▶哲学者ーアオサギ

今日は、曇りで 時々小雨^^;;
こんな日の自然観察+ウオーキングは、 “いつもの池”しかありません。 
オシドりの様子を見に行きました(^^)

池は、静まり返っています(^^)
水面には、何も見えません。
a-Resized__ike__143 (2)

アオサギが、哲学者のような顔をして突っ立っていました(^^)
a-Resized__aosagi__135 (2)

少し近づいて、木の間からカシャリッ!(^^)♪
a-Resized__aosagi__74 (2)

もう一枚!
長い間立ったまま 何を考えているのでしょうね(^^)
 a-Resized__aosagi__86 (2)

オシドリは、正面の木の中に良く居るのですが・・・今日も姿は見えません。
右岸の方に移動しているのかもしれません。
a-Resized__oshidorinoki__149 (2)

一週間前に、コガモが到着しました♪(^^)
a-Resized__kogamo__48 (2)

もう、カップルが誕生しているようです。
左がコガモ♂(雄)で、右が♀(雌)ですが・・・♂(雄)の方は換羽が始まっており、目の周りの緑色が薄っすらと見えます。
a-Resized__kogamo__126 (2)


 ブログ・ランキングに参加していま
     にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村


▶セキレイ day!

郊外の丘陵地にある、緑地公園を歩きました!
ジャージャーと啼くカケスの姿を見つけたのですが、撮ろうと思った時には飛ばれてました(>_<)
警戒心が強いですね!(^^;)

ハクセキレイが居ました。
a-Resized__hakusekirei__85 (2)

顔に黄色味が入っているので・・・若鳥なんでしょうね。
a-Resized__hakusekirei__41 (2)

1時間半くらい歩き回ったのですが、何も居ないので帰ろうと車の方へ向かっていたら・・・キセキレイがツツツーと走り流れの中へ♪(^^)
a-Resized__kisekirei__176 (2)

こんな所でキセキレイに出会うとは・・・キセキ ですね!(^O^)

そもそも セキレイは 川の流域ごとに 棲み分けています。
キセキレイは、川の上流域・・・セグロセキレイは中流域・・・そしてハクセキレイは下流域だそうです。
なので、キセキレイを 中流域に相当するこの丘陵地で見かけることは 稀なのです。
川の上流域が寒くなって来たので、ここに来たのかも知れませんね♪(^^)
a-Resized__kisekirei__163 (2)

ちょっと変わった菊がありました。
菊の種類は300種類以上あるようですが、身近で見る菊の名前だけでも 来年は覚えようと思います♪(^^)♪
a-Resized__hana_kiku__155 (2)

珍しいナンバープレートを見ました(^^)
1991年10月、「岐阜」から分割。飛騨自動車検査登録事務所(高山市)の管轄地域である、高山市・飛騨市・下呂市・大野郡の車に付けられたナンバーのようです(ご当地ナンバーではないようです)。
a-Resized__kuruma_No__19 (2)


 ブログ・ランキングに参加していま
     にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村


▶湿地へ

今日も いい天気です。
郊外の公園の、湿地を覗いてみました(^^)

木道でマユタテアカネが2-3頭、身体を温めていました(^^)
気温が下がって来たので もう元気がありません(-_-;;
a-Resized__mayutateakane__338 (2)

花がまだ咲いていました。
これは日本の固有種で、東海地方の一部地域の湿地・小川などに生えるシラタマホシクサ(白玉星草、ホシクサ科ホシクサ属の一年草)です。
a-Resized__hana_shiratamahoshikusa__321 (2)

拡大すると・・・これが花です。 金平糖みたいですね(^^)
絶滅危惧種だったと思います。
a-Resized__hana_shiratamahoshikusa__324 (2)

このトンボは、この数年、 数が少なくなっている コノシメトンボ♀(雌)です。
体温を上げるために、温かい石の上で横たわっています(^^)
a-Resized__tonbo__538 (2)

湿地の周りを歩いていると、ルリタテハが飛んで来ました。
目で追っていると、枝に留まりました。
これから、この姿で越冬するチョウです。
a-Resized__ruritateha__357 (TT)

ツツジの花が一輪咲いていました。 狂い咲きでしょう。
a-Resized__hana__553 (2)

この葉っぱ・・・虫が食べた跡のか、這った跡なのか・・・渦巻いていました(^O^)

  [追記]・・・古庵さんより、通称ハモグリムシ 〔葉潜虫〕が、葉肉を食べた跡だと教えて頂きました。御教示、 ありがとうございました!
 
a-Resized__hana__249 (2)


 ブログ・ランキングに参加していま
     にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村


▶エナガが!

今日もいい天気で 寒気が入って来たそうで ちょっと肌寒いくらいです!
丘陵地にある山寺の境内を歩きました!

池の周りの遊歩道を歩いていたら、鳥が2:3羽飛び、一羽が近くに留まったので・・・カシャリッ!
急いで撮ると ボケボケですね(^_^;)
a-Resized__enaga__1253 (2)

こちらは、 AFのピント合せが 上手く作動したので、 まずまずのエナガが撮れましたがv(^^) 露出に難あり^^;
a-Resized__enaga__1252 (2)


 ブログ・ランキングに参加していま
     にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村


▶ジョウビタキは居るかな?

MitirinさまはぴさまItohnoriさんが、素晴らしいジョウビタキ(冬鳥)をUPされたので、当地にも来ているのではないかと思い、今朝 “野鳥の森”へ行ってみました(^^)

歩き始めて、直ぐに 高い木の梢に 数羽の鳥影が見えました!v(^^)
ところが・・・1.4倍のテレコンを付けたためか、ピントがなかなか合いません!
早く撮らないと、飛んでしまいます! (アセル アセル!)(-_-;;
ついに手動でピントを合わせました!
数枚撮って やっとカワラヒワだと判りました^^;;;;;
   (証拠写真です)
a-Resized__kawarahiwa__225 (2)

以前、ジョウビタキに会ったことがある場所を中心に、広い森の中を2時間歩いたのですが・・・ジョウビタキの気配はありませんでした(^_^;)
途中、立派なデジ一眼を持った女性に出会ったので、「何か居ませんか?」と尋ねると、「初めて来たので・・・」と言ってました(^^)
a-Resized__kawarahiwa__156 (2)


 ブログ・ランキングに参加していま
     にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村


▶モズの高啼き

“いつもの池”へ行ってみると・・・キキキーと甲高いモズの声!
“モズの高啼き”で・・・モズ♂(雄)が縄張りの宣言をしているのですね!
高い木の天辺なので・・・トリミングしました(^_^;)
a-Resized__mozu__858 (2)

アオサギが飛びました!
オシドリは、相変わらず木立の中で休んでおり、 出て来ません(^_^;)
a-Resized__aosagi__1040 (3)


