♪自然への回帰

 

▶里山の生きものたち 《その5》 


【2018-9ー10(月) 記】

blog_l6ne1.gif

    日めくりの今日の金言  

『無病は一生の極楽』

 《解説》ーーー病気をせずに 一生を送れることは 素晴らしいことだ、 の意のようです。

『楽は苦の種、 苦は楽の種』

 《解説》ーーー楽をすれば後で苦労を味わうことになり、逆に苦労をしておけば後で楽ができるということ。ーーー-「故事ことわざ辞典」 より。

blog_l6ne1.gif

ミソハギには こんな昆虫も来ました!
     ↓↓
Res-haranagatsuchibachi__367 (2)


ハラナガツチバチ」です。
     ↓↓
Res-haranagatsuchibachi__379 (2)


更に田んぼの横の道を歩いて行くと・・・イトトンボがフワッと浮かび上がりました!
     ↓↓
Res-hosomiitotonbo__207 (2)


ホソミイトトンボですね。
この時季ですから 越冬をしない夏型でしょう。
     ↓↓
Res-hosomiitotonbo__212 (2)


これはマユタテアカネです。
     ↓↓
Res-mayutateakane__325 (2)


特徴は、顔面に いわゆる「マユ斑」があり、 尾部の上・下付属器が 反り返っていることですね。
     ↓↓
Res-mayutateakane__311 (2)

 
ーーー▶里山の生きものたち 《その6》 へ


今日のブログ ↑↑・・・如何でしたか? 
宜しければ、 下の『ブログ ランキング』のバナー(工事監督さん)をクリックして下さい!! (^_-)ー☆

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ☚ここをクリック!
にほんブログ村




(画像はクリックすると大きくなります・・・その拡大した画像を もう一度クリックすると 更に拡大します(^^))

blog_line1.gif

   

【コメント投稿】: (12)


No title * by 散輪坊
 イトトンボをまだ見られるんですね。
 

No title * by フクジイ
白竜さん
おはようございます
イトトンボは細いの苦い、更に細身のイトトンボがいるのですね
初めて知りました
確かに、ホッソリしています

No title * by KOZAK
やはり御地は自然が豊かですね。こちらではトンボの種類が激減してます。
ホソミイトトンボを夏に見た事はありません(-_-;)

No title * by せいパパ
こうしてトンボを撮影したいと思うけれど
先日の自然観察で無理だと実感できたので
今後は小さな被写体には
写真を撮らないと割り切ろうと思います。
私は闘病してますが
不自由さは山ほどありますが
健常者と障害者、癌宣告患者の
心が理解できて社会インフラを見る目が
健常者と障害者のどちらじゃらも見れるから
街に出たり公園に行くと設備や構造を
眺めるのが楽しいです。
応援!

No title * by とんちゃん
すっごく細いイトトンボですね
”ふわっと浮き上がる” そんな言い回しはぴったりだと思いました。
普通のイトトンボよりもっと細いのですね
ミソハギはもう咲いて秋だなって感じます

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)
みなさま  おはようございます!
いつも早朝から コメントを有難う御座います!

   散輪坊さん
イトトンボは まだまだ見られますね。
当地では、 10種類くらいのイトトンボが 11月末まで見られます♪(^^)

   フクジイさん
細長くて 優雅ですね♪(^o^) 
このトンボと、 ホソミオツネントンボとオツネントンボは 成虫で越冬しますよ。

   KOZAKさん
市内ではなくて、40km近く走って 山麓の里山での自然観察ですからね・・・普段会えない昆虫に 案外会えますよd(^^) 

   せいパパさん
スマホで風景を撮るのは便利ですが・・・昆虫の写真を撮るのは難しいですね。 接写しようと近づくと ピントが合いませんから(^^;)
社会インフラを違った目で見ると・・・提言したい改善箇所が沢山見つかるでしょうね。

   とんちゃんさま
ホソミイトトンボに出会ったのは 今回が3回目くらいなものですから 何トンボ?・・・と思いましたよ^^;; やはり遠くまで行くと 市内の緑地公園では出会えない昆虫や花が多いです♪(^^) 
   

No title * by とりこ
ミソハギの花はきれい
そして、いろいろな虫さんが集まりますね
魅力的な花ですね~
マユタテアカネは毎年白竜さんのページで会いますが、
本物に会いたいものです~

今日の金言
無病は、一生の極楽・・確かに!
白竜さんも風邪くらいでお過ごしのようで極楽?

No title * by 玉五郎
このところ外に出ると結構トンボが飛んでいます。
飛行中でもあり 夏アカネなのかアキアカネなのか
全く区別がつきません。
偶にトンボを撮ろうとしても 時折止まってくれるのと
休むことなく飛び回る奴が居るんですよね。


No title * by ウィンターコスモス
綺麗な写真ですね!
マユタテアカネの正面顔
特徴がよくわかっていいです〜

No title * by hiro-photo
こんばんは。
>イトトンボがフワッと浮かび上がりました!
昆虫の密度が濃いですね、イトトンボも最近はあまり見かけていません。
居るはずですが、見つけられないだけかも知れませんね。

ホソミイトトンボ * by itotonbosan
こんばんは。
北茨城では寒いようでホソミイトトンボは観察していません。
分布は関東以西となっているので,存在している可能性があります。

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)
みなさま こんばんは!
いつもコメントを 有難う御座います!

