▶アオスジアゲハも熱中症対策??ーー《その2》

さて、肝心のアオスジアゲハですが・・・やっと着地しました!
a-Resized__aosujiageha__174 (2)

吸水しています。 熱中症対策でしょうか?(^^)♪
Hiro-photoさんがコメントで、 吸水は体温を下げるためもあるのでしょう?・・・と書かれていますが、その他に、やはり水分補給とミネラル摂取の目的もあるのでしょうね。
観察していると、吸水しながら 時折 排水もしています!♪(^^)
  (排水の写真も撮ったのですが・・・撮れていれば 後程 掲載します)
a-Resized__aosujiageha_kyuusui__748 (bb)

アオスジアゲハの翅には、 いろいろな色が散見出来るので、撮ろうとするのですが・・・動き回っていい角度になりません、
a-Resized__aosujiageha__248 (2)

また、もっと近付こうとすると、人の気配に敏感で、直ぐに飛び立ちます!^^;;;;;
a-Resized__aosujiageha__439 (2)

今回、このチョウが吸水しながら、 時々排水しているのを撮ったのですが、 上手く撮れていません(>_<)
それで、以前撮った写真を再掲します。

(排水するアオスジアゲハ__2010年8月4日撮影画像)
aosujiageha_kyuu_haisui 419 TTTT

もう一枚!(^^)♪
a-Resized__aosujiageha_kyuu_haisui 402 TTTT

チョウが吸水や排水する理由は、次の通りのようです。

①吸水するのは 全て♂(雄)で、♂の性成熟にはミネラル分などを摂る必要があるらしい(昆虫専門家 PIERISさん談)。

②循環水冷方式で高くなった体温を冷やしている(Web検索の結果)。


ーーー▶アオスジアゲハも熱中症対策??―《その3》へ。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▶アオスジアゲハも熱中症対策??―《そのⅠ》

暑い中、山麓の砂防堰へ行きました^^;;
“捕らぬ狸の皮算用”で・・・こうも暑いと、珍しい蝶が吸水に来ているはず・・・と思ったものですから(^^)♪

登山口に車を停めて外に出ると・・・すぐにオオシオカラトンボに気づきました(^^)
a-Resized__ooshiokaratonbo__16 (2)

砂防堰の中は、今は水が少ししか溜まっていないので、歩けます。
砂が溜まり、草も適当に生えていて いい自然環境です。
水辺に降りて まずチェックするのは 砂地の上に カエル狙いで来ているヘビが居ないか?・・・です^^;;
知らずに毒蛇を踏み 噛みつかれると大変です(>_<)

吸水に来ているアオスジアゲハ一頭が 飛び回っています!♪(^^)
アオスジアゲハは それほど稀少な蝶ではないのですが、出会うのは年に3-4回だけと 少ないのです。
これは撮らないと・・・と思って目で追っていると・・・トンボがやって来ました!
おっ! 黄色いトンボだ! 
わか県では「絶滅危惧種」になっているキトンボかな??!
こちらの方が重要だ!(^_^;)  カシャリ!

撮って、カメラの液晶で拡大してみると・・・キトンボなら翅の半分以上は黄色ですが、このトンボは翅の付け根の周辺だけが黄色です。 
a-Resized__shoujyoutonbo_mesu__160 (2)

トリミングして拡大してみると、 尾端の形は♀(雌)のようですね。
ショウジョウトンボの若♂ではなくて、 ショウジョウトンボ♀(雌)でしょう(^^)
a-Resized__shoujyoutonbo__165 (2)

暑いので、自然観察の回数が減っているため、撮影画像を小出しにして掲載しています *^^*

ーーー▶アオスジアゲハも熱中症対策??―《その2》へ。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▶トンボの種類と活動時期

身近なトンボが、いつから いつまで見られるのか・・・図鑑“トンボのすべて”(トンボ出版)で調べてみました(^^)♪
著者は大阪の人なので、関西周辺での生息期間だろうと思われます。

