FC2ブログ

♪自然への回帰

 

▶市内の池で 《その2》

  
【2018-7ー22(日) 記】

blog_l6ne1.gif

日めくりの今日の金言

『夏の風邪は犬も食わぬ』

《解説》・・・ 暑い夏に風邪をひくのは、ばかばかしいということ・・・のようです。 まさに今の私で、 風邪を引いたと思ってから 5日後にクリニックへ行ったのですが・・・睡眠中に咳が出るのが まだ治りません(- - ::)


blog_l6ne1.gif

池に沿って 先の方へ歩いて行き来ます。
クズの花が咲き始めています(^^)
花を拡大すると、 下の方にクモがいるのを 今、 見つけましたd(^^) 
カニグモ科のクモかも知れません。
     ↓↓
Res-hana_kuzu__82 (2)


トンボが飛んで来て 留まりました!
     ↓↓
Res-koshiakitonbo__52 (2)


このトンボは、 腰に白い斑紋があり・・・そこが空いているように見えるので・・・コシアキトンボと名付けられています。
     ↓↓
Res-koshiakitonbo__64 (2)


茂みの中で網を張っているのは・・・ナガコガネグモです。
     ↓↓
Res-kumo__88 (2)


横から撮ります(^^)
     ↓↓
Res-kumo__18 (2)


遠くの方の 木々の間を縫って飛んでいたトンボが 留まりました!
撮るのには チョット無理な距離だと思ったのですが・・・撮ってみて拡大すると・・・コシアキトンボの♀(雌)のようですね。
     ↓↓
Res-koshiakitonbo_mesu__127 (2)


更に拡大します(^^)
    ↓↓
Res-koshiakitonbo_mesu__133 (2)


ーーー▶市内の池で 《その3》 へ。


今日のブログ ↑↑・・・如何でしたか? 
宜しければ、 下の『ブログ ランキング』のバナー(工事監督さん)をクリックして下さい!! (^_-)ー☆

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ここをクリック!
にほんブログ村


blog_line1.gif

(画像はクリックすると大きくなります・・・その拡大した画像を もう一度クリックすると 更に拡大します(^^))

blog_line1.gif


   

【コメント投稿】: (19)


No title * by hiro-photo
こんばんは。
コシアキトンボのメスは、この暑さでは産卵も身に堪えるのかもしれませんね、木の枝で一休みのようですね。

No title * by 散輪坊
 コシアキトンボのオスは見ますけど、メスは少ないのでしょうか。
今日の池の公園でもオスばかりでした。

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)
みなさま こんばんは!
いつもコメントを 有難う御座います!

   Hiro-photoさん
猛暑なので、セミは鳴かないし・・・蚊は例年より少ないようですし・・・。
気温が自然界にも相当の影響を与えているようですよ(^^)
 
   散輪坊さん
コシアキトンボの♂(雄)は 水辺で♀(雌)を待ち構えているようですが・・・♀(雌)は池近くの雑木林の中を 旋回しながらとんでいますね!
♪(^^) 

No title * by とりこ
こんばんは
ナガコガネグモ・・っと言うのですか?
見たことあります
結構派手な模様のクモで目立ちますね

くずの花、咲き始めましたか
早すぎる秋の気配?
この花に来るのは・・ 
ウラナミシジミでしたっけ?

No title * by ウィンターコスモス
この「金言」は知りませんでした==

横になると咳が出ますね。
これって、こたえます。
早くおさまるといいですね〜
お大事に!

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)

   とリこさま  
こんばんは!
いつもコメントを 有難う御座います!
クモも種類が多いので 名前を覚えるのは一苦労です(^^;)
網の作り方などの生態を調べれば 面白いのでしょうけど・・・難しくて・・・ ^^;;
クズの花に来るチョウは・・・そうです! ウラナミシジミですね!
昆虫も 相当覚えられましたね!d(^^)

   ウィンターコスモスさま
今 貴コメントに 気づきました(- - ::) m(_ _)m
どうしたわけか・・・昼間はそうでもないのですが・・・睡眠中に咳き込み目が覚めます。 睡眠不足になるので、 これがツライですね(- - ::)
 

No title * by はぴ
こんばんは
コシアキトンボは名前を覚えやすくて
ありがたいです。
クモは・・・苦手なので撮ることないんですよ~^^;
でも クモの巣は撮りたいです(笑)

No title * by KOZAK
御地の方が季節が先に進んでますね。
当地では先日のクサギもつぼみでしたし、クズの花穂は影も形もありません。

No title * by せいパパ
昨日は近隣の里山に入って来ました
例年よりも昆虫の数が少なく感じました。
思ったほど暑くなくて
短い散策時をあえて選んだので
全く問題なく歩けました
今後は少しづつ距離を伸ばしていこうと思います。
応援!

