FC2ブログ

♪自然への回帰

 

▶ 郊外の丘陵で・・・《その3》

~~~~~~~~~~~~


blog_line1.gif

休耕田の周りで 自然観察しています。
こんな花が咲いていました(^^)
一度撮ったことがあるように思いますが・・・何だったか?(?_?)
あっ! 思い出しました! 「ヤブジラミ」だったと思います!
     ↓↓
hana__ 551 (2)


タンポポとシロツメグサのツーショットです!
シロツメグサの色が いいですね!
     ↓↓
Res-hana__610 (2)


これは♀(雌)の紅色の体色から・・・アオモンイトトンボか、 アジアイトトンボのカップルと判ります!
どちらかに決めるには・・・ちょっと資料不足です^^;;;;
     ↓↓
aomonitotonbo__461 (2)


交尾中のシオカラトンボのカップルも居ました!
     ↓↓
shiokaratonbo__732 (2)


交尾が終わると・・・♀(雌)は産卵に向かいます!
     ↓↓
shiokaratonbo__813 mesu)


尾で水面を打ち、 「打水産卵」です。
     ↓↓
shiokaratonbo__814 (mesu)


♂(雄)は♀(雌)の上方に居て、 ♀(雌)が安全にわが子を産むよう・・・他の♂(雄)に♀(雌)が強奪されないよう、警戒して♀(雌)を守っています♪(^^)
     ↓↓
shiokaratonbo__815 (keigo)


shiokaratonbo__816 (2)


shiokaratonbo__817 (2)


突然 何かが もつれ合ったので、 ビックリしてファインダーから一瞬 目を離しましたが・・・撮影続行です!
後からやって来た ♂(雄)のシオカラトンボが ♀(雌)を強奪したのです!@@
こんなシーンは 自然観察15年間で 初めてのことです!!!!
     ↓↓
shiokaratonbo__833 (別の雄)


♂(雄)は敵の出現に オロオロしていますが・・・敵が既に♀(雌)の首根っこを掴んでいるため、どうすることも 出来ません!
     ↓↓
shiokaratonbo__834 (2)


未練がましく ♂(雄)は♀(雌)にすがり、 「行かないで!」 と、泣きついていますが・・・The End です!(^^;)
     ↓↓ 
shiokaratonbo__ 835 (2)


 Myブログの『ランキング』 UPのために・・・
このバナーを☛ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
    にほんブログ村 ☚一日一回 クリックして下さ~い!(^_-)ー☆ 

画像をクリックすると、拡大します。 
拡大した画像を更にもう一回クリックすると もっと大きな画像になります。


blog_line1.gif

   

【コメント投稿】: (10)


No Subject * by せいパパ
私も子供の頃は
ジッと昆虫の行動を観察してました。
ちょうどファーブル昆虫記との出会いと重なり
私はファーブルに憧れて行ったなと
遠い記憶が蘇って来ました。
ジッと昆虫の行動を観察してたので
今でも観察する行動が抜けなくて
他人の行動をジッと見つめているんだと思う
ジッとロックオンしてるから
せいママに見過ぎだよと怒られてしまう程
他人の行動や仕草やファッション、メイク、体型
男女、年齢を問わず見入ってしまうのです。
きっと原点は昆虫観察だと思います。
応援!

No Subject * by 蝶 旅の友
交尾後の♂が♀の産卵を見守るシーン いいですね。
始めて見せて頂きました。
その後の展開、自然は厳しいですね。

トンボ * by とんちゃん
トンボたちも必死なんですね
技で勝負! そんな感じ~
わずかなスキを狙いゲットするなんて・・・
今は産卵時期なんですね
打ち水産卵は見たことあります♪

おはようございます! * by く~ちゃん
シオカラトンボのすごいシーンに出会い、ものに出来ましたね。素晴らしい!

No Subject * by かぜくさ
トンボは産卵中も厳しいのですね!
ずっと観察しているとこんな場面を見ることができるのですね。

No Subject * by 八田真田八
「シオカラトンボのオスがメスの打水産卵を見守っている時、他のオスが邪魔しに来る時がある」というところまでは、私も見知っていました。
しかし、他のオスがメスの首根っこをまず捕まえるというのは、この前白竜さんから聞いたのみでした。
実際に起こった写真を撮って下さったのですねー!
