FC2ブログ

♪自然への回帰

 

▶オシドリ  《その4》

~~~~~~~~~~~~

blog_line1.gif

こんなに争いが多いのは・・・多分 パートナー選びの争いなのでしょう(^-^)
今 自分のパートナーを決めて置いて 一冬一緒に過ごし、 初春になったら繁殖の行動を 即開始するためでしょうか♪(^^)

また争っています^^💦
     ↓↓
Res-oshidori__649 (4)


Res-oshidori__653 (4)


Res-oshidori__654 (4)


Res-oshidori__659 (4)


Res-oshidori__660 (4)



以下は連続写真です。
争っている 左のオシドリに ご注目下さい。
何もしていないこの状態から・・・・・
     ↓↓
Res-oshidori__675 (1)


水中で水を蹴ったのでしょう・・・次の瞬間 ここまで身体を持ち上げることが出来るのです。
     ↓↓
Res-oshidori__676 (2)


そして、今は相手を攻撃しているのですが・・・もう飛び立てる態勢です。
カルガモやコガモなどは オシドリと同じですが・・・カワウやカイツブリは こうは行きません。
何度も何度も水面を蹴り、助走しなければ飛び立てないのです。
飛び立ちでも 水鳥それぞれに 流儀があるのですね♪(^^)
     ↓↓
Res-oshidori__677 (3)



ーーーー▶オシドリ  《その5》  へ。



konchuuekupurora.gif ブログランキングに参加しています。 下のバナーをclickしてランキングUPの支援をお願いしますv(^。^)  
 ↓↓ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

blog_line1.gif

画像をクリックすると、拡大します。 

画面全体が小さいと思われる方は、キーボードの 「Ctrl」キイを押しながら、マウスの歯車をギリギリと、 前方に回転させると画面が大きくなります。
反対側にギリギリ回すと、画面が小さくなります。 画面を元の大きさに戻すには、 「Ctrl「」キイを押しながら キイボードの数字の0(ゼロ)を押します。 手軽な画面拡大・縮小の仕方です♪(^^)


コメントは、送信後でも編集(書き直し、削除など)が出来る“優れもの”ですので・・・お気軽にお寄せ下さい。 
但し、 コメントを送付する時に、パスワードを書き込まなかった方は この機能が使えないので、 ご注意下さい。

blog_line1.gif

   

【コメント投稿】: (8)


No Subject * by 八田真田八
成る程ー!
私はこれまで、小集団で静かに湖面を揺蕩っているオシドリしか見ていませんでした。
例えばオス3羽対メス1羽でも落ち着いていて、争ったりしませんでした。
これはもう激しい争いが終わって、序列のできた後だった可能性が高いですね!
貴重なお話・画像を見せていただき、有難うございました。

▼▼▼コメント深謝! * by ▲▲▲白竜(はくりゅう)

八田真田八さん
おはようございます! いつもコメントとブログ・ランキングUPのための御支援を有難う御座います!
オシドリは 例年、10月半ばころにやって来るのですが・・・
来たばかりの頃は周囲を警戒しなければならず・・・パートナー選びの争いも出来ない状態でしょうね。
八田真田八さんが御覧になったのは その時期のオシドリかも知れません。
そして一か月くらい経ち、安全を確保していると思うと、警戒を解き、パートナー選びに入るのではないでしょうか?
私も俳句の勉強などをさせて頂いていますので・・・お互い様です♪(^^)♪

No Subject * by せいパパ
人間も昔は同じだったんだろうな。
喧嘩が強くても
人間の女性が金銭的に優位な男を選ぶことが多いので
お金という概念がない
動物は喧嘩で優劣を決めてるのだろう。
どっちが良いのかな。
応援!

No Subject * by 八田真田八
>「水鳥それぞれに 流儀がある」!