 ブログ・ランキングに参加していま
     にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村


▶四季桜の里へ 《その2》

頂上に着くと、 遙か遠くまで見渡せるのですが・・・紅葉は まだまだですね^^;;
a-Resized__fuukei__24 (2)

何か居ないかと・・・探していると アザミでキタキチョウが吸蜜していました(^^)
アザミには新種が多いそうです。
このアザミも 単なる「キセルアザミ」じゃなくて、新種かも知れませんね?^^?
a-Resized__hana_azami__151 (2)

これから越冬するので 体力をつけて置かなければなりません!
a-Resized__hana_azami____482(chou).jpg

いかにも美味しそうに 吸っています!(^^)
a-Resized__hana_azami__187 (2)

吸蜜は、順番よ!v(^^)
a-Resized__hana_azami__503 (2)

帰途、ダム湖に寄り、 遊歩道を少し歩きました。
花が咲いていました!
えーと・・・ヤクシソウでしたっけ?
a-Resized__hana_yakushisou__852 (2)

トンボが飛んで来ました! 真っ赤になった マユタテアカネ♂(雄)ですね。
a-Resized__mayutateakane__827 (2)

小さな水の流れを見ていると、アメンボが居ます。
なかなかピントが合いませんでしたが・・・撮って見て驚きました!
こんな縞が入ったアメンボは 初めてです!
a-Resized__amenbou__660 (2)

それこそ 新種じゃないでしょうね! v(^O^)

 [追記]・・・ウォッシュボードマンさんより、『シマアメンボ』だと教えて頂きました。
御教示、 ありがとうございました!

 
a-Resized__amenbou__663 (2)

家の近くまで帰って来ると・・・前を走っていたトラックのナンバーが・・・『富士山』!
稀少なナンバープレートですね!v(^^)
a-Resized__kuruma_No__891 (2)

  [御参考]
富士山ナンバーとは?・・・「御当地ナンバー」の一種類で、平成20年11月4日から 富士山ナンバーの交付が、 開始されたようで、交付対象地域は;
山梨県の富士吉田市、富士河口湖町、西桂町、忍野村、山中湖村、鳴沢村、道志村。
静岡県の富士宮市、富士市、御殿場市、裾野市、小山町、芝川町・・・のようです。



 ブログ・ランキングに参加していま
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶四季桜の里へ 《その1》

フクジイさんが“十月桜”を紹介されたので、“四季桜”を思い出し、 もう咲いている頃だ・・・と、 “四季桜の郷 小原”へ見に行きました!
昨年、東京のとりこさまが わざわざ見に来られた里でもあります♪(^^)

四季桜が有名な所は、町内に 数カ所あるのですが、その内の 《市場城址》(標高380m) に行くことにしました。
a-Resized__ichibajyoushi__16 (2)

完備された駐車場に車を停め、歩いて坂道を登りますが・・・「熊に注意」の、責任逃れの様な表示は余計です(^_^;)
坂道を登るに従って、妙なる鳥の啼き声が聞こえて来ますが、姿はありません(^。^;)
a-Resized__kuma__18 (2)

今年も、11月1日から一ヶ月あまり 《四季桜祭り》が開催されるそうですが・・・残念ながら、四季桜は やっと開花し始めたところです。
チラホラ咲いた花に、大喜びをした昆虫が 来ていました(^^)
a-Resized__hana_shikizakura__239 (mushi)

翅がボロボロになった、ウラナミシジミも頑張って・・・四季桜で吸蜜中!(^^)
a-Resized__hana_shikizakura__347 (chou)

蜘蛛の網がありました!
山親爺さんはいつも藝術的に上手く撮られていますが・・・綺麗に撮るのは 至難の業です(^_^;)
a-Resized__kumonoami__253 (2)

――――▶四季桜の里へ 《その2》 へ。



 ブログ・ランキングに参加していま
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶マガモが到着!

今日も曇り。
“いつもの池”へオシドりの様子を見に行きました^^;;

オシドリは、1羽も水面に出て来てません。
木の中に入って休んでいるようです(^^)
a-Resized__oshidori__317 (2)

泳いでいるのは、マガモでした!
a-Resized__magamo__307 (bb)
到着したのですね!♪(^^)
a-Resized__magamo__274 (tt)


 ブログ・ランキングに参加していま
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶オシドリは??

今日、雨の中 オシドりの様子を見に行ったのですが・・・少し寒いためか、オシドリどころか いつも居るカルガモの小グループの姿さえありませんでした。

実は、一昨日もオシドりの様子を見に“いつもの池”に寄りました。
この時も、オシドりの姿がないので、池の周りに咲いているセイタカアワダチソウにくる蝶を撮りました!

まだ、ウラナミシジミが居ました!
a-Resized__uranamishijimi__243 (2)

生れたばかりのように、翅が綺麗です!
a-Resized__uranamishijimi__237 (2)

ツマグロヒョウモン♂(雄)を撮っていたら、ホソヒラタアブが 右の方に飛んで来たので カシャリッ!♪(^^)
a-Resized__hosohirataabu__84 (2)

ホソヒラタアブだけ拡大すると・・・これです。
必死に飛んでいます(^^)
a-Resized__hosohirataabu__83 (2)

こちらは、ツマグロヒョウモンに接近する・・・ニホンミツバチ(?) シマハナアブ(?)
a-Resized__mitsubachi__182 (2)

花に到着寸前のハナバエですv(^^)
a-Resized__hanabae__535 (2)

キタテハとウラナミシジミのツーショットです!(^^)
a-Resized__kitateha_uranamishijimi__256 (2)

翅を開いたキタテハが・・・
a-Resized__kitateh__250 (2)

翅を閉じると・・・こんなに地味な木の葉のようになります。
天敵の目をくらませる、“隠遁の術”でしょうね♪(^^)
a-Resized__kitateha__292 (2)

ベニシジミも まだまだ 元気です!
a-Resized__benishijimi__322 (2)

シマハナアブの一種だと思いますが・・・名前が判りません(^^;)
a-Resized__hanaabu_nani__460 (2)


 ブログ・ランキングに参加していま
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶冬鳥(水鳥)の渡来状況

今日は、曇ったり、晴れたりの天気です。
郊外の、“野鳥の森”の池を覗いてみました。

河口には、ヒドリガモとホシハジロが来ていることが判ったし、市内の緑地公園の池ではヒドリガモが来ていることが判りましたが・・・この“野鳥の森”の池は、どうでしょう?
ここには、 ホシハジロと・・・;
   (ホシハジロ♂(雄)です)
a-Resized__hoshihajiro__324 (2)

   (ホシハジロ♀(雌)です)
a-Resized__hoshihajiro__353 (2)

オナガガモが来ていました!
奥が♂(雄)、手前が♀(雌)だと思いますが・・・繁殖期でないため 同じような羽で、雌雄の区別が付き難いですね(^_^;)
a-Resized__onagagamo__330 (2)

