▶“野鳥の楽園”の小鳥たち (その3)

【2017-2-2(木) 記】    


日めくりの 『今日の金言』

『みのるほど頭(こうべ)をたれる稲穂かな』



森の中を移動して・・・小川沿いの細道を歩きます(^o^)
この辺には、 いつも クサシギとキセキレイが居るのですが・・・クサシギだけが居ました!
     ⇊
a_Rs-kusashigi__490 (2)


このクサシギは、15mくらい離れたところからなら 撮れるのですが、 それ以上近づくと 下流の方に25mくらい飛んで逃げます(^^)
 ⇊
a_Rs-kusashigi__527 (2)


小川の向うは、乗馬クラブでした!
乗馬も面白そうですね!♪(^^)
     ⇊
a_Rs-uma __545 (3)


ここにもジョウビタキ♂(雄)が居ました!
     ⇊
a_Rs-jyoubitaki__672 (2)


車の近くまで戻って来ると、また一羽居ました!(^o^)
     ⇊
a_Rs-jyoubitaki__698 (2)



  いつも ご協力・ご支援を頂き、ありがとうございます ♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村

*
           
       
 
blog_line1.gif

             

コメントの投稿

非公開コメント

No title

白竜さん
おはようございます
今日の金言は、真の意味を知って欲しい人が沢山いますね
この意味を知り、他人を思いやる気持ちをもてば
素晴らしい世の中になると思いますが・・・
ところで、この俳句は、誰が作ってのでしょう?
詠み人知らず、とのことですが、素晴らしい句ですよね

▼▼▼コメント 深謝!


    フクジイさん  おはようございます!
 いつも早朝から、コメントとP☆!を 有難う御座います!

ちょっとバタバタしてますので、更新が遅れています(^^;)

そうですね・・・検索してみると・・・

「・・・詠人不明のことわざ扱いになっている。故事成語の類であり特段の出典はない。 時期的には、五七五調なので俳句が生まれた時代以降。・・・」
 となっていますね。

私は性格的に 偉そうに ふんぞり返るのは嫌いで、頭(こうべ)を垂れてばかりでしたので・・・若い頃から猫背になりました(^^;)
一寸解釈が 違いましたね(^〇^
)

No title

シギには全く知り合いは居りませんが、クサシギとは
奇妙な名前ですね。
草・臭・ こんなイメージしか湧きませんが 命名の
由来は何でしょうね~。

▼▼▼コメント 深謝!


     玉五郎さん  おはようございます! 
いつも早朝から、コメントとP☆!を 有難う御座います!
検索すると・・・Wikipediaには、クサシギ=(草鷸)と、書かれていましたよ♪(^^) あまり草とは縁が無さそうですが(^o^)

No title

シギチドリは当地では全く無縁の鳥さんですね。御地が羨ましいですよ、でも同定が難しそうですね。

No title

 乗馬が羨ましいです。
とうとう馬と接する機会がないままです。

No title

クサシギにはまだご縁がないです。。。

ジョビ嬢は同じ場所に数羽いたりしますけど
ジョビ君はちょっと見つけにくいです。

乗馬、かっこいいですよね!
そういえば、アシスト自転車に正面衝突されて
骨折で入院してた時、同室に
落馬で骨折の方がいらっしゃいました〜

▼▼▼コメント 深謝!

みなさま こんばんは! 
いつも、コメントと応援ポチッ!☆を、ありがとうございます!

     KOZAKさん
そうですね・・・クサシギ程度ならわかりますが・・・干潟に多くのシギチが居ると 何が何だかわかりません(^^;)💦

     散輪坊さん
馬は,背が高いので・・・落馬すると大怪我します!
私の知り合いが落馬して・・・半身不随になりました(>_<)

     ウィンターコスモスさま
>アシスト自転車に正面衝突されて ・・・

そうでしたね・・・そのために海外旅行に行けなくなったのでしょう?
補償してもらったのでしょうね?
当て逃げされたら目も当てられないですね(^^;;)
一度馬に乗ってみたいけど・・・落馬すると大怪我ですね(><)

No title

こんばんは
クサシギも可愛いですよね。
私は先日イソシギを撮りました。
似てる鳥さんなので いつも判別が
難しいです。

▼▼▼コメント 深謝!


 はぴさま  おはようございます!
 早朝から、コメントとP☆!を 有難う御座います!

 えー?? イソシギとクサシギの判別は 易しいですよ♪(^^)
胸側に 白い切れ込みがあるのがイソシギで、無いのがクサシギです(^^)♪

http://choruien2.exblog.jp/13441776
プロフィール

 ▶白竜(はく りゅう)

Author: ▶白竜(はく りゅう)
横綱の「鵬」関と「鶴」関にあやかって、ハンドルネームを《白竜》にしました(^-^)2004年から、自然写真を撮りながら森や野山をノ~ンビリ歩き、素晴らしい日本の四季を楽しみつつ、自然や生きものたちの変化を観察しています。【管理画面へ】
**********************************
ブログ・ランキングに参加しています.にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ/日本ブログ村/
****************************

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
■新カウンター(2014_3_10~    
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED     本日: SEO対策はUNFINISHED       昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-