シオヤトンボ・・・・ 4月中旬から 6月末まで。
ハラビロトンボ・・・ 5月初めから 9月初め。
ミヤマカワトンボ 5月下旬から 8月末。
グンバイトンボ 6月初旬から 8月末。
モノサシトンボ 6月初旬から 9月末。
シオカラトンボ・・・ 5月初めから 10月下旬。
ハッチョウトンボ・・・5月中旬から 8月末。
ショウジョウトンボ・・・5月中旬から 9月末。
ベニイトトンボ  5月末から 10月初め。
コシアキトンボ・・・6月初めから 9月中旬。
コフキトンボ・・・・・6月初めから 9月中旬。
チョウトンボ・・・・6月中旬から 9月末まで。
ネキトンボ・・・・6月旬から 10月中旬まで。
キイトトンボ 6月中旬から 9月初め。
ハグロトンボ 6月下旬から 10月初め。
アキアカネ・・・・6月中旬から 11月末まで。
オオシオカラトンボ・・・6月中旬から 9月末。
リスアカネ・・・ ・・7月初めから 10月末まで。
ノシメトンボ・・・ ・7月初めから 10月末まで。
コノシメトンボ・・・7月初めから 10月末まで。
マユタテアカネ・・7月初めから 11月中旬。
マイコアカネ・・・・7月初めから 11月中旬。
ヒメアカネ・・・7月初めから 11月中旬まで。
ナツアカネ・・・7月中旬から 11月初めまで。
ミヤマアカネ・・・8月初めから 11月末まで。  
 
     (チョウトンボ)
a-Resized__choutonbo__234 (2)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


▶恋の季節 《その3》

自然観察に行こうとして、坪庭を横切っていた時、グッタリしているゴーヤに気づきました(^^) 水を遣っていたら、 蝶がゴーヤからフェンスに飛びました。 交尾中のヤマトシジミでした(^^)♪
a-Resized__yamatoshijimi__23 (2)

チョウが このような翅の形になる時は、リラックスしている証拠です。
翅の色が、少し茶色っぽくなっている上の蝶が、♀(雌)のような気がします(図鑑によると、裏翅の斑紋・色彩には雌雄の違いが無いそうなんですが・・・)。
a-Resized__yamatoshijimi__13 (2)

出発して・・・運転していると、カーラジオから、 気温が37℃になっていることを報じています^^;;
暑い!
自然観察に行く元気も無くなり Uターンして 家に帰りました(^_^;) 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
フクジイさんから質問がありました。
交尾中に危険を感じると、チョウは飛びますが、雌雄が どのように羽ばたくのか?

この写真のように、♂らしい(黄色)のが このまま羽ばたいて移動し、 ♀らしい蝶(白)は羽ばたかず、 ♂(雄)にぶら下がったままですv(^^) 夫唱婦随ですね!♪(^^)
a-Resized__monkichou__381 (KOUBI)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▶恋の季節 《その2》

さて、本題の“恋の季節”ですが・・・飛んで居るチョウトンボを眺めていると・・・塊のようなものが飛んで来ました。
何だろうと思って 望遠レンズを覗くと・・・ぎゃあー! 交尾しています。
交尾は、これまで3-4回撮っているので、交尾時間が僅か数秒であることを知っています。
早く撮らねば 離れてしまいます!
ピント ピント!・・・焦りますね!
やっとピントが合いました!v(^^)

     (15時09分37秒の画像)
a-Resized__choutonbo_koubi__164 (1)

♂(雄)が前で、♀(雌)が後です。
 (トンボの交尾につきましては、この記事も御参照下さい)

同じ姿勢が 続きますv(^^)
a-Resized__choutonbo_koubi__164 (TT)

あっ! 離れました!
5-6秒の交尾でした!   

     (15時09分41秒の画像)
a-Resized__choutonbo_koubi__172 (2)

   (上の画像を拡大すると これ↓↓です)   
a-Resized__choutonbo_koubi__172 (tt)

     ▶▶▶▶▶▶▶▶▶▶     

■私事ですが・・・今日は、右目の手術後1ヶ月目の、 診察がありました。
経過は良好で、 次回の診察は、一カ月後となりました♪(^^) 
これからは、『日にち薬』 です♪(^^)♪
夏場は暑いし、無理をしないように、目をかばいながら自然観察をしていますので、本Blogの更新は不定期になっておりますm(_ _)m


・・・・・・・・・▶恋の季節 《その3》へ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
                              

▶恋の季節 《その1》

朝から暑いですね!^^;;
“いつもの池”を覗いてみました(^^)

