FC2ブログ

♪自然への回帰

 

▶ギフチョウだ! 《その3》

   
【2018-4ー17(火) 記】

blog_l6ne1.gif

日めくりの今日の金言

   『老いたる馬は道を忘れず』

{解説}・・・老いた馬は道をよく知っており、迷うことがないことから転じて、高齢者の知恵や経験は活かすべきだという教え。
斉の管仲らが道に迷った時、管仲が老馬を放って その後に従うと、やがて進む道が見つかったという『韓非子・説林上』にある故事に基づく。・・・故事ことわざ事典より。


blog_line1.gif

吸蜜中のギフチョウを拡大してみると・・・ストロー(口吻)を伸ばしているのが よく判ります♪(^^) 
このように ギフチョウのストローが撮れたのは 初めてです(^-^)
     ↓↓
Res-gifuchou__595 (2)


このギフチョウが池の方に飛び去りました。
すると 反対方向から もう一頭のギフチョウがやって来ました!
     ↓↓
Res-gifuchou__609 (2)


Res-gifuchou__611 (2)


このギフチョウも 別のコバノミツバツツジの方に吸蜜に行き・・・
     ↓↓
Res-gifuchou__597 (2)


その後、 藪の中に飛んで 見えなくなりました。
     ↓↓
Res-gifuchou__598 (2)



池の周りを 先の方へ進みます。

チョウが飛んで来ました!
留まると 直ぐに開翅するので、裏翅のデザインが見えませんが・・・多分 ルリシジミでしょう(^^)
     ↓↓
Res-rurishijimi__687 (2)

Res-rurishijimi__695 (2)

Res-rurishijimi__710 (2)


タンポポの花に、小さな昆虫が来ています。
     ↓↓
Res-momobutokamikirimodoki__ 404 (2)


モモブトカミキリモドキ」 でしょう。
     ↓↓
Res-momobutokamikirimodoki__409 (2)


ここは このシオヤトンボが多くて、 あちこちで飛んでいます。
     ↓↓
Res-shioyatonbo__ 643 (2)


シオヤトンボは、生まれた時は雌雄とも 黄金色ですが・・・♂(雄)は このように 徐々に粉を吹いてきます。
     ↓↓
Res-shioyatonbo__829 (2)


これは成熟して、 腹部全体に粉を吹いて 白くなっています。
     ↓↓
Res-shioyatonbo__805 (2)


オオバンが未だ居残っていました。
     ↓↓
Res-ooban__784 (2)


潜って 水草を採りに行きます♪(^^) 
     ↓↓
Res-ooban__741 (2)


ブログのランキングをアップさせる ポチッ!を 宜しく!! (^_-)ー☆
    にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ここをクリック!
にほんブログ村



blog_line1.gif
 
   

【コメント投稿】: (8)


No title * by とりこ
こんにちは
ギフチョウって、姿良いですね
あのはでなクジャクチョウよりシックで、優雅な感じがします。
ルリシジミも爽やかな色でかわいくてすてき

居残ってたオオバンですか
今年は鳥さんに会えないまま
そろそろみんないなくなってしまうんですね

No title * by 玉五郎
ルリシジミですか 綺麗ですね。
こちらのテリトリーでは初夏の頃 ミドリシジミが
多く発生し 結構人が集まります。
名前の通り もう少し緑色がかって綺麗ですよ。

No title * by hiro-photo
こんばんは。
ギフチョウはまだ見た事がありません、地域性がある蝶なのでしょうね。
トンボも多く見られるようになったようですね。
こちらでは、まだトンボの姿も見ていません。
その内に・・・望遠ズームが活躍してくれることを期待して、待っています。
p

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)
みなさま こんばんは!
いつもコメントを 有難う御座います!

   とリこさま
クジャクチョウ・・・入笠山でしたっけ? 一度は撮りたいですv(^o^)
この池は 全く水鳥が居ない池だったのですが・・・オオバン、ホシハジロ♀(雌)、 カイツブリを見かけました。
引っ越しで、 冬鳥撮りには行けなかったようですが・・・まあ 良い所に戻られて 良かったですね♪(^^) 

   玉五郎さん
ミドリシジミですか!
ゼフィルスの一種ですね!
6月に出現しますが・・・当地では なかなか撮れません(^^;)

   Hiro-photoさん
ギフチョウは 四国・九州には 居ないようです。
トンボも少しずつ 出て来てます♪(^^) 
Hiro-photoさんのカメラ 大活躍するでしょう!v(^o^)

No title * by 散輪坊
 何度見てもギフチョウは羨ましいです。

No title * by KOZAK
ギフチョウの飛び交ういいフィールドですね。
捕虫網を持ったおっさんグループは出没してませんか?
ギフチョウ狙いがいるようで、当地では今年は未だギフチョウの姿を見てません。
最もフィールド歩きが減って、出会いの機会も減ってることは事実ですが(~_~;)

No title * by 蝶 旅の友
ギフチョウがもう1頭見つかるということは、本当に発生地と思われますね。
 素晴らしい発見ですね。

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)
みなさま  おはようございます!
いつも コメントを有難う御座います!

