FC2ブログ

♪自然への回帰

 

▶今シーズンの新顔カモ 飛来!

        

今日は、今にも雨が降りそうな空模様です(>_ ▶ブログ・ランキングに参加していますにほんブログ村...

... 続きを読む

今日は、今にも雨が降りそうな空模様です(>_<)
市内の公園の池を 見に行きました。

おやっ! あれはオカヨシガモ(冬鳥)だ!
今シーズンの新顔カモが到着していますv(^^)
a-Resized__okayoshigamo__308 (2)

あれあれ・・・こちらに居るのは・・・まだ繁殖期じゃないので 羽が地味ですが・・・嘴を見るとデッカイ! 
ハシビロガモ(冬鳥)ですね! これも新顔!
hashibirogamo__170 (2)

これは・・・冬鳥ではなく、 冬になると国内移動する漂鳥・・・オオバンです。 
寒くなると、当地にやって来て、来年の3月末頃まで滞在する お馴染みの水鳥です(^^)
a-Resized__ooban__318 (2)

移動して・・・“いつもの池”へ。


おっ!
水面に見えるのは オシドリかな?・・・いえいえ、マガモのグループでした(^^;)
あれっ!?
ミコアイサ(冬鳥)の♀(雌)が一羽(赤い矢印)、 混じっています(^^)
a-Resized__mikoaisa__470 (4)

これがミコアイサ(今年の2月撮影)です。
白い2羽が♂(雄)、手前の地味なのが♀(雌)で・・・目の周りが黒いので、パンダガモと呼ばれています(^^)
A_mikoaisa2 (2)

オシドリは?・・・5羽だけ やっと見える所に出ていました♪(^^)
まだまだ 警戒しているのでしょう。
もっと数が増えると いいのですが・・・後続の第2陣が まだ来ていないようです^^;;
a-Resized__oshidori__552 (4)



号外!
毎日新聞社は、 2014年11月3日に、以下の通り、IPCCが地球温暖化について、警告を発した旨、報じています。


<IPCC報告書>温暖化、30年で許容上限 迅速対応迫る

 Mainichi_20141103k0000m040066000c_1_s.jpg 
 国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は2日、地球温暖化を巡る最新 の研究成果をまとめた第5次統合報告書を公表した。今のペースで温室効果ガス排 出が続けば、今世紀末には人々の健康や生態系に「深刻 で広範囲にわたる後戻りできない影響が出る恐れ」が高まり、被害を軽減する適応策にも限界が生じると予 測。その上で、気温上昇を抑えるために「多様な道筋がある」として、各国政府に迅 速な実行を迫った。

 報告書は、温暖化の主な原因が人為である可能性が「極めて高い」(95%以上) と断定。産業革命(18〜19世紀)後の気温上昇を「2度未満」に抑える国際目標の 達成には二酸化炭素(CO2)の総排出量を約2兆9000億トンにとどめ る必要があると分析した。

 しかし、既に排出されたCO2は約1兆9000億トンで、余地は約1兆トン。2011年の世界の排出量約350億トンのペースが続けば、30年足らずで許容量の上限に
達してしまう計算だ。

 2度目標達成には、世界全体の温室効果ガス排出量を50年に10年比で41〜72%、2100年には78〜118%削減する必要があると指摘。排出量を大きく左右する発電部門で省エネや再生可能エネルギーの導入を促進し、将来的にはCO2を回収・貯留する技術を大規模に普及させることが有効だとした。

 一方、有効な対策を取らない場合、今世紀末の世界の平均気温は2.6〜4.8度上昇。海面は最大82センチ上がる。2度以上の上昇で穀物生産に悪影響が表れ、4度以上で食糧安全保障に大きなリスクが生じるとした。さらに、アジアで暑熱による死亡率が非常に高まるなど、「温暖化の規模や速度が大きいほど、人が適応できる限界を超える可能性が増す」と警告した。

 第5次統合報告書は、昨年9月〜今年4月に順次公表された三つの作業部会の報告書をまとめたもので、第4次以来7年ぶりに公表された。新たな温暖化対策の国際枠組みの合意を目指す国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)を来年末に控え、交渉に大きな影響を与えそうだ。

 デンマークで記者会見した国連の潘基文(バン・キムン)事務総長は「科学者は、世界各国がすぐに行動を起こさなければならないと声を上げた。我々は手段を持っている。この機会を逃してはならない」と呼びかけた。【阿部周一、渡辺諒】