クズの葉が大きく広がっています。
花は未だですが、花が咲く頃には ウラナミシジミが飛び始めるでしょう!
ツバメシジミの♀(雌)-(表翅が黒っぽい)-が クズの葉っぱから飛びました!
a-Resized__tsubameshijimi_mesu__55 (bb)

セミがウルサク啼いています。
飛んで来たこのアブラゼミ・・・木にしがみ付いた途端 啼き出しました!ジリジリ ジリー(^^)

 【御参考】ーー各種セミと その鳴声は《ここ》ですv(^^)

a-Resized__aburazemi__93 (2)

この池は水が抜かれて減水していますので、生きもの達が少ないです(>_<)
それで、近くの“トンボ池”(私の命名です)に移動しました(^^)

コシアキトンボが休憩中でした!
a-Resized__koshiakitonbo__214 (2)

こちらにも!
a-Resized__koshiakitonbo__99 (2)

キイトトンボも居ます(^-^)
a-Resized__kiitotonbo__118 (2)

池の水辺を歩いて観察します。
水際には、ミソハギが咲いていました!
a-Resized__hana_misohagi__272 (2)

チョウトンボが沢山飛びかっています(^^)♪
この、休憩中のチョウトンボは 翅が黒っぽいです。
♀(雌)の特徴ですね。
a-Resized__choutonbo__161 (2)

チョウトンボ♂(雄)は オベリスク姿勢(逆立ち)で、太陽からの熱をまともに受け無い様にして、体温が上昇するのを防いでいます。
a-Resized__choutonbo__186 (2)

このシオカラトンボは ♀(雌)のような感じですが・・・若い♂(雄)ですね♪(^^)
a-Resized__shiokaratonbo__250 (2)

-----▶恋の季節 《その2》へ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▶緑のカーテン

4年前から、夏の省エネ対策として、「緑のカーテン」を南側の窓いっぱいに作り、毎年 涼しい夏を過ごしています(^-^)
材料はゴーヤで、プランターに播いた種が育ち、上からの落下物防止用金網(わが家は集合住宅の一階です)の上を這って、逆L字型の立派な「緑のカーテン」になりますv(^^)v

今年も、4月初めに種を播いたのですが、なんだかヒョロ ヒョロと頼りない育ち方です。
前年のゴーヤが黄色くなって、自然に裂けて、赤い種が覗く様になってから種を取って風通しの良い所に吊るしているのですが・・・繰り返し そんな種を利用していると、生育が悪くなるのでしょうか?
定期的に肥料をやって2か月経っても、2mくらいにしか伸びていません。
それでも、花が咲き・・・(高齢のモンシロチョウも吸蜜に来ています)、
a-Resized__hana_go-ya__22 (2)

小さな実を付けました♪(^^)
この実も 全く大きくなりません(><)
a-Resized__hana_go_ya__1408 (2)

おかしいなあ~と思い、 昨日、肥料の袋をマジマジと見て・・・ぎゃあー! @@
肥料と思っていた袋は、元肥入りの土でした!(*^^*)
これでは、肥料不足で育つはずがありません(^^;)
急いで、 肥料(鶏ふんが安価で、バランスがとれた肥料であることを 今年 知りました)をタップリやりました♪(^^)
これからゴーヤは急速に大きく育つことでしょう!v(^^)v

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▶カイツブリ再訪!

カイツブリの親子が気になっていたので、 見に行きました(^^)
“いつもの丘陵地”の手前まで来た時、タンボの上をトンボが飛んでいるのが見えました。
車を停め、眺めていると チョウトンボが居ます。 こんな所にチョウトンボは珍しい♪(^^)
車を降りて、本格的に撮り始めました。
a-Resized__choutonbo__873 (bb)

チョウトンボを入れて、 夏らしい風景を撮っていたら・・・偶然、飛んで来たギンヤンマが 右上隅に入りました(^^)
a-Resized__choutonbo_ginyanma__878 (2)

ここには、ショウジョウトンボ♂(雄)や・・・
a-Resized__shoujyoutonbo__894 (2)

ショウジョウトンボ♀(雌)も居ました♪(^^)♪
a-Resized__shoujyoutonbo__793 (tt)

お馴染みの、シオカラトンボ♂(雄)もv(^^)
a-Resized__shiokaratonbo__921 (2)

近くには、こんな立派な花をつけた木もありました(^^)
何の木なのでしょうか?

