えました! 
希少種になった 「コノシメトンボ」 ♀(雌)でした!
     ⇊
a_Rs-konoshimetonbo__286 (bb)




こちらのトンボも、翅の先に 黒褐色斑があります。
     ⇊
a_Rs-risuakane__245 (2)


胸部(翅胸)の黒条が良く見えないのですが・・・顔面を含め 全身が紅くなっているので、コノシメトンボの♂(雄)だと思います♪(^^)
     ⇊
a_Rs-risuakane__250 (2)



blog_line1.gif



『今日のブログ記事 イイネ 拍手だ と思われた方は、
 このバナー ⇊ を ポチッ と お願いします!♪m(_ _)m


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村

  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)


*


                ●「コメント」送信は この下⇊ にあります●

▶快晴! 標高701mの頂上へ!

【2016-10-11 (火) 記】   

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『喜びの一日は悲しみの二日に優る』


blog_line1.gif


カメラのソフトの更新・・・ご参考まで。
 購入したデジ一眼の「D7200」のWebページを何となく開いたところ・・・2016年2月から、「D7200」用ファームウェアや、 「ゆがみ補正データ」が ダウンロード出来る旨の “お知らせ"が ありました!
(へぇー カメラには こんなことがあるんだ)と、 初めて気付きました。
それで、 ダウンロードの仕方を読み、 恐る恐るやってみました!
幸いにも「カードリーダー」を持っていたので、それを使用して 上手く更新出来ました。
 
C社でも、同じようなカメラのソフトの更新があるようです。
例えば、EOS 7D Mark II は、 ファームウエア Version 1.1.0への更新が出来るようです。

blog_line1.gif


“野鳥の楽園”から20km移動して・・・標高701mの頂上へ「ミヤマアカネ」を撮ろうとやって来ました(^^)
ところが、 例年、「ミヤマアカネ」を撮っているところは 工事中で立ち入り禁止になっていました!(^^;)

仕方がないので、 頂上周辺を歩いていると・・・「ツリガネニンジン」が咲いていました!
     ⇊
a_Rs-hana_tsuriganeninjin__127 (2)


柵の上に トンボが留まっています(^^)
     ⇊
a_Rs-nekitonbo__222 (2)


翅の付け根が黄色いので・・「ネキトンボ(根黄トンボ)」です!
     ⇊
a_Rs-nekitonbo__231 (2)

a_Rs-nekitonbo__412 (2)

a_Rs-nekitonbo__397 (2)


また、ウラナミシジミに会いました!
     ⇊
a_Rs-uranamishijimi__320 (2)


標高701mの山頂まで 飛んで来るのですね!
     ⇊
a_Rs-uranamishijimi__332 (2)


鳥が飛びました!
メジロでしょうね♪(^^)
     ⇊
a_Rs-mejiro__289 (2)

と云うことで・・・久し振りに快晴の この日は、 85kmも走りました(^^;)
野鳥、トンボ、チョウに出会い、楽しい一日でした(^o^)

blog_line1.gif 


新井さんへ(連絡事項)
毎日、この ツタナイBlogを見て頂いているそうで、ありがとうございます!
コメントまで書いて頂ける由、 恐縮ですm(_ _)m
書き方は・・・この画面の一番下の 右の方に 花の絵があるでしょう?
その花の絵の左に・・・「 2016-10-10(00:01) : 野鳥 : コメント 3 」 という一文がありますね。
その一文の 「コメント :」のところを クリックすると、 コメントを書く画面が出て来ます。
よろしく お願いします!♪(^^)

blog_line1.gif 

 
ブログ・ランキングに参加していますので、 『今日のブログは イイネ 拍手だ 
と思われた方は、このバナー ⇊ を クリックして ご支援下さい!♪m(_ _)m)



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村

  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)

*


                ●「コメント」送信は この下⇊ にあります●

▶ゼフィルスの森で (その2)__コノシメトンボ

【2016-9-27(火) 記】   

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『何よりも健康は第一の富である』


blog_line1.gif

ゲンノショウコの花を撮り、森の中を歩き始めると、直ぐに出会ったのは・・・久し振りの『ツバメシジミ』でした(^^)
     ⇊
a_Rs-tsubameshijimi__2016 (2)


この花は 皆さんが最近紹介されている、『ヤブマメ』でしょう(^^)
     ⇊
a_Rs-hana_yabumame__2116 (2)


トンボも飛んで来ました!
翅の先端に、黒い斑紋があります。
この様な翅のトンボは、次の4種類だけです。

(1)ノシメトンボ・・・・大型のトンボ。 赤くならない。
(2)コノシメトンボ・・・・ノシメトンボより小型。 ♂(雄)は顔から全身が赤くなる。
(3)リスアカネ・・・腹部背面が赤くなる。
(4)マユタテアカネ♀(マユタテアカネ♀には、翅の先端に、黒の斑紋があるタイプとないタイプの2種類が居ます)。腹部は赤くならない。

胸部(=翅胸)をみると・・・黒条は、この下の図のようになっているので・・・『コノシメトンボ』ですね。
     ⇊
431c[1]


この数年で、極めて数を減らし、少なくなっているトンボです。
     ⇊
a_Rs-noshimetonbo__2185 (2)


ーーーー▶ゼフィルスの森で (その3) へ。


blog_line1.gif 
 


ブログ・ランキングに参加していますので、 『今日のブログは イイネ 拍手だ 
と思われた方は、このバナー ⇊ を クリックして ご支援下さい!♪m(_ _)m)



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村

  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)

*


                ●「コメント」送信は この下⇊ にあります●

▶ハッチョウトンボ

【2016-9-23(金) 記】   

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『人を動かすには真心をもって』


blog_line1.gif

 
今日も 時折 小雨が降りますが、 久し振りに 郊外の「寺院の境内」に行ってみました。
池の周りを歩くと・・・私が 「マムシが居ると」 注意喚起した表示は・・・水が入ったようで、ヨレヨレになっていました(^^;)

フッーと浮かび上がって来たのは・・・2cm足らずの 日本最小のトンボ・・・『八ッチョウトンボ』でした!
     ⇊
a_Rs-hacchoutonbo__202 (2)


♀(雌)ですね!
     ⇊
a_Rs-hacchoutonbo__220 (2)


もう一枚!(^o^)
   ⇊
a_Rs-hacchoutonbo__232 (2)


ヒラヒラと飛んで来たのは、「キンモンガ」でした(^o^)
     ⇊
a_Rs-kinmonga__340 (2)


湿地状の所では、 東海地方特有の 『シラタマホシクサ(白玉星草)』 が沢山咲いています。
     ⇊
a_Rs-hana_shiratamahoshikusa__349 (2)


メドハギ」も咲き始めています。
     ⇊
a_Rs-hana_medohagi__358 (2)


ヒメアカネが居ました。
     ⇊
a_Rs-himeakane__92 (2)


尾端を見ると ♀(雌)ですね(^^)
     ⇊
a_Rs-himeakane__86 (2)


blog_line1.gif 
 


ブログ・ランキングに参加していますので、 『今日のブログは イイネ 拍手だ 
と思われた方は、このバナー ⇊ を クリックして ご支援下さい!♪m(_ _)m)



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村

  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)

*


                ●「コメント」送信は この下⇊ にあります●

▶田園風景(その1)_ギンヤンマ

【2016-9-12(月) 記】   

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『輝く太陽があってこそ穀物も実る』


blog_line1.gif

ノビタキやタマシギが居ないかと思って 田園地帯を車で周回しました(^-^)
この間 セイタカシギ(旅鳥)が居た・・・休耕田に水が溜まっているところで、ギンヤンマが飛んでいるのを見ました!
     ⇊
a_Rs-ginyanma__688 (bb)


案外ゆっくり飛んで 行ったり来たりしているので・・・これは撮れる!・・・と思い、 飛翔姿撮りに熱中しました!
ギンヤンマの飛翔が 沢山撮れました!
   ⇊
a_Rs-ginyanma__635 (2)

a_Rs-ginyanma__636 (GG)

a_Rs-ginyanma__606 (2)

a_Rs-ginyanma__647 (3)


近くには アツアツ・カップルも居ました!(^o^)
     ⇊
a_Rs-ginyanma__616 (2)


池の周辺には タニシの卵が沢山ありました(^^)
     ⇊
a_Rs-tanishi__634 (2)


タンボの畦には 園芸種のような花が 「オオニシキソウ」と一緒に、咲いていました(^^)
プリムラ・マラコイデス(西洋サクラソウ)に 似ていますね!
     ⇊
a_Rs-hana__578 (2)


これは「ルコウソウ(縷紅草)」ですね!
いつも 干からびたような花びらです(^-^)
     ⇊
a_Rs-hana_marubarukousou__595 (2)


ーーーー▶田園風景(その2)............野鳥たち へ。


blog_line1.gif 
 


ブログランキングに参加していますので、 『今日のブログは イイネ 拍手 
と思われた方は、このバナー ⇊ を クリックして ご支援下さい!♪m(_ _)m)


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村

  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)

*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●

▶マイコアカネを訪ねて

【2016-8-13(土) 記】

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『病んで初めて健康の有難さが判る』


blog_line1.gif

以前、マイコアカネが居た郊外の公園を訪ねました。
林縁と 林の中を2時間くらい探したのですが・・・マユタテアカネばかりでした(^^;)💦

腹部がもう赤くなっている マユタテアカネ♂(雄)です。
     ⇊
a_Rs-mayutateakane__1935 (2)


胸部(翅胸)の黒条の形と、尾端で反りかえる上下・付属器の形から、マユタテアカネだと判ります(^^)
      ⇊
a_Rs-mayutateakane__1930 (2)

a_Rs-mayutateakane__1944 (2)


マユタテアカネ♀(雌)です。
     ⇊
a_Rs-mayutateakane_mesu__648 (2)


これは、翅の先端に黒褐色斑がある マユタテアカネ♀(雌)です。
     ⇊
a_Rs-mayutateakane_mesu__1837 (2)



blog_line1.gif 
 
 

▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●

▶ミヤマカワトンボを尋ねて!《その1》

【2016-8-8(月) 記】

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『朝に発意、昼に実行、夕べに反省』


blog_line1.gif

ヤマセミを撮った“大河”の上流域に、「ミヤマカワトンボ」が居るという話を トンボ専門の知人から聞いていたので、探しに行こうと・・・坪庭を横切っていると・・・ハチがグリーンカーテンのゴーヤーに来て居ました。 
この間 玄関に巣を作っていたハチと同じハチのようです。
何蜂だろう?・・・と思い、撮りました(^^) 
あちらこちらで目にしている、「セグロアシナガバチ」ですね(^o^)
     ⇊
a_Rs-hachi__9669 (2)

40㎞走って「大河」に到着です(^^)
まず、ヤマセミを撮ったポイントで停まり、河を眺めました(^^)
以前、ヤマセミが留まった所は 木の葉に覆われ・・・居たとしても 撮れませんね(^^;)
この時季、ヤマセミは 何処に居て、 何をしているのでしょうか?
子育ては終わっているのかも?
また、ヤマセミ撮りのベテランに ヤマセミの生態を聞いてみましょう。

シオカラトンボが居て、時々首を傾げるので・・・傾げた所を撮ろうと思い 苦労しました!^^;;
     ⇊
a_Rs-shiokaratonbo__738 (2)


そこから上流域を目指す途中・・・川辺まで行ける所を探したのですが・・・案外 川辺までアクセスする小径がないものですね(^^;)💦
程良い上流で 一ヶ所、 「水辺の散歩道」があったので、川岸に行くことにして、 タンボの横を通ったのですが・・・アキノタムラソウが目に飛び込んできました!
     ⇊
a_Rs-hana__9809 (2)


これはタニシの卵ですね!
     ⇊
a_Rs-tanishinotamago__9824 (2)


「水神」を祀っている石碑の前に、 ハグロトンボが居ました(^_^)
     ⇊
a_Rs-hagurotonbo__9874 (mesu)


開いた翅を撮るのも タイミングが難しいです(^^;)
     ⇊
a_Rs-hagurotonbo_9894 (2)



ーーー▶ミヤマカワトンボを尋ねて!《その2》へ。



blog_line1.gif 
 
 

▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●

▶ トンボ池

【2016-7-23(土) 記】

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『限りない欲望を押さえ独立自尊』


blog_line1.gif



またまた トンボ池に、忽然と現れた「ベニイトトンボ」の様子を見に行きました(^-^)
まだ居ましたね!
   ⇊
a_Rs-beniitotonbo__354 (2)

羽虫のようなのが 飛んで来ました!
わが家の 坪庭のキュウリには、「ウリハムシ」が良く来ますが、それによく似ています(^^)
     ⇊
a_Rs-hamushi__324 (2)

そうそう・・・余談ですが・・・坪庭で作っているグリーンカーテンのゴーヤや、キュウリから 収穫が始まりました♪(^^)
これまで、キュウリ5本、ゴーヤ1本を収穫しました!
6月から始めた『糠漬け』の材料になっていますv(^o^)


blog_line1.gif 
 

 
▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●

▶キイトトンボ♀(雌)

【2016-7-22(金) 記】

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『オダテにのらず正確な自己評価』


blog_line1.gif


トンボ池(私の命名)で 何トンボか判らないトンボが居たのですが・・・キイトトンボ♀(雌)なのか、ベニイトトンボ♀(雌)なのか、良く判りません!
     ⇊
a_Rs-nanitonbo__4430 (2)


a_Rs-nanitonbo__4467 (2)


a_Rs-nanitonbo__4441 (2)


a_Rs-nanitonbo__4433 (2)


昆虫のことなら、何でも ご存知の「ツルリンさま」に 聞いてみました!
「後頭部に 眼後紋がないという特徴は“キイトトンボ”だけです」 と 教えて頂きました!
「キイトトンボ」♀(雌)だったのですね!


blog_line1.gif 
 

 
▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●


▶また トンボ池へ! (その2)

【2016-7-20(水) 記】

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『人の輪は強い心と温和な態度で』


blog_line1.gif


池に沿って歩き出すと・・・何時も飛んでいるばかりのコシアキトンボが 水草で休んでいました!
     ⇊
a_Rs-koshiakitonbo__4407 (2)


飛んでいるばかりでは 体力を消耗しますから・・・時には休みますよね(^o^)
     ⇊
a_Rs-koshiakitonbo__4386 (2)


チョウトンボも増えて 沢山飛んでいました♪(^0^)
      ⇊
a_Rs-choutonbo__4573 (2)


水辺に咲いていた この花は何でしょうね?
【追記】 思い出しました!以前、名前を教えて頂いた、『メリケンムグラ』です!
 
     ⇊
a_Rs-hana__4460 (2)


葉は、この様に長めです。
     ⇊
a_Rs-hana__4457 (2)



カナヘビも休憩中です(^^;;
     ⇊
a_Rs-kanahebi__4815 (2)


この種の昆虫も 同定が難しいです!
     ⇊
a_Rs-kirigirisu__4783 (bb)


ウマオイとか、クツワムシとか、ヤブキリとか、ツユムシとか・・・etc・・・そのどれかでしょうね!(^^;)💦
     ⇊
a_Rs-kirigirisu__4723 (2)


池の方を見ると、ヒシが咲いていました!
ご幼少の頃は、盥(タライ)に乗って この実を採り、茹でてオヤツ替わりにしたものです(^-^)
     ⇊
a_Rs-hana_hishi__4644 (2)


帰ろうとして、もう一度 ベニイトトンボを見に行きました!
なんと!@@
ベニイトトンボは、キイトトンボ♀(雌)を捕まえて、食べていました!(^^;)💦
     ⇊
a_Rs-beniitotonbo__4862 (BB)


blog_line1.gif 
 

 
▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●


▶また トンボ池へ! (その1)

【2016-7-19(火) 記】

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『怒った人は口を開いて目を閉じる』


なんだか、同じような金言が 繰り返されているような気がします(^^;)💦
  来年は 日めくりの出版社を 変える必要がありそうです(^^)


blog_line1.gif


トンボ池(私の命名)に、また行ってみました。
ガードレールを跨いで、擂鉢状になった池の堤に足を踏み入れた所に 突然発生した「ベニイトトンボ」が居るのですが・・・探すと やはり居ました!
    ⇊
a_Rs-beniitotonbo__4267 (2)


「また来たの?」と言いたげな顔でした^^;;
     ⇊
a_Rs-beniitotonbo__4308 (2)


水辺に降りると・・・飛んで来たのは・・ハチでしょうか?
人を刺すような感じはしません(^-^)
     ⇊
a_Rs-hachi__4324 (2)


食料を捕まえたようです(^^)
ハチの仲間も多いので、同定が難しいです(^o^)

【追記】・・・「Itotonboさん」から、「ミカドドロバチ」ではないかとの、コメントを頂きました!
いつも教えて頂き、有難う御座います! m(_ _)m

     ⇊
a_Rs-hachi__4330 (2)


なぜか「ベニシジミ」が逆さになって 休んでいました(^o^)
     ⇊
a_Rs-benishijimi__4353 (2)


水辺に咲いているこの花は・・・「ミソハギ」だったでしょうか?
直ぐに名前を忘れます(^。^)💦
     ⇊
a_Rs-hana__4379 (2)




ーーーーー▶また トンボ池へ! (その2) へ。



blog_line1.gif 
 

 
▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●


▶ベニイトトンボ(絶滅危惧種)の異変!《その2》

【2016-7-14(木) 記】

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『尊敬し目標にできるライバルを』


blog_line1.gif


ベニイトトンボの近くに、こんなイトトンボが居ました!
     ⇊
a_Rs-sesujiitotonbo__110 (2)


直ぐには判らなかったのですが・・・
     ⇊
a_Rs-sesujiitotonbo__76 (2)>


撮っている内に 『セスジイトトンボ』ではないかと思い始めました(^o^)
     ⇊
a_Rs-sesujiitotonbo__121 (2)


尾端を撮ると・・・♀(雌)ですね(^^)
     ⇊
a_Rs-sesujiitotonbo__132 (2)


変な名前が付けられた 別名「サオトメバナ」が咲いていました(^^)
この花も 夏を連想させます(^-^)
     ⇊
a_Rs-hana_saotomebana__62 (2)


   ■お知らせ!
暑くなってきましたので、 毎日更新することが難しくなってきました(^^;)
このため 勝手ながら 不定期に更新しますので、悪しからず御諒承下さい! m(_ _)m


blog_line1.gif 
 

 
▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●


▶ベニイトトンボ(絶滅危惧種)の異変!《その1》

【2016-7-13(水) 記】

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『人を動かすには真心をもって』


blog_line1.gif


 またまた、7/13の記事を削除してしまいました(^^;)💦
記憶に基づき、以下に一部を修復しましたが、頂いたコメントは7/14の記事下に移動しました(^^;;

  *************

市内の“トンボ池”(私の命名)に これまで生息していなかった絶滅危惧種の『ベニイトトンボ』が突如現れたので、そこから車で10分の公園はどうだろう?・・・と見に行きました。

池に沿って歩き始めると・・・チョウトンボが一頭飛んでいます!
草叢の方を見ていくと・・・紅い色のイトトンボが目に飛び込んできました!
ここでも これまで 『ベニイトトンボ』は生息していなかったので もうビックリです!
     ⇊
a_Rs-beniitotonbo__1 (2)


それにしても、 これまで生息していなかった絶滅危惧種のベニイトトンボが、突如として出現したのは なぜでしょうか?
図鑑によると、藻なんかを移動した場合、それまで生息していなかったトンボが突如として出現することがあるそうですが、この2つの池では 藻の移動があったとは 思えません。
トンボ専門家の御意見を伺いたいものです♪(^^)
     ⇊
a_Rs-beniitotonbo__47 (2)


   ■お知らせ!
暑くなってきました(^^;)
毎日 更新することが難しくなりましたので、勝手ながら 不定期に更新することにしました。 
悪しからず御諒承下さい!  m(_ _)m


blog_line1.gif 
 

 
▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●


▶わが坪庭

【2016-7-12(火) 記】

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『厳しさを苦痛としない心を養おう』


blog_line1.gif


参院選が終りました。
与野党の勢力が拮抗する方が 政権の施策を質し、正すためには 良いと思っていましたが・・・結果は、与党の大勝ちですね! 
凄まじいばかりの 勢力拡大です!
今までの 与党の政策の、どこが良かったのでしょうか?
まあ~ 頼りになる野党がないから・・・仕方ないですかね?(^^;) 
数にモノを言わせ・・・これからは 憲法の改正(改悪?)など、いろいろな法案が国会をスンナリ通過する情勢です!
いい政策なら問題ないのですが、 日本が変な方向に行かなければいいけど・・・と心配しています(^^;)
これからも 国内政治に関心を持ち続けたいと思います(^-^) 


さて、わが家は集合住宅の一階にありますが、 ワンボックスカー 一台の広さの専用『坪庭』があります。
そこで、ゴーヤのグリーン・カーテン作り(3回目)、 キュウリ作り(初めて)を種から始めていますが、今日 初めて大きなキュウリ一本を収穫出來たので 直ぐにキュウリとワカメの酢の物を作りました!
新鮮で美味しかったです(^-^)
種・土・肥料・支柱代などで、既に2000円くらい投資していますので、 それ以上(キュウリ・ゴーヤ 30本くらい)の収穫が欲しいです(^〇^)

水ガメも置いていますので、いろいろな昆虫が来ますが・・・アゲハが飛んで来て、ゴーヤのツルに留まりました!
     ⇊
a_Rs-ageha__372 (2)


このアゲハ・・・山椒の幼木に卵を産み付けるので、 山椒が育ちません(^^;)
     ⇊
a_Rs-ageha__384 (2)


以前、坪庭の 山椒の葉を食べ尽くしたアゲハの幼虫です。
     ⇊
     (2010年の画像です)
c0172139_22201722.jpg



坪庭に クマゼミの抜け殻がありました♪(^o^)
わが家の坪庭で 育ったのですね♪(^^)
     ⇊
c0172139_22175499.jpg


未だ飛び立てないクマゼミを 坪庭で見付けたことがあります(2010年の画像です)。
     ⇊
c0172139_10514822.jpg


もうすぐ梅雨明けで、明けると 真夏が到来します!
蝉も鳴き始めますね!   
季節はドンドン移り変わっています~(^-^)


blog_line1.gif 
 

 
▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●


▶絶滅危惧種_ベニイトトンボ!《その2》

【2016-7-11(月) 記】

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『知恵をしぼって人の三倍働こう』


blog_line1.gif


水辺を歩いて キョロキョロしながらトンボを探すと・・・いつもの通り キイトトンボが居ました(^^)
     ⇊
a_Rs-kiitotonbo__1 (2)


これは何トンボでしょうね?
     ⇊
a_Rs-itotonbo__948 (2)


少し飛びました(^^) やはり 若いキイトトンボでしょうか?
セスジイトトンボの♀(雌)なんでしょうか??^^?
     ⇊
a_Rs-tonbo__963 (2)


少し先に歩くと、 あれっ? あの紅色は・・・?
目を疑いました!
この池に・・・絶滅危惧種の『ベニイトトンボ』が居るとは!
当地では、 “魅惑の森”にしか このイトトンボは居なかったのです。
その“魅惑の森”のベニイトトンボが 自然環境の変化のためか 居なくなり、その後 寺院の境内で 僅かなベニイトトンボが見られることが判ったのですが・・・今まで、ベニイトトンボが居なかったこの池に、突如として現れました!
まるで マジックを見ているような感じです!@@ 
     ⇊
a_Rs-beniitotonbo__978 (2)

スーと飛んで また草に留まりました。
このイトトンボは 敏捷なトンボではなく・・・フワフワ飛ぶイトトンボだったのですが・・・この池のベニイトトンボは敏捷で、忍者のようです(^^;)💦
数枚撮ったら フッ・・・と飛び・・・消えました!
     ⇊
a_Rs-beniitotonbo__38 (2)