 【ことば】 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)

 地球温暖化の影響や被害の軽減策について、最新の科学的知見をまとめた統合報告書を、90年以降約5年おきに公表してきた。第5次は世界の800人を超す研究者らが約3万本の論文を基に執筆した。政策決定者向けに要点をまとめた「要約」は、総会に参加した全ての国の承認を経て公表され、温暖化の国際交渉や各国の対策の科学的な根拠となる。
**********************************


 ブログ・ランキングに参加していま
     にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村


   

【コメント投稿】: (12)


おはようございます * by 山親爺
新顔のお客様に、シャッターを押す手にも
力が入ったのでは・・・・・

No title * by hirugao
新顔さんのオカヨシガモというのですか。

公園の池にやって来るなんていいですね。
家の近くでは川でカルガモくらいが見られるぐらいです。


冬鳥の飛来 * by itotonbosan
オオバンはいわき市で冬鳥といっしょに見たことがあります。
4月になっても未だ居たので理解できませんでした。
漂鳥だということで納得しました。
オカヨシガモ・ハシビロガモ・ミコアイサは
飛来して来ないので見たことがありません。

冬鳥の到来 * by Maria
白雲さん、こんにちは。
いよいよ冬鳥の到来で賑やかになりましたね!
ミコアイサなんて私は観た事もありません・(涙)
先週私も冬鳥たちに出遭いうれしくなりました。
夕方でしたので、今度は明るいうちに行きたいと思います。

▶コメント 深謝! * by ● 白雲 【はくうん】
みなさま  おはようございます!
いつも、コメントを、有難う御座います!

山親爺さん
そうなんですよ!
毎年見ているカモですが、 渡って来るのは苦労が多いでしょうから・・・
今年も来たか!・・・と喜んでいます!

Hirugaoさま
兵庫県は溜池が多いですが・・・神戸は、少ないのですね。
公園も少ない感じですが・・・どうなんでしょう?

Itotonboさん
そうです。 オオバンは冬鳥と一緒に居るので、 時々間違えますが・・・漂鳥なのです。そちらでは 夏期に山地に移動するくらいでしょうね。

Mariaさま
今年の2月でしたか・・・お伝えしたように、ミコアイサは市内や郊外の池に来ますよ。 運が良ければ 近くから撮れる所もありますよ♪(^^)
地球温暖化関連の新聞記事を追記しました♪(^^)

No title * by はぴ
いろんな鳥が集まってますね~。
パンダガモ 綺麗ですね。
オシドリも近くで見れるようになるといいですね。
P☆

No title * by simosan
今晩は。

地球温暖化は困りますね。
だからといって原発はなお困ります。
根本的な解決方法はない物でしょうかね。

まず「自然を大切にすること」
 これが基本でしょうね。

No title * by itohnori
白雲さん、今晩は。
 オシドリが見られるのですね。
御地には冬の間いるのですか。
良いですね。

No title * by miyakokoto
(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
 ボランティア・・・お疲れ様です。感心して居ます!
鳥の顔で名前が分るほどに・・・んん・・・これも感心です。
分かると言う事は楽しいですネ

 温暖化は、私たちも肌で感じられますから早い対応が必要ですネ
小さな協力は皆さん少しづつされていると思いますが・・・

▶コメント 深謝! * by ● 白雲 【はくうん】
みなさま  こんばんは!
いつも、コメントを、有難う御座います!

はぴさま
風邪・・・良くなりましたか?
毎日お忙しいのに・・・大変ですね!
お大事になさって下さい。

Simoさん
原発は人間の力では完全にコントロール出来ない所が危険ですね!
Co2の比じゃないですよ(><)
一度 人間は生活をリセットして、縄文時代に戻りましょう(^^;;)

Itohnoriさん
はーい! わが県には2ヶ所 オシドりが滞在する所があります。
“いつもの池” と、もう一カ所は 山の中の渓流です。
後者は、ドングリを与えていますが・・・“いつもの池”は 自然のままです。
簡単には見られないし、いまのところ250mくらい先です(^^;;)

Miyakoさま
鳥の顔で名前・・・もう10年もやってますから・・・身近な鳥は判ります(^^)
温暖化防止策・・・世界の人たちが実施しないといけませんね^^;;;;;
竜巻・集中豪雨・干ばつ・・・地球が怒ってるんですよ!(>_<)