[追記]ーーItotonboさんより、「リョウブ」ではないかとの、コメントを頂きました。
Itotonboさん 御教示、ありがとうございました!m(_ _)m 


a-Resized__hana__979 (2)

さて、丘陵地に着き、 歩き出すと 蝶が飛んで来ました!
コミスジだろうと思ったら・・・何と! 当地には生息していなかったホシミスジ!
また、会いました。 この辺りにも定着したのでしょうか。
a-Resized__hoshimisuji__1072 (2)

翅を閉じると・・・裏翅は表翅の色と違う色をしています。
a-Resized__hoshimisuji__1126 (2)

ヨレヨレのツバメシジミが最後の力を振り絞って産卵していました!
このチョウを見ていると、 (よし! ツバメを見習って ガンバロウ!)・・・と、元気を貰いました!v(^^)
a-Resized__tsubameshijimi__982 (2)

池に着き、カイツブリは?…とみると、 巣から離れて、思い思いに泳いでいるので・・・数の確認が出来ません。
親も背中にヒナを乗せていないようです。
a-Resized__kaitsuburi__1366 (2)

カイツブリを眺めていたら、 カワセミが飛んで来ました! ラッキー!v(^^)
a-Resized__kawasemi__1261 (tt)

嘴が上下とも黒なので、 ♂(雄)です。
羽が生え揃っていないようなので、若様でしょうか?
a-Resized__kawasemi__1200 (2)

帰ろうと思って、車の近くまで戻ると・・・まだホシミスジが居ましたが・・・この気の強いコミスジに追いかけられて 逃げ惑っていました(^^;)
a-Resized__komisuji__1396 (2)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▶おっ 出た! マユタテアカネ!《その3)

池の周りを歩き始めると・・・フッと飛んだトンボが居ました(^^)♪
望遠レンズで見ると・・・ついに出ました! マユタテアカネ♂(雄)です(^^)
普通種なので、 ビックリすることは無いのですが・・・これが出ると7月だなあ~・・・と思います。
a-Resized__mayutateakane__265 (2)

顔面の黑い斑紋を眉に見立てて・・・それが立っているので、マユタテの名前が付いています。
a-Resized__mayutateakane__470 (MAYU)

7月~11月初旬頃まで飛びます。
a-Resized__mayutateakane__440 (2)

まだ若くて赤くなっていませんが、 ♂(雄)は成熟すると腹部(胴体)が真っ赤になります。
a-Resized__mayutateakane__445 (2)

あちら こちらで 飛んでいました!(^^)♪
a-Resized__mayutateakane__301 (2)

マユタテアカネ♀(雌)は、 翅が無色のものと、翅の先端に黑褐色紋があるタイプの 2つのタイプがあります。
これらは ↓↓、 翅の先端に黑褐色紋があるタイプです。
a-Resized__mayutateakane_mesu__325 (2)

翅が無色のマユタテアカネ♀(雌)の方が、 翅の先端に黑褐色紋があるタイプより多いのですが、 何故かこの日は居ませんでした^^;;;
a-Resized__mayutateakane_mesu__352 (2)

マユタテアカネが飛び始めると、 マユタテに良く似たヒメアカネも 飛ぶのですが、ここには居なかったです。 
a-Resized__mayutateakane_mesu__337 (2)

池の水辺には、 こんな花が咲いていました。
こんな花の名前を調べるのは 大変ですね(^_^;)
《水辺の花、 黄色》で検索してみると、 《オオバナイトタヌキモ》とか、《ミカワタヌキモ 》に似ているのですが・・・藻じゃなくて、左側の線状の葉の植物の、 花だったように思います(^^)
a-Resized__hana_541 (3)

帰ろうとして歩いていたら、草叢から突然飛び出す黒っぽい蝶が居て、 ビックリしました^^;;;;;
a-Resized__jyanomechou__558 (2)

地味な、 ジャノメチョウです。
a-Resized__jyanomechou__580 (2)