   とリこさま
マユタテアカネに まだ出会ってませんか?
緑地公園とか丘陵地などへ行けば 直ぐに会えますよ~ん♪(^^)
無病は、一生の極楽・・・なのですが・・・高齢になると それなりに 各種の症状が出て来ますね^^;;
一病息災・・・でガンバリマス!ヽ(^o^)丿

   玉五郎さん
留まってくれるのは アキアカネでしょうか?
留まらないのは 多分 ウスバキトンボでしょう♪(^^)♪

   ウィンターコスモスさま
ありがとうございます!
いろいろな角度から撮っていると 同定し易いですd(^^) 

   Hiro-photoさん
イトトンボは 今が最盛期かも知れませんよ(^o^)
いる所へ行けば 居ますよ(^○^)

   Itotonboさん
本当ですね!
図鑑を見ると・・・北茨城では 出会うのは 不可能です(^^;)
当地でも 出会うのは 稀なんですよ^^;;    

コメント









管理者にだけ表示を許可する

No title
 イトトンボをまだ見られるんですね。
 
2018-09-10 * 散輪坊 [ 編集 ]

No title
白竜さん
おはようございます
イトトンボは細いの苦い、更に細身のイトトンボがいるのですね
初めて知りました
確かに、ホッソリしています
2018-09-10 * フクジイ [ 編集 ]

No title
やはり御地は自然が豊かですね。こちらではトンボの種類が激減してます。
ホソミイトトンボを夏に見た事はありません(-_-;)
2018-09-10 * KOZAK [ 編集 ]

No title
こうしてトンボを撮影したいと思うけれど
先日の自然観察で無理だと実感できたので
今後は小さな被写体には
写真を撮らないと割り切ろうと思います。
私は闘病してますが
不自由さは山ほどありますが
健常者と障害者、癌宣告患者の
心が理解できて社会インフラを見る目が
健常者と障害者のどちらじゃらも見れるから
街に出たり公園に行くと設備や構造を
眺めるのが楽しいです。
応援!
2018-09-10 * せいパパ [ 編集 ]

No title
すっごく細いイトトンボですね
”ふわっと浮き上がる” そんな言い回しはぴったりだと思いました。
普通のイトトンボよりもっと細いのですね
ミソハギはもう咲いて秋だなって感じます
2018-09-10 * とんちゃん [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!
みなさま  おはようございます!
いつも早朝から コメントを有難う御座います!

   散輪坊さん
イトトンボは まだまだ見られますね。
当地では、 10種類くらいのイトトンボが 11月末まで見られます♪(^^)

   フクジイさん
細長くて 優雅ですね♪(^o^) 
このトンボと、 ホソミオツネントンボとオツネントンボは 成虫で越冬しますよ。

   KOZAKさん
市内ではなくて、40km近く走って 山麓の里山での自然観察ですからね・・・普段会えない昆虫に 案外会えますよd(^^) 

   せいパパさん
スマホで風景を撮るのは便利ですが・・・昆虫の写真を撮るのは難しいですね。 接写しようと近づくと ピントが合いませんから(^^;)
社会インフラを違った目で見ると・・・提言したい改善箇所が沢山見つかるでしょうね。

   とんちゃんさま
ホソミイトトンボに出会ったのは 今回が3回目くらいなものですから 何トンボ?・・・と思いましたよ^^;; やはり遠くまで行くと 市内の緑地公園では出会えない昆虫や花が多いです♪(^^) 
   
2018-09-10 * ▲▲▲白竜 (はく りゅう) [ 編集 ]

No title
ミソハギの花はきれい
そして、いろいろな虫さんが集まりますね
魅力的な花ですね~
マユタテアカネは毎年白竜さんのページで会いますが、
本物に会いたいものです~

今日の金言
無病は、一生の極楽・・確かに!
白竜さんも風邪くらいでお過ごしのようで極楽?
2018-09-10 * とりこ [ 編集 ]

No title
このところ外に出ると結構トンボが飛んでいます。
飛行中でもあり 夏アカネなのかアキアカネなのか
全く区別がつきません。
偶にトンボを撮ろうとしても 時折止まってくれるのと
休むことなく飛び回る奴が居るんですよね。

2018-09-10 * 玉五郎 [ 編集 ]

No title
綺麗な写真ですね!
マユタテアカネの正面顔
特徴がよくわかっていいです〜
2018-09-10 * ウィンターコスモス [ 編集 ]

No title
こんばんは。
>イトトンボがフワッと浮かび上がりました!
昆虫の密度が濃いですね、イトトンボも最近はあまり見かけていません。
居るはずですが、見つけられないだけかも知れませんね。
2018-09-10 * hiro-photo [ 編集 ]

ホソミイトトンボ
こんばんは。
北茨城では寒いようでホソミイトトンボは観察していません。
分布は関東以西となっているので,存在している可能性があります。
2018-09-10 * itotonbosan [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!
みなさま こんばんは!
いつもコメントを 有難う御座います!

   とリこさま
マユタテアカネに まだ出会ってませんか?
緑地公園とか丘陵地などへ行けば 直ぐに会えますよ~ん♪(^^)
無病は、一生の極楽・・・なのですが・・・高齢になると それなりに 各種の症状が出て来ますね^^;;
一病息災・・・でガンバリマス!ヽ(^o^)丿

   玉五郎さん
留まってくれるのは アキアカネでしょうか?
留まらないのは 多分 ウスバキトンボでしょう♪(^^)♪

   ウィンターコスモスさま
ありがとうございます!
いろいろな角度から撮っていると 同定し易いですd(^^) 

   Hiro-photoさん
イトトンボは 今が最盛期かも知れませんよ(^o^)
いる所へ行けば 居ますよ(^○^)

   Itotonboさん
本当ですね!
図鑑を見ると・・・北茨城では 出会うのは 不可能です(^^;)
当地でも 出会うのは 稀なんですよ^^;;    
2018-09-10 * ▲▲▲白竜 (はく りゅう) [ 編集 ]