No title * by フクジイ
白竜さん
おはようございます
もう、クズの花が咲いているのですね
毎日暑い日が続いているので、植物園など外出は控えています
今日の金言は、初めて聞きますが
夏風邪は長引くとも聞きます
早く治してくださいね

No title * by 蝶 旅の友
葛の花が咲き始めましたか。
早いように思いますね。
平地の野原は暑いですから気をつけましょう。
お体を大切に。
早く治りますように。

おはようございます。 * by IKUKO
野山のあちこちにクズの花が見られる季節・・・・
紫色が綺麗ですよね~
コシアキトンボ・・・・腰の白が特徴なんですね。
こちらでは見かけません・・・・

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)
みなさま  おはようございます!
いつも早朝から コメントを有難う御座います!

   はぴさま
そうですね・・・はぴさまの被写体は 範囲が広いですが・・・昆虫は撮られなkいですね! 人それぞれ 好みがありますからね♪(^^) 

   KOZAKさん
そうですか・・・クサギもクズも もう相当咲いているかも?
KOZAKさんの所より 季節が早く巡るとは・・・意外ですね。
平地と山間の 気温の差でしょうか?

   せいパパさん
貴県南部は平地ばかりのように見えますが・・・近くに里山がありますか! 歩くことは基本的な運動だと思ってますので 少しずつ距離を延ばして 体力をつけて下さい♪(^^) 

   フクジイさん
これまでは 夏と云っても 毎日のように自然観察に出かけていましたが、今年の夏は異常ですね!
毎日 出掛けずに 川魚の世話をしていますd(^^) 

   蝶 旅の友さん
今年の夏は異常なので、用心して出掛けず 家で川魚の世話をしていますv(^^) 
ありがとうございます。
咳だけが止まらないので、 今日 又クリニックへ行くつもりです。

   IKUKOさま
貴県で コシアキトンボが見られない所は・・・御嶽山周辺と蓼科周辺くらいで・・・騎士では見られるはずです(^^)
雑木林がある池半に行かれると・・・多分 会えると思いますよ♪(^^) 

No title * by とんちゃん
コシアキトンボなら分かりそうです~
でもオスメスの区別となるとさっぱりですが・・・
クズの花の下のほうに黄色いクモがいましたね
私なら見逃しているところです
睡眠中の咳って本当につらいです
十分な睡眠がとれるようになれば回復すぐにできると思います。
もう少しでしょうね
お大事にしてください

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)

   とんちゃんさま  こんばんは!
いつもコメントを ありがとう御座います♪(^^)
治らないので、今日の昼過ぎ 再度診察を受けました。
胸部X線写真を撮り、血液検査をしましたが・・・いずれも問題なし。
聴診器診察で 『咳喘息』だと判明し、吸入薬を貰って帰りました!
それを一回吸入しただけで、 相当楽になりました。
もうすぐ完治するでしょう♪(^^) 

No title * by せいパパ
里山と言っていいのか分からないですが
山はあります。
でも西日本の様な山は無いです
台地なので山の形はして無くて
頂上も無いです。
遊歩道も無いので
林道や獣道を歩く感じです。
応援!

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)

   せいパパさん   おはようございます!
ああー なるほど!
日本には “丘”という概念がありませんが・・・平地から 少し盛り上がっているところと云う感覚でしょうか?

No title * by せいパパ
17年蝉が居ますね
地上に出るまでに宅地造成されて
コンクリートになってしmすから
17年に一度人間が土から無事に救出する
ドキュメントを見た事があります。
蝉にしたら想定外の大問題ですが
17年に一度
街が蝉の死骸で落ち葉の様に
埋め尽くされるから大変そうでした。
生物の寿命は短いほど
抵抗力が強く環境にあった個体を
次世代に受け継ぐので
バクテリアは1日から数ヶ月で世代交代するので
殺虫剤や汚水にも勝てる抵抗力をもつ種に進化できるのです。
恐竜の時代に哺乳類の祖先も住んでいたそうですが
環境が変化するのに恐竜は着いて行けず
一年で死んでしまう哺乳類は恐竜が一代変わるのに
哺乳類の祖先は30回以上世代交代して行ったので
環境にあった胎盤をより優れた臓器に進化させて
生き残る事が出来たと考古学では定説になってると
ドキュメンタリー番組で見ました。
進化は一代では変わらないので
子孫を何代も早くシフトした方が
環境の変化に適応して生き残れると説明してました。
応援!

