♪自然への回帰

 

▶ゼフィルスを探して  《その3》 

        

   【2018-6ー5(火) 記】 ■日めくりの今日の金言   『名を取るより得を取れ』●《解説》・・・名誉や名声を得るより、実際の利益を得るほうがよいということ。ーーー故事・ことわざ辞典より。以前、 ゼフィルスを沢山見かけたので、 「ゼフィルスの森」と命名したのですが・・・今回は何も居ません(-_-;)被写体も少ないので 帰途・・・“いつもの丘陵地”へ寄りました♪(^^) トンボの中では最も赤いのではないかと思...

... 続きを読む

  
【2018-6ー5(火) 記】

blog_l6ne1.gif

日めくりの今日の金言

   『名を取るより得を取れ』

《解説》・・・名誉や名声を得るより、実際の利益を得るほうがよいということ。ーーー故事・ことわざ辞典より。

blog_line1.gif

以前、 ゼフィルスを沢山見かけたので、 「ゼフィルスの森」と命名したのですが・・・今回は何も居ません(-_-;)
被写体も少ないので 帰途・・・“いつもの丘陵地”へ寄りました♪(^^) 

トンボの中では最も赤いのではないかと思われる、「ショウジョウトンボ」 ♂(雄)が居ました。
     ↓↓
Res-shoujyoutonbo__467 (2)


♂(雄)であるのを見分けるのは、 尾端の形を見れば判ります♪(^^) 
この 割り箸の先のような・・・逆凸の形は ♂(雄)なのです。
     ↓↓
Res-shoujyoutonbo_osu__475 (bitan)


これは いつもの、 「ハラビロトンボ」 ♂(雄)ですね。
     ↓↓
Res-harabirotonbo__479 (2)


腹部が羽化直後の金色から青くなって居ます。 
成熟すると粉をふきます(^^)
     ↓↓
Res-harabirotonbo__490 (2)

Res-harabirotonbo__504 (2)

Res-harabirotonbo__508 (2)


ショウジョウトンボの♀(雌)が居ました。
羽化から あまり時間が経っていない個体のような感じです。
     ↓↓
Res-shoujyoutonbo_mesu__518 (2)

Res-shoujyoutonbo_mesu__532 (2)

♀(雌)であることを確かめるためには、 ♂(雄)同様 尾端の形を見ます。
♀(雌)は このような形です(逆凹の形です)
     ↓↓
Res-shoujyoutonbo_mesu__545 (2)


ーーーー▶ゼフィルスを探して  《その4》 へ。


今日のブログ ↑↑・・・如何でしたか? 
宜しければ、 下の『ブログ ランキング』のバナー(工事監督さん)をクリックして下さい!! (^_-)ー☆

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ここをクリック!
にほんブログ村


blog_line1.gif

(画像はクリックすると大きくなります・・・その拡大した画像を もう一度クリックすると 更に拡大します(^^))

blog_line1.gif

   

【コメント投稿】: (15)


No title * by 散輪坊
 もう赤とんぼの仲間を見ることができるんですね。

No title * by ウィンターコスモス
真っ赤なショウジョウトンボですね!

今年はまだ見てません。


No title * by せいパパ
ショウジョウトンボは時々見かけました
珍しい訳でも無いけれど
真っ赤だから遠くからでも目に付いたので
よく覚えてます。
応援!

No title * by フクジイ
白竜さん
おはようございます
トンボの雄雌は、色が全く違うので、どう判別するのかと思っていました
今までに、何度か教えていただいていると思うのですが
なかなか覚えられません
しかし、目が良くないと区別できませんね

No title * by 蝶 旅の友
トンボの季節にも到来ですね。
 I湿原のヒメヒカゲは発生しました。
今年はゼフィルス類にツキが無く、中々巡り合えません。

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)
みなさま  おはようございます!
いつも早朝から コメントを有難う御座います!

   散輪坊さん  
当地でのショウジョウトンボの初見の日を過去に遡ってチェックしてみると・・・一番早いのは 5/19ですね。
貴市では 10日後くらいに飛び始めるのでは?

   せいパパさん
昆虫少年の頃は 夏になれば良く見かけていたことでしょう(^^)
これ以上の赤は無いと云うくらい 赤いですね(^o^)

   フクジイさん
雌雄の尾端の特徴は・・・口で説明するのは なかなか難しいです(^^;;)
図示すれば いいのですが・・・一寸時間がありません(^^)

   蝶 旅の友さん
ヒメヒカゲは 作手のN湿原で、一度だけ一頭見かけ 撮ったことがあります。  ゼフィルスは 当地の「ゼフィルスの森」へ行けば 運が良ければ5種類 撮れるのですが・・・この間は空振りでした。
発生直後らしい アカシジミやミズイロオナガシジミは 2―3日間は その場所で見られるのですが・・・その後は姿を消します。
遠くへ飛び去るのでしょうか? どうなっているんでしょうね?

No title * by KOZAK
トンボのことをよくご存じですね、当地では出会いも少なく勉強の機会もあまりありません。貴ブログを教科書にしてます。

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)

   KOZAKさん  こんばんは!
恐縮です」(^^;;) 
身近なトンボは ある程度判りますが、 サナエトンボ科やヤンマ科のトンボには 余り会う機会がないので よく判りません(-_-;)

  

No title * by とんちゃん
白竜(はくりゅう)さん、ご心配いただいてありがとうございました
なんとかやっていこうと思っています~
のんびりですが続けていきたいです!
トンボの色々続々ゲットしていますね
真っ赤なショウジョウトンボを見ると元気になれます~
雌のほうは黄色なんですね

No title * by はぴ
こんにちは
ゼフィルスが見れなくて残念でしたね。
トンボの性別の見分けかた 尾の先端で
わかるんですね~。
トンボはあまり撮らないのでほとんどわかりません^^;