FC2ブログ

♪自然への回帰

 

▶ 郊外の雑木林で 《その5》

~~~~~~~~~~~~

blog_line1.gif

夏ですね! キイトトンボが飛んでいます!
(キイトトンボは 生糸トンボではなくて、 黄・糸トンボです)
     ↓↓
s-kiitotonbo__994 (2)
     ↑↑
腹端(尾端)の方に 黒斑があるので・・・♂(雄)です。
     ↓↓
s-kiitotonbo__1020 (2)


s-kiitotonbo__1001 (2)


s-kiitotonbo__1038 (2)



ーーー▶ 郊外の雑木林で 《その6》 へ。



ブログランキングに参加しています。 ご面倒でなければ 下のバナーをポチッー!と一日一回クリックして頂くと得点が増え・・・順位が徐々に上がる仕組みになっていますので・・・よろしく お願いしま~す♪ 
    ↓↓ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

blog_line1.gif


画像をクリックすると、拡大します。 
拡大した画像を更にもう一回クリックすると もっと大きな画像になります。


コメントは、送信後でも編集(書き直し、削除など)が出来ますので、お気軽にお寄せ下さい。


blog_line1.gif

   

【コメント投稿】: (9)


No Subject * by 八田真田八
私は、シオカラトンボを中心に、トンボの尾部付属器を見て来て、トンボの尾部付属器は、メスは「王冠型」、オスは「二本の角型」と言って良いのかな、と思ってきました。
しかし、今、サナエのメスの尾部付属器をみせてもらったのを見ると、「王冠型」とも「二本の角型」とも言える形状に見えます。
すると、この呼び方は変更した方が良いようです。

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)
     八田真田八さん
こんばんは! いつもコメントと ランキングUPのための御支援を ありがとう御座います♪(^^)
そうですね・・・シオカラトンボとヤマサナエの上付属器(じょうふぞくき)、下付属器(かふぞくき)は・・・トンボですから 基本的には同じ構造ですが・・・大きさも違い、形も少し違う場合が多いです。

No Subject * by せいパパ
昨日は昆虫散策をしたのですが
イトトンボには出会えませんでした。
関東で二番目の大きさの古墳の上に登って自然観察
古墳と知らなければ広大なゴルフ場の様な山にしか見えないです。
応援!

No Subject * by 散輪坊
 キイトトンボにはいまだに縁がありません。
住んでいるところへ行かないためなんでしょうけど。

キイトトンボ * by とんちゃん
名前の意味はそうだったのですね
私は今までずっと「キイイトトンボ」って思っていました。
「紀伊糸トンボ」 紀伊地方にいる糸とんぼ 
全く大きな間違い~
黄色い糸トンボ!だったなんて初めて知りました。
黄色がきれいで眼は淡いグリーン しみじみ見ることができました♪

No Subject * by ウィンターコスモス
おはようございます!

またまた土砂降りの朝です。
キイトトンボを探しに行くどころではありません。。。
昨日はとりあえず降らなかったので
沼でウチワヤンマを探しましたけど
見つけられませんでした。
飛んでいたのも、コシアキトンボばかりでした。

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)
みなさま こんばんは! いつもコメントと ランキングUPの御支援を ありがとう御座います♪(^^) やっと、一年間の強制的な「集合住宅管理組合理事会理事」の役割を終え、ホッとして・・・解放感に浸っているところです♪(^^)

     せいパパさん
ああ あの古墳ですね! 貴県は北の守りと交易の港があり・・・古代の有力者の古墳が多いのですね! 
トンボ類は やはり水があるところを好むようですよ。

     散輪坊さん
キイトトンボは貴市にもいるのでしょうね?
ハッチョウトンボが居たようですよ♪(^^)
(平成25年7月8日付けの信濃毎日新聞で、「長野市内でハッチョウトンボを76年ぶりに確認」と報じられた。)

     とんちゃんさま
えーー?? 紀伊糸トンボとは! 想定外でした♪(^^)
なかなか綺麗なイトトンボです。当地では あちこちに居ますv(^。^)

     ウィンターコスモスさま
貴地は、野鳥は各種野鳥が百花繚乱のごとし・・・ですが、トンボが少ない感じですね(^^) 今日 雨が降っても、ショウジョウトンボ、コシアキトンボ、シオカラトンボは飛んでいましたよ♪(^^)
 

No Subject * by せいパパ
キイトトンボは実際に見たの数える程度