アゲハが飛んで来ました(^^)♪
とまれ!・・・と念じたら、とまりました!v(^^)
歴戦の勇士で・・・翅がボロボロですね^^;;;;;
a-Resized__ageha__658 (2)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    [御参考ーー私が使っている図鑑]
 ▼チョウの図鑑は、これが同定には お勧めです・・・《フィールドガイド 日本のチョウ》ー日本チョウ類保全協会編・誠    文堂新光社・・・1800円+税。

 ▼トンボの図鑑は、これがお勧めです・・・《近畿のトンボ図鑑》・・・いかだ社 3500円+税。
 ▼《日本のトンボ》・・・文一総合出版・・・5500円+税。 @@
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▶おっ 出た! マユタテアカネ!《その2》

暫く歩くと、池が見えて来ました。
池の中に 岩のようなものがあります。 
亀が甲羅干ししているのかと思って、望遠レンズを振り向けてみると・・・
ぎょ!カイツブリの巣があり、 ヒナが5羽いました!した。
    (画像は全てトリミングして、拡大しています)
a-Resized__kaitsuburi__106 (2)

遠くから写真を撮っていると・・・それでも心配したのか・・・親がやって来ました^^;;;;;
4羽のヒナが親に近寄っています(1羽は巣の中から動きません・・・)。
a-Resized__kaitsuburi__144 (2)

a-Resized__kaitsuburi__157 (2)

a-Resized__kaitsuburi__155 (2)

そして 4羽は親の背中に乗りました(^^)
そして沖の方に行ってしまいました。 1羽は巣に残ったままでした。
カラスが時々飛んでいるのですが・・・巣に残ったヒナは大丈夫でしょうか・・・(-_-;) 
a-Resized__kaitsuburi__163 (2)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


▶おっ 出た! マユタテアカネ!《その1》

今日も晴れ。
久し振りに、“いつもの丘陵地”へ。

池の方に向かっていたら、 ラジオ体操をしている キイトトンボ(黄・糸トンボ)が居ました(^^)♪
何のために、このような動きをするのか・・・不明です^^;;;;;
アオイトトンボなど、 他の種類のトンボも こんな動きをするのですが・・・(?_?)

イチ!
a-Resized__kiitotonbo__238 (2)

ニー!
a-Resized__kiitotonbo__239 (2)

サン!
a-Resized__kiitotonbo__240 (2)

シー!
a-Resized__kiitotonbo__241 (2)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▶セミのシーズン

今日は快晴! 朝から暑い(^^;)
時期的に遅いかと思いましたが・・・タンボへ「タマシギ」を探しに行きました。


農道を・・・ゆっくり車を走らせながら 稲と稲の間を見て行きますが・・・稲が育ち過ぎて見難いです(><)
暫く探しましたが・・・暑いし 紫外線除けのゴーグル型サングラスは 内部が汗で曇りがちです(^^;)
アマサギも 遠くに2羽居るだけ・・・今日は車から降りず、散歩なしで 帰宅しました^^;;;;;
a-Resized__amasagi__70 (2)

帰宅して、坪庭の植木に水を遣っていたら・・・植木の下の方で チッ!と鋭い啼き声!
姿は見えませんでしたが・・・この数年 市街地に進出しているクマゼミでしょうね! 
とうとう セミが啼き出す盛夏に近づきましたね!

    (昨年の7/21撮影の、坪庭のクマゼミです)
kumazemi (2)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▶番外編・・・健康第一!

みなさん おはようございます!
昨日 10日午前、 ブログ友の「埼玉の玉五郎」さんが、2週間のカナディアンロッキーへ、 
幼友達のMさんが1ヶ月間の米国旅行に、
・・・共に成田から デルタ航空(?)で出発しました(^^)♪。
もう12時間くらい経過しましたから、それぞれの目的地に着いた頃でしょう。
長時間のフライトもなんのその・・・本当にみなさん お若いですね!