全くお見事です!!
具体的によく分かりました。
これがあるので、「オスはメスを見守る」のですね!
でもこの例は「見守っても強奪された。」!
すると、シオカラトンボも「見守り産卵」ではなく、「連結産卵」にすべきなのですね。

No Subject * by ウィンターコスモス
こんにちは!

トンボの季節ですけど
今年はあんまりお目にかかれません〜
見逃しているのかも???

急に暑くなって、自然観察も汗だくになりそうですね。

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)
みなさま おはようございます。 いつもコメントとランキングUPのための御支援を 有難う御座います!♪(^^)

   せいパパさん
せいパパさんの観察好きは、物事の本質を探究しようとする せいパパさんの性格が 根源だと私は推測しています♪(^^)

   蝶 旅の友さん
トンボの♂(雄)の多くは、交尾後 ♀(雌)の首根っこを掴んだまま 離さずに、♀(雌)と一緒に産卵場所を転々と移動するか・・・このように 上方から♀(雌)を見守るかの・・・2通りがありますね♪(^^)
単所の関係は 人間も昆虫も 同じですね!v^o^)

   とんちゃんさま
自分の子孫を残したいと思うのは、生きものの本能でしょうから、こんな光景は しばしば起こり得る光景だと、想像は出来るのですが・・・見たのは 15年間で初めてでした!@@
兎に角 ビックリしました!

   KOZAKさん
産卵風景を撮ろうと 密着取材してましたら、こんな光景になりました!
想定外の展開に驚きました!v(^。^)

   かぜくささま
自分の子孫を残したいと思うのは、生きものたちの本能ですね。
産卵風景を撮ろうと 密着取材してましので、こんな光景が撮れました♪(^^)

   八田さん
他のオスがメスの首根っこをまず捕まえると・・・私が言いましたっけ(^^;)
仰る通りですね! なぜ、全てのトンボが、「見守り産卵」ではなく、より確実な「連結産卵」にすれば 良いのに・・・と思いますよね。
ああ・・・他の♂(雄)からは守れるけれど・・・天敵の目に付き易くなり、雌雄ともに天敵に食べられる危険が増すから・・・「見守り産卵」をする種もあるのかも知れませんね♪(^^)

   ウィンターコスモスさま
トンボ・・・居ませんか?
ああ ウィンターコスモスさま周辺は 野鳥が多いので、野鳥の方に視線が行ってから・・・トンボが見えないのでしょうかv^o^)
 

No Subject * by とりこ
こんにちは
トップの花 「ヤブジラミ」
これも可哀そうな名前ですね
ちょっとセントウソウにも似てますね 見たこと無いです

とんぼの世界も生き抜くための争奪戦
厳しそう 珍しい場面を見られたのですね

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)

   とリこさま
こんばんは! いつもコメントと ランキングUPのための御支援を ありがとう御座います♪(^^)
「ヤブジラミ」・・・ありがとうございますv^o^)
セントウソウ・・・検索すると 本当ですね!
ヤブジラミに似てます(^^)
自然には 想定外の色々な出来事があるので 楽しいですね!
 

コメント









管理者にだけ表示を許可する

No Subject
私も子供の頃は
ジッと昆虫の行動を観察してました。
ちょうどファーブル昆虫記との出会いと重なり
私はファーブルに憧れて行ったなと
遠い記憶が蘇って来ました。
ジッと昆虫の行動を観察してたので
今でも観察する行動が抜けなくて
他人の行動をジッと見つめているんだと思う
ジッとロックオンしてるから
せいママに見過ぎだよと怒られてしまう程
他人の行動や仕草やファッション、メイク、体型
男女、年齢を問わず見入ってしまうのです。
きっと原点は昆虫観察だと思います。
応援!
2019-05-25 * せいパパ [ 編集 ]

No Subject
交尾後の♂が♀の産卵を見守るシーン いいですね。
始めて見せて頂きました。
その後の展開、自然は厳しいですね。
2019-05-25 * 蝶 旅の友 [ 編集 ]

トンボ
トンボたちも必死なんですね
技で勝負! そんな感じ~
わずかなスキを狙いゲットするなんて・・・
今は産卵時期なんですね
打ち水産卵は見たことあります♪
2019-05-25 * とんちゃん [ 編集 ]

おはようございます!
