FC2ブログ

♪自然への回帰

 

▶イソシギからハッチョウトンボまで 《その1》

                                              blog_line1.gif

イソシギや・・・うまくいけばコチドリに会えるかも知れないと思い・・・まず、 市内の住宅街を流れる川へ行ってみました。

カルガモのカップルたちを見かけますが・・・どのカップルも雛を連れていません。
雛が見られるのは もっと先のことでしょうか?
     ↓↓
Res-karugamo__37 (BB)


鳥が飛んで来ました!
カワラヒワかと思って 即 撮ったら・・・スズメでした^^;;;
     ↓↓
suzume__76 (2)


どうも 小グループで この木の実を食べに来たようです。
桑の実でしょうか?
    ↓↓
Res-hana_kuwa__39 (2)


この辺りにイソシギが来るはず・・・と 探していると・・・居ました! 
イソシギです♪(^^)
     ↓↓
Res-isoshigi__140 (2)


飛び立とうと してますね!(トリミングして、拡大しました)
     ↓↓
isoshigi__139 (2)


少し飛んで・・・エサを探しています。
     ↓↓
Res-isoshigi__195 (2)


Res-isoshigi__211 (2)


ーーーー▶イソシギからハッチョウトンボまで 《その2》 へ。


 Myブログの『ランキング』 UPのために・・・
このバナーを☛ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
    にほんブログ村 ☚一日一回クリック をお願いします! m(_ _)m 


●画像をクリックすると、拡大します。 
拡大した画像を更にもう一回クリックすると もっと大きな画像になります。


blog_line1.gif

   

【コメント投稿】: (12)


No Subject * by せいパパ
スズメは子供の頃に
罠を仕掛けて捕まえて遊んでました。
ふわふわゴツゴツの鳥のあの食感
楽しい遊びを沢山してたなと
ここに来ると振り返って思い出します。
応援!

No Subject * by 散輪坊
 池の公園の鴨の類もカルガモだけになってしまいました。

カルガモ * by く~ちゃん
カルガモのお母さんが子どもたちを連れている報道を目にしますが・・・オスたちは我関せずで、集団で駄弁っているようですよ(*^-^*)

イソシギ * by とんちゃん
イソシギが撮れてよかったですね
一度見たことがありますがそれ以来・・・
中々目にするのは難しく願っても叶わないです
飛び立とうとしているところ! こういうのはぐっと来ます~
スズメのかわいいほっぺ♪ 愛らしいですね

おはようございます。 * by IKUKO
スズメはなかなかじっとしてなくて・・・・
身近にいると思うのですがカラスばかりが目立って・・・
いろんな鳥たちが見られていいですね~

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)
みなさま おはようございます。 いつもコメントとランキングUPの御支援を 有難う御座います!♪(^^)

   せいパパさん
あはは! 罠と云うのは・・・やったことは無いのですが・・・例の 笊の下にコメなんかを置いて、スズメがコメを食べようと 笊の下に来た時に 紐を引っ張って、スズメを笊の中に閉じ込める 仕掛けでしょうかd(^^)

   散輪坊さん
そうでしょうね・・・渡り鳥は北へ帰りましたね(^^)
雛を連れたカルガモガ見られますよ♪(^^)

   KOZAKさん
調べてみると・・・5月中旬には カルガモの雛が親と一緒に歩いているようですね。 と云うことは・・・この時季、抱卵をしないで カップルで泳いでいるカルガモには 雛は期待できないと云うことでしょうね(^^)

   とんちゃんさま
イソシギは 当地でも なかなか目にすることが出来ませんが・・・この川には飛んで來ることが判り・・・イソシギに会いたい時は いつもこの川に 撮りに来ています。
雀も 当地では少なくなりました^^;;;;

   IKUKOさま
当地では スズメが減っているようで、なかなか出会えませんね^^;;;; カラスは あちらこちらに健在ですが・・・ハシボソガラスばかりで、 ハシブトガラスは 殆ど見かけません^^;;;
  