ベニシジミが変な形で留まっていました(^o^)
     ⇊
a_Rs-beniitotonbo__35 (2)


blog_line1.gif 
 

 
▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●


▶絶滅危惧種_ベニイトトンボ! 《その1》

【2016-7-10(日) 記】

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『自説に固執せず大勢の意見をきく』


blog_line1.gif

小雨の中、オオヨシキリとキジの様子を見に行きました!
雨が降っているためか・・・オオヨシキリの囀りは無し!
キジも 周辺を探したのですが・・・居ません(^^;)
仕方がないので・・・市内のトンボ池(私の命名です)へ移動しました(^^;)

池に着くと・・・気配で アオサギが飛びました!
     ⇊
a_Rs-aosagi__713 (2)


この池は 民家に囲まれていますが・・・(^^)
     ⇊
a_Rs-aosagi__734 (2)


アオサギは民家の近くを 悠々と飛んで行きます(^o^)
     ⇊
a_Rs-aosagi__735 (2)


雨が降っているためか・・・チョウトンボは飛び交っていません。
水辺に降りると・・・一頭がヒッソリと水草に留まっていました!
     ⇊
a_Rs-choutonbo__927 (2)


少し飛んで 別の草に・・・
     ⇊
a_Rs-choutonbo__886 (2)


―――▶絶滅危惧種_ベニイトトンボ!《その2》 へ。



blog_line1.gif 
 

 
▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●


▶ギンヤンマ

【2016-7-8(金) 記】

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『反省をテコに自己改造しよう』


blog_line1.gif

 
市内の公園を覗きました。
トンボが行ったり来たりしていたので 飛んでいるのを 撮る練習です!♪(^^)
10m~15mくらい離れているので ファインダーには容易に入りますが、ピントはMFなので難しい(^^)
     ⇊
a_Rs-ginyanma__686 (2)


ウスバキトンボかな?・・・と思ったら・・・なんと!ギンヤンマでした!
     ⇊
a_Rs-ginyanma__656 (bb)


結局、173枚撮って 形が判るかな?・・・と云うのは これだけでした(^^;)💦
     ⇊
a_Rs-ginyanma__692 (BB)



blog_line1.gif 
 

 
▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ 
にほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●


▶市内の公園で 《その2》

【2016-7-3 (日) 記】

blog_line1.gif  

 日めくりの・・・『今日の金言』
『病気は身体の故障ではなく心の故障』

blog_line1.gif 


この池にも コフキトンボとチョウトンボが居るのですが・・・コフキトンボの姿は無く、チョウトンボが1頭だけ飛んでいました!
なんだか お祈りしているような チョウトンボの姿です(^-^)
     ⇊
a_Rs-choutonbo__397 (BB)



このような、矛盾するような内容の 掲示板がありました(^〇^)
これじゃ 打ち上げ花火をしても、後始末をすれば OKのようですね(^〇^)
     ⇊
a_Rs-keiji__776 (2)



blog_line1.gif  


▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ 
にほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●


▶市内の公園で 《その1》

【2016-7-2(土) 記】

blog_line1.gif  

 日めくりの・・・『今日の金言』
『輝く太陽があってこそ穀物も実る』

blog_line1.gif 

市内の池を 覗いてみました。
ウスバキトンボらしいのが上空でホバリングをしていました(^-^)
     ⇊
a_Rs-usubakitonbo__161 (2)


草原に、こんな花が一輪咲いていました!
     ⇊
a_Rs-hana__744 (2)


園芸種だと思いますが・・・何でしょうね?
葉は これです。
    ⇊
a_Rs-hana_ha_759 (2)


三色スミレ?
     ⇊ 
a_Rs-hana__752 (2)


ーーーー▶市内の公園で 《その2》 へ。


blog_line1.gif  


▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ 
にほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●

▶チョウトンボ

【2016-7-1(金) 記】

blog_line1.gif  

 日めくりの・・・『今日の金言』
『慎重な行動は成功に通じている』

blog_line1.gif 

いよいよ7月に入りました!
もう一年の半分が過ぎ去ったのですね。
日めくりのカレンダーがやせ細りました(^^;)

コフキトンボが飛ぶ頃なので、 『トンボ池』(私の命名です)へ行ってみました。
この池にはコフキトンボやチョウトンボが沢山居たのですが・・・3年前くらいから数を減らしています。
昨年は、 コフキトンボは1頭しか見られませんでした。
自然環境に大きな変化がない池ですが・・・どうしたのでしょうね?

池の水面を眺めると・・・やはりコフキトンボの姿はありません(>_<)
チョウトンボが飛んでいました(^o^)
     ⇊
a_Rs-choutonbo__538 (2)

留まりました!(^o^)
     ⇊
a_Rs-choutonbo__295 (2)

数頭飛んでいるのですが・・・なかなか良い位置には留まりません(^^)
やっと楽に撮れる所に留まってくれました(^-^)
メタリックな翅が光ります(^o^)
     ⇊
a_Rs-choutonbo__716 (2)

a_Rs-choutonbo__745 (2)

a_Rs-choutonbo__727 (2)


blog_line1.gif  


▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ 
にほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●

▶ウスバキトンボだ!

【2016-6-29(水) 記】

blog_line1.gif  

 日めくりの・・・『今日の金言』

『実践に裏打ちされた理論を持つ』

blog_line1.gif 

郊外の池へ行ったら、 数頭のトンボが 群れで飛んでいました!
飛んでいるのを撮ろうと カメラを向けました!
     ⇊
a_Rs-usubakitonbo__840 (2)


ユッタリと飛んでいるのですが・・・・ファインダーに入れるのも やや難しいですね(^^;)
隅っこの方でやっと撮れました! (^^;)
     ⇊
a_Rs-usubakitonbo__839 (2)


やっとファインダーに入りましたが、 慌てたので ブレブレです(^^;)
     ⇊
a_Rs-usubakitonbo__765 (2)


これは まずまずでしょうか(^o^)
      ⇊
a_Rs-usubakitonbo__838 (2)


なかなか留まらないのですが・・・やっと1頭が 留まりました!
予想通り 南方から渡って来た、渡り鳥ならぬ “渡りトンボ”の 『ウスバキトンボ』 でした♪(^^)
     ⇊
a_Rs-usubakitonbo__635 (2)


blog_line1.gif  


▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ 
にほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●

▶砂防堰で! (その4)__『サラサヤンマ』

【2016-6-21(火) 記】

blog_line1.gif  

 日めくりの・・・『今日の金言』

『繁盛の時に用心、不幸せの時辛抱』

blog_line1.gif 
 
少し林道を歩いて、竹藪の中を通って、砂防堰に降りました。
すると・・・このトンボが飛んで来て、われわれの周りをホバリングして、茂みの中へ入りました!♪(^^)
“Oさん”が カシャ カシャと撮ります(^^)
「何処に居ますか?」
「斜めの枝の下!」
居ました! ぶら下がっています! 私もカシャリッ!
暫くして トンボは また飛び始め・・・飛び去ってしまいました!

さて、家に帰ってから このトンボの名前を図鑑で調べます!
複眼が接している(サナエトンボ科は複眼が離れている)ことと、このぶら下がり姿勢(サナエトンボ科は地面や枝に ベッタリ寝そべる姿勢で留まる) は、サナエトンボ科の特徴ではなく、 ヤンマ科のトンボの特徴だと判ります。
それでヤンマのページを一つ一つ見て行きます!
なかなか合致するヤンマが居ません(^^;)
そのうち・・・(この華麗な模様は・・・以前見たことがあるような・・・『サラサヤンマ』ではなかったか?)・・・と思い、サラサヤンマのページを見ると・・・黄色の紋様などが合致します!
・・・と云うことで、 このトンボは 『サラサヤンマ』でした!

a_Rs-sarasayanma__214 (2)

サラサヤンマ・・・【科】ヤンマ科. 【属】サラサヤンマ属. 【和名】サラサヤンマ. 【学名】Sarasaeschna pryeri. 原始的特徴をもつ、小型のヤンマです。


ーーーー【 ▶砂防堰で! (その5)__モノサシトンボなど 】 へ。


blog_line1.gif  

▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ 
にほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


                ▼▼▼コメント欄は この下 ⇓⇓ です▼▼▼

▶大河へ (その1)

【2016-6-12 (日) 記】

blog_line1.gif  

 日めくりの・・・『今日の金言』

『今日なすべき事を明日に延ばすな』

blog_line1.gif 
 

S御夫妻の素晴らしい「自然写真展」・・・特に“ヒメボタルの饗宴”が圧巻でした!・・・の後、 この間 アオハダトンボを撮った大河へ。
河畔に 何か居ないかと探しながら歩いていると・・・蛾のようなのが居ました!
触角が蛾ではないので・・・河だからトビケラか、カゲロウだろうと思って、帰宅してから検索すると・・・ありました! 『オオシマトビケラ』です(^-^)
 a_Rs-ooshimatobikera__651 (2)


この間の・・・ハグロトンボによく似た、『アオハダトンボ』♀(雌)が居ました(^^)
     ⇊
a_Rs-aohadatonbo__427 (2)


飛びました!(^o^)
     ⇊
a_Rs-aohadatonbo__407 (2)


遠くで、『アオハダトンボ』 ♂(雄)が 翅を開いていました!
     ⇊
a_Rs-aohadatonbo_osu__662 (2)


対岸から ワンワンと煩いので・・・見ると 川の中で ワンちゃんを遊ばせている人が居ました(^-^)
     ⇊
a_Rs-inu__615 (2)


河畔に咲いていた これは・・・散輪坊さん御紹介の、「ハルシャギク」でしょうか?

【追記】・・・・せいパパさんから、 この花は、、「ハルシャギク」ではなく、天人菊=ガイラルディアだとのコメントを頂きました♪(^^)
両者、 良く似ているので、 何処がそう違うのか 良く判りません(^^;)💦
せいパパさん ありがとうございました!v(^o^) 
     ⇊
a_Rs-hana__648 (2)



「キキョウソウ」も咲いていました!
     ⇊
a_Rs-hana_kikyousou__601 (2)


ーーー▶大河へ (その2) へ。


blog_line1.gif 
 


▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ 
にほんブログ村

  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*

blog_line1.gif


                  ▼コメント欄は ここ ⇓⇓ です▼                                                 

▶生きた化石のトンボ! (その1)

【2016-6-9 (木) 記】

blog_line1.gif  

 日めくりの・・・『今日の金言』

『楽しい笑いが若さを保つ秘けつ』

blog_line1.gif 
 

今年は、まだ撮っていないゼフィルス・・・「ウラゴマダラシジミ」と「ミドリシジミ」・・・を撮りたいと思って、 また、“ゼフィルスの森”(私の命名) へ(^^)
天気は、曇り・・・時折 晴れ間も覗くため・・・20数台の車が駐車場に留まっていました。

歩き始めると・・・トンボが飛んで来て 遊歩道に留まりました(^-^)
     ⇊
a_Rs-sanae__21 (2)


サナエトンボのような留まり方ですが・・・サナエトンボのような感じがしません(^^;)
     ⇊
a_Rs-sanae__12 (2)


特に、頭の後・・・胸部の背側が サナエトンボとは全く異なります。
     ⇊
a_Rs-sanae_zenkyou__36 (2)



尾端の形状も サナエトンボとは違いますね!!
     ⇊
a_Rs-sanae_bitan__(2).jpg

a_Rs-sanae__40 (2)


帰宅してから、何だろう?・・・と思って、 図鑑を調べました!
案外 簡単に判りました(^-^)
ムカシヤンマ』!のようです♪(^^)
「生きた化石」が“ゼフィルスの森”に住んでいたとは ビックリです!(^o^)

ムカシヤンマとは・・・ムカシヤンマは、1億数千万年前に栄えた、トンボの特徴を残しているとされ、「生きた化石」と云われるムカシトンボと同じく、原始的な特性を持つ種です。
世界中で10種、日本では この「ムカシヤンマ」の一種のみで、日本特産種です。



ーーー▶化石のようなトンボ! (その2)へ・



blog_line1.gif 
 

▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ 
にほんブログ村

 
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*

blog_line1.gif


          ▼コメント欄は この下 ⇊ です▼

▶大河へ (その1)

【2016-5-31 (火) 記】

blog_line1.gif  

 日めくりの・・・『今日の金言』


『今日の成功は 昨日の努力の収穫』


blog_line1.gif 
 

自然写真を撮っておられる“Onboraさん”から 当地では希少な 『アオハダトンボ』の情報を頂き、 生息している大河へ行きました(^-^)