流儀…と言うか…
私は「住み分け」の一環かなと思います。
ウは尾脂腺も殆ど無いそうです。
ウは大きく分ければ「水中採餌鳥」の一種ですし、オシドリ・マガモ等は「水面採餌鳥」の一種です。
「水中採餌鳥」は、油をあまり身体に付けないので、深く潜れますが、飛び立ちは長く滑走します。
その中間的なのもいます。
みんな、同じ所の餌を食べないように「住み分け」していると聞きます。
それで、嘴の形も色々あるそうです。
また、そのように「進化」したとする捉え方もあるそうです。

▼▼▼コメント深謝! * by ▲▲▲白竜(はくりゅう)
みなさま こんばんは! いつもコメントとブログ・ランキングUPのための御支援を有難う御座います!

     せいパパさん
野鳥の♀(雌)は 喧嘩で勝った♂(雄)をパートナーとして選ぶと云うことばかりではなくて、羽の美しさとか、囀り声の良さなんかも選考の対象になるのでしょうね♪(^^)

     八田真田八さん
度々のコメント、ありがとう御座います!♪(^^)
なるほど!
「水面採餌鳥」と、「水中採餌鳥」は、飛び立ちの仕方が違うということでしたか!
また、一つ学びました♪ 
ありがとう御座いました!(^^)

No Subject * by フクジイ
白竜さん
おはようございます
これまた、激しい争いですね
子孫を残すための闘いとは言え、体力を消耗して
果たして元気な子孫が生まれるのでしょうか
そんな心配は、無用でしょうが
どの世界も、生き残るために必死なのですね

No Subject * by ウィンターコスモス
おはようございます

こんなに争っているのは見たことがありません
そういう時期なんですね〜

▼▼▼コメント深謝! * by ▲▲▲白竜(はくりゅう)
みなさま おはようございます! いつもコメントとブログ・ランキングUPのための御支援を有難う御座います!

     フクジイさん
パートナーを獲得して、子孫を残す争いでしょうね(^^)
子孫を残すことは本能だとすると・・・本能とは何だろう?・・・と考え出すと・・・難しい話になります(^。^) 

     ウインターコスモスさま
パートナー獲得の時期だと思います。
初春になってパートナーを探し始めると 時間がかかり、繁殖に支障が出るかもしれません。
それで、今の時期にパートナーを見つけ、厳しい冬を助け合って乗り切り?・・・春が来ると 即 繁殖に着手する…と云う手順なのでしょう♪(^^)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

No Subject
成る程ー!
私はこれまで、小集団で静かに湖面を揺蕩っているオシドリしか見ていませんでした。
例えばオス3羽対メス1羽でも落ち着いていて、争ったりしませんでした。
これはもう激しい争いが終わって、序列のできた後だった可能性が高いですね!
貴重なお話・画像を見せていただき、有難うございました。
2019-11-25 * 八田真田八 [ 編集 ]

▼▼▼コメント深謝!

八田真田八さん
おはようございます! いつもコメントとブログ・ランキングUPのための御支援を有難う御座います!
オシドリは 例年、10月半ばころにやって来るのですが・・・
来たばかりの頃は周囲を警戒しなければならず・・・パートナー選びの争いも出来ない状態でしょうね。
八田真田八さんが御覧になったのは その時期のオシドリかも知れません。
そして一か月くらい経ち、安全を確保していると思うと、警戒を解き、パートナー選びに入るのではないでしょうか?
私も俳句の勉強などをさせて頂いていますので・・・お互い様です♪(^^)♪
2019-11-25 * ▲▲▲白竜(はくりゅう) [ 編集 ]

No Subject
人間も昔は同じだったんだろうな。
喧嘩が強くても
人間の女性が金銭的に優位な男を選ぶことが多いので
お金という概念がない
動物は喧嘩で優劣を決めてるのだろう。
どっちが良いのかな。
応援!
2019-11-25 * せいパパ [ 編集 ]

No Subject
>「水鳥それぞれに 流儀がある」!
流儀