この公園では、カモに餌をやる人が多く・・・ミシシッピーアカミミガメまでエサを食べに来てました(^。^;)
a-Resized__kame__348 (2)

池に突き出た休憩所では、横笛の練習をしている女性が居ましたが・・・騒音の様な高音の音が鳴り響くので・・・ゆったりした気分が壊され、迷惑でした(^_^;)
a-Resized__fue__368 (2)

遊歩道脇に咲いていた これ・・・花数が多いのですが・・・キンミズヒキでしょうか?
  《追記》Hirugaoさま・Itotonboさんより、『アキノキリンソウ』であるとのコメントを頂きました!
キンミズヒキにしては、おかしいと、オミナエシやアキノキリンソウなどを、一応 図鑑でチェックしたのですが・・・失敗失敗!(^。^;)

a-Resized__hana_kinmizuhiki__417 (2)


これは、ホソバヤマハハコでしょうね?
平地の様な丘陵地公園に咲いていたので ビックリでした(^^)
a-Resized__hana_hosobanoyamahahako__438 (2)


 ブログ・ランキングに参加していま
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶居ました! オシドリです!

今日は、時々小雨が降っています。
こんな天気では、散歩する人も・・・カメラマンも・・・誰も池には来ません。
人の気配がないので、オシドりたちが警戒を解く絶好の機会ですので・・・“いつもの池”へオシドりの様子を見に行きました♪(^^)♪

傘を差し・・・望遠レンズで池の岸辺を順次見て行きます。
あっ! 居ました! 10月11日に到着したと云われる オシドリたちです。
200mくらい先の左岸、木の所(赤矢印)です。
a-Resized__oshidori__(TT).jpg

トリミングして、拡大します。
オシドリは、夜 ドングリを食べに陸に上がるそうですから、昼間は もっぱら休息時間のようです。 
a-Resized__oshidori__55 (TT)

暫く眺めていたのですが 動きがないので、カワセミを探して・・・20分後に見ると・・・
オシドりたちの一部が、右岸へ移動し始めています♪(^^)
a-Resized__oshidori__80 (2)

拡大すると・・・♂(雄)8、 ♀(雌)2<画面から外れているのも居ます>ですね。
a-Resized__oshidori__83 (400mb)

残っているのは、9羽です。 ということは・・・全部で19羽くらい到着済みです。
あと30-40羽 来るでしょう♪(^^)
a-Resized__oshidori__107 (nokori9wa)

正面を通過中です(^^)
そのうち、もう少し近くまで 来るでしょう(^^)♪
a-Resized__oshidori__94 (400mb)


 ブログ・ランキングに参加していま
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶冬鳥(水鳥)の渡来状況

河口には、もうホシハジロ(冬鳥)とヒドリガモ(冬鳥)が来ていたので、それでは、市内の池には どんな冬鳥が来ているのか・・・近くの緑地公園の池へ、見に行きました。


池畔(ちはん)のセイタカアワダチソウには、翅が破れたツマグロヒョウモン♂(雄)がとまって、吸蜜中でした(^^;)
a-Resized__tsumagurohyoumon__147 (BB)

池には、10数羽のヒドリガモ(冬鳥)が居ました(^^)
このカモは 何故かカイツブリ(漂鳥)と一緒です(^^)♪
この公園は広いので、相当歩きましたが…被写体はこの程度でした(^。^;)
a-Resized__hidorigamo__360 (2)




        ▶
日本で見られる野鳥

季節によって、野鳥は移動しますので、日本で見られる野鳥の顔ぶれは変わります。
①留鳥・・・周年、同じ地域に生息している鳥・・・キジ、スズメ、カラスなど。
②漂鳥・・・日本に生息しているが、快適な気温を求めて、夏は涼しい山岳・高原に、冬は温暖な里に、移動する鳥・・・メジロ、シジュウカラ、エナガ、コゲラ、ルリビタキなど。
③夏鳥・・・繁殖のために南から日本に渡来する鳥。 春から夏にかけて見られ、秋に南へ去る・・・ツバメ、キビタキ、オオルリ、センダイムシクイなど。
④冬鳥・・・北から渡来し、越冬する鳥。 秋から冬にかけて見られ、春に北へ去る・・・ツグミ、ジョウビタキ、オナガガモなど。
⑤旅鳥・・・春と秋、渡りの途次、日本に立寄る鳥・・・メダイチドリ、チュウシャクシギ、エゾビタキなど。
 



 ブログ・ランキングに参加していま
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶アキアカネ 発見!

近くの緑地公園のフジバカマに、アサギマダラが来ているかな?・・・と思って、見に行きました。
丘の頂上まで登って行くと・・・例年、咲いているフジバカマがない!
「フジバカマ」の名札だけが、空しく地面に突き刺さっていました(>_<)

仕方がないので、周囲を観察。
木の枝に、トンボがとまって居ましたv(^^)
噂をすれば何とやらで・・・今年初撮りのアキアカネ♀(雌)でした!
a-Resized__akiakane__973 (bb)

トンボ・シーズンが終わる頃になって、やっと撮れたアキアカネ・・・本当に短期間のうちに 「絶滅危惧種」になりました(><)(TT)
a-Resized__akiakane__1000 (2)

アキアカネ♂(雄)は居ないかと 探すと、少し離れた木に留まっていました♪(^^)
a-Resized__akiakane__1148 (2)

帰ろうと 駐車場に戻ると・・・これまた珍しいナンバーの車が 停まって居ました!
九州ですね!♪(^^)
a-Resized__kuruma_No__1335 (2)


 ブログ・ランキングに参加していま
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶冬鳥シーズンの開幕(水鳥編)!

今日は用事があったので港へ行き、その帰り河口をちょっと覗きました。
満潮に近く、川幅一杯に水が膨れ上っています。

望遠レンズで川面をチェックしていると・・・運よく水鳥の一群が近くのタンボから やって来ました。
第一陣です。 
ホシハジロですね。 これは渡って来た冬鳥です(^^)♪
もう来ていたのですね!
a-Resized__hoshihajiro__321 (2)

着水します。
スズガモ(冬鳥)が混じっていたようです。
a-Resized__hoshihajiro__324 (2)

第2陣です。
a-Resized__hoshihajiro__339 (2)

第3陣です。
a-Resized__hoshihajiro__345 (2)

川面に鳥の数が増えて来ました!d(^^)
a-Resized__hoshihajiro__357 (2)

少し近くに来たグループは ヒドリガモ(冬鳥)です(^^)♪
冬鳥のシーズンの幕開けですね!ヽ(^^)ノ
a-Resized__hidorigamo__586 (2)

 ブログ・ランキングに参加していま
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶赤トンボの危機! 

