FC2ブログ

♪自然への回帰

 

▶トンボの種類と活動時期

身近なトンボが、いつから いつまで見られるのか・・・図鑑“トンボのすべて”(トンボ出版)で調べてみました(^^)♪
著者は大阪の人なので、関西周辺での生息期間だろうと思われます。

シオヤトンボ・・・・ 4月中旬から 6月末まで。
ハラビロトンボ・・・ 5月初めから 9月初め。
ミヤマカワトンボ 5月下旬から 8月末。
グンバイトンボ 6月初旬から 8月末。
モノサシトンボ 6月初旬から 9月末。
シオカラトンボ・・・ 5月初めから 10月下旬。
ハッチョウトンボ・・・5月中旬から 8月末。
ショウジョウトンボ・・・5月中旬から 9月末。
ベニイトトンボ  5月末から 10月初め。
コシアキトンボ・・・6月初めから 9月中旬。
コフキトンボ・・・・・6月初めから 9月中旬。
チョウトンボ・・・・6月中旬から 9月末まで。
ネキトンボ・・・・6月旬から 10月中旬まで。
キイトトンボ 6月中旬から 9月初め。
ハグロトンボ 6月下旬から 10月初め。
アキアカネ・・・・6月中旬から 11月末まで。
オオシオカラトンボ・・・6月中旬から 9月末。
リスアカネ・・・ ・・7月初めから 10月末まで。
ノシメトンボ・・・ ・7月初めから 10月末まで。
コノシメトンボ・・・7月初めから 10月末まで。
マユタテアカネ・・7月初めから 11月中旬。
マイコアカネ・・・・7月初めから 11月中旬。
ヒメアカネ・・・7月初めから 11月中旬まで。
ナツアカネ・・・7月中旬から 11月初めまで。
ミヤマアカネ・・・8月初めから 11月末まで。  
 
     (チョウトンボ)
a-Resized__choutonbo__234 (2)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


   

【コメント投稿】: (10)


おはようございます * by 山親爺
初めまして、
まーさんさんの処から、飛んできました
北海道の小さな田舎町で暮らしている山親爺と申します

羽の色が素敵な
此方にはいないトンボですが
何と言うトンボなのでしょうか


No title * by simosan
こんにちは。

こうしてみるとやはり夏から秋ですね。
トンボが秋の季語と云うのも分ります。

因みにあと10日ぐらいで秋になりますヨ。
暑さも残暑の時期になります。

昨日の温泉ではシジュウカラを見ましたよv-290

No title * by とりこ
こんにちわ
トンボもシオヤトンボは、チョウのゼフィルスのように、
早目にしか見られない種類があるんですね
結構晩秋でも見かけるトンボもいたり、
いろいろなので参考になりました

ところで、チョウトンボは~?
今ですね(*^_^*)

No title * by hiro-photo
こんばんは。
いろんな種類のトンボが居ますね・・、トンボ図鑑とか蝶図鑑とかの単体の図鑑であれば、かなり詳しく生態から生息地まで載っているのでしょうね・・・・。
P

▶コメント 深謝! * by ●白雲 (はくうん)
みなさま  こんにちは! 
いつも、コメントを、有難う御座います!

山親父さん  初めまして!
これは、チョウトンボです(^^)♪
北海道には居ませんか?

北海道・・・冬は シバレますが、梅雨が無いし、夏は涼しいし、 
快適でしょう! !ヽ(^。^)ノ 
登山がお好きですか?
百名山・・・全て登りましたか?v(^^)
また、遊びに来て下さい♪(^^)♪

Simoさん
日本では古に、 トンボを秋津(アキツ、アキヅ)と呼んでいたそうですから、やはりトンボは秋が旬なのでしょうか?♪(^^)
赤城山・山麓周辺の池に 珍しいトンボはいませんか?^^?