シオカラトンボのすごいシーンに出会い、ものに出来ましたね。素晴らしい!
2019-05-25 * く~ちゃん [ 編集 ]

No Subject
トンボは産卵中も厳しいのですね!
ずっと観察しているとこんな場面を見ることができるのですね。
2019-05-25 * かぜくさ [ 編集 ]

No Subject
「シオカラトンボのオスがメスの打水産卵を見守っている時、他のオスが邪魔しに来る時がある」というところまでは、私も見知っていました。
しかし、他のオスがメスの首根っこをまず捕まえるというのは、この前白竜さんから聞いたのみでした。
実際に起こった写真を撮って下さったのですねー!
全くお見事です!!
具体的によく分かりました。
これがあるので、「オスはメスを見守る」のですね!
でもこの例は「見守っても強奪された。」!
すると、シオカラトンボも「見守り産卵」ではなく、「連結産卵」にすべきなのですね。
2019-05-25 * 八田真田八 [ 編集 ]

No Subject
こんにちは!

トンボの季節ですけど
今年はあんまりお目にかかれません〜
見逃しているのかも???

急に暑くなって、自然観察も汗だくになりそうですね。
2019-05-25 * ウィンターコスモス [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!
みなさま おはようございます。 いつもコメントとランキングUPのための御支援を 有難う御座います!♪(^^)

   せいパパさん
せいパパさんの観察好きは、物事の本質を探究しようとする せいパパさんの性格が 根源だと私は推測しています♪(^^)

   蝶 旅の友さん
トンボの♂(雄)の多くは、交尾後 ♀(雌)の首根っこを掴んだまま 離さずに、♀(雌)と一緒に産卵場所を転々と移動するか・・・このように 上方から♀(雌)を見守るかの・・・2通りがありますね♪(^^)
単所の関係は 人間も昆虫も 同じですね!v^o^)

   とんちゃんさま
自分の子孫を残したいと思うのは、生きものの本能でしょうから、こんな光景は しばしば起こり得る光景だと、想像は出来るのですが・・・見たのは 15年間で初めてでした!@@
兎に角 ビックリしました!

   KOZAKさん
産卵風景を撮ろうと 密着取材してましたら、こんな光景になりました!
想定外の展開に驚きました!v(^。^)

   かぜくささま
自分の子孫を残したいと思うのは、生きものたちの本能ですね。
産卵風景を撮ろうと 密着取材してましので、こんな光景が撮れました♪(^^)

   八田さん
他のオスがメスの首根っこをまず捕まえると・・・私が言いましたっけ(^^;)
仰る通りですね! なぜ、全てのトンボが、「見守り産卵」ではなく、より確実な「連結産卵」にすれば 良いのに・・・と思いますよね。
ああ・・・他の♂(雄)からは守れるけれど・・・天敵の目に付き易くなり、雌雄ともに天敵に食べられる危険が増すから・・・「見守り産卵」をする種もあるのかも知れませんね♪(^^)

   ウィンターコスモスさま
トンボ・・・居ませんか?
ああ ウィンターコスモスさま周辺は 野鳥が多いので、野鳥の方に視線が行ってから・・・トンボが見えないのでしょうかv^o^)
 
2019-05-25 * ▲▲▲白竜 (はく りゅう) [ 編集 ]

No Subject
こんにちは
トップの花 「ヤブジラミ」
これも可哀そうな名前ですね
ちょっとセントウソウにも似てますね 見たこと無いです

とんぼの世界も生き抜くための争奪戦
厳しそう 珍しい場面を見られたのですね
2019-05-25 * とりこ [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!

   とリこさま
こんばんは! いつもコメントと ランキングUPのための御支援を ありがとう御座います♪(^^)
「ヤブジラミ」・・・ありがとうございますv^o^)
セントウソウ・・・検索すると 本当ですね!
ヤブジラミに似てます(^^)
自然には 想定外の色々な出来事があるので 楽しいですね!
 
2019-05-25 * ▲▲▲白竜 (はく りゅう) [ 編集 ]