FC2ブログ

♪自然への回帰

 

▶オオシオカラトンボの繁殖 <再掲>

標高612mの山の麓にある砂防堰を覗いてみました。
谷川の中をジャブジャブ歩いて行くと・・・交尾中のオオシオカラトンボのカップルを発見!v(^^)
   (画像クリックで拡大します)
a-Resized__00shiokara__401 (koubi)

トンボの交尾は、どうなっているのでしょうか?
御存知のことだと思いますが・・・下 ↓↓ の写真を御覧下さい。;

①左側が♂(雄)で、右側が♀(雌)です。

②♂(雄)は♀(雌)の頭部の縁を、腹端(尾端)にある4本爪(=上付属器と下付属器です)で掴んでいます。(イトトンボなんかは、♀(雌)の首筋の辺りを掴みます)

掴まれた♀(雌)は、本能でしょうか・・・♂(雄)の胴を抱え込み、体を曲げて 自らの腹端(尾端)にある生殖器を、♂(雄)の腹部下方にある 副生殖器に挿し込みます。
(「鍵穴」と「鍵」のような関係で、合わなければ挿し込めず、交尾出来ない・・・異種同士は交尾出来ない仕組みになっているのだと思います)

③♂(雄)の副生殖器には、あらかじめ♂(雄)が精子を腹端(尾端)から胸部下にある 副生殖器に移していますので、この段階で受精が行われるわけです。
全てのトンボが、このような方法で子孫を残すのです。
a-Resized__ooshiokaratonbo__415 (koubi)

さて、私が このカップルを見つけたのが、13:19、 カップルが離れたのが 13:22ですので、交尾時間は3分以上になります。 チョウトンボなんか、数秒ですから・・・オオシオカラトンボの交尾時間は長いですね(^-^)

交尾の後、 ♀(雌)の方は何をしているのでしょう?
そうです! 産卵ですv(^^)
水面を尾端で打って産卵する・・・打水産卵をしています。
a-Resized__ooshiokaratonbo_mesu__510.jpg

その間、♂(雄)は ♀(雌)の上方でホバリングしながら・・・ 
♀(雌)を警護しているのですが・・・
a-Resized__ooshiokaratonbo__474 (keigo)

なにしろ、 交尾の直後で疲れているようです。 
時々警護を止めて 休んでいました。 お疲れさん!(^0^)
a-Resized__ooshiokaratonbo__727 (2)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   

【コメント投稿】: (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する