先日の、郊外の溜池の周辺に、 絶滅危惧種のツマグロキチョウが数多く生息していたので、他にも珍しい昆虫がいるのではないかと思い、WEB地図を見ると、 対岸の方に池を巡る 相当長い小径がある! 
この小径を歩こうと 今日 出掛けてみました
v(^^)

池の北側の道を走ります。
その道に空き地があったので、これ幸いと そこに駐車して歩き出すと・・・直ぐに黄色いチョウに気付きました!
(絶滅危惧種のツマグロキチョウかな?)・・・と思ってピントを合わせると その通りでした!
a-Resized__tsumagurokichou__289 (2)

ここは、 ツマグロキチョウの宝庫ですね!
飛びました!
a-Resized__tsumagurokichou300 (2)>

池の周りを歩く小径へ入ろうとしたら、フェンスがあって鍵がかかっています(><)
一帯は県有林なので、「立ち入り禁止」になっているようです(-_-;;
仕方がないので、そので目に付く 道端の昆虫を撮りました!

昨年も会えなかったアキアカネの♀(雌)が居ました!
a-Resized__tonbo__524 (2)

それを撮っていると、後ろから もう一頭 飛んで来ました!
こんな偶然は 稀有ですv(^^)
a-Resized__tonbo__518 (2)

こちらに居るのは ナツアカネの♂(雄)でしょう!
a-Resized__tonbo__169 (2)

久し振りで出会ったので こんなに赤かったかと・・・ビックリです(^O^)
a-Resized__tonbo__176 (2)

「この3・4年、アキアカネなどの“赤とんぼ”が 相当 数を減らしている、たぶん農薬のせいだ」 という話が、われわれトンボ好きの仲間内で話題になっていたのですが・・・それを裏付ける記事が、2013年4月24日付の朝日新聞(夕刊)に、『農薬選び、赤トンボ救え 福井で共生プロジェクト始動』と題して、報道されています。
以下は、その記事全文です。
ちょっと長いのですが・・・お暇な時に、人間の利便さ追及が、如何に多くの生き物たちを絶滅に追いやっているかを、知って頂ければ幸甚です。

          ****************************

 童謡にも歌われ、日本人にとってなじみ深い「赤トンボ」。その個体数の減少が各地で指摘されている。国立環境研究所(茨城県つくば市)などの実験で、稲作に使われる農薬の一部が、赤トンボを減らす一因になっていることが分かってきた。赤トンボとの共生を目指し、福井県では農薬の使用方法に配慮する動きも出始めている。【小堀龍之、山本智之】

■田園地帯が広がる福井県北東部の勝山市。
赤トンボが舞う空を「日本の原風景」と位置づけ、保全活動を進めている。

 同市環境保全推進コーディネーターの前園泰徳さんらが調査をしたところ、1シーズンに水田1ヘクタールあたり平均2万4千匹、市内全体では3千万~6千万匹の赤トンボが羽化するとの推計結果が出た。

 同市は2011年、「赤とんぼと共に生きるプロジェクト」を始めた。市民ボランティアによる生態調査のほか、赤トンボの幼虫(ヤゴ)が生育しやすいよう、水田に水を張る期間を増やすよう農家に働きかけている。
 赤トンボの生態を調べている石川県立大の上田哲行教授(動物生態学)は「赤トンボは近年全国的に減少傾向がみられるが、勝山市では他地域に比べ、減り方が少ない」と指摘する。
 なぜか。上田教授は、原因のひとつが、同市の農家が「フィプロニル」や「イミダクロプリド」という成分を含む農薬を使っていなかったことにあるとみている。
 同市は11年7月、上田教授と一緒に、勝山市などを管轄するJAテラル越前に対し、今後も赤トンボに影響の少ない農薬を使用するよう協力を要請、理解を求めた。
 福井県内では、赤トンボを守る勝山市に同調する動きも出始めた。越前市などを管轄するJA越前たけふも4月以降、これまで使用していた農薬を切り替える方針だ。
 上田教授は「農薬使用をやめろといっているわけではない」と前置きした上で「JAの役割は大きい。農薬は何種類もあり、選択肢はいくつもある。農家に農薬の環境やコスト面の情報が開示され、選べるようになることが望ましい」と話す。

■ヤゴへの影響 実験進む
 赤トンボの減少には複数の要因が影響している。減反政策で幼虫のヤゴが暮らす水田の面積が減少。耕作方法が変わり、水田に水を張る期間が短くなったことも影響しているといわれる。こうした生息環境の悪化に加え、一部の農薬が追い打ちをかけていることが分かってきた。
 国立環境研究所の五箇公一・主席研究員らが注目するのは、稲作に使われる「箱処理剤」だ。箱処理とは、稲の苗に薬を浸透させてから田植えをする手法をいう。これにより、田植え後に農薬を散布しなくても、ウンカなどの害虫の発生を抑えられる。
 1996年に農薬登録されたフェニルピラゾール系の「フィプロニル」や、92年に農薬登録されたネオニコチノイド系の「イミダクロプリド」は、いずれも水稲の箱処理剤として西日本を中心に広く普及している。
 その理由について、五箇さんは「箱処理剤は、高齢化が進み、水田に農薬散布をするための人手が足りない農家にとって、省力化に役立つ便利な農薬といえる」と話す。
 国環研のチームは、研究所内にある水田でフィプロニルやイミダクロプリドを使う実験を10年から12年にかけて行った。その結果、どちらの農薬も、農薬使用の年を重ねるにつれて、水田の土壌内に薬剤の蓄積が進む傾向がみられた。
 特にフィプロニルについては、田植え前の代かき作業によって、土壌中に残留した農薬がかき混ぜられ、土壌の表面を歩き回るヤゴ類が暴露しやすいと考えられるという。
 国環研のチームは、代表的な赤トンボ類の一種「アキアカネ」のヤゴを使った室内での飼育実験で、フィプロニルの毒性を調べた。
 その結果、2齢幼虫のヤゴに比べて、3~4齢幼虫への影響が特に大きく、0・001ppmの濃度で48時間後の死亡率が8~9割にのぼることを突き止めた。また、フィプロニルを使った苗を水田に植えると、水中の濃度は最高で0・003ppmと、この実験条件の3倍に達することも分かった。
 農薬の種類の見直しを進めている福井の事例について、五箇さんは「前向きな取り組みだ」と評価した上で、「農薬の種類を変えることで、ヤゴ以外のほかの生物への影響が強まる可能性もある。科学的な検証をした上で、慎重に農薬の選定を進めてゆく必要がある」と話している。


        ****************************

 ブログ・ランキングに参加していま
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶オシドり 到着!

今日は チョット肌寒いかな?・・・という曇り日です。
久し振りに“ いつもの池”へ。
あまり期待しないで池の周りを歩き出すと・・・ アオサギが居ました!
気配に驚いて 飛ぼうとしてます (この直後 飛びました!(^^))
a-Resized__aosagi__832 (飛びます)

蝶が飛びました! 
留まるのを待っていると・・・クズの葉の上に留まりました(^^)
カシャリッ!
a-Resized__uranamishijimi__893 (BB)
      
気温が低いためか、少し動きが鈍いのですが・・・ウラナミシジミです!♪(^^)
a-Resized__uranamishijimi__980 (2)

例年、この池で もっと早くに撮れるはずでしたが・・・今になって やっと撮れました!
熱中して、ウラナミシジミを撮っていると・・・左目の片隅に人影がチラリ!
a-Resized__uranamishijimi__1024 (4)

私が撮り終わるのを、年配の女の人が待っていてくれたのです(^_^;)
「すみません! 長い間 お待たせしたようで・・・」
「いいえ・・・何を獲っておられるのですか?」
「ウラナミシジミです」
「珍しいのですか?」
「ええ、まあ・・・クズが幼虫の・・・」
「食草ですか?」
「そうです そうです!」

女の人は 双眼鏡を取り出して、池の対岸の方を見始めました。
それを見て・・・オシドり《漂鳥》が来る頃だと気付きました!♪(^^)♪

「オシドリは未だなんでしょう?」と聞くと、
「来てますよ。 先週の土曜日に10羽くらい着いたそうです」
「早いですね!」
「そうですね」

300m先の対岸を望遠レンズを通して見ると・・・10羽くらいの鳥が居ます!
オシドりだ!と 喜んで撮ってみると・・・カルガモでした(^_^;)
karugamo__1291 (2)

オシドりが来たとなると・・・この池も楽しくなります。
これから天気が悪い日には 時々覗いてみましょう!
  (天気が悪いと オシドりが警戒心を解き、少し近くに来ます)



 ブログ・ランキングに参加していま
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶名前が判らない野草

最近、名前が判らない野草 2種類に出会いました(^^)
一つは、先日、郊外の丘陵地(標高は30m)へ アサギマダラを撮りに行ったところ・・・林の中の小径にあった これです。 
花が咲き始めていましたが、葉は大きく、ハランのような感じでした。
これは、『足立自然にふれあう会』に照会して、「ヤブミョウガ」だと 教えて頂きました。
a-Resized__hana_yasou__8 (2)


もう一つは、市郊外の丘陵地の入口にある溜池の周囲を歩いていた時に、目に付いた一輪です(^^)♪
花の高さは20cm、花の直径は約1cm、葉は小さな三枚が一塊となって、互生で付いていました。
この花の名前が 判りません。
御存知の方は よろしく お願いします!
a-Resized__hana__588 (2)


 ブログ・ランキングに参加していま
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶郊外の溜池の周辺を歩く! 《その2》

ツマグロキチョウの多さに驚きながら  池の周りを歩きます。
秋ですね! キク科の花が沢山咲いています(^^)

これは、ヒメジョオンでしょうか?
a-Resized__hana__148 (2)

この菊は、花びらが細く、少し長めですね。
ヒメジョオンじゃないような??
a-Resized__hana__246 (2)
 
こんなにも花が沢山ついていますが・・・これもヒメジョオン??
a-Resized__hana__219 (2)

花に昆虫が来ていますが・・・花に留まらずに ホバリングをしながら蜜を吸い・・・花から花へ猛スピードで移動するので・・・ その姿を確認出来ません!
追いかけると ピント合わせが間に合わないので・・・隣の花で待ち伏せして 来たところを撮りました!ヽ(^0^)ノ
ブレブレになりましたが・・・その正体は・・・ホシホウジャク(蛾の一種です)でした!
a-Resized__hoshihoujyaku__811 (2)
 
a-Resized__hoshihoujyaku__828 (2)
 
a-Resized__hoshihoujyaku__771 (bb)
 
a-Resized__hoshihoujyaku__812 (2)
 
a-Resized__hoshihoujyaku__830 (2)

コセンダングサに来ているのは・・・キタキチョウや・・・、
a-Resized__kitakichou__25 (2)

ハナバエや、
a-Resized__hanabae__108 (2)
 
花団子を脚に付けたニホンミツバチ(?)でした。
a-Resized__konchuu__76 (2)
 
セイタカアワダチソウで蜜を吸っているのはオオチャバネセセリや、
a-Resized__oochabaneseseri__258 (2)

複願に縞模様があるので・・・オオハナアブでしょうか?
ちょっと形が違うようですね^^;;
a-Resized__oohanaabu__281 (2)


 
 ブログ・ランキングに参加していま
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶郊外の溜池の周辺を歩く! 《その1》

今日は何処へ行こうかと迷ったのですが・・・ノビタキが まだ居るか見に行き、居なければ その近くの池の周辺を歩こうと決めて、昼前に家を出ました!

タンボに着いてみると・・・例年 10月の第一週で刈り取られる稲は、成熟不足の一枚のタンボを残し、やはり刈り取られており ノビタキの姿など ありません(^_^;)
それで、池の周りを歩くことにしました。

歩き始めると、直ぐに草叢から飛び出して来たのが黄色いチョウ!
キタキチョウかと思いましたが・・・
(待てよ! ここには絶滅危惧種のツマグロキチョウが居るはず)と思って、慎重に撮りました(^^)
撮って液晶で見ると・・・やっぱり 後ろ翅の裏翅に、平行した褐色の線が2本(赤い矢印)が見えます! 
ツマグロキチョウ秋型の特徴です!♪(^^)
a-Resized__Resized__Resized__tsumagurokichou__710 (2)

他にもツマグロキチョウが居るかな?・・・と歩き出すと・・・また、草に留まっていたらしい蝶が飛びました!
カシャリッ! 
ツマグロキチョウですv(^^)
a-Resized__tsumagurokichou__581 (2)

絶滅危惧種なのに これは凄い!・・・と思いながら、先に進みます!
又 いました!
a-Resized__tsumagurokichou__326 (2)

吸蜜してます♪(^^)
花は・・・ヒメジョオンじゃないような気もするのですが・・・菊の花は種類が多くて お手あげです(><)
a-Resized__tsumagurokichou__414 (2)

帰化植物のセイタカアワダチソウででも、吸蜜しています♪(^^)
a-Resized__tsumagurokichou__511 (2)

草叢の中の花でも吸っています。
越冬するために、栄養を蓄えているのでしょうね♪(^^)
a-Resized__tsumagurokichou__687 (2)

ここは郊外で、周りはタンボ風景の、開発されていない地域です。
20年前ぐらいから少しづつ市街地化されていますが、まだ自然が色濃く残り、特にツマグロキチョウの幼虫の食草であるカワラケツメイが この付近には沢山生えています。