とりこさま
こうしてリストアップすると・・・今が旬のトンボが判りますね♪(^^)
ここに掲げたトンボは身近なトンボですが、日本では200種余り見られるそうですから、全種類を撮るのは大変ですね(^^)

Hiro-photoさん
この間、書きましたが、以下の図鑑がお勧めです。
 
 ▼チョウの図鑑は、これが同定用に書かれており お勧めです・・・《フィールドガイド 日本のチョウ》ー日本チョウ類保全協会編・誠文堂新光社・・・1800円+税。

 ▼トンボの図鑑は、これがお勧めです・・・《近畿のトンボ図鑑》・・・いかだ社 3500円+税。

 ▼《日本のトンボ》・・・文一総合出版・・・5500円+税。 高い!@@


こんにちは♪ * by りぃ
こんなトンボもいるんですね。
羽が蝶みたい。

▶コメント 深謝! * by ●白雲 (はくうん)
Rieさま こんにちは!
そうです!
それで、 チョウトンボと呼ばれています!
♪(^^)♪

No title * by せいパパ
チョウトンボ
子供の頃の思い出に
チョウトンボ捕獲作戦を
私は計画して一人で夏休みを満喫した年があったな。
ある特定の場所でしか
チョウトンボは居なくて
採集するにはクリアしないとならない難関が
幾つかあったのを覚えてます。
例えば、子供の背丈では届かない
足場がぬかるんでる、雑草の背丈が高い
刺されると厄介な虫がいるとか
最終的には1匹捕獲出来たけど
あまり記憶に残って無いんですが
あれこれと模索した楽しい夏休みで何度も同じ場所に
足を運んだなと良い思い出かな。

No title * by フクジイ
白雲さん
おはようございます
沢山の種類があるのですね
私には、判別が困難で、シオカラトンボとアカネ位しか・・・
子供の頃は、オニヤンマからイトトンボまで色々と見ましたが
あの時代の夏休み自由研究の定番である昆虫採集をしましたけど
懐かしい思い出です
このチョウトンボも飛んでいましたよ

▶コメント 深謝! * by ●白雲 (はくうん)
みなさま  おはようございます!
いつも、コメントを、有難う御座います!

せいパパさん
長文の想い出を、ありがとうございました!v(^^)
ぜひ、このような思い出を お子さんや甥っ子さんたちに話し、子供たちが「自然」に興味を持つようにさせて下さい。

世界中の、せいパパさんの子供たちの世代に、「自然」に関心を持ってもらい、現在酷くなって来ている地球温暖化の原因を考えて貰い、地球環境をこれ以上悪化させない施策を 子供たちの世代で考えて貰うことが肝要ですv(^^) 

フクジイさん
昔の夏休みの自由研究は、昆虫採集が定番でしたね!
私は貧しくて 捕虫網や虫かごを買ってもらえなかったので、昆虫を捕まえるために 野山を走っている絵を描いて、 学校へ持って行きました(^_^;)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

おはようございます
初めまして、
まーさんさんの処から、飛んできました
北海道の小さな田舎町で暮らしている山親爺と申します

羽の色が素敵な
此方にはいないトンボですが
何と言うトンボなのでしょうか

2014-07-28 * 山親爺 [ 編集 ]

No title
こんにちは。

こうしてみるとやはり夏から秋ですね。
トンボが秋の季語と云うのも分ります。

因みにあと10日ぐらいで秋になりますヨ。
暑さも残暑の時期になります。

昨日の温泉ではシジュウカラを見ましたよv-290
2014-07-28 * simosan [ 編集 ]

No title
こんにちわ
トンボもシオヤトンボは、チョウのゼフィルスのように、
早目にしか見られない種類があるんですね
結構晩秋でも見かけるトンボもいたり、
いろいろなので参考になりました

ところで、チョウトンボは~?
今ですね(*^_^*)
2014-07-28 * とりこ [ 編集 ]

No title
こんばんは。
いろんな種類のトンボが居ますね・・、トンボ図鑑とか蝶図鑑とかの単体の図鑑であれば、かなり詳しく生態から生息地まで載っているのでしょうね・・・・。
P
2014-07-28 * hiro-photo [ 編集 ]

▶コメント 深謝!
みなさま  こんにちは! 
いつも、コメントを、有難う御座います!