   散輪坊さん
貴県には 当地には居ないクジャクチョウやゼフィルスの仲間が沢山棲息しており、羨ましいですよ♪(^^) 

   KOZAKさん
この14年間、 この“いつもの丘陵地”では ギフチョウの姿は皆無でした。 誰も ここにギフチョウが居るとは思わないので、捕虫網はみかけませんが・・・そう云えば 誰も来ない所だったのに、この日はカメラマン4人を見かけましたね^^;; みなさん 地獄耳を持っておられるようです(^^)

   蝶・旅の友さん
この日の翌日から 2日間は 雨でした。
3日目に、 またギフチョウに会えるかな?・・・と思って 再訪しましたが、会えませんでした。 替りに、ミヤマセセリに会えました♪(^^) 
もし この地が ギフチョウの発生地になったら・・・条例を作って、捕獲等を禁止してもらいたいです♪(^^) 
     

コメント









管理者にだけ表示を許可する

No title
こんにちは
ギフチョウって、姿良いですね
あのはでなクジャクチョウよりシックで、優雅な感じがします。
ルリシジミも爽やかな色でかわいくてすてき

居残ってたオオバンですか
今年は鳥さんに会えないまま
そろそろみんないなくなってしまうんですね
2018-04-17 * とりこ [ 編集 ]

No title
ルリシジミですか 綺麗ですね。
こちらのテリトリーでは初夏の頃 ミドリシジミが
多く発生し 結構人が集まります。
名前の通り もう少し緑色がかって綺麗ですよ。
2018-04-17 * 玉五郎 [ 編集 ]

No title
こんばんは。
ギフチョウはまだ見た事がありません、地域性がある蝶なのでしょうね。
トンボも多く見られるようになったようですね。
こちらでは、まだトンボの姿も見ていません。
その内に・・・望遠ズームが活躍してくれることを期待して、待っています。
p
2018-04-17 * hiro-photo [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!
みなさま こんばんは!
いつもコメントを 有難う御座います!

   とリこさま
クジャクチョウ・・・入笠山でしたっけ? 一度は撮りたいですv(^o^)
この池は 全く水鳥が居ない池だったのですが・・・オオバン、ホシハジロ♀(雌)、 カイツブリを見かけました。
引っ越しで、 冬鳥撮りには行けなかったようですが・・・まあ 良い所に戻られて 良かったですね♪(^^) 

   玉五郎さん
ミドリシジミですか!
ゼフィルスの一種ですね!
6月に出現しますが・・・当地では なかなか撮れません(^^;)

   Hiro-photoさん
ギフチョウは 四国・九州には 居ないようです。
トンボも少しずつ 出て来てます♪(^^) 
Hiro-photoさんのカメラ 大活躍するでしょう!v(^o^)
2018-04-18 * ▲▲▲白竜 (はく りゅう) [ 編集 ]

No title
 何度見てもギフチョウは羨ましいです。
2018-04-18 * 散輪坊 [ 編集 ]

No title
ギフチョウの飛び交ういいフィールドですね。
捕虫網を持ったおっさんグループは出没してませんか?
ギフチョウ狙いがいるようで、当地では今年は未だギフチョウの姿を見てません。
最もフィールド歩きが減って、出会いの機会も減ってることは事実ですが(~_~;)
2018-04-18 * KOZAK [ 編集 ]

No title
ギフチョウがもう1頭見つかるということは、本当に発生地と思われますね。
 素晴らしい発見ですね。
2018-04-18 * 蝶 旅の友 [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!
みなさま  おはようございます!
いつも コメントを有難う御座います!

   散輪坊さん
貴県には 当地には居ないクジャクチョウやゼフィルスの仲間が沢山棲息しており、羨ましいですよ♪(^^) 

   KOZAKさん
この14年間、 この“いつもの丘陵地”では ギフチョウの姿は皆無でした。 誰も ここにギフチョウが居るとは思わないので、捕虫網はみかけませんが・・・そう云えば 誰も来ない所だったのに、この日はカメラマン4人を見かけましたね^^;; みなさん 地獄耳を持っておられるようです(^^)

   蝶・旅の友さん
この日の翌日から 2日間は 雨でした。
3日目に、 またギフチョウに会えるかな?・・・と思って 再訪しましたが、会えませんでした。 替りに、ミヤマセセリに会えました♪(^^) 
もし この地が ギフチョウの発生地になったら・・・条例を作って、捕獲等を禁止してもらいたいです♪(^^) 
     
2018-04-18 * ▲▲▲白竜 (はく りゅう) [ 編集 ]