子供の頃に見てたのは水色のイトトンボが主流だった記憶です。
応援!

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜 (はく りゅう)

     せいパパさん
おはようございます! いつもコメントと ランキングUPのための御支援を ありがとう御座います♪(^^)
子供の頃は 昆虫が遊び相手でしたが・・・自然に関心が無かったためか トンボはシオカラトンボしか知りません^^;;

コメント









管理者にだけ表示を許可する

No Subject
私は、シオカラトンボを中心に、トンボの尾部付属器を見て来て、トンボの尾部付属器は、メスは「王冠型」、オスは「二本の角型」と言って良いのかな、と思ってきました。
しかし、今、サナエのメスの尾部付属器をみせてもらったのを見ると、「王冠型」とも「二本の角型」とも言える形状に見えます。
すると、この呼び方は変更した方が良いようです。
2019-07-13 * 八田真田八 [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!
     八田真田八さん
こんばんは! いつもコメントと ランキングUPのための御支援を ありがとう御座います♪(^^)
そうですね・・・シオカラトンボとヤマサナエの上付属器(じょうふぞくき)、下付属器(かふぞくき)は・・・トンボですから 基本的には同じ構造ですが・・・大きさも違い、形も少し違う場合が多いです。
2019-07-13 * ▲▲▲白竜 (はく りゅう) [ 編集 ]

No Subject
昨日は昆虫散策をしたのですが
イトトンボには出会えませんでした。
関東で二番目の大きさの古墳の上に登って自然観察
古墳と知らなければ広大なゴルフ場の様な山にしか見えないです。
応援!
2019-07-14 * せいパパ [ 編集 ]

No Subject
 キイトトンボにはいまだに縁がありません。
住んでいるところへ行かないためなんでしょうけど。
2019-07-14 * 散輪坊 [ 編集 ]

キイトトンボ
名前の意味はそうだったのですね
私は今までずっと「キイイトトンボ」って思っていました。
「紀伊糸トンボ」 紀伊地方にいる糸とんぼ 
全く大きな間違い~
黄色い糸トンボ!だったなんて初めて知りました。
黄色がきれいで眼は淡いグリーン しみじみ見ることができました♪
2019-07-14 * とんちゃん [ 編集 ]

No Subject
おはようございます!

またまた土砂降りの朝です。
キイトトンボを探しに行くどころではありません。。。
昨日はとりあえず降らなかったので
沼でウチワヤンマを探しましたけど
見つけられませんでした。
飛んでいたのも、コシアキトンボばかりでした。
2019-07-14 * ウィンターコスモス [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!
みなさま こんばんは! いつもコメントと ランキングUPの御支援を ありがとう御座います♪(^^) やっと、一年間の強制的な「集合住宅管理組合理事会理事」の役割を終え、ホッとして・・・解放感に浸っているところです♪(^^)

     せいパパさん
ああ あの古墳ですね! 貴県は北の守りと交易の港があり・・・古代の有力者の古墳が多いのですね! 
トンボ類は やはり水があるところを好むようですよ。

     散輪坊さん
キイトトンボは貴市にもいるのでしょうね?
ハッチョウトンボが居たようですよ♪(^^)
(平成25年7月8日付けの信濃毎日新聞で、「長野市内でハッチョウトンボを76年ぶりに確認」と報じられた。)

     とんちゃんさま
えーー?? 紀伊糸トンボとは! 想定外でした♪(^^)
なかなか綺麗なイトトンボです。当地では あちこちに居ますv(^。^)

     ウィンターコスモスさま
貴地は、野鳥は各種野鳥が百花繚乱のごとし・・・ですが、トンボが少ない感じですね(^^) 今日 雨が降っても、ショウジョウトンボ、コシアキトンボ、シオカラトンボは飛んでいましたよ♪(^^)
 
2019-07-14 * ▲▲▲白竜 (はく りゅう) [ 編集 ]

No Subject
キイトトンボは実際に見たの数える程度
子供の頃に見てたのは水色のイトトンボが主流だった記憶です。
応援!
2019-07-15 * せいパパ [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!

     せいパパさん
おはようございます! いつもコメントと ランキングUPのための御支援を ありがとう御座います♪(^^)
子供の頃は 昆虫が遊び相手でしたが・・・自然に関心が無かったためか トンボはシオカラトンボしか知りません^^;;
2019-07-15 * ▲▲▲白竜 (はく りゅう) [ 編集 ]