No Subject * by 八田真田八
カルガモの卵から雛が生まれると、オスカルガモは子育てを放棄して、メスに任せるようですね。
そう言えば、カップル一緒に子育てしているのは、見かけません。
という事は、そこに集っているのは、オスカルガモという事もあるかも知れません。
即ち母子カルガモは別のところに居る…とか…。

No Subject * by とりこ
桑の実ですか
たくさん生ってますね・・熟してるのもあって美味しそう

イソシギは名前も姿も良いですね
だいぶ見てません pp

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)
みなさま  おはようございます.  いつもコメントとランキングUPの御支援を 有難う御座います!♪(^^)  

   八田さん
そう云う可能性もありますが・・・この川では 雌雄らしい一対のカルガモが 離れた個所に 2組いました。
それを見ると やはり雌雄だろうと思うのです(^^)
子育てしないカップルも 居るかもしれませんね? 

   とリこさま
多分 桑の実だと思います。
未だ 熟していない実が多いですが・・・6月初旬辺りから下旬辺りまでが熟す期間のようです。

イソシギは 当地でも殆ど見かけませんが・・・この川にはやって来るので 撮っています♪(^^)

No Subject * by とんとん
カルガモが子供を連れているところは可愛いですねl
お母さんは少し離れて見守っていたり、子供は固まってお昼寝していたり、いろんな場面を見たいですね。
イショシギは最後の2枚のようなところを見かけるので、飛ぶって忘れていました(笑)
貴重な場面を見せていただきました。
イソシギは1羽でいることが多いですね。

No Subject * by せいパパ
そうです。
その単純な罠で数回捕まえました。
子供だったのでそれでも当時は真剣勝負の遊びで
とっても楽しくて真剣になった記憶があります。

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)
みなさま こんにちは!  いつもコメントとランキングUPの御支援を 有難う御座います!♪(^^)

   とんとんさま
カルガモ親子に会いたいのですが・・・なかなか会えません(^^;) イソシギも この川でないと 出合えないです^^;;
そうですね・・・イソシギは いつも一羽ですね。
孤独が好きなんでしょう(^o^)

   せいパパさん
スズメを捕まえる遊びはしたことが無いのですが・・・紐を持って 固唾を飲んで見守り・・・スズメが笊の下に来た時 紐を引いて閉じ込める!
成功した時は やった!・・・と大喜びだったでしょうね!
ヽ(^o^)丿

コメント









管理者にだけ表示を許可する

No Subject
スズメは子供の頃に
罠を仕掛けて捕まえて遊んでました。
ふわふわゴツゴツの鳥のあの食感
楽しい遊びを沢山してたなと
ここに来ると振り返って思い出します。
応援!
2019-05-12 * せいパパ [ 編集 ]

No Subject
 池の公園の鴨の類もカルガモだけになってしまいました。
2019-05-12 * 散輪坊 [ 編集 ]

カルガモ
カルガモのお母さんが子どもたちを連れている報道を目にしますが・・・オスたちは我関せずで、集団で駄弁っているようですよ(*^-^*)
2019-05-12 * く~ちゃん [ 編集 ]

イソシギ
イソシギが撮れてよかったですね
一度見たことがありますがそれ以来・・・
中々目にするのは難しく願っても叶わないです
飛び立とうとしているところ! こういうのはぐっと来ます~
スズメのかわいいほっぺ♪ 愛らしいですね
2019-05-12 * とんちゃん [ 編集 ]

おはようございます。
スズメはなかなかじっとしてなくて・・・・
身近にいると思うのですがカラスばかりが目立って・・・
いろんな鳥たちが見られていいですね~
2019-05-12 * IKUKO [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!
みなさま おはようございます。 いつもコメントとランキングUPの御支援を 有難う御座います!♪(^^)