最初は、出会うツマグロキチョウの数を数えながら歩いていたのですが、次から次へと出会うので、最後には数えなくなりましたが・・・池の堤を200m歩く間に 20頭くらいに出会ったと思います(^O^)
ここは、絶滅を危惧しなくても良い地区でしょうね!ヽ(^^)ノ
まだ毎年 この周辺にも建売住宅が建てられていますが・・・もう開発は止め このままツマグロキチョウの楽園として残して貰いたいものです。

自然を保護する・・・難しい問題です。
結局、その土地を買い上げ、県有地とか市有地にする他、方法がないんですね(>_<)
地球温暖化も全世界的な深刻な問題で・・・今、何とかしなければ 手遅れになってしまいます!
a-Resized__tsumagurokichou__337 (2)


---------▶郊外の溜池の周辺を歩く! 《その2》へ。



 ブログ・ランキングに参加していま
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶ツマグロヒョウモン♂♀

今日は 近くの公園の、『柿+メジロ』を見に行ったのですが・・・時間帯が悪かったのか、柿が少なくなったためか・・・メジロは来ません。
長時間待つのも好きではないので、周辺を歩いていると、ツマグロヒョウモン♂(雄)が飛んで来ました!
a-Resized__tsumagurohyoumon__27 (2)


逆光で翅が光ります!(^^)♪
a-Resized__tsumagurohyoumon__37 (2)


ツマグロヒョウモン♀(雌)は?・・・と探したら、近くに居ましたが・・・産卵に来ているようでしたv(^^)
a-Resized__tsumagurohyoumon__382 (tt)


公園の花園にあるフジバカマに アサギマダラが来ているかどうか、確かめに行こうかと思いましたが、今日は何だか疲れていて、歩きたくなかったので・・・帰宅することにしました(^_^;)



 ブログ・ランキングに参加していま
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶魅惑の森の生きものたち

何処を歩こうかと迷ったのですが・・・長い間 “魅惑の森”(私の命名)に行っていないので 覗きました。

森の入口に向かって歩き始めると・・・綺麗な花が一輪咲いていましたv(^^)
a-Resized__hana_mizosoba__530 (2)


ミゾソバだろうと思うのですが・・・綺麗だと思ったのは 今回が初めてです^^;;
a-Resized__hana_mizosoba__505 (2)


ジャ ジャ・・・と鳥の啼き声がします。
「カケス」だろうと思うのですが、声がする木立ちの中を探しても 姿が見えません。
遠くで・・・小鳥が小グループで木から木へと飛んでいます。
何だろうと思って 撮って見ると・・・ヤマガラでした♪(^^)
      (鳥の画像は大トリミングして拡大しています)  
a-Resized__yamagara__771 (2)


コゲラのような格好で、エサを探していました(^^)
a-Resized__yamagara__740 (2)


森に入ると・・・スゥーとトンボが飛びましたv(^^)
アオイトトンボかと思って撮ると・・・成虫で越冬するオツネントンボでした。
ここにも居たのですねv(^^)
a-Resized__otsunentonbo__157 (2)

腹端(尾端)を見ると・・・♀(雌)です。 
この時期 出会うのは、 何故か♀(雌)ばかりですね。
a-Resized__otsunentonbo__183 (2)

森の中では、ジョロウグモが網を張っているばかりで・・・もう、ベニイトトンボやモノサシトンボの姿はありませんでした^^;;
a-Resized__jyorougumo__247 (2)

キタキチョウは、帰化植物ーセイタカアワダチソウの花で吸蜜です(^^)
a-Resized__kitakichou__118 (2)

チャバネセセリらしいチョウも、セイタカアワダチソウの花で食事中でした(^^;)
セイタカアワダチソウは 外来の植物で、日本中に蔓延っていますが・・・昆虫たちの役には立っているようです。
a-Resized__chabaneseseri__217 (2)

2時間位森を歩いたので、帰ろうと思って車の近くまで戻って来たら、オナガササキリでしょうか?・・・草の上でノンビリと休憩中でした(^-^)
剣の様な長いモノは、産卵管らしいので、 ♀(雌)ですね!
a-Resized__inago__19 (オナガササキリ)



 ブログ・ランキングに参加していま
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶皆既月食

昨夜は皆既月食でした!
撮るつもりはなかったのですが・・・NHKーTV総合で、月食の様子を盛んに報じるので、外に出てみると、雲の切れ目から 赤銅色の月がうっすらと見えます。その前を雲が流れるのですが・・・これは撮って置かないと!(^^)♪

急いでカメラを取って来て、撮りました!
暗いので、シャッタースピードが超スローです。
一瞬、カメラが壊れたのかと思いましたが・・・何度も設定を変えて・・・何とか撮れました(^^)
a-Resized__kaikigesshoku__58 (2)

これは、月の全てが地球の“本影”に入った・・・「皆既食」です。
広大な宇宙・天体ショウの1シーンですね♪(^^)
a-Resized__皆既月食47 (2)


        ▶皆既食中の月の色
皆既食では、月が本影の中に完全に入り込みます。しかし、皆既食中の月は真っ暗になって見えなくなるわけではなく、「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる赤黒い色に見えます。
地球のまわりには大気があります。太陽光が大気の中を通過する際、波長の短い青い光は空気の分子によって散乱され、大気をほとんど通過することができません。一方、波長の長い赤い光は散乱されにくく、光が弱められながらも大気を通過することができます。これは、朝日や夕日が赤く見えるのと同じ理由です。また、大気がレンズのような役割を果たし、太陽光が屈折されて本影の内側に入り込みます。このかすかな赤い光が皆既食中の月面を照らし、月が赤黒く見えるのです。 (国立天文台HPの解説から


 ブログ・ランキングに参加しています
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶旅するチョウーーアサギマダラ

例年 今頃になると、アサギマダラが南方へ渡る途中、市内の丘陵地にあるフジバカマに立寄って栄養補給するので、 今日は来ているだろうと 見に行きました!
駐車して、フジバカマの所へ急いでいると、すれ違った人が 私のカメラを見ながら、
「アサギマダラが来てますよ」
と教えてくれました。 
(しめた! 来ている!)