現地に着いて、河に沿って少し歩くと・・・居ました!
アオハダトンボの♂(雄)です!♪(^^)
ハグロトンボと似ていますが・・・実際にアオハダトンボを見ると・・・全体の色も違うし、貫禄があります!
     ⇊
a_Rs-aohadatonbo__656 (2)


a_Rs-aohadatonbo__111 (2)


a_Rs-aohadatonbo__175 (2)



翅を開きます!
     ⇊
a_Rs-aohadatonbo__665 (2)


何回か獲物を捕りに行って帰って来ます(^^)
     ⇊
a_Rs-aohadatonbo__675 (2)


『アオハダトンボ』 ♀(雌)です(^^)
♂(雄)との違いは・・・♀(雌)には、 翅先に ♂(雄)には無い白い「偽縁紋」があることです。
白い「偽縁紋」を見るだけで 直ぐに♀(雌)だと判ります(^-^)
     ⇊
a_Rs-aohadatonbo__690 (mesu)



少し河に沿って林縁を歩いていると・・・ ヒナギキョウが咲いていました(^^)
     ⇊
a_Rs-hana__740 (2)


その近くで、“白い点”が飛んでいます。
留まらないので、無謀にも 飛んでいる点のようなモノに 望遠レンズを向けました!
カシャリッ!  ピントが合いません(^^;)
     ⇊
a_Rs-konchuu__552 (2)


葉に留まりました!
冬に撮った『雪虫』 なんでしょうね!
大きさは、5mmくらいだそうです(^^)
     ⇊
a_Rs-mushi__501 (2)



ーーーー▶大河へ (その2) へ。



blog_line1.gif 
 


▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
*
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ  ☚Click!
にほんブログ村

 
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)


blog_line1.gif

▶ゼフィルスの森へ!(その❷)__ニホンカワトンボ

【2016-5-7(土) 記】 

blog_line1.gif  

 日めくりの・・・『今日の金言』


 『その人を知るにはその友人を見よ』 


blog_line1.gif

トンボが居ました!
〘アサヒナカワトンボ〙と、〘ニホンカワトンボ〙は 良く似ているカワトンボで、外見からは判別が難しいのですが・・・これは、アサヒナカワトンボには居ない、淡橙色翅の♀(雌)ですから・・・『ニホンカワトンボ』の♀(雌)ですね。
     ⇊
a_Rs-nihonkawatonbo_mesu__274 (2)

     (『ニホンカワトンボ』の♀(雌))
a_Rs-nihonkawatonbo_mesu__293 (2)


     (『ニホンカワトンボ』の♀(雌))
a_Rs-nihonkawatonbo_mesu__308 (tankoushoku)


♀(雌)は縁紋が白く、尾端の形状は この様になっています(^^)
     ⇊
a_Rs-nihonkawatonbo_mesu__314 (ret)


これは、無色翅型の、ニホンカワトンボ♀(雌)です。
     ⇊
a_Rs-nihonkawatonbo_mesu__49 (2)


正面から見ると、 こんな顔です(^.^)
     ⇊
a_Rs-nihonkawatonbo__226 (2)



これは、無色翅型の『ニホンカワトンボ』♂(雄)です。
     ⇊
a_Rs-nihonkawatonbo__307 (2)



『ニホンカワトンボ』なら、橙色翅型の♂(雄)が居るはずだと思い、探したら・・・居ました!(^o^)
     ⇊
a_Rs-nihonkawatonbo__528 (2)


ニホンカワトンボ♂(雄)の雄姿です!(^o^)
     ⇊
a_Rs-nihonkawatonbo_osu__679 (2)

翅の色は違いますが、ニホンカワトンボの♂(雄)たちです!
     ⇊
a_Rs-nihonkawatonbo__607 (2)


ーーー▶ゼフィルスの森へ!(その❸)へ。



blog_line1.gif



▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
*
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ  ☚Click!
にほんブログ村

 
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)

blog_line1.gif

 

▶トンボ 飛ぶ! (その1)

【2016-4-6(水) 記 】 

blog_line1.gif

 日めくりの・・・今日の金言


 『希望を信じて苦しみに耐えよう』 


blog_line1.gif


ノドの違和感が少なくなり 風邪が少し治って来ました♪(^^)
そうなると・・・(もう 春一番に飛ぶシオヤトンボが 飛んでいるに違いない)・・・と思い、 寝ているわけには行きません(^o^)  
飛び始めたシオヤトンボが見られる、 “いつもの丘陵地”へ行ってみました!

歩いて 小川の橋の所へ。
ここでは 例年 飛び始めた『シオヤトンボ』が見られるのですが・・・見回していると・・・シジミチョウが飛んで来ました。
ツバメシジミです(^^)
     ⇊
a_Rs-tsubameshijimi__528 (2)

キタキチョウも居ました(^^)
     ⇊
a_Rs-kitakichou__341 (2)

周辺を探すと・・・居ました!ヽ(^^)ノ
早春から飛び始める 『シオヤトンボ』 です。
     ⇊
a_Rs-shioyatonbo__449 (2)

昨年は、4/4から飛び始めました(^-^)
     ⇊
a_Rs-shioyatonbo__456 (2)

これは♀(雌)ですね。
♂(雄)も♀(雌)も 羽化して暫くの期間は この様な黄金色をしていますが・・・♂(雄)は成熟すると白い粉を吹きます。
シオカラトンボに良く似ているのですが、シオカラトンボより腹部が短いです。
     ⇊
a_Rs-shioyatonbo__300 (2)

トンボを撮っていると・・・コゲラ(日本で一番小さいキツツキの仲間、留鳥)が飛んで来ました!
ラッキー!♪(^^)
     ⇊
a_Rs-kogera__217 (2)

コゲラは久し振りなので 撮るのに熱中しました!
     ⇊
a_Rs-kogera__227 (3)

拡大写真です(^^)
鋭い爪ですね!
     ⇊
a_Rs-kogera__227 (2)


ーーー▶トンボ 飛ぶ! (その2) へ

 
blog_line1.gif



▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
*
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ  ☚Click!
にほんブログ村

 
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)

blog_line1.gif

 

▶郊外の森を歩く 《その1》


【2015-10-26(月) 記】

快晴が続き、有難いです♪(^^) 郊外の森で自然観察です(^-^)
森の小径を歩き始めると・・・マユタテアカネが 直ぐに出迎えてくれました(^o^)
     ⇊
ar-mayutateakane__69 (2)

・黄色い花が目に飛び込んできました!
キンミズヒキかと思って撮ったのですが、 アキノキリンソウでしょうか??
     ⇊
ar-hana_akinokirinsou__331 (2)

ピューと飛んで来たのは・・・主に夕方から交尾を始めるらしいオオアオイトトンボのカップルです。
今は午後2時14分・・・早々と交尾を終えた?(連結から交尾姿勢になることもあるようです)のですね(^o^)
    ⇊
ar-ooaoitotonbo__77 (2)

オオアオイトトンボの「連結」は 初撮です(^^)
もっと鮮明に撮ろうと思ったら・・・飛ばれました! 
連結しているのに 飛ぶスピードは速いです!
     ⇊
ar-ooaoitotonbo__76 (2)

セイタカアワダチソウの黄色に、頭が赤い「ホタルガ」の色が似合いますね! 
     ⇊
ar-hotaruga__143 (2)

このシックな色のイトトンボは 「オツネントンボ」です。
オツネン(越年)の名前の通り、 成虫で越冬する3種類のトンボ(アオイトトンボ科のオツネントンボ・ホソミオツネントンボとイトトンボ科のホソミイトトンボの3種)の一つです♪(^^)
     ⇊
ar-hirataabu__493 (2)

ーーーー▶郊外の森を歩く 《その2》 へ。

blog_line1.gif



ブログ・ランキングに参加しています♪(^^) 
御面倒でなければ 一日一回、ポチッ!と お願いしまーす!(^-^)
*

blog_line1.gif


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!
にほんブログ村




▶「椿の園」で!___(その2) 



blog_line1.gif


ご訪問、ありがとうございます。 
ブログ・ランキングに参加しています。

一日一回、クリック支援を よろしく お願いします!♪

   ⇊  ⇊
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!


blog_line1.gif


【2015-10-14(水) 記】

先の方へ歩いて行くと・・・おっ! 久しぶりに見る「ヤクシソウ(薬師草)」ですね(^.^)
     ⇊
ar-hana__yakushisou__388 (2)

池の水面に影を落とす この花は? 
トキワハゼなら 春の花・・・季節を間違えますね(^^;)
     ⇊
ar-hana__448 (2)

これも水際に咲いていました(^.^)
アメリカセンダングサでしょうか。
     ⇊
ar-hana_amerikasendangusa__469 (2)

茶の花を撮ろうかと思い、蛇に注意しながら草叢に入ると・・・この虫が 四方に跳びました!
     ⇊
ar-mushi__488 (shuusei)

前から見ると・・・判らなかったのですが・・・
     ⇊
ar-mushi__514 (bb)

後から見ると、 カメムシですね!(^o^)
名前は?

【追記】・・・Itotonboさんより、 『クモヘリカメムシ』 だと 再度 御教示頂きました! いつも有難う御座います!m(_ _)m
     ⇊
ar-mushi__549 (2)

近くにオオハナアブが飛んで来ました(^^)

ar-oohanaabu__594 (3)

手を擦っています(^o^)
「やれ打つな 蝿が手をすり 足をする」 (小林一茶)
ハエは口だけでなく、足の先に“味を感じる”器官をもっています。
手足をこするのは ここについたゴミを落とし、いつでも味が判るようにしているそうです。
このハナアブも ハエと同じなんでしょうか(^-^)
複眼に縞模様があるのが このハナアブの特徴です(^-^)
     ⇊
ar-oohanaabui__535 (2)

ーーー▶「椿の園」で!___(その③) へ

blog_line1.gif




ブログ・ランキングに参加しています♪(^^) 
御面倒でなければ 一日一回、ポチッ!と お願いしまーす!(^-^)
*

blog_line1.gif


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!
にほんブログ村




▶「椿の園」で!___(その1)


blog_line1.gif


ご訪問、ありがとうございます。 
ブログ・ランキングに参加しています。

一日一回、クリック支援を よろしく お願いします!♪

   ⇊  ⇊
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!


blog_line1.gif


【2015-10-13(火) 記】

昨日は、25km走って、隣の市の丘陵地にある私設の「椿園」へ行ってみました(^.^)
起伏のある広い丘陵に 当地方を中心とする 多くの種類のツバキを植えています。
一歩 園内に足を踏み入れると、パッと飛んだのは オオアオイトトンボでした!
     ⇊
ar-ooaoitotonbo__207 (2)

周りに 沢山いました!♪(^^)
アオイトトンボとの区別は、胸部と尾端の白斑(白斑一個はオオアオイトトンボ)です。
《ここ》の解説が充実していますヽ(^^)ノ
     ⇊ 
ar-ooaoitotonbo__217 (2)

日陰にも居ました(^.^)
アオイトトンボの仲間は低温に強いそうで、 気温が23℃くらいになると 繁殖活動を始めるそうです。
     ⇊
ar-ooaoitotonbo__262 (2)

園内には、 坂道に沿って 小さな池が3ヶ所ありますが・・・池の近くに こんな野草がありました(^-^) 
何でしょうね?^^?
     ⇊
ar-hana__269 (2)

ここにもクモが居ました! ジョロウグモの亜成体(未成熟固体)です(^^)
     ⇊
ar-kumo__332 (2)

いろいろ試したのですが・・・虹色に光りません(^^;;;;;
ジョロウグモは 大きな網を作っていますね!
     ⇊
ar-kumo__298 (2)

網が大きいから、 引っかかるエサも多いのでしょうかv(^^)
栄養状態が良いから 繁殖力が強いのか・・・あちらこちらで ジョロウグモを見かけます。
     ⇊
ar-kumo__313 (2)

