♪自然への回帰

 

▶近郊の山麓で 《その2》 

        

~~~~~~~~~~~~更に 坂を登って行きます。これはイタドリですね!小さい頃 おやつが無かったので、 これを折って皮を剥き、 塩を振りかけて オヤツ替わりに良く食べたものです(^o^) 昔の味を思い出そうと・・・一本折って 食べてみました!昔の味が 口の中に広がりました!v^o^)      ↓↓良く見ると・・・アリとか その他の昆虫がイタドリに居ました!何でしょうね? イタドリハムシ??   ↓↓カワトンボも飛んで来...

... 続きを読む

~~~~~~~~~~~~


blog_line1.gif

更に 坂を登って行きます。
これはイタドリですね!
小さい頃 おやつが無かったので、 これを折って皮を剥き、 塩を振りかけて オヤツ替わりに良く食べたものです(^o^) 
昔の味を思い出そうと・・・一本折って 食べてみました!
昔の味が 口の中に広がりました!v^o^) 
     ↓↓
hana_itadori__49 (2)


良く見ると・・・アリとか その他の昆虫がイタドリに居ました!
何でしょうね? イタドリハムシ??
   ↓↓
Res-mushi__60 (2)


カワトンボも飛んで来ました!
     ↓↓
Res-nihonnkawatonbo__68 (2)

     ↑↑
これは 濃い橙色の羽なので・・・ニホンカワトンボでしょう。
     ↓↓ 
Res-nihonkawatonbo__99 (2)



後ろ姿を 偶々 撮ったら・・・初めてトンボの 『副生殖器』 が撮れました!
♀(雌)は この副生殖器に 自分の尾端を接合して、♂(雄)から精子をもらうのです。
      ↓↓
nihonkawatonbo__115 (fukuseishokuki)

   ◆ご参考・・・・・・・・・トンボの交尾
kawatonbo__1467 (2)
 


地面に居たのは ツチイナゴでしょう。
     ↓↓
Res-tsuchiinago__388 (2)


ここにも、タベサナエが居ました♪(^^)
     ↓↓
Res-tabesanae__180 (2)


Res-tabesanae__337 (2)


Res-tabesanae__ 429 (2)


ーーー▶近郊の山麓で 《その3》 へ。




ブログの『ランキング』 UPのために・・・
ここを☛ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
    にほんブログ村 ☚一日一回クリックして下さい!


blog_line1.gif
   

【コメント投稿】: (11)


No Subject * by せいパパ
凄いな次々に色んな昆虫に出会えて素敵
私が行動してるのが真っ平らな関東平野の
台地に広がる森だから種類が限定されているのでしょう。
山口県は山、平地、海、川と
非常に狭い範囲に全てが揃ってたので
多彩な昆虫を見つけることが出来たのだと
便利なGoogleを眺めて感じてます。
本当に子供の頃は狭い範囲で行動してたと
客観的に今は調べられます。
今住んでる地域は歩きやすいので
自転車があれば私が過ごした幼少期の何倍もの
エリアを移動してるのに昆虫が決まった物しか居ないのは
地形なんだなと感じてます。
応援!

No Subject * by 散輪坊
 このような昆虫を見せてもらうと夏近しという感じですね。

スカンポ * by KOZAK
懐かしいですね。話を聞いただけであの味を思い出します。
トンボがたくさん飛び始めたんですね。

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)
みなさま  おはようございます。 いつもコメントとランキングUPの御支援を 有難う御座います!♪(^^)

   せいパパさん
気付かれたようですね!
そうですよ・・・昆虫は それぞれ好みの 自然環境を持っていて、好みで無い所では 暮らさないのです♪(^^)
水平面での環境の他に、垂直面__標高の高さ_での環境が ありますね♪(^^)

   散輪坊さん
そうです・・・そろそろ衣替えですが・・・昆虫の世界も夏向きの昆虫に 様変わりして行きますね♪(^^)

   KOZAKさん
私が最年長ですが・・・散輪坊さん 、KOZAKさんとは同年代ですから・・・イタドリの味は 忘れられない味になっているでしょう!

No Subject * by 八田真田八
6枚目は、一昨日のシオヤトンボの接合の写真ですよね。
私は、よくシオカラトンボの接合等を見て、「オスの副生殖器に付けた精子をメスの尾部付属器で受け取るというのは理解できるが、どうしてメスの頭部にオスの尾部付属器をあてがう必要があるのだろう?」とずっと疑問に思っていました。
しかし、最近これは「不安定になりがちな体勢をしっかりさせる為に、オスの腹部をメスが持ち、しかもオスの尾部末端をメスの頭部に当てがっている」と考えました。
白竜さんは、どう捉えておられますか?

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)

   八田さん  おはようございます!
午前11時を過ぎましたので・・・もう「こんにちは」でも いいのでしょうけど・・・私は 習慣として、正午までは「おはようございます!」で通してきてます♪(^^)

♂(雄)が♀(雌)の首根っこ周辺を 「上下付属器」で掴む意味ですが・・・私は次のように解釈しています。
 
♂(雄)は フェロモン?から 飛んでいるトンボが♀(雌)だと判ると・・・本能的に、「子孫を残さなければ」と思い、その♀(雌)を独占しようと、まず♀(雌)の首根っこ辺りを「上下付属器」で掴んで ♀(雌)を確保します!
「自分のものだ!」・・・と宣言するようなものですね(^^)
 
♀(雌)の首根っこ辺りには、♀(雌)に交尾を促す《スイッチ》があり、そのスイッチを押された♀(雌)は 自分の意思に関係なく、自動的に尾端を伸ばして ♂(雄)の副生殖器を探り当てて 合体!
 (掴まれた直後に 尾端を♂(雄)の腹部に近付ける 
   ♀(雌)を見たことがあります)

交尾が終わっても、独占欲が強い♂(雄)のトンボの場合は、♀(雌)の首根っこ辺りを掴ん「上下付属器」を緩めず、そのまま繋がった態勢で 他の♂(雄)から♀(雌)を守るため ♀(雌)の産卵まで付き合います。

雌雄が離れた場合でも、産卵が終わるまでは ♂(雄)は♀(雌)の周辺をパトロールして、別の♂(雄)が♀(雌)をアタックするのを警戒するトンボも居ますね♪(^^)

・・・と考えているのですが、如何でしょうか?d(^^) 

No Subject * by ウィンターコスモス
イタドリ、懐かしいですね!
信州にいた頃、
小学校入学前でしたが
道端にたくさんあるのを
折ってはかじってました。

どんな味だったかは、忘れました==×

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)

   ウィンターコスモスさま
こんばんは! 
イタドリを食べましたか!
子供たちは みんな食べていましたから、自然に覚えますよね(^^) 今度出会ったら、食べてみて下さい。
昔の味を思い出せますよ♪(^^)

No Subject * by とんとん
なんと実りの多い山麓でしょう〜♪
イタドリをおやつに? 素敵です!
サツマイモくらいしか自然系のおやつの思い出がありません。
トンボのオスの服生殖器という仕組み、初めて知りました。
トンボの交尾の格好の理由がやっと分かりました。

No Subject * by 八田真田八
トンボの世界では、オスは相当傲慢なのですね。
そこまでオスが好き放題やっているとは知りませんでした。
人間の世界で言えば、「強姦」に近いです。
これでは、「ラブラブ」どころではありませんね。
詳しくわかりました。有難うございました。