花を眺めると・・・居ますね! アサギマダラが10頭近く 飛び交っています。
a-Resized__asagimadara__1261 (2)
どれを撮ろうかと迷うほどです^^;;;;;
近くに留まったのにピントを合わせ カシャリッ!
a-Resized__asagimadara__779 (2)
留まっている蝶ばかり撮っても あまり面白くないので、飛んでいる蝶を狙いたいのですが・・・
飛ぶかな?
a-Resized__asagimadara__1388 (2)
こういうシーンを撮りたいのですが・・・
a-Resized__asagimadara__1077 (2)
ピントが合いません(^_^;) 難しいですね(><)
a-Resized__asagimadara__1252 (2)
 
 ブログ・ランキングに参加中です。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶オツネントンボの森 再訪!《その3》

号外が入りましたので・・・ちょっと遅くなりましたが・・・《その3》です^^;;

何時も行かない先の方へ行くと・・・採石場があり、トラックが走り回っています。
稀少な生き物が多い この森も、 市郊外にあり、砂利や土砂の切り出しで破壊されようとしているのは、嘆かわしいことです(>_<) 

立ち入り禁止の表示があるので、踵を返すと・・・キク科の野草が咲いているのが 目に付きました。
菊の種類は多いので 名前はお手上げです。 野菊として置きましょう(^^;)
a-Resized__hana_kiku__643 (2)
セイタカアワダチソウが、もう アチラこちらに咲いています。
日本中に広がった北アメリカ原産の多年草ですが、 チョウたちの栄養補給源ですし、ベニマシコなどの野鳥も この野草の種を食べます(^^)
a-Resized__hana__606 (2)
アオイトトンボがフッと飛び上がり セイタカアワダチソウに留まりましたました(^^)
a-Resized__ooaoitotonbo__694 (2)
これはオオアオイトトンボでしょうか?
トンボ+花は 案外珍しいと思いますv(^^)
a-Resized__ooaoitotonbo__685 (2)
あっ! これは・・・生まれたばかりのイトトンボのようです。
特徴がはっきりしないので・・・何トンボか判りません(^_^;)
オツネントンボ♀(雌)ですかね??
a-Resized__itotonbo__764 (2)
クモが居ました、 普通種のジョロウグモです。
a-Resized__jyoroukumo__72 (2)
こちらは、 ナガコガネグモですね。
a-Resized__kumo__443 (2)
この緑色のクモは・・・稀に出会います(^^)
サツマノミダマシに酷似した、ワキグロサツマノミダマシでしょうか??
a-Resized__kumo__1120 (2)
このクモ・・・1cmくらいで小さい上に 動き回って 片時も動きを止めません(^^;)
a-Resized__kumo__1300 (2)
ピントが合わずに 撮影に手古摺り・・・長い時間かかりました(><) 
気が付いたら 少し暗くなり始めているので・・・急いで帰宅です!
a-Resized__kumo__1125 (BB)
家の近くまで帰って来ると・・・ライトをつけなくては 走れませんでした(>_<)
夜の運転は危険で・・・苦手です(>_<)
a-Resized__yakei__10 (2)

 ブログ・ランキングに参加中です。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶号外です!


今日、アサギマダラが来ていないか、市内の丘陵へ見に行きました。
フジバカマは咲き始めていましたが アサギマダラは まだ到着していないようです^^;;
帰ろうと、車に向かって歩いていたら・・・前方からやって来たオヤジさんが;
「御嶽山 見えましたか?」
「えっ! 見えるんですか?」
「ええ、山の奥の奥に、こんもりと」
「へえー! 見たいですね」
・・・と、オヤジさんの後にくっついて 畑に登りました。
遠くの山が見えます。
「あの山の横の方に見えるんだけど・・・うーん 今日は ちょっと見えないなあ」
台風一過で きれいな青空です(^^)♪
     
a-Resized__ontakesan__589 (2)

 ブログ・ランキングに参加しています
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶オツネントンボの森 再訪!《その2》

モデルになってくれたマイコアカネに お礼を言って、先の方へ歩きます。

この時期に、 ツツジのような花が咲いていました(^^)
a-Resized__hana__462 (2)
狂い咲きした花が 残っているのでしょうか?
a-Resized__hana__454 (2)

ここに もう一頭の、マイコアカネが居ました!ヽ(^^)ノ
a-Resized__maikoakane__382 (2)

一カ所で2頭の♂(雄)を見るのは 初めてだと思います(^^)
a-Resized__maikoakane__419 (2)

赤いトンボが ヒッソリと休んでいました。
このトンボは何トンボでしょうか?
日本で見られるトンボは、200種類余だそうですが、翅の先端に黑褐色斑があるトンボは;
①ノシメトンボ
②コノシメトンボ
③リスアカネ
④マユタテアカネの♀(雌)の一部
の、 わずか4種類だけですので、この中のどれか・・・と云うことになります。
a-Resized__konoshimetonbo__559 (2)

次に、胸部 (翅胸と云います)の黒い線(黒条)が描く斑紋を見ます。
(翅が邪魔をして ちょっと見難いですが) 翅胸の中の黒条が 繋がっています。
コノシメトンボの特徴です。
また、顔面から腹部まで赤い・・・ということで、このトンボは、②の『コノシメトンボ♂(雄)』と云うことになりますv(^^)
最近、相当 数が少なくなっているトンボです)(><)
    (コノシメトンボの翅胸の黒条図)
A_konoshime.jpg

また、マユタテアカネが居ました。
a-Resized__mayutateakane_mesu__512 (2)
これが、上に述べた 翅の先端に黑褐色斑があるマユタテアカネの♀(雌)です(^^)
a-Resized__mayutateakane__524 (2)
紅をさしたような・・・こんな顔のマユタテアカネも居ました(^0^)
a-Resized__mayutateakane__528 (ttt)

ーーーーーーー▶オツネントンボの森 再訪!《その3》へ

 ブログ・ランキングに参加中です。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶オツネントンボの森 再訪!《その1》

明日は台風が来るそうなので、 今日は標高701mの山にでも登ろうかとも思ったのですが・・・家を出るのが遅くなったので、 ヒヨドリバナが咲いていて 珍しいチョウが撮れた 近場の森を再訪することにしました。
森に着いたのが、午後2時でした^^;;

まず最初に、森の入口で出会ったのが、 このツチイナゴでした(^^)
a-Resized__tsuchiinago__4 (2)

それから、ヒヨドリバナに直行したのですが・・・花には何も来ていません。
変だなあ~と思って良く見ると・・・白い花が 少し茶色になり始めています。
花期が8月-10月頃らしいヒヨドリバナなので、花期の終期を迎えたのでしょう(><) 
これでは、蜜も出ないでしょうから チョウも来ないでしょう(><)
暫く様子を見ていると、キタキチョウがやって来ました(^^) 
a-Resized__kitakichou__49 (2)

まだ白い花を探して吸蜜しています(^^)
a-Resized__kitakichou__58 (2)

稀少な蝶が来そうにもないので、森を出て 森に沿った小径を歩き始めました!
ツマグロヒョウモン♀(雌)が ヒラヒラト飛んで来て 産卵しそうになったのですが、気配に驚いて 高い枝へ。
翅を開きました!
a-Resized__tsumagurohyoumon__156 (2)

次に現れたのは・・・何処ででも見かけるマユタテアカネ♀(雌)です。
a-Resized__mayutateakane__174 (2)

少し歩くと・・・もう一頭!
マユタテアカネ♂(雄)かな?   
ぎょ!顔が青い!
当地では稀少な マイコアカネです!
a-Resized__maikoakane__180 (2)