ーーー▶「椿の園」 で!___(その2) へ。

blog_line1.gif




ブログ・ランキングに参加しています♪(^^) 
御面倒でなければ 一日一回、ポチッ!と お願いしまーす!(^-^)
*

blog_line1.gif


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!
にほんブログ村




▶赤トンボを絶滅の危機から救いましょう!


blog_line1.gif


ご訪問、ありがとうございます。 
ブログ・ランキングに参加しています。

一日一回、クリック支援を よろしく お願いします!♪

   ⇊  ⇊
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!


blog_line1.gif


【2015-10-09(金) 記】

今日は晴れていましたが 青空は見えませんでした(^^;;;;;
そろそろオシドリが来る頃なのを思い出し・・・“いつもの池”を覗いてみました。

池の隅から隅まで 双眼鏡で見たのですが・・・まだ来ていませんね(^^;)
来ても150m~200m先に居て 人が居る方には来ない野生のオシドリたちですので、 殆ど綺麗に撮れないのですが・・・(^^;)

久し振りに アキアカネ に会えました(^-^)
ナツアカネやアキアカネが この2-3年 急激に少なくなりました。
去年は 殆ど会えませんでした(-_-;)💦
     ⇊
   (アキアカネ♂(雄)) 
ar_akiakane.jpg
  
   (アキアカネ♀(雌)))    
ar-akiakane_mesu__199 (2)

どうも、ナツアカネやアキアカネが 絶滅の危機に瀕しているようなのです(>_<) 
その原因は 新農薬により、 ナツアカネやアキアカネが被害を受けているらしい。
それに関する 以下の新聞記事を御紹介します。

2008年10月19日 朝日新聞電子版
  『赤トンボなぜ減少 休耕田増加・新しい農薬…指摘も』

赤トンボの姿を見なくなった。そんな声が全国各地で上がっている。特に、水田地帯を中心に繁殖するアキアカネの減少が著しいようだ。稲作の変化が一因として浮上している。

 研究者らでつくる「赤とんぼネットワーク」事務局長の上田哲行・石川県立大教授は昨年、24都道府県64人の会員を対象にアキアカネの個体数に関するアンケートをした。回答した52人のうち40人が「最近、急減した」と答え、うち24人が「2000年前後から減少が始まった」とした。

 佐賀市の「佐賀トンボ研究会」の中原正登・副会長(46)も同じ意見だ。

 2000年、同市北部の棚田で7~10月に15回の調査をし、アキアカネなど3種計1644匹を捕らえた。だが、同じ場所での今年7~9月の調査では、7回で計29匹しか捕獲できなかったという。「以前は虫取り網一振りで4、5匹は捕れた。アキアカネは学校のプールでも羽化し、繁殖力は強いはずなのに」

 減少の原因について、研究者の間では「アキアカネを育んできた水田が繁殖に適さない環境になっているからではないか」と指摘されることが多い。

 湿地を好むアキアカネが卵を産み付ける冬場に、農業機械を入れやすくするための乾田化が行われたり、休耕田の増加で荒れ地が増えたりしているのは、その一端だ。

 また、除草剤など既存の農薬には一定の耐性を示していた幼虫(ヤゴ)が、別の害虫駆除用に開発された新しい農薬の作用を受けやすいとする公的機関の報告もある。

 トンボ愛好者が毎年開く「全国トンボ市民サミット」(事務局・静岡県磐田市)の細田昭博事務局長(57)は「このままでは日本の秋の風景や文化が失われてしまう」と危機感を募らせている。(神沢和敬)

        ****************

2013年4月24日付の朝日新聞(夕刊)
 『農薬選び、赤トンボ救え 福井で共生プロジェクト始動』

 童謡にも歌われ、日本人にとってなじみ深い「赤トンボ」。その個体数の減少が各地で指摘されている。国立環境研究所(茨城県つくば市)などの実験で、稲作に使われる農薬の一部が、赤トンボを減らす一因になっていることが分かってきた。赤トンボとの共生を目指し、福井県では農薬の使用方法に配慮する動きも出始めている。

 田園地帯が広がる福井県北東部の勝山市。赤トンボが舞う空を「日本の原風景」と位置づけ、保全活動を進めている。

 同市環境保全推進コーディネーターの前園泰徳さんらが調査をしたところ、1シーズンに水田1ヘクタールあたり平均2万4千匹、市内全体では3千万~6千万匹の赤トンボが羽化するとの推計結果が出た。

 同市は2011年、「赤とんぼと共に生きるプロジェクト」を始めた。市民ボランティアによる生態調査のほか、赤トンボの幼虫(ヤゴ)が生育しやすいよう、水田に水を張る期間を増やすよう農家に働きかけている。

 赤トンボの生態を調べている石川県立大の上田哲行教授(動物生態学)は「赤トンボは近年全国的に減少傾向がみられるが、勝山市では他地域に比べ、減り方が少ない」と指摘する。

 なぜか。上田教授は、原因のひとつが、同市の農家が「フィプロニル」や「イミダクロプリド」という成分を含む農薬を使っていなかったことにあるとみている。

 同市は11年7月、上田教授と一緒に、勝山市などを管轄するJAテラル越前に対し、今後も赤トンボに影響の少ない農薬を使用するよう協力を要請、理解を求めた。

 福井県内では、赤トンボを守る勝山市に同調する動きも出始めた。越前市などを管轄するJA越前たけふも4月以降、これまで使用していた農薬を切り替える方針だ。

 上田教授は「農薬使用をやめろといっているわけではない」と前置きした上で「JAの役割は大きい。農薬は何種類もあり、選択肢はいくつもある。農家に農薬の環境やコスト面の情報が開示され、選べるようになることが望ましい」と話す。

ヤゴへの影響 実験進む
 赤トンボの減少には複数の要因が影響している。減反政策で幼虫のヤゴが暮らす水田の面積が減少。耕作方法が変わり、水田に水を張る期間が短くなったことも影響しているといわれる。こうした生息環境の悪化に加え、一部の農薬が追い打ちをかけていることが分かってきた。

 国立環境研究所の五箇公一・主席研究員らが注目するのは、稲作に使われる「箱処理剤」だ。箱処理とは、稲の苗に薬を浸透させてから田植えをする手法をいう。これにより、田植え後に農薬を散布しなくても、ウンカなどの害虫の発生を抑えられる。
 1996年に農薬登録されたフェニルピラゾール系の「フィプロニル」や、92年に農薬登録されたネオニコチノイド系の「イミダクロプリド」は、いずれも水稲の箱処理剤として西日本を中心に広く普及している。

 その理由について、五箇さんは「箱処理剤は、高齢化が進み、水田に農薬散布をするための人手が足りない農家にとって、省力化に役立つ便利な農薬といえる」と話す。
 国環研のチームは、研究所内にある水田でフィプロニルやイミダクロプリドを使う実験を10年から12年にかけて行った。その結果、どちらの農薬も、農薬使用の年を重ねるにつれて、水田の土壌内に薬剤の蓄積が進む傾向がみられた。
 特にフィプロニルについては、田植え前の代かき作業によって、土壌中に残留した農薬がかき混ぜられ、土壌の表面を歩き回るヤゴ類が暴露しやすいと考えられるという。

 国環研のチームは、代表的な赤トンボ類の一種「アキアカネ」のヤゴを使った室内での飼育実験で、フィプロニルの毒性を調べた。
 その結果、2齢幼虫のヤゴに比べて、3~4齢幼虫への影響が特に大きく、0・001ppmの濃度で48時間後の死亡率が8~9割にのぼることを突き止めた。また、フィプロニルを使った苗を水田に植えると、水中の濃度は最高で0・003ppmと、この実験条件の3倍に達することも分かった。

 農薬の種類の見直しを進めている福井の事例について、五箇さんは「前向きな取り組みだ」と評価した上で、「農薬の種類を変えることで、ヤゴ以外のほかの生物への影響が強まる可能性もある。科学的な検証をした上で、慎重に農薬の選定を進めてゆく必要がある」と話している。 【小堀龍之、山本智之】


        ****************

2014/9/23 日本経済新聞 電子版
     『赤トンボが育つ田んぼに 環境省、初の農薬影響調査』   

環境省は22日までに、稲作に使われる農薬が、トンボの生態に与える影響について初の実態調査に乗り出した。アカトンボの代表種「アキアカネ」が激減するなか、国が生態系を測る指標ともいえるトンボの生息数の変化を重視した形だ。「田園を舞う秋の風景を取り戻したい」。住民たちによる保護活動も各地で活発になっている。

 環境省による調査は9月、農業用水が田畑から流れ込む全国7カ所の湖や沼などで始まった。特定の農薬の残留状況とトンボの生息数との関係性を調べる。ミツバチなどへの影響が指摘されるネオニコチノイド系や、ノミなどの駆除に使う殺虫成分「フィプロニル」を含んだ計8種類を調査対象とした。

 調査期間は来年3月までで、各地の河川の水中農薬量も試算、トンボが農薬の影響を受けやすい地域を割り出す。農薬が原因でトンボの生息数が減っていると確認できれば、環境省は「農林水産省や農薬メーカーなどと、対策を協議していく」(農薬環境管理室)。

 環境省が調査に乗り出した背景には、多くの専門家の間で「トンボの生息数に農薬が深く関わっている」との指摘が根強いことがある。生息数の激減が目立つのが、アカトンボの代表種であるアキアカネだ。

 石川県立大の上田哲行教授(動物生態学)の試算では、アキアカネの減少は1990年代後半、西日本を中心に顕著になった。北陸地方では回復傾向もみられるが、2009年の生息数は、半数以上の府県で90年時点の0.1%にまで減った。

 アキアカネの減少傾向は、作付け前に稲の苗に浸透させる農薬「箱処理剤」のうち、フィプロニルなどの成分を含んだ製品の普及状況と重なり、上田教授は「(トンボの幼虫の)ヤゴの羽化率が低下する実験結果もある」と指摘する。

 童謡「赤とんぼ」の舞台、兵庫県たつの市でもアキアカネが急速に減った。地元住民らでつくるNPO法人「たつの・赤トンボを増やそう会」は昨年から、24世帯の農家とともに、農薬がアキアカネに与える影響を調べ始めた。

 水田にヤゴと卵を放流し、農薬ごとの羽化率を調べた結果、フィプロニルなどを含んだ農薬が使われた水田では、大部分が羽化していなかった。今年5月からは影響の少なかった農薬を中心にした栽培に取り組み、地元農家の青木勝喜さん(71)は「安全な米作りの技術を確立し、トンボが育つ水田を広げたい」と話す。

 一方、他地域に比べ、こうした農薬が普及しなかった福井県勝山市はアキアカネの激減を免れた。同市の住民らは11年から生息状況を調査し、市も地元JAに生息数に影響を与えかねない農薬を推奨品に選ばないよう求めている。

 調査・保護活動をサポートする同市の前園泰徳・環境保全推進コーディネーターは「身近な生きものが他の地域にはいないことの大切さを皆が感じ、環境保護の意識も高まった」と話している。

        ****************

 2014年9月30日付 東京新聞 
     『赤トンボ急減 絶滅の恐れ?』

2014_9_30.jpg

        ****************

2015年08月19日 毎日新聞 
  『赤とんぼ:アキアカネ絶滅ピンチ 環境省が農薬など調査』 

  赤トンボの代表種「アキアカネ」が激減し、地域で絶滅の恐れがある生き物のリスト(レッドリスト)に加える自治体が相次いでいる。原因ははっきりしていないが、農薬との関連をうかがわせるデータもある。日本の秋の原風景を守ろうと、環境省は今年度から現地調査に乗り出した。

 日本自然保護協会などによると、アキアカネのレッドリスト掲載が確認できる都道府県は大阪▽兵庫▽三重▽富山▽長崎▽鹿児島−−の6府県。このうち鹿児島県では「ほとんど見ることができない」として、2014年版から絶滅の危機にひんしている「絶滅危惧1種」に位置付けられた。三重県は今年3月、新たに「準絶滅危惧種」に加えた。
 トンボの幼虫のヤゴが生息する水田の減少も一因だが、減反政策が始まったのは1970年代。アキアカネは90年代後半以降の減少が目立つ。

