FC2ブログ

♪自然への回帰

 

▶市内の川岸で 《その5》 

        

~~~~~~~~~~~~コサギが飛び去ったので、何かいないかと川を見ていると・・・10cmくらいの小さな魚が、沢山泳いで居るのが見えました。何魚かな?・・・と、 岸辺から15mくらい離れた川の中の魚を 無理を承知で撮ってみると・・・右側の魚の胸鰭と背鰭が ほんのり紅くなっています。     ↓↓     ↑↑ この魚は、 婚姻色が出たオイカワですね!【註】・・・・・「オイカワ」は 各地方では異なった呼称があるよう...

... 続きを読む

~~~~~~~~~~~~

blog_line1.gif

コサギが飛び去ったので、何かいないかと川を見ていると・・・10cmくらいの小さな魚が、沢山泳いで居るのが見えました。
何魚かな?・・・と、 岸辺から15mくらい離れた川の中の魚を 無理を承知で撮ってみると・・・右側の魚の胸鰭と背鰭が ほんのり紅くなっています。
     ↓↓
Res-sakana__1034 (2)


     ↑↑ 
この魚は、 婚姻色が出たオイカワですね!

【註】・・・・・「オイカワ」は 各地方では異なった呼称があるようです。
例えば、 ハス(淀川流域)、シラハエ、シラバエ、チンマ(近畿地方、北九州)、ヤマベ(関東地方と東北地方の一部)、ジンケン(東北地方・長野県の一部など(Wikiを参照しました)。

     ↓↓
Res-sakana__1049 (2)



オイカワの特徴である、 体側に黒い縦縞が、 ハッキリ見えます!
     ↓↓
Res-sakana__1059 (oikawa)



こちらには 3匹いました!
     ↓↓
Res-sakana__1070 (oikawa)



紅くなっていないのは ♀(雌)でしょうけど・・・この2匹は紅くなり始めています。
     ↓↓
Res-sakana__1074 (2)



この写真のように・・・川の中が時々キラリと光ります!
これは多分 「鰓(エラ)洗い」 をした時に、体側が日の光を反射して、光ったのでしょう。
     ↓↓
Res-sakana__1122 (2)



このように川魚を撮っていると、そこへ何かがやって来たのが、左目の片隅に見えました!
何だ?・・・と その方を見ると・・・先ほどのササゴイが、やって来たのかと思いましたよ!
でも、よく見ると 羽の模様が違います!
     ↓↓
Res-goisagi__1224 (2)



拡大します。
  ↓↓
Res-goisagi__1226 (2)



これは・・・最近は 殆ど見かけない・・・ゴイサギでしょう!
同じ日に、ササゴイとゴイサギに出会うのは ラッキーでした!♪(^^)
     ↓↓ 
Res-goisagi__1252 (2)



ーーーーー▶市内の川岸で 《その6》 へ。



ブログランキングに参加しています。 ご面倒でなければ 下のバナーをポチッー!と一日一回クリックして頂くと得点が増え・・・順位が徐々に上がる仕組みになっていますので・・・よろしく お願いしま~す♪ 
    ↓↓ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

画像をクリックすると、拡大します。 
拡大した画像を更にもう一回クリックすると もっと大きな画像になります。


blog_line1.gif

 
   

【コメント投稿】: (9)


おはようございます! * by く~ちゃん(KOZAK)
水中写真を綺麗に撮られましたね。オイカワというのが正式名称ですね。私の小さい時はハスと呼んでました。

No Subject * by 散輪坊
 魚たちも恋の季節なんですね。
水槽のメダカたちはどうですか?

No Subject * by himesijimi
おはようございます・・・
子供の頃、きつくきつく言われたことに「水辺に一人でいってはいけません!」でした。幸い、山の中で育ったものですから、海に近づくようなことはありませんでしたけれど、清流の生き物観察ができなく残念な想いを抱いておりました。
「魚のお写真、魚・・・種名がすぐには思い浮かばない状態です。申し訳ございません。」
・・・素敵なお写真に、水生生物にお詳しいところ・・・
・・・素晴らしい観察に心満たされておいでですね・・・

No Subject * by 八田真田八
川辺で鳥の写真を撮っておりますと、岸辺付近の川中で、キラキラ、キラキラとよく魚が白く光ります。
時々、魚が横になっているようです。
あれを「鰓洗い」というのでしょうか…??

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)
みなさま おはようございます。 いつもコメントとランキングUPのための御支援を 有難う御座います!♪(^^)

     KOZAKさん
追記しましたが・・・淀川流域での呼称はハスだそうですから、大阪に住んでおられた頃のKOZAKさんは、ハスと呼んでいたのでしょうね♪(^^)

     散輪坊さん
今、飼っている魚は、大きくて6-7cmくらいのウグイとカワムツ 13匹くらいですが(オイカワも1匹居たのですが、元気過ぎて水槽から飛び出し、昇天しました)・・・そこにメダカを入れると・・・食べられてしまうのです。
それで、メダカは坪庭の大甕で育てています。
繁殖するのが楽しみです♪(^^)

     Himeshijimiさま  
いらっしゃいませ~!♪(^^)♪
私は、田舎(うどん県で有名な“讃岐”です)で育ちましたので、小学校6年間の子供の頃は、釣ったり、飼ったりして、淡水魚とも良く遊びました。
しかし、覚えている淡水魚の名前は、ドジョウ、ハゼ、ウナギ、鯉、フナ、アカマツ(カワムツの地方名です)イデキン(タナゴの地方名です)、タイワンドジョウ(雷魚の地方名です)くらいですね。
昨年の今頃から、川に入って川魚を掬って来て、飼い始めました。
東海地方の当地では、見慣れない魚を掬いますが、当然 名前が判りません^^;;;;
ネット検索しながら、少しずつ淡水魚の名前を覚えている所です。

     八田真田八さん
そうなんです・・・私は 川の中が時々キラリと光るのを見て、多分魚が「鰓(エラ)洗いをしているのだと思いました。つまり、エサじゃないものを吸い込んだ時は、瞬時にエサじゃないと判断して、エラから水を入れ、逆噴射して異物を外に出すのです。その時 身体を捻るので、日の光を受けて、魚体がキラリと光るのだと思います♪(^^)
以上は 推測でして・・・産卵床を作るために 体で砂を掘っているとも解釈出来ますし・・・偶には体操をしようと 体をくねらせているとも云えますねd(^^) 

No Subject * by ウィンターコスモス
オイカワが綺麗ですね!
青が美しいゴイサギ、最近出会えません。。。。

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)

     ウィンターコスモスさま
こんにちは! いつもコメントと ランキングUPのための御支援を ありがとう御座います♪(^^)
カワセミがオイカワを口に咥えた写真が 時々見られますね!
婚姻色のオイカワが綺麗なので、狙うのでしょうけど・・・なんだかヤラセのような写真で あまり好きじゃないです^^;;;;

ゴイサギも 当地では少なくなりました^^;;;;

No Subject * by とりこ
オイカワの様子
婚姻色になってるのがよくわかりますね
この名前は、地域によってずいぶん違うんですね
聞いたことが無い名前もあります  オイカワも最近まで知らなかった!

ゴイサギと、ササゴイ
似てるようでちょっと違う
一度に会えて良かったですね

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)

     とリこさま
オイカワは カワセミが咥えている写真から、有名になりました(^^)
繁殖期の♂(雄)には 紅い色と体側に縦縞が出てくるので 同定には困りません。
ササゴイは羽の模様がゴイサギとは違いますね♪(^^)