山親父さん  初めまして!
これは、チョウトンボです(^^)♪
北海道には居ませんか?

北海道・・・冬は シバレますが、梅雨が無いし、夏は涼しいし、 
快適でしょう! !ヽ(^。^)ノ 
登山がお好きですか?
百名山・・・全て登りましたか?v(^^)
また、遊びに来て下さい♪(^^)♪

Simoさん
日本では古に、 トンボを秋津(アキツ、アキヅ)と呼んでいたそうですから、やはりトンボは秋が旬なのでしょうか?♪(^^)
赤城山・山麓周辺の池に 珍しいトンボはいませんか?^^?

とりこさま
こうしてリストアップすると・・・今が旬のトンボが判りますね♪(^^)
ここに掲げたトンボは身近なトンボですが、日本では200種余り見られるそうですから、全種類を撮るのは大変ですね(^^)

Hiro-photoさん
この間、書きましたが、以下の図鑑がお勧めです。
 
 ▼チョウの図鑑は、これが同定用に書かれており お勧めです・・・《フィールドガイド 日本のチョウ》ー日本チョウ類保全協会編・誠文堂新光社・・・1800円+税。

 ▼トンボの図鑑は、これがお勧めです・・・《近畿のトンボ図鑑》・・・いかだ社 3500円+税。

 ▼《日本のトンボ》・・・文一総合出版・・・5500円+税。 高い!@@

2014-07-28 * ●白雲 (はくうん) [ 編集 ]

こんにちは♪
こんなトンボもいるんですね。
羽が蝶みたい。
2014-07-28 * りぃ [ 編集 ]

▶コメント 深謝!
Rieさま こんにちは!
そうです!
それで、 チョウトンボと呼ばれています!
♪(^^)♪
2014-07-29 * ●白雲 (はくうん) [ 編集 ]

No title
チョウトンボ
子供の頃の思い出に
チョウトンボ捕獲作戦を
私は計画して一人で夏休みを満喫した年があったな。
ある特定の場所でしか
チョウトンボは居なくて
採集するにはクリアしないとならない難関が
幾つかあったのを覚えてます。
例えば、子供の背丈では届かない
足場がぬかるんでる、雑草の背丈が高い
刺されると厄介な虫がいるとか
最終的には1匹捕獲出来たけど
あまり記憶に残って無いんですが
あれこれと模索した楽しい夏休みで何度も同じ場所に
足を運んだなと良い思い出かな。
2014-07-29 * せいパパ [ 編集 ]

No title
白雲さん
おはようございます
沢山の種類があるのですね
私には、判別が困難で、シオカラトンボとアカネ位しか・・・
子供の頃は、オニヤンマからイトトンボまで色々と見ましたが
あの時代の夏休み自由研究の定番である昆虫採集をしましたけど
懐かしい思い出です
このチョウトンボも飛んでいましたよ
2014-07-29 * フクジイ [ 編集 ]

▶コメント 深謝!
みなさま  おはようございます!
いつも、コメントを、有難う御座います!

せいパパさん
長文の想い出を、ありがとうございました!v(^^)
ぜひ、このような思い出を お子さんや甥っ子さんたちに話し、子供たちが「自然」に興味を持つようにさせて下さい。

世界中の、せいパパさんの子供たちの世代に、「自然」に関心を持ってもらい、現在酷くなって来ている地球温暖化の原因を考えて貰い、地球環境をこれ以上悪化させない施策を 子供たちの世代で考えて貰うことが肝要ですv(^^) 

フクジイさん
昔の夏休みの自由研究は、昆虫採集が定番でしたね!
私は貧しくて 捕虫網や虫かごを買ってもらえなかったので、昆虫を捕まえるために 野山を走っている絵を描いて、 学校へ持って行きました(^_^;)
2014-07-29 * ●白雲 (はくうん) [ 編集 ]