 石川県立大の上田哲行名誉教授(動物生態学)によると、同県内でアキアカネの羽化が確認できた水田は89年で80%だったのに対し、09年は19%。実験では、90年代に登場して全国の水田に広まったネオニコチノイド系農薬を散布すると、不使用時と比べて羽化率が7割も落ち込むことが確認されたという。

 環境省も昨年度、ネオニコチノイド系など農薬8種の影響を文献などで調べたが「トンボに影響していることが示唆されるものの、確認には至らなかった」との結論だった。そこで今年度は、兵庫、広島、佐賀の3県でアキアカネなどの生息数と農薬使用の状況、残留農薬の濃度などを調べ、因果関係の有無を確かめるという。農薬環境管理室の担当者は「トンボは生態系の豊かさを知る指標にもなる。減少の要因を明らかにし、対策を考えたい」と話す。

 上田名誉教授は「農家は、農薬が野生動物を含めた自然環境にどのような悪影響があるか、知らない場合が多い。農家に分かりやすく伝える仕組み作りも必要だ」と指摘している。【渡辺諒】


        ****************

●参考資料① 農林水産省HP--農薬による蜜蜂の危害を防止するための我が国の取組(Q&A)(2015年.9月改訂)

●参考資料② 
No! ネコチドHP--ネオニコチノイド系農薬の基礎知識

●参考資料③. 平成24年度 NPO法人民間稲作研究所シンポジウム 特別講演
      『ネオニコチノイド系農薬、フィプロニルをめぐる内外動向 』

●参考資料④. 京都大学  <パネルディスカッション> 『アキアカネ減少の原因を探る』

●参考資料⑤ 平成 25 年度 消費者問題調査研究報告書
  《浸透性農薬「ネオニコチノイド系殺虫剤」が 生態系と人体に与える影響について 》
     __特定非営利活動法人 国際交流の会とよなか(TIFA)


blog_line1.gif




ブログ・ランキングに参加しています♪(^^) 
御面倒でなければ 一日一回、ポチッ!と お願いしまーす!(^-^)
*

blog_line1.gif


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!
にほんブログ村




▶絶滅危惧種_ベニイトトンボ!


ご訪問、ありがとうございます。 
ブログ・ランキングに参加しています。

一日一回、クリック支援を よろしく お願いします!♪

   ⇊  ⇊
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!


blog_line1.gif


【2015-09-14(月) 記】

晴天なので 昼から 丘陵地の寺院境内へ絶滅危惧種のベニイトトンボを探しに行きました!
池を覗くと・・・メダカが泳いでいたので 遊びで カシャリッ!
     ⇊
ar-medaka___1412 (2)

チョウトンボが飛んで来ました!
     ⇊
ar-choutonbo__1865 (BBb)

チョウトンボも久しぶりなので 熱中して撮っていたのですが・・・ふと その下の方で腹部を上下に振っている 紅っぽいトンボに気づきました! 
ベニイトトンボにしては大きいなあ~・・・と思いながら、 撮って確認してみると・・・なんと!会えましたよ!
絶滅危惧種のベニイトトンボでした! ヽ(^^)ノ
久し振りに出会ったので 大きく見えたのでしょう!(^^)
     ⇊
ar-beniitotonbo__2151 (2)

一寸飛んで 少し近くへ来てくれました!(^o^)/
     ⇊
ar-beniitotonbo__2079 (2)

もう一頭 居ました!ヽ(^^)ノ
“魅惑の森”のベニイトトンボが、昨年・今年と 見られなくなったので、 わが県でも《ベニイトトンボが絶滅か!?》 と思いましたが・・・ここで生息していたので 一安心です(^o^)
この池の このベニイトトンボたちには 生き延びて 繁殖して貰いたいと思います。
お寺さんの境内なので これからも自然環境には大きな変化がないと思われ、 その点は安心なのですが・・・(^o^)
     ⇊
ar-beniitotonbo__2195 (2)

blog_line1.gif




ブログ・ランキングに参加しています♪(^^) 
通りすがりの方も 一日一回、ポチッ!と 御協力を!v(^^)
*

blog_line1.gif


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!
にほんブログ村




▶登山口付近で自然観察 (その1)


ご訪問、ありがとうございます。 
ブログ・ランキングに参加しています。

一日一回、クリック支援を よろしく お願いします!♪

   ⇊  ⇊
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!


blog_line1.gif


【2015-08-04(火) 記】

さて、 登山口の空きスペースに車を止めて 辺りを見回すと・・・アゲハが飛んできました!
ラッキー!
     ⇊
Resized-ageha_01.jpg

ハグロトンボも居ました(^^)
翅を広げたところを狙ったのですが・・・上手く行きません(^^;)
     ⇊
a-Resized__hagurotonbo__33 (2)

暑い太陽の光に、 ヨウシュヤマゴボウが輝いていました!
     ⇊
a-Resized__hana_youshuyamagobou__92 (2)

谷川の中をバチャ バチャ 音をさせながら 歩いて行くと・・・今度は ハグロトンボ♂(雄)が顔を出しました(^-^)
数は少ないですが このハグロに良く似たトンボに、 「アオハダトンボ」がいます。
判別するのは 少し難しいです^^;;
     ⇊
a-Resized__hagurotonbo__154 (2)

草叢の中に、 細いトンボが居ました!
(何トンボだろう?)・・・と、良く見たら・・・
     ⇊
a-Resized__monosashitonbo__160 (2)

“魅惑の森”では姿を消した、 モノサシトンボですね!
腹部にモノサシの目盛りの様な斑紋があります♪(^^)
     ⇊
a-Resized__monosashitonbo__157 (2)


ーーーーー▶登山口付近で自然観察 (その2)へ。

blog_line1.gif




ブログ・ランキングに参加しています♪(^^) 
通りすがりの方も 一日一回、ポチッ!と 御協力を!v(^^)
*

blog_line1.gif


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!
にほんブログ村




▶コシアキトンボ


ご訪問、ありがとうございます(^^)/
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!
一日一回、クリック支援を よろしく お願いします! ♪(^^)


blog_line1.gif

【2015-05-29(金) 記】

昨日は、3年前に購入した軽自動車の、初めての車検の日でした。
ディーラーに車を持ち込んだら、車検には2時間半はかかるというので、積んで行ったカメラや麦藁帽子、首かけタオル、飲料水などを持ち出して、ディーラーの近くの里山へ。
池が上下に2つある谷間の原っぱを 池に沿って歩きました。

まず、目に付いたのがスイレンです(^^)
a-Resized__hana_suiren__96 (2)


花を眺めていると、 トンボが飛んでいるのに気付きました!
なんと! 今年 初めて出会った 「コシアキトンボ」です♪(^^)
a-Resized__koshiakitonbo __15 (2)


このトンボ・・・腰の所が白いので、遠くから見ると腰が“空いている”ように見えるので、コシ(腰)アキ(空き)と云う名前なのです(^-^)
a-Resized__koshiakitonbo__48 (2)


少し先の方に歩いて行くと、微かに小鳥の声がしています。
木の枝を見ると・・・居ました! 久し振りに出会うメジロです!
a-Resized__mejiro__122 (2)


これは、尾が長いですから エナガでしょう。
a-Resized__enaga__153 (2)


キツネノボタン(?)・・・まだ類似の野草との判別ポイントは調べていません(^^;)・・・らしい野草を撮ったりしていると、あっという間に2時間が過ぎ去りました! 自然観察は 時間潰しには良いですね♪(^^)
a-Resized__hana__206 (2)


車を受け取って、10分走り・・・“いつもの丘陵地”へ。
歩き出すと・・・いつもの所で ヤマサナエが飛んで 草に留まりました(^-^)
a-Resized__yamasanae__209 (2)


尾端を見ると、ヤマサナエの♀(雌)でした(^^)
a-Resized__yamasanae__233 (2)


目が青くて 綺麗ですね!d(^^)
a-Resized__yamasanae__274 (TT)

blog_line1.gif



ブログ・ランキングに参加しています♪(^^) 
通りすがりの方も 一日一回、ポチッ!と 御協力を!v(^^)
*

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!
にほんブログ村




▶“いつもの丘陵地”②_ホバリング大好きトンボ!ヽ(^^)ノ


ご訪問、ありがとうございます(^^)/
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!
一日一回、クリック支援を よろしく お願いします! ♪(^^)


blog_line1.gif

【2015-05-27(水) 記】

一昨日の埼玉県が震源地の地震・・・震源地の真上でフクロウの「トラフズク」を撮っておられたウィンターコスモスさまの地震体験記は 《ここ》です。 「トラフズク」の記事と共にお愉しみ下さい♪(^^)♪
草叢に隠れていたキジたちが全員飛び出してきて、激しく羽ばたいたそうですよー!


blog_line1.gif


昨日の続きです。
池を半周したところで、草深い細道になって来ました。
ここを歩き始めた時、サナエかヤンマか 判らない 5cmくらいの一頭が、 行きつ戻りつして “縄張り”を見廻っています。
サナエやヤンマは 留まらないので、撮れません(>_<)
撮るのは 諦めて、 目で追っていると・・・ん? ホバリングをしている!
それも、フッと見えなくなってから 戻って来て・・・ホバリングを繰り返しますd(^^)
これなら 撮れるかも知れない!
真剣になりました!

3-4枚失敗したけど・・・カシャリッ! 撮れたはず! 
液晶で確認! やったー! 撮ったどー!ヽ(^^)ノ
   (トリミングしてません)
a-Resized__sarasayanma__392 (shou)


これは何トンボ?
帰宅してから、図鑑と睨めっこでしたが 判りません!
それで、自然観察仲間のSさんにメールを送り、何トンボか聞きました。

その後、 Mino621さんのBlog“蜻蛉漫遊記”を訪問したところ・・・
ぎゃあー! Mino621さんが千葉まで遠征して撮影された「サラサヤンマ」の記事が掲載されており、そのサラサヤンマと私が撮ったトンボはソックリ!
それで、Sさんに、「判ったよ!」と連絡しようと、メールボックスを開けたら、Sさんから もう返事が来ていました!
「横からの画像だけなので、ハッキリしないけど サラサヤンマだと思うよ」・・・と云うことでしたd(^^)
   (トリミングしてません)
a-Resized__sarasayanma__369 (2)


・・・と云うことで、トンボの名前も「サラサヤンマ」と判りました。
腹部の小さな黄斑が「更紗模様」に似ているので、サラサの名前がついたそうです。
日本特産種です。
丘陵地や低山地の、ハンノキなどが生育する湿地に生息するそうですが・・・この場所は ハンノキもあり、 ピッタリの場所です!
a-Resized__sarasayanma__420 (tt)


このサラサヤンマの飛翔を 181枚撮りましたが・・・ピントが来ているのは約10枚でした(^^;)
でも、シャッターを切っている時間は 上手く撮ることだけ考え・・・幸せに包まれた時間となります♪(^^)♪
a-Resized__sarasayanma__428 (bb_Gen)
 
  (トリミングあり ↑ ↓) 
a-Resized__sarasayanma__368 (2)


ーーー▶“いつもの丘陵地”③__早くもゼフィルス出現です!ヽ(^^)ノ へ


blog_line1.gif



ブログ・ランキングに参加しています♪(^^) 
通りすがりの方も 一日一回、ポチッ!と 御協力を!v(^^)
*

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!
にほんブログ村




▶郊外の森へ


ご訪問、ありがとうございます(^^)/
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!
一日一回、クリック支援を よろしく お願いします! ♪(^^)


blog_line1.gif

【2015-05-25(月)】

昨日は、郊外の森を覗いてみました(^-^)
森の入口から 奥の方の池に通じる小径に一歩足を踏み入れると、クモがあちらこちらに網を張っていました。
こんなクモです。 これは、腹側です。
a-Resized__kumo__154(2).jpg


背中側です。
オニグモの一種でしょうね(^^) ヤマシロオニグモでしょうか?
a-Resized__kumo__136 (2)


池に出ました・・・ここにもハッチョウトンボが居るはずですが・・・姿が見えません(^^;)
水面を走り回っているのは アメンボウです(^^)
a-Resized__amenbou__297 (bb)


初めて出会ったミズグモ(?)・・・・です(^^)
 (ミズグモは1種類だけ日本に居るようですので、疑問符をつけて置きます^^;;) 
a-Resized__mizugumo__362 (2)