   せいパパさん
あはは! 罠と云うのは・・・やったことは無いのですが・・・例の 笊の下にコメなんかを置いて、スズメがコメを食べようと 笊の下に来た時に 紐を引っ張って、スズメを笊の中に閉じ込める 仕掛けでしょうかd(^^)

   散輪坊さん
そうでしょうね・・・渡り鳥は北へ帰りましたね(^^)
雛を連れたカルガモガ見られますよ♪(^^)

   KOZAKさん
調べてみると・・・5月中旬には カルガモの雛が親と一緒に歩いているようですね。 と云うことは・・・この時季、抱卵をしないで カップルで泳いでいるカルガモには 雛は期待できないと云うことでしょうね(^^)

   とんちゃんさま
イソシギは 当地でも なかなか目にすることが出来ませんが・・・この川には飛んで來ることが判り・・・イソシギに会いたい時は いつもこの川に 撮りに来ています。
雀も 当地では少なくなりました^^;;;;

   IKUKOさま
当地では スズメが減っているようで、なかなか出会えませんね^^;;;; カラスは あちらこちらに健在ですが・・・ハシボソガラスばかりで、 ハシブトガラスは 殆ど見かけません^^;;;
  
2019-05-12 * ▲▲▲白竜 (はく りゅう) [ 編集 ]

No Subject
カルガモの卵から雛が生まれると、オスカルガモは子育てを放棄して、メスに任せるようですね。
そう言えば、カップル一緒に子育てしているのは、見かけません。
という事は、そこに集っているのは、オスカルガモという事もあるかも知れません。
即ち母子カルガモは別のところに居る…とか…。
2019-05-12 * 八田真田八 [ 編集 ]

No Subject
桑の実ですか
たくさん生ってますね・・熟してるのもあって美味しそう

イソシギは名前も姿も良いですね
だいぶ見てません pp
2019-05-12 * とりこ [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!
みなさま  おはようございます.  いつもコメントとランキングUPの御支援を 有難う御座います!♪(^^)  

   八田さん
そう云う可能性もありますが・・・この川では 雌雄らしい一対のカルガモが 離れた個所に 2組いました。
それを見ると やはり雌雄だろうと思うのです(^^)
子育てしないカップルも 居るかもしれませんね? 

   とリこさま
多分 桑の実だと思います。
未だ 熟していない実が多いですが・・・6月初旬辺りから下旬辺りまでが熟す期間のようです。

イソシギは 当地でも殆ど見かけませんが・・・この川にはやって来るので 撮っています♪(^^)
2019-05-12 * ▲▲▲白竜 (はく りゅう) [ 編集 ]

No Subject
カルガモが子供を連れているところは可愛いですねl
お母さんは少し離れて見守っていたり、子供は固まってお昼寝していたり、いろんな場面を見たいですね。
イショシギは最後の2枚のようなところを見かけるので、飛ぶって忘れていました(笑)
貴重な場面を見せていただきました。
イソシギは1羽でいることが多いですね。
2019-05-12 * とんとん [ 編集 ]

No Subject
そうです。
その単純な罠で数回捕まえました。
子供だったのでそれでも当時は真剣勝負の遊びで
とっても楽しくて真剣になった記憶があります。
2019-05-13 * せいパパ [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!
みなさま こんにちは!  いつもコメントとランキングUPの御支援を 有難う御座います!♪(^^)

   とんとんさま
カルガモ親子に会いたいのですが・・・なかなか会えません(^^;) イソシギも この川でないと 出合えないです^^;;
そうですね・・・イソシギは いつも一羽ですね。
孤独が好きなんでしょう(^o^)

   せいパパさん
スズメを捕まえる遊びはしたことが無いのですが・・・紐を持って 固唾を飲んで見守り・・・スズメが笊の下に来た時 紐を引いて閉じ込める!
成功した時は やった!・・・と大喜びだったでしょうね!
ヽ(^o^)丿
2019-05-13 * ▲▲▲白竜 (はく りゅう) [ 編集 ]