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)

   せいパパさん  こんばんは!
いつもコメントを 有難う御座います!
せいパパさんは 歴史にも、生き物にも 詳しいですね!
思考も 哲学的なので・・・職業を間違ったのではないかと云う気がします♪(^^) 
 

コメント









管理者にだけ表示を許可する

No title
こんばんは。
コシアキトンボのメスは、この暑さでは産卵も身に堪えるのかもしれませんね、木の枝で一休みのようですね。
2018-07-22 * hiro-photo [ 編集 ]

No title
 コシアキトンボのオスは見ますけど、メスは少ないのでしょうか。
今日の池の公園でもオスばかりでした。
2018-07-22 * 散輪坊 [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!
みなさま こんばんは!
いつもコメントを 有難う御座います!

   Hiro-photoさん
猛暑なので、セミは鳴かないし・・・蚊は例年より少ないようですし・・・。
気温が自然界にも相当の影響を与えているようですよ(^^)
 
   散輪坊さん
コシアキトンボの♂(雄)は 水辺で♀(雌)を待ち構えているようですが・・・♀(雌)は池近くの雑木林の中を 旋回しながらとんでいますね!
♪(^^) 
2018-07-22 * ▲▲▲白竜 (はく りゅう) [ 編集 ]

No title
こんばんは
ナガコガネグモ・・っと言うのですか?
見たことあります
結構派手な模様のクモで目立ちますね

くずの花、咲き始めましたか
早すぎる秋の気配?
この花に来るのは・・ 
ウラナミシジミでしたっけ?
2018-07-22 * とりこ [ 編集 ]

No title
この「金言」は知りませんでした==

横になると咳が出ますね。
これって、こたえます。
早くおさまるといいですね〜
お大事に!
2018-07-22 * ウィンターコスモス [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!

   とリこさま  
こんばんは!
いつもコメントを 有難う御座います!
クモも種類が多いので 名前を覚えるのは一苦労です(^^;)
網の作り方などの生態を調べれば 面白いのでしょうけど・・・難しくて・・・ ^^;;
クズの花に来るチョウは・・・そうです! ウラナミシジミですね!
昆虫も 相当覚えられましたね!d(^^)

   ウィンターコスモスさま
今 貴コメントに 気づきました(- - ::) m(_ _)m
どうしたわけか・・・昼間はそうでもないのですが・・・睡眠中に咳き込み目が覚めます。 睡眠不足になるので、 これがツライですね(- - ::)
 
2018-07-22 * ▲▲▲白竜 (はく りゅう) [ 編集 ]

No title
こんばんは
コシアキトンボは名前を覚えやすくて
ありがたいです。
クモは・・・苦手なので撮ることないんですよ~^^;
でも クモの巣は撮りたいです(笑)
2018-07-23 * はぴ [ 編集 ]

No title
御地の方が季節が先に進んでますね。
当地では先日のクサギもつぼみでしたし、クズの花穂は影も形もありません。
2018-07-23 * KOZAK [ 編集 ]

No title
昨日は近隣の里山に入って来ました
例年よりも昆虫の数が少なく感じました。
思ったほど暑くなくて
短い散策時をあえて選んだので
全く問題なく歩けました
今後は少しづつ距離を伸ばしていこうと思います。
応援!
2018-07-23 * せいパパ [ 編集 ]

No title
白竜さん
おはようございます
もう、クズの花が咲いているのですね
毎日暑い日が続いているので、植物園など外出は控えています
今日の金言は、初めて聞きますが
夏風邪は長引くとも聞きます
早く治してくださいね
2018-07-23 * フクジイ [ 編集 ]

No title
葛の花が咲き始めましたか。
早いように思いますね。
平地の野原は暑いですから気をつけましょう。
お体を大切に。
早く治りますように。
2018-07-23 * 蝶 旅の友 [ 編集 ]

おはようございます。
野山のあちこちにクズの花が見られる季節・・・・
紫色が綺麗ですよね~
コシアキトンボ・・・・腰の白が特徴なんですね。
こちらでは見かけません・・・・
2018-07-23 * IKUKO [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!
みなさま  おはようございます!
いつも早朝から コメントを有難う御座います!