新種のミズグモじゃ ないでしょうね?!(
 (初めて出会うと 新種だと思って 愉しんでいます)(*^^*)
a-Resized__mizugumo__333 (2)


帰ろうとして、出口に向かっていたら・・・ハラビロトンボが飛んで来て、
a-Resized__harabirotonbo__386 (2)


見送ってくれました♪(^^)
顔面の、目のような青い2点が 怪しく光ります(^^)
このトンボは、成熟して 少し黒くなっています。 ♂(雄)ですね。
a-Resized__harabirotonbo__398 (2)

blog_line1.gif



ブログ・ランキングに参加しています♪(^^) 
通りすがりの方も 一日一回、ポチッ!と 御協力を!v(^^)
*

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!
にほんブログ村




▶丘陵地の生きものたち


ご訪問、ありがとうございます(^^)/
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!
一日一回、クリック支援を よろしく お願いします! ♪(^^)


blog_line1.gif

【2015-05-24(日)】

昨日は、いつもの丘陵を覗きました!
長靴を履いて身支度をして・・・まず、小川の堰に何か居るだろうと思い、薄暗い谷に下りてみました。
居ましたよ! カワトンボです!
a-Resized__kawatonbo__217 (2)


この種のトンボには、「ニホンカワトンボ」と「アサヒナカワトンボ」の2種類がいます。
この2種は 外見からは同定が難しいです^^;; 
a-Resized__kawatonbo__306 (2)


3頭見かけましたが♂(雄)ばかりでしたし・・・どちらか決められないので・・・カワトンボとして置きます(^_^;)
a-Resized__kawatonbo__301 (2)


テクテク歩いて、 池の近くまで来ました。
ここには、水溜りがあり ハッチョウトンボが例年見られる所です。
草を掻き分けると、ヒラタアブのようなのが飛びました!
何かな?  ピントを合わせてみると 日本で一番小さいトンボ=ハッチョウトンボの♀(雌)でした!v(^^)v
これで2cmの大きさです。
a-Resized__hacchoutonbo__597 (2)


ハッチョウトンボの近くでは、シオカラトンボのカップルが ラブラブ中です(^o^)
トンボの交尾は、どのトンボでも同じですが・・・他の昆虫とは異なり、珍しい形をとります。
a-Resized__shiokaratonbo__686 (2)


ヒメウラナミジャノメも居ました(^^)
a-Resized__himeuranamijyanome__757 (2)


池の中の水草には、 ホソミオツネントンボ(=細身越年トンボ)が。
越冬したトンボです。
a-Resized__hosomiotsunentonbo__782 (2)


何の花でしょうか? 黑っぽい、異様な・・・低木の花です。

【追記】・・・・蛾が御専門のItotonboさんから、『イタチハギ』と、教えて頂きました!
有難う御座いました!m(_ _)m

 
a-Resized__hana__904 (taiwan)


外来種の、タイワンタケクマバチが接近中です!
a-Resized__hana__1037 (taiwan)

a-Resized__hana__1033 (2)


blog_line1.gif



ブログ・ランキングに参加しています♪(^^) 
通りすがりの方も 一日一回、ポチッ!と 御協力を!v(^^)
*

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!
にほんブログ村




▶丘陵のトンボ 《その2》


ご訪問、ありがとうございます(^^)/
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!
一日一回、クリック支援を よろしく お願いします! ♪(^^)


blog_line1.gif

【2015-05-11(月)】

昨日の丘陵の続きです。
ヤマサナエ以外には、これと云ったトンボは居ませんでしたが・・・まず出会ったのが、早春から飛んでいるシオヤトンボでした。 これは、赤い矢印の処の形で判断するのですが、♂(雄)です。 まだ若いので黄金色ですが・・・
a-Resized__shioyatonbo__403_ZU (fuzokuki)


老成すると、粉を吹いて このように白くなります《♀(雌)は老成しても黄色っぽい色が変わりません》
a-Resized__shioyatonbo__375 (2)


これは、シオカラトンボの♀(雌)で、麦藁(ムギワラ)のような色をしているので、通称がムギワラトンボです。
a-Resized__shiokaratonbo__58 (2)


ヤマサナエの頭部・胸部は このようになっています。
a-Resized__yamasanae__633 (TT)

blog_line1.gif



ブログ・ランキングに参加しています♪(^^) 
通りすがりの方も 一日一回、ポチッ!と 御協力を!v(^^)
*

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!
にほんブログ村




▶丘陵のトンボ 《その1》ーーヤマサナエ


ご訪問、ありがとうございます(^^)/
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!
一日一回、クリック支援を よろしく お願いします! ♪(^^)


blog_line1.gif

【2015-05-10(日)】

今日は快晴!
久し振りに、“いつもの丘陵地”へ行ってみました(^^)
狙いは、 この間、『蜻蛉漫遊記』のMino621さんがUPされたヤマサナエと「ハラビロトンボ」です。

例年、ヤマサナエを撮っている小川のブロックを覗いたのですが、居ません^^;;
炎天下を2時間半 探したのですが居ません。
諦めて、帰ろうと・・・車の近くまで戻って来た時・・・大型のトンボが地面に着地しました!
急いでピントを合わせてカシャリッ!・・・ヤマサナエでした!ヽ(^^)ノ
a-Resized__yamasanae__609 (2)


飛んで草の葉へ!
a-Resized__yamasanae__625 (2)

・・・・▶丘陵のトンボ 《その2》へ。
blog_line1.gif



ブログ・ランキングに参加しています♪(^^) 
通りすがりの方も 一日一回、ポチッ!と 御協力を!v(^^)
*

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ Click!!
にほんブログ村




▶アキアカネ 発見!

近くの緑地公園のフジバカマに、アサギマダラが来ているかな?・・・と思って、見に行きました。
丘の頂上まで登って行くと・・・例年、咲いているフジバカマがない!
「フジバカマ」の名札だけが、空しく地面に突き刺さっていました(>_<)

仕方がないので、周囲を観察。
木の枝に、トンボがとまって居ましたv(^^)
噂をすれば何とやらで・・・今年初撮りのアキアカネ♀(雌)でした!
a-Resized__akiakane__973 (bb)

トンボ・シーズンが終わる頃になって、やっと撮れたアキアカネ・・・本当に短期間のうちに 「絶滅危惧種」になりました(><)(TT)
a-Resized__akiakane__1000 (2)

アキアカネ♂(雄)は居ないかと 探すと、少し離れた木に留まっていました♪(^^)
a-Resized__akiakane__1148 (2)

帰ろうと 駐車場に戻ると・・・これまた珍しいナンバーの車が 停まって居ました!
九州ですね!♪(^^)
a-Resized__kuruma_No__1335 (2)


 ブログ・ランキングに参加していま
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶マイコアカネだ!

今日も、灰色の雲の間から 所々で青空が覗く、変な空模様です。
マイコアカネを撮りに、 郊外の小さな、“マイコ公園” (私の命名です^^;;)へ。 
この公園にはマイコアカネが生息しているのですd(^^)

(今日は会えるかな?)・・・と思いながら、 歩き始めると・・・ん? あれはトンボだ!
左側の林縁の、茅の葉に弱弱しそうなトンボが とまっています。
望遠レンズを覗いてみると・・・ぎゃ~! 胸部(翅胸)の黑紋は・・・マイコアカネです!
来てすぐ会えるとは・・・想定外でした!(^O^)
a-Resized__maikoakane__3 (3)

淡い体色から、マイコアカネ♀(雌)かと思ったのですが、 少し反った尾部上付属器が見えますので、未成熟の♂(雄)ですね。
♂(雄)なら、 青くなった顔面を撮らないと 来た甲斐がありません(^^)
前の方に回り込みたいのですが、立木が阻んで・・・これ以上は行けません^^;;;;;
顔面を少しだけ撮ることが出来ましたが・・・僅かに見える顔は まだ青くなっていませんね^^;;
腹部(胴体)の色が まだ赤くなっていない 若い個体ですから、 青くなるのには もう少し時間がかかるのでしょう(^^)  
a-Resized__maikoakane_16 (2)

林縁を歩いて行くと、 タカサゴユリらしい花が 沢山咲いています。
a-Resized__hana_takasagoyuri__210 (2)

マユタテアカネも あちらこちらで見られますが・・・マイコアカネには なかなか出会えません^^;;
あれっ・・・あの胸部の黑紋は・・・マイコかな?!
a-Resized__maikoakane_mesu__415 (2)

尾端と副生殖器の有無を確かめると・・・マイコアカネ♀(雌)ですね。
♀(雌)でも 顔が緑青色になることもあるそうなので、 前に廻り込み 顔面を見ると・・・
眉班の辺りが緑青色になっています♪(^^)♪
a-Resized__maikoakane_mesu__436 (2)

成熟した♂(雄)の顔面を 次回撮りたいです!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログランキングに参加しています(-_^)-☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


▶シオカラトンボの話

トンボのことを知らない人でも、一度は名前を聞いたことがあるトンボは・・・日本の全域に広く分布するシオカラトンボでしょう。

これは、シオカラトンボの♂(雄)ですが、 成熟しているので腹部が灰白色の粉で覆われ、白くなっています。この粉を塩に見立てたのが名前の由来です(“塩殻トンボ”で、“塩辛”とは関係がないそうです)。
a-Resized__shiokaratonbo__964 (2)

こちらが、 シオカラトンボの♀(雌)ですが、 体色が麦藁の様なので、ムギワラトンボとも呼ばれます。
♂(雄)も未成熟の時は、 ♀(雌)に似た体色をしています。
  (シオカラトンボの♀(雌)=ムギワラトンボ)
a-Resized__shiokaratonbo__594 (2)

体色の他に、雌雄を見分ける箇所は何処でしょうか?
それは・・・シオカラトンボに限らず、 トンボ全般に共通することですが・・・まず第一に尾端の形です(^^)

これは、シオカラトンボ♂(雄)の尾端ですが、 上付属器(じょうふぞくき、2個)と、下付属器(かふぞくき、2個)が、あります(上から撮っているので、この写真では、下付属器は見えません)。この4本の爪で、♀(雌)の頭部の後付近を掴み、♀(雌)を確保して 交尾させます。
a-Resized__shiokaratonbo__967 (2)

こちらは、♀(雌)の尾端ですが、形が♂(雄)とは違っています。 
♀(雌)には、尾毛がありますが、 上付属器(じょうふぞくき)とか、下付属器(かふぞくき)は ありません。
a-Resized__shiokaratonbo___578 (2)

第2の雌雄の違いは・・・♂(雄)は、 腹部第2節と第3節に、 副生殖器があるのですが、 ♀(雌)の腹部・下側には 凹凸がなく、 滑らかです。  副生殖器は、♂(雄)があらかじめ精子を移して置く所です。
  (トンボの交尾の仕組みについては、 【ここ】 を御参照下さい)
a-Resized__shiokaratonbo__921 (2)のコピー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▶トンボの種類と活動時期

身近なトンボが、いつから いつまで見られるのか・・・図鑑“トンボのすべて”(トンボ出版)で調べてみました(^^)♪
著者は大阪の人なので、関西周辺での生息期間だろうと思われます。

シオヤトンボ・・・・ 4月中旬から 6月末まで。
ハラビロトンボ・・・ 5月初めから 9月初め。
ミヤマカワトンボ 5月下旬から 8月末。
グンバイトンボ 6月初旬から 8月末。
モノサシトンボ 6月初旬から 9月末。
シオカラトンボ・・・ 5月初めから 10月下旬。
ハッチョウトンボ・・・5月中旬から 8月末。
ショウジョウトンボ・・・5月中旬から 9月末。
ベニイトトンボ  5月末から 10月初め。
コシアキトンボ・・・6月初めから 9月中旬。
コフキトンボ・・・・・6月初めから 9月中旬。
チョウトンボ・・・・6月中旬から 9月末まで。
ネキトンボ・・・・6月旬から 10月中旬まで。
キイトトンボ 6月中旬から 9月初め。
ハグロトンボ 6月下旬から 10月初め。
アキアカネ・・・・6月中旬から 11月末まで。
オオシオカラトンボ・・・6月中旬から 9月末。
リスアカネ・・・ ・・7月初めから 10月末まで。
ノシメトンボ・・・ ・7月初めから 10月末まで。
コノシメトンボ・・・7月初めから 10月末まで。
マユタテアカネ・・7月初めから 11月中旬。
マイコアカネ・・・・7月初めから 11月中旬。
ヒメアカネ・・・7月初めから 11月中旬まで。
ナツアカネ・・・7月中旬から 11月初めまで。
ミヤマアカネ・・・8月初めから 11月末まで。  
 
     (チョウトンボ)
a-Resized__choutonbo__234 (2)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


▶曇り空にトンボ飛ぶ!