俄然 真剣sになりました!
地べたに膝をついて、なるべく下方から顔面を狙います!
a-Resized__maikoakane__187 (2)

♂(雄)なんですが・・・三つ指をついて 挨拶しているようですねv(^^)
a-Resized__maikoakane__206 (2)

舞子さんの様な、 この青さに魅了されます*^^*
a-Resized__maikoakane__218 (TTT)

ーーーーーーーーーー▶オツネントンボの森 再訪!《その2》へ


 ブログ・ランキングに参加中です。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶川岸の花

天気予報は曇りから雨が降る・・・だったのですが、昼頃になると晴れ間が出て来たので、ノビタキが来るもう一つのタンボへ行ってみました。

ここの稲は、まだ熟していない感じです。
田圃道をグルグル廻っても、ノビタキなど 鳥の姿は皆無でした(><)
a-Resized__tanbo__3 (2)


仕方がないので、近くの川岸に行き、歩いて自然観察です!
直ぐに目に付いたのは、この白い花!
タデの感じでしたので、 帰宅してから、 「白 タデ」で検索すると・・・シャクチリソバ(赤地利蕎麦、タデ科) だと判りました!(^^)♪
a-Resized__hana_shakuchirisoba__16 (2)


決め手になった花です。
a-Resized__hana_shakuchirisoba__19 (2)


葉っぱは 三角形です。
a-Resized__hana_shakuchirisoba__38 (2)


その横にある花は、ムクゲ・・・韓国の国花ですね。
a-Resized__hana_mukuge__26 (2)


花好きのフクジイさんのBlogで、この間知ったのですが・・・これは、『タマスダレ』。
原産地は南米ペルーで、ヒガンバナ科だそうです(^^)
この川岸を耕して、野菜なんかを趣味で作っている人(今日も偶然会いまして、話をしました)が 植えたのかも知れません(^^)
a-Resized__hana_tamasudare__75 (2)


木蔭にヒメジャノメが佇んで居ました!
a-Resized__himejanome_76 (2)


シャクチリソバの花が揺れているので、何が居るのかと思ったら・・・コアオハナムグリでした!♪(^^)
a-Resized__koaohanamuguri__108 (2)


北アメリカ原産の多年草ーセイタカアワダチソウガ咲き始めましたね(^^)
a-Resized__hana_seitakaawadachisou__190 (2)


 ブログ・ランキングに参加中です。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶メジロと柿

この間の、近くの緑地公園の、柿の木・・・メジロが柿を食べに来るので、メジロを撮るには いいスポットです。
でも、葉が茂り、また柿のある位置も悪く、その上 柿を食べに来ているメジロの動きが早く・・・メジロの姿を撮るのは非常に難しいのですが・・・もう一度行ってみました(^^)

高い柿の木・・・カメラを構えて、見上げる姿勢を続けるのも キツイです^^;;
やはり、柿をつつくメジロが 葉陰から顔を出す一瞬を撮るしか、メジロを撮る方法は なかったです^^;;;;;
a-Resized__mejiro__126 (2)


a-Resized__mejiro__93 (2)


a-Resized__mejiro__129 (tt)


a-Resized__mejiro__123 (2)


柿の木の下に生えていた、この花は何でしょうか?
以前、調べたことがあると思うのですが・・・名前を忘れました(^_^;)
そうそう・・・思い出しました・・・イヌホオズキ(バカナス)?
ヒヨドリジョウゴ?
a-Resized__hana__58 (2)


 ブログ・ランキングに参加中です。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶夏鳥ノビタキ

Itohnoriさんが見事なノビタキを撮っておられるのに刺激され、私もノビタキが撮れる 2カ所のタンボの内の 一カ所へ行き、 撮りましたよ!
♪(^^)

タンボに着いて見回すと・・・稲が見事な黄金色になっています(^^)
ノビタキは居るかな? 
70m先くらいにある杭に 数羽とまって居ます(黄色の矢印の所です)♪(^^)♪
a-Resized__nobitaki__120 (yajirushi)

でも、 こんなに遠くては、撮っても 証拠写真にもなりません。
近くに来るのを待つことにして・・・車の中で新聞を読みながら 待ちました。
時折、目を上げて 見ていると・・・来ました!♪(^^)♪ 
少し近くに来ています(^O^)
a-Resized__nobitaki__246 (2)

12mぐらいかな? これくらいの距離なら、 トリミングすれば 何とかノビタキの形くらいは判るでしょう! 
カシャリッ!♪(^^)
a-Resized__nobitaki__255 (2)


カシャッ!
a-Resized__nobitaki__246 (TT)

車の前の道路に降りて、路上で餌を探したり・・・稲の中に飛び込んで 昆虫を撮ったりと・・・活発です。
少し遠くにとまって シナをつくりました(^-^)
a-Resized__nobitaki__508 (2)


あと一週間もすれば、稲は刈られてしまいます。
そうすると、このノビタキ達は南を目指して飛び去るのか・・・居なくなります。
ノビタキ+黄金色の稲・・・稲が実った間の、 この田圃の 毎年の風物詩です♪(^^)♪
a-Resized__nobitaki__264 (2)

 ブログ・ランキングに参加中です。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


▶越冬するチョウ

この間、9月になって 涼しい風が吹き始めたと思ったら、 もう10月です!
いよいよ本格的な秋の始まりですね!♪(^^)
ウカウカしていると・・・あっと言う間に時は過ぎ・・・ジングルベルが聞こえて来そうです!


午後、3時過ぎになりましたが・・・ボランティア活動の帰りに、この間、ウラナミシジミを撮った川岸を短時間 覗いてみました。 一頭のウラナミシジミが飛んだのですが・・・撮れません(^^;)

少し歩いて、何か居ないかと探していたら・・・赤いチョウが居ました!
翅を最大限広げて日光浴をしている ウラギンシジミ♂(雄)です。
このチョウは、この姿で越冬しますv(^^)
a-Resized__uraginshijimi__1177 (2)


   [御参考]・・・これはウラギンシジミ♀(雌)で、♂(雄)に比べると非常に地味です。
裏側の翅がこのように銀色なので、「裏・銀」(ウラギン)との名前が付いているわけです(^^)

   (2012年 9月 4日撮影)
uraginshijimi.jpg

 ブログ・ランキングに参加中です。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村






プロフィール

 ▶白竜(はく りゅう)

Author: ▶白竜(はく りゅう)
横綱の「鵬」関と「鶴」関にあやかって、ハンドルネームを《白竜》にしました(^-^)2004年から、自然写真を撮りながら森や野山をノ~ンビリ歩き、素晴らしい日本の四季を楽しみつつ、自然や生きものたちの変化を観察しています。【管理画面へ】
*********************
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ/日本ブログ村/
*********************

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
■新カウンター(2014_3_10~    
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED     本日: SEO対策はUNFINISHED       昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-