FC2ブログ

♪自然への回帰

 

▶干潟で (その1)

        

【2017-3-8(水) 記】    ★日めくりの 『今日の金言』★『流言は賢者にとどまる』 干潟の様子はどうだろう?・・・と、久しぶりに 行ってみました(^^;)出来れば、ウィンターコスモスさまが撮られた『オオジュリン』を、葦原で撮ろうと 考えていました(^-^)駐車場から干潟に向かっていると・・・細い道の脇に咲いている小さな花を見付けました(^-^)花が、「オオイヌノフグリ」の花より小さいので・・・「タチイヌノフグ...

... 続きを読む

【2017-3-8(水) 記】    

日めくりの 『今日の金言』

『流言は賢者にとどまる』




干潟の様子はどうだろう?・・・と、久しぶりに 行ってみました(^^;)
出来れば、ウィンターコスモスさまが撮られた『オオジュリン』を、葦原で撮ろうと 考えていました(^-^)

駐車場から干潟に向かっていると・・・細い道の脇に咲いている小さな花を見付けました(^-^)
花が、「オオイヌノフグリ」の花より小さいので・・・「タチイヌノフグリ」ではないかと思いました(^^)
     ⇊
a_Rs-hana__772 (2)


a_Rs-hana__763 (2)
                ⇈
■【追記】・・・とりこさまと、KOZAKさんから『フラバソウ』との御指摘がありました!
そうです! 一年経つと、 すっかり野草の名前を忘れていました!
この野草は、フランスの植物学者フランシェ氏(Adrien Rene Franchet)とサバチェ氏(Paul Amedee Ludovic Savatier)が明治時代(1875)、長崎で採取したもので、 その後ずっと未確認でしたが、1937年、《1911年に田代善太郎が長崎で採集した標本》を植物学者・奥山春季が再発見し、その和名を最初の発見者であるフランシェ氏とサバチェ氏を記念し、 両氏の名を繋げて 『フラサバソウ』 と命名したものだそうです。


干潮のピークの2時間半前(午後3時前)に干潟に着きました(^^)
既に姿を現わしている、広大な干潟を見回していると・・・「ダイサギ」が飛んで来ました!
、     ⇊
a_Rs-daisagi__227 (2)


a_Rs-daisagi__225 (2)


アオサギも飛んでいます(^-^)
     ⇊
a_Rs-aosagi__444 (2)


a_Rs-aosagi__502 (2)


黄色いソックスを履いている コサギも居ました!(^o^)
     ⇊
a_Rs-kosagi__293 (2)


ーーー▶干潟へ (その2) へ。


blog_line1.gif




ブログランキングに参加しています♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村

  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!

*
           
       
 
blog_line1.gif

             

   

【コメント投稿】: (12)


* by とりこ
おはようございます
お花は、葉が毛深いようで
フラサバソウのようですね
応援 ポチ

No title * by 散輪坊
 先日鳥見仲間とも話をしたんですが、この数年コサギを全く見なくなりました。
どうしてなんでしょう?

No title * by せいパパ
干潟では今までとは全く違う
野鳥たちに出会えましたね。
どんあ花や鳥に出会えたかな?
昆虫はまだ出て来てないかな〜って
ワクワクしますね。
応援!

No title * by ウィンターコスモス
元気なサギたちですね!
こういうシーン、楽しいです!

オオジュリンには出会えたのかな??

No title * by KOZAK
この毛深い草花はフラサバソウでしょうね。多分<(´ロ`')o。
サギもいろんな種類がいるようですね。

No title * by フクジイ
白竜さん
おはようございます
山,川,干潟などでは、生活している野鳥達が全く違うのですね
サギの飛翔姿は、堂々として雄大さを感じます
ラストのコサギの姿が面白い!
美味しい獲物を見付けたのか
急いでいるように見えますね

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)
みなさま  おはようございます!
いつも早朝から コメントを有難う御座います!
応援ボチッP☆も 宜しく お願いします!♪

          とりこさま
いつも、『 にほんブログ』 と 『人気ブログランキング』 の応援、
ありがとうございます!♪(^^)

ああ! そうでした!
1年も経つと 野草の名前を すっかり忘れています!
フランスの植物学者フランシェ氏(Adrien Rene Franchet)とサバチェ氏(Paul Amedee Ludovic Savatier)が共に著した『日本植物誌』にて報告
され、その後 再発見され、 お二人の名前をとって命名された、『フラサバソウ』でした! 御教示、有難う御座いました!♪(^^)
後で、訂正しますm(_ _)m

     散輪坊さん
コサギが居ませんか?
そう云えば、少なくなったような気がしますが・・・当地では、時々 見かけますよ。
「留鳥・漂鳥」のようですから・・・たぶん、貴地では「漂鳥」で・・・秋から春の 寒い期間中は、暖地に引っ越しているのでしょうか!?
夏になっても見かけないとなれば・・・問題ですね!(^^;)

     せいパパさん
暖かくなると、 ここの草地にも チョウやバッタ、葦にはギンヤンマ、防風林にはセミなどが来ますが・・・まだまだ先のことですね^^;;

     ウィンターコスモスさま
葦原を見ながら 往復1kmくらい 歩いてみたのですが・・・鳥は一羽飛んだだけで、何鳥かも判りませんでした^^;;
オオジュリンに会いたかったのですが・・・もう北国に移動したかも?
干潟にも シギチは居ませんでした(>_<)

     KOZAKさん
フラサバソウでした!(*^^*)
一年経つと 野草の名前を すっかり忘れています(>_<)

     フクジイさん
山、丘陵地、森、雑木林、渓谷、川、池、干潟、海・・・など、場所によって生きものたちの種類が変わります(^-^)
適材適所ですね v(^。^)
     

No title * by とりこ
蝶のランクは7位まで上がりましたね
一日3~4回ポチして確認してますが
ひとりが何回ポチしても同じなのでしょう

そのうち私も飽きてきますからね~

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)
     とりこさま  こんばんは!
3つあるランキングなんですが・・・いつも、2つのランキングのポチ!を お願いしておりまして・・・申し訳ないです♪(^^) ありがとうございます!
ブログの やり甲斐を感じることが出来るランキングですが・・・とりこさまばかりに お願いすることも出来ませんので・・・適当な所まで 御付き合いを お願いします m(_ _)m

そうです・・・ポチッ!は 何回クリックしても同じで、一日一回だけ有効です。



No title * by simosan
今晩は。

大型の鳥達は空を優雅に飛びますね
あのように飛べたら気持ちがいいでしょうね。

・・・アッ 高い所は苦手・・・でした・・・v-12