FC2ブログ

♪自然への回帰

 

▶水槽の魚たち 

        

   【2018-6ー19(火) 記】 ■日めくりの今日の金言   『今日の一針、明日の十針』●《解説》・・・「すぐにしなければならないことを先延ばしすると、余計に手間がかかるということのたとえ。今日なら一針縫えば済むのに、明日に延ばせばほころびが広がり、十針も縫わなければならなくなるという意から。・・・・・ことわざ辞典より。   『楽あれば苦あり、 苦あれば楽あり』●《解説》・・・ 人生はいつも楽しいこ...

... 続きを読む

  
【2018-6ー19(火) 記】

blog_l6ne1.gif

日めくりの今日の金言

   『今日の一針、明日の十針』

《解説》・・・「すぐにしなければならないことを先延ばしすると、余計に手間がかかるということのたとえ。今日なら一針縫えば済むのに、明日に延ばせばほころびが広がり、十針も縫わなければならなくなるという意から。・・・・・ことわざ辞典より。


   『楽あれば苦あり、 苦あれば楽あり』

《解説》・・・ 人生はいつも楽しいことばかりではなく苦しいこともある、逆に苦しいことばかりではなく楽しいこともあるということ。
単に「楽あれば苦あり」「苦あれば楽あり楽あれば苦あり」とも言う。江戸いろはがるたの一つ。・・・・・「故事・ことわざ辞典オンライン」 より。


blog_line1.gif

今、水槽で育てている魚は、 隣の家からもらった金魚の他は、 郊外の川で掬って来た魚ばかりです。
     ↓↓
6_18_kawamotsu (BLOG)


水槽で育てているのは、 フナ、ドジョウ、 ハゼのような魚、 川エビなどですが・・・以下の魚を ご紹介します。

これは『カマツカ(コイ科)』 です。
カマツカは初めて見る魚で、このような淡水魚も生息して居るのだと・・・ビックリです!
常に水槽の底に居て、 底に溜まったエサを食べてくれるので・・・水槽の食べ残りエサ処理係として 重宝してます(^^)   
     ↓↓
kamatsuka_2.jpg


カメラ嫌いで、スマホを近付けると・・・遠くの方へ行ってしまい、 撮るのが大変でした(^o^)
     ↓↓
kamatsuka_1.jpg


この魚が 何だか良く判りません。
『カワムツ』(コイ科)』なのか、『モロコ(コイ科)』なのか、『『アブラハヤ』(コイ科ウグイ亜科』)なのか??
     ↓↓
sakana__19_1.jpg


『カワムツ』の可能性が 一番高いです。
     ↓↓
sakana__19_2.jpg


これまで掬った魚の中で 特に嬉しかったのは・・・薄い紅黄色の色がついた この幼魚たちです。
川の中の 取り残されたような 深い淀みに居ました。
小さ過ぎるので、 ドジョウやハゼや 他の魚たちに食べられるのではないかと思い、ペットボトルに穴を開けて その中に入れ、 他の魚たちと 隔離していますv(^o^)
何魚の幼魚か判りませんが・・・宝石のような幼魚で、大切に育てていますv(^o^)
     ↓↓
IMG_20180607_103035 (1)


『カマツカ(コイ科)』
体長12〜25cmぐらい。口は小さく下向きで、かつ下向きに伸ばすことができる。1対のヒゲがある。体色は背側が薄い褐色腹側は銀白色。体側中央に7〜9個の不明瞭な暗斑がある。胸、背、尾の各ヒレに小黒点がある。側線は完全でまっすぐに走る。
河川の中〜下流域、清澄な湖などの砂底や砂礫底に生息。

『カワムツ(コイ科)』
外形はオイカワによく似ている。体側に幅広い青紫色の縦帯があることで、オイカワと区別ができる。大きいものは20cmに達する。
流れのゆるやかな草木の影になったような所や細流に群れていることが多い。

『モロコ(コイ科)』
細長い体型で背および腹は丸みをおびている。全長6~15cm程度。側線は完全で、体側中央を直走している。いずれも1対のひげをもつが、種によって長短がさまざまである。体色は背が緑褐色でそれ以外は銀白色である。また側線にそって不鮮明な黒色の縦筋がある。平野部の河川や汽水域、池、沼、湖、農業用水などに棲む。

『アブラハヤ(コイ科ウグイ亜科)』
国内では福井県・岡山県より東の本州に分布する。府内では猪名川水系 、淀川水系、大和川水系から生息記録があるが、同じヒメハヤ属のタカハヤと混同されていた可能性があり、確実な生息水域は明らかではない。あるいは府内では生息しないか、生息したとしてもきわめて個体数は少ないと推定される。体表はぬめりが強く、油を塗ったようにぬるぬるするハヤというのが名前の由来であろう。
 水温の低い場所に生息することが多く、府内の生息記録は河川上流部に限られる。淵や平瀬の底層にいて、底 生動物、付着藻類、落下昆虫などを食べる雑食性である。産卵期は春~初夏にかけて。淵や平瀬の砂泥底に群れになって産卵する。雌が河床に頭から突入し、雄が続いて突っ込んで放精して砂礫中に卵は埋め込まれる。