   はぴさま
そうですね・・・はぴさまの被写体は 範囲が広いですが・・・昆虫は撮られなkいですね! 人それぞれ 好みがありますからね♪(^^) 

   KOZAKさん
そうですか・・・クサギもクズも もう相当咲いているかも?
KOZAKさんの所より 季節が早く巡るとは・・・意外ですね。
平地と山間の 気温の差でしょうか?

   せいパパさん
貴県南部は平地ばかりのように見えますが・・・近くに里山がありますか! 歩くことは基本的な運動だと思ってますので 少しずつ距離を延ばして 体力をつけて下さい♪(^^) 

   フクジイさん
これまでは 夏と云っても 毎日のように自然観察に出かけていましたが、今年の夏は異常ですね!
毎日 出掛けずに 川魚の世話をしていますd(^^) 

   蝶 旅の友さん
今年の夏は異常なので、用心して出掛けず 家で川魚の世話をしていますv(^^) 
ありがとうございます。
咳だけが止まらないので、 今日 又クリニックへ行くつもりです。

   IKUKOさま
貴県で コシアキトンボが見られない所は・・・御嶽山周辺と蓼科周辺くらいで・・・騎士では見られるはずです(^^)
雑木林がある池半に行かれると・・・多分 会えると思いますよ♪(^^) 
2018-07-23 * ▲▲▲白竜 (はく りゅう) [ 編集 ]

No title
コシアキトンボなら分かりそうです~
でもオスメスの区別となるとさっぱりですが・・・
クズの花の下のほうに黄色いクモがいましたね
私なら見逃しているところです
睡眠中の咳って本当につらいです
十分な睡眠がとれるようになれば回復すぐにできると思います。
もう少しでしょうね
お大事にしてください
2018-07-23 * とんちゃん [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!

   とんちゃんさま  こんばんは!
いつもコメントを ありがとう御座います♪(^^)
治らないので、今日の昼過ぎ 再度診察を受けました。
胸部X線写真を撮り、血液検査をしましたが・・・いずれも問題なし。
聴診器診察で 『咳喘息』だと判明し、吸入薬を貰って帰りました!
それを一回吸入しただけで、 相当楽になりました。
もうすぐ完治するでしょう♪(^^) 
2018-07-24 * ▲▲▲白竜 (はく りゅう) [ 編集 ]

No title
里山と言っていいのか分からないですが
山はあります。
でも西日本の様な山は無いです
台地なので山の形はして無くて
頂上も無いです。
遊歩道も無いので
林道や獣道を歩く感じです。
応援!
2018-07-25 * せいパパ [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!

   せいパパさん   おはようございます!
ああー なるほど!
日本には “丘”という概念がありませんが・・・平地から 少し盛り上がっているところと云う感覚でしょうか?
2018-07-25 * ▲▲▲白竜 (はく りゅう) [ 編集 ]

No title
17年蝉が居ますね
地上に出るまでに宅地造成されて
コンクリートになってしmすから
17年に一度人間が土から無事に救出する
ドキュメントを見た事があります。
蝉にしたら想定外の大問題ですが
17年に一度
街が蝉の死骸で落ち葉の様に
埋め尽くされるから大変そうでした。
生物の寿命は短いほど
抵抗力が強く環境にあった個体を
次世代に受け継ぐので
バクテリアは1日から数ヶ月で世代交代するので
殺虫剤や汚水にも勝てる抵抗力をもつ種に進化できるのです。
恐竜の時代に哺乳類の祖先も住んでいたそうですが
環境が変化するのに恐竜は着いて行けず
一年で死んでしまう哺乳類は恐竜が一代変わるのに
哺乳類の祖先は30回以上世代交代して行ったので
環境にあった胎盤をより優れた臓器に進化させて
生き残る事が出来たと考古学では定説になってると
ドキュメンタリー番組で見ました。
進化は一代では変わらないので
子孫を何代も早くシフトした方が
環境の変化に適応して生き残れると説明してました。
応援!
2018-07-25 * せいパパ [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!

   せいパパさん  こんばんは!
いつもコメントを 有難う御座います!
せいパパさんは 歴史にも、生き物にも 詳しいですね!
思考も 哲学的なので・・・職業を間違ったのではないかと云う気がします♪(^^) 
 
2018-07-25 * ▲▲▲白竜 (はく りゅう) [ 編集 ]