台風8号が沖縄に上陸!
こちらに向かっているので、曇り空です^^;;
コフキトンボが飛んでいないかと・・・『トンボ池』(私の命名です)を覗いてみました。

急な斜面の堤を滑らないように降りて 水際に立つと、チョウトンボが、沢山飛んでいます!
a-Resized__choutonbo__152 (2)

陽が当たると、翅がメタリックに輝くのですが・・・曇天では冴えませんね^^;;
a-Resized__choutonbo__117 (2)

歩き易い水際を歩いて観察開始です(^^)♪
紅いトンボが飛んで来て留まりました!ショウジョウトンボでしょう。
a-Resized__shoujyoutonbo__185 (2)

顔も、複願も、腹部も・・・脚まで赤いですね!
想像上の動物・・・真っ赤な“猩々”・・・から 連想してつけられた名前です(^^)
a-Resized__shoujyoutonbo__453 (2)

池には、ヒシの花が咲いています。
小学生時代は、オヤツもない時代でしたから、ヒシの実を取って家に持ち帰り、茹でて食べましたね!
美味しかった!(^-^)
a-Resized__hana__216 (2)

パトロールばかりして、余り留まらないコシアキトンボですが・・・流石に飛び疲れたのか、葉陰で休憩中でした(^0^)
a-Resized__koshiakitonbo__312 (2)

腰の所が白く、 空いているように見える所からの命名です(^^)♪
a-Resized__koshiakitonbo__345 (2)

ふと 目を転じると・・・花が咲いていました。
平安時代の和歌にも出てくる「HKカズラ」です(臭いがあるからといって、聞くに堪えない名前を昔に付けられたものですね)(><)
別名の、「早乙女カズラ」に、改名させたいものです(^^)♪
a-Resized__hana__311 (2)

アオイトトンボがいました!
a-Resized__aoitotonbo__305 (2)

特徴が撮れなかったので判りませんが・・・オオアオイトトンボの可能性もあります。
a-Resized__aoitotonbo__273 (2)

こんな花も、水際に近い所に咲いていました。 小さな木です。
御存知の方がおられましたら 教えて下さい。
東京は足立区の、 『足立自然にふれあう会のSanpoさま』が身近な野草にお詳しいので、照会しようと思っています (^^)

  【追記】・・・とりこさまより、『ムラサキシキブか、コムラサキである。この間、BlogにUPした』旨のコメントを頂きました。
御教示、 ありがとうございました! 

a-Resized__hana__222 (2)

こちらはキイトトンボです。 
漢字で書くと、「黄・糸とんぼ」で、「生糸とんぼ」ではありません(^^)
a-Resized__kiitotonbo__136 (BB)

この池には、コフキトンボがいるのですが、昨年・一昨年と 姿を見せません。
(どうしたのかなあ?) と思っていると、スーとトンボが飛びました。
留まったのを望遠レンズで見ると・・・コフキトンボでした! 
生き延びていたのですね!ヽ(^^)ノ でも、これ一頭でした^^;;;;;
a-Resized__kofukitonbo__244 (2)

ハエが綺麗に撮れたので、最後尾の 「おまけ」 に入れて置きます^^;;;;;

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 おまけ ↓↓

続きを読む

▶日本最小のトンボ 《その2》 

     ■<お知らせで~す^^;;
私ごとですが_______来年7月には、運転免許証の更新があります。 その準備を今から始めなければなりません。
実は、2年前の更新の際にも、視力が問題になり、一度不合格になったのですが、2度目の別室での視力検査の結果、辛うじて更新が出来ました。 
それから早くも2年経ち、視力が更に落ちていますので・・・このままでは、免許証の更新は無理でしょう。 それで、来る6/27 右目の簡単なレーザー手術をすることにしました。 
簡単な手術でも、傷が完全回復するには4ヶ月程度かかるようですので、その間、自然観察とBlogは「休業」せざるを得ませんm(_ _)m ・・・が、可能な限り、皆様方の愉しいBlogには 左目で訪問・コメントさせて頂きます♪(^^)


続けます・・・初めて見た蛾の交尾を撮ったり・・・、 
a-Resized__ga__1004 (koubi)

蜘蛛(オニグモの一種でしょう)の網を避けながら・・・池の所から、細い小径をよじ登って、また森の中へ入り、 池沿いに歩いて・・・池の中を少し歩き・・・水が湧き出て湿地状になっている池の水際へ行きます。
a-Resized__onigumo__1197 (2)

ハッチョウトンボが居る筈ですが・・・姿がありません^^;;
オオハナアブが居ました(^^)
a-Resized__oohanaabu__1204 (2)

こんな湿地状の所では、トウカイコモウセンゴケ(食虫植物)が 良く見られます。
昆虫が来ると 直ぐにくっつけて生け捕りにしようと・・・粘液を玉にして 待っています(^^)♪
a-Resized__toukaikomousengoke__992 (2)

やっと見つけました!
ハッチョウトンボ♀(雌)です!
a-Resized__hacchoutonbo__1435 (2)

上の写真の、拡大写真です(^^)
阪神ドラゴンスの虎模様ですね(^^)♪
a-Resized__hacchoutonbo__1430 (2)

ハッチョウトンボ♀(雌)だと思って撮ったのですが・・・若い♂(雄)でした♪(^^)
a-Resized__hacchoutonbo__1205 (2)

これが成熟したハッチョウトンボ♂(雄)です。
体長2cm弱なので 一円玉の中に入ります(^-^)
a-Resized__hacchoutonbo__1301 (2)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▶日本最小のトンボ!______ハッチョウトンボ! 《その1》

本Blogのサムネイル画像はクリックしますと、拡大します。 以前は、即 大きな拡大画像が出たのですが、最近は、一度小さな画像が出て、その画像を再度クリックすると、余り大きく拡大されない画像が出ます。どうして このように変更されたのか? 「画像をクリックすると、拡大画像が出るよ。」と、友達は云うのですが・・・(?_?)

ハッチョウトンボは体長が2cm足らずで、日本で最小のトンボです。
多くの都道府県では絶滅危惧種に指定されていますが、当地では5カ所くらいで見られます。
その一つへ行ってみました。

森の小径を歩いて行き、 開けたところに出ると ノイバラが綺麗に咲いていました!
a-Resized__hana__1443 (2)

ノイバラの横にヤマサナエが休んで居ました(^^)♪
a-Resized__yamasanae__1007 (2)

森の奥の池に着くと、 トンボが飛んでいました。
いつもの習性で、 ホバリングする所を狙います(^^;)
a-Resized__sanaetonbo__1469 (boke)

まず、 飛び方を観察して、飛行ルートや良くホバリングするところを見極めます。
撮れそうな辺りへ“置きピン”して、設定をMFに変え、トンボを待ちます。
トンボが飛んで来たら、素早くファインダーに入れ、左手でピントを合わせ、右手でカシャリッ!
・・・何度も失敗して・・・なかなか上手く行きません。
a-Resized__sanaetonbo__1457 (boke)

特に、当然のことながら・・・近くに来たトンボはファインダーに入れるのさえ難しい^^;;;;;
a-Resized__sanaetonbo__1461 (boke)

また、正面から飛んで来ました。
撮れると最高のポーズなんですが・・・やはりピントが・・・(><)
a-Resized__sanaetonbo__1468 (boke)

これは マズマズピントがあったようです!♪(^^)
a-Resized__sanaetonbo__1472 (2)

連射します❤  カシャリッ!
a-Resized__sanaetonbo__1473 (2)

カシャリッ!
a-Resized__sanaetonbo__1474 (2)

大成功! ヽ(^^)ノ
このサナエトンボは・・・ヤンマ・サナエ類の同定が苦手の私ですが、敢えて同定すると ・・・ダビドサナエかな?

トンボ専門家のヒオさん・・・ダビドサナエでいいですか??

a-Resized__sanaetonbo__1474 (TT)

ーーーー▶日本最小のトンボ 《その2》 へ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ブログランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▶これ トンボ??

コフキトンボとチョウトンボが飛ぶ頃だと思って、市内の“トンボ池”(私の命名です)を覗きました。
コフキトンボはどうしたわけか、飛んで居ません(-_-;) 
池の自然環境に大きな変化はないのですが、 昨年、姿を消したのです。 
今年もダメのようですね(><)

池の周りを歩いたら、チョウトンボは、チラ ホラ居ましたv(^^)
10年前に、初めて出会った時は、 (これがトンボか!)・・・と驚いたものですが・・・見慣れると、(ああ 居た居た)だけです^^;;;;;
a-Resized__choutonbo__1212 (2)


a-Resized__choutonbo__1166 (2)

a-Resized__choutonbo__1286 (bb)

a-Resized__choutonbo__1263 (2)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▶オオシオカラトンボの繁殖 <再掲>

標高612mの山の麓にある砂防堰を覗いてみました。
谷川の中をジャブジャブ歩いて行くと・・・交尾中のオオシオカラトンボのカップルを発見!v(^^)
   (画像クリックで拡大します)
a-Resized__00shiokara__401 (koubi)

トンボの交尾は、どうなっているのでしょうか?
御存知のことだと思いますが・・・下 ↓↓ の写真を御覧下さい。;

①左側が♂(雄)で、右側が♀(雌)です。

②♂(雄)は♀(雌)の頭部の縁を、腹端(尾端)にある4本爪(=上付属器と下付属器です)で掴んでいます。(イトトンボなんかは、♀(雌)の首筋の辺りを掴みます)

掴まれた♀(雌)は、本能でしょうか・・・♂(雄)の胴を抱え込み、体を曲げて 自らの腹端(尾端)にある生殖器を、♂(雄)の腹部下方にある 副生殖器に挿し込みます。
(「鍵穴」と「鍵」のような関係で、合わなければ挿し込めず、交尾出来ない・・・異種同士は交尾出来ない仕組みになっているのだと思います)

③♂(雄)の副生殖器には、あらかじめ♂(雄)が精子を腹端(尾端)から胸部下にある 副生殖器に移していますので、この段階で受精が行われるわけです。
全てのトンボが、このような方法で子孫を残すのです。
a-Resized__ooshiokaratonbo__415 (koubi)

さて、私が このカップルを見つけたのが、13:19、 カップルが離れたのが 13:22ですので、交尾時間は3分以上になります。 チョウトンボなんか、数秒ですから・・・オオシオカラトンボの交尾時間は長いですね(^-^)

交尾の後、 ♀(雌)の方は何をしているのでしょう?
そうです! 産卵ですv(^^)
水面を尾端で打って産卵する・・・打水産卵をしています。
a-Resized__ooshiokaratonbo_mesu__510.jpg

その間、♂(雄)は ♀(雌)の上方でホバリングしながら・・・ 
♀(雌)を警護しているのですが・・・
a-Resized__ooshiokaratonbo__474 (keigo)

なにしろ、 交尾の直後で疲れているようです。 
時々警護を止めて 休んでいました。 お疲れさん!(^0^)
a-Resized__ooshiokaratonbo__727 (2)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

プロフィール

 ▶白竜(はく りゅう)

Author: ▶白竜(はく りゅう)
横綱の「鵬」関と「鶴」関にあやかって、ハンドルネームを《白竜》にしました(^-^)2004年から、自然写真を撮りながら森や野山をノ~ンビリ歩き、素晴らしい日本の四季を楽しみつつ、自然や生きものたちの変化を観察しています。【管理画面へ】
**********************************
ブログ・ランキングに参加しています.にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ/日本ブログ村/
****************************

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
■新カウンター(2014_3_10~    
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED     本日: SEO対策はUNFINISHED       昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-