  (●出典ーーー《蒼社川魚図鑑》《大阪府立環境農林水産総合研究所》など。)


今日のブログ ↑↑・・・如何でしたか? 
宜しければ、 下の『ブログ ランキング』のバナー(工事監督さん)をクリックして下さい!! (^_-)ー☆

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ここをクリック!
にほんブログ村


blog_line1.gif

(画像はクリックすると大きくなります・・・その拡大した画像を もう一度クリックすると 更に拡大します(^^))

blog_line1.gif

   

【コメント投稿】: (15)


No title * by せいパパ
金言が二本立てですね
飛ばしますね。
楽と苦は相対的に存在するから
同じ配分ですと言われても
いや違うと言う方もいらっしゃる。
私は今が辛い時期かどうか
そうとは感じて無いし
そうかも知れない。
捉え方一つで苦も楽も両方存在するので
同じ比率とは正解だと思う。
お魚にハマってますね
私も熱帯魚にハマってた時期が懐かしく
思い出しました。
応援!

No title * by KOZAK
水槽が充実してきましたね。
水生昆虫もリクエストします、よろしく。

No title * by ウィンターコスモス
色んな種類がいますね。
カマツカ、川底をはってるのでしょうか。
こういうのもいると水槽内も変化があって面白いですね。

金魚をけっこう大きな水槽で飼ってたこともありますけど
地震などで水がこぼれたりしたら嫌だ〜と思って
やめました。

No title * by とんちゃん
白竜(はくりゅう)さん、フナはすくってきたのでしたね
うっかり釣り上げたのかと思い込みしていました。
モロコって佃煮にしたらすごくおいしいのでしょ♪
食べることにつながってしまってかわいそう・・・
コイ科にカマツカなんて名前の魚がいるんですか!
先日はカマツカの花を見ることができました。
魚と木の花と面白いなって感じました。

No title * by フクジイ
白竜さん
おはようございます
綺麗な水槽です
こまめな白竜さん、さすが手入れが行き届いていますね
隣の駅に幕張メッセがあり、その隣にイオンモールがあり
その中に、ペットモールがあります
そこで、金魚や熱帯魚が沢山泳いでいます
時々、見て楽しんでいます、癒されますね

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)
みなさま  おはようございます!
いつも早朝から コメントを有難う御座います!

   せいパパさん
昨日 更新を休みましたので、 日めくりの金言は2日分になります^^;;
淡水魚にハマっています(*^^*)
面倒な餌やり、水換え、水槽の掃除も 楽しんでます♪(^^) 

   KOZAKさん
水草も自然に増え、酸素供給・水浄化ポンプも2台にして、水槽の環境は良くなりました。 魚たちも のんびり泳いでいます♪(^^) 
えっ! 水生昆虫ですか? 魚に食べられてしまいますが・・・?

   ウィンターコスモスさま
金魚を飼われていたのですか!
そうですね・・・水換え、水槽の掃除などでは どうしても水がこぼれますから・・・大型水槽は 屋内では扱い難いでしょうね。
私は一階なので・・・坪庭の片隅に水槽を置いています。
エサやりなどは、 窓を開けて室内からです。

   とんちゃんさま
カマツカ・・・テンプラなんかにすると、美味しいらしいです ^^;;
そうなんですよ・・・淡水魚図鑑を見て、「カマツカ」と書かれていたので、 あれっ!樹木の名前と同じだ!・・・と、思いましたよ(^^)

   フクジイさん
ペットモールですか!
ネコは嫌いなのですが・・・犬は大好きなので飼いたいのですが・・・子犬は子供を育てるようなものですから、世話が大変です。
この年では無理だと諦め・・・淡水魚にしたわけです。
それも 自分が掬って来たものが 愛着がありますし・・・掬ったり 釣ったりするのも 童心に返れるので 楽しいです。

No title * by とりこ
こんにちは
金魚が大きく見えます
金魚はほかの魚と共存できないかと思ってましたが、できるんですね~
ちいさな川魚もいろんな種類がいるなあと
知らない世界ですから驚きです
もしかして、この中に大魚になるのも混じってませんか~

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)

   とリこさま  こんにちは!
いつもコメントを ありがとう御座います♪(^^)
写真に撮るのが なかなか難しいのですが・・・大きくなる魚は 金魚でしょうか? もう2倍以上 大きくなりましたよ♪(^^)
 


No title * by hiro-photo
こんばんは。
川魚を自宅で飼う楽しみが良く伝わってきます。
ペットポトルに穴をあけて、他の大きな魚と区別して飼う幼魚・・・、優しい気持ちにあふれていますね。
他の魚と一緒に住めるくらいにまで早く生育してくれると良いですね。
p

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)

   Hiro-photoさん   こんばんは!
ありがとうございます♪(^^) 
紅黄色の色がついた淡水魚は 珍しいので 大切にしています。
どのような成魚になるのか 楽しみですv(^o^)