平櫛田中(ひらくし でんちゅう)という、107歳まで生きた岡山県生まれの著名な彫刻家が居ます。 晩年は 武蔵野が気に入り、小平に住んだそうですが・・・百歳になられた時、次の言葉を残しています。
 
六十、七十は鼻たれ小僧、男ざかりは、百から百から、わしも これから これから。        

《平櫛田中翁の作品___Webから拝借》
hanatare.gif   a-Resized__kagamizisi_Kodaira.jpg

今日は台風一過でいい天気ですが・・・この数日は 台風で外に出られませんでした。
それで、在庫から 未公開の画像を取り出して来ました。 6月上旬のアゲハですv(^^) 
a-Resized__ageha__1065 (2)

私事ですが・・・今日、 左目オペ後2週間の、経過観察の診察がありました。
経過は順調で、角膜の傷跡には 新しい膜が綺麗に張ったそうで(角膜が再生)、 傷口を保護していたコンタクト・レンズが外されました。 今日から、髪のシャンプー、洗顔が出来ますヽ(^^)ノ
3-4ヶ月後に視力が上がれば、新しい「目」を貰ったようなもので、 嬉しい限りです♪(^^)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▶曇り空にトンボ飛ぶ!

台風8号が沖縄に上陸!
こちらに向かっているので、曇り空です^^;;
コフキトンボが飛んでいないかと・・・『トンボ池』(私の命名です)を覗いてみました。

急な斜面の堤を滑らないように降りて 水際に立つと、チョウトンボが、沢山飛んでいます!
a-Resized__choutonbo__152 (2)

陽が当たると、翅がメタリックに輝くのですが・・・曇天では冴えませんね^^;;
a-Resized__choutonbo__117 (2)

歩き易い水際を歩いて観察開始です(^^)♪
紅いトンボが飛んで来て留まりました!ショウジョウトンボでしょう。
a-Resized__shoujyoutonbo__185 (2)

顔も、複願も、腹部も・・・脚まで赤いですね!
想像上の動物・・・真っ赤な“猩々”・・・から 連想してつけられた名前です(^^)
a-Resized__shoujyoutonbo__453 (2)

池には、ヒシの花が咲いています。
小学生時代は、オヤツもない時代でしたから、ヒシの実を取って家に持ち帰り、茹でて食べましたね!
美味しかった!(^-^)
a-Resized__hana__216 (2)

パトロールばかりして、余り留まらないコシアキトンボですが・・・流石に飛び疲れたのか、葉陰で休憩中でした(^0^)
a-Resized__koshiakitonbo__312 (2)

腰の所が白く、 空いているように見える所からの命名です(^^)♪
a-Resized__koshiakitonbo__345 (2)

ふと 目を転じると・・・花が咲いていました。
平安時代の和歌にも出てくる「HKカズラ」です(臭いがあるからといって、聞くに堪えない名前を昔に付けられたものですね)(><)
別名の、「早乙女カズラ」に、改名させたいものです(^^)♪
a-Resized__hana__311 (2)

アオイトトンボがいました!
a-Resized__aoitotonbo__305 (2)

特徴が撮れなかったので判りませんが・・・オオアオイトトンボの可能性もあります。
a-Resized__aoitotonbo__273 (2)

こんな花も、水際に近い所に咲いていました。 小さな木です。
御存知の方がおられましたら 教えて下さい。
東京は足立区の、 『足立自然にふれあう会のSanpoさま』が身近な野草にお詳しいので、照会しようと思っています (^^)

  【追記】・・・とりこさまより、『ムラサキシキブか、コムラサキである。この間、BlogにUPした』旨のコメントを頂きました。
御教示、 ありがとうございました! 

a-Resized__hana__222 (2)

こちらはキイトトンボです。 
漢字で書くと、「黄・糸とんぼ」で、「生糸とんぼ」ではありません(^^)
a-Resized__kiitotonbo__136 (BB)

この池には、コフキトンボがいるのですが、昨年・一昨年と 姿を見せません。
(どうしたのかなあ?) と思っていると、スーとトンボが飛びました。
留まったのを望遠レンズで見ると・・・コフキトンボでした! 
生き延びていたのですね!ヽ(^^)ノ でも、これ一頭でした^^;;;;;
a-Resized__kofukitonbo__244 (2)

ハエが綺麗に撮れたので、最後尾の 「おまけ」 に入れて置きます^^;;;;;

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 おまけ ↓↓

続きを読む

▶ちょっくら散歩_アマサギ!

オペ後(註)、一週間が経過した7/4、診察がありました。
経過は良好で、DRに尋ねると・・・「紫外線防止のUVカット眼鏡をかければ自然観察OK、パソコン使用も問題ない」ということでした。
昨日、故郷の兄からゴーグル型のUVカット眼鏡が送られて来たので、今日は、早速それをかけて、緑色の絨毯を敷きつめたようなタンボ風景の所へ行ってみました。
  
  《註記》 オペとは:
右目・角膜に溜まった細かいカルシューム粒子のために、 まるで目にレースのカーテンを掛けたような感じで、見難かったのですが、これをレーザー(エキシマレーザー)で角膜上皮と共にミクロン単位で削り取り、 除去したために、 視界を妨げるものが無くなり、スッキリ・クッキリ見えるようになりまして、車の運転も楽になりました!♪(^^)♪


タンボを見回すと・・・起き抜けで、髪が乱れたような・・・羽に亜麻色が残るアマサギ(夏鳥)が居ました!(^-^)
カシャリッ!(^^)♪
a-Resized__amasagi__115 (2)

少し近づいて カシャリッ!v(^^)
a-Resized__amasagi__190 (2)

近付き過ぎたようで・・・飛び立たれました(^^;)
a-Resized__amasagi__206 (2)

少し先に行くと・・・夫婦喧嘩をしたような・・・カルガモのカップルが居ました^^;;;;;
a-Resized__karugamo__340 (2)

カワラヒワが数羽、 道で餌を探していました(^^)♪
a-Resized__kawarahiwa__352 (2)

帰途、仙台ナンバーの車に会いました!
復興は相当遅延しているようですが 大丈夫でしょうかね?
a-Resized__kuruma_No__94 (3)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▶開店休業中で~す!

みなさま  こんにちは! (^^)/
まだ、 “休業中”ですが、月の初めですので 御挨拶に・・参りました(^^;)

この間、正月だったと思うのですが・・・もう、半年が過ぎ去っており・・・7月に突入しましたね!
光陰矢の如し、 です。 この調子だと・・・夏だと思っていたら 明日にも ジングルベルの音が聞こえ始めるかも?? ^^;;;;;

オペ後、4日目となり、激痛は消え去りました♪(^^)♪
すると、元気回復で 直ぐにでも自然観察に行きたいくらいです^^;;
オペの右目は、傷跡保護のためにコンタクトレンズ状の保護レンズが入っていて、視力はまだ出ませんが見えるので、運転には殆ど差し支えないのです(^^)♪
しかしながら、紫外線に当たると これから出来る新しい角膜が白濁する恐れがあるそうなので・・・UVカットのサングラスは必携です。
  《追記》ーー白内障の原因の一つは、紫外線だそうです。 若い方は、今からサングラスを常用されると、いいかもv(^^) 
まあ~今週の金曜日に経過観察の診察があるので、その時、お医者様に 戸外に出て自然観察しても良いかどうかを 伺ってみます(^-^)

オペ直前に、 “いつもの丘陵地”で撮った・・・咲き始めの花です。
検索して、 ギボウシ<擬宝珠>だと判りましたv(^^)
a-Resized__擬宝珠 (ぎぼうし)25 (2)

とまっていたシオカラトンボを追い払って、替わって留まったのは・・・ヤマサナエです。
a-Resized__yamasanae__38 (2)

ヤマサナエの「尾部付属器」です。 
交尾する時、 これで♀(雌)の首根っこの辺りをガシッと上下で掴み、逃がさないわけです(^^;)
頑丈そうですね^^;;;;; (なお、トンボの交尾については 《ここ》 を御覧下さい)
a-Resized__yamasanae__51 (TTT)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





プロフィール

 ▶白竜(はく りゅう)

Author: ▶白竜(はく りゅう)
横綱の「鵬」関と「鶴」関にあやかって、ハンドルネームを《白竜》にしました(^-^)2004年から、自然写真を撮りながら森や野山をノ~ンビリ歩き、素晴らしい日本の四季を楽しみつつ、自然や生きものたちの変化を観察しています。【管理画面へ】
**********************************
ブログ・ランキングに参加しています.にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ/日本ブログ村/
****************************

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
■新カウンター(2014_3_10~    
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED     本日: SEO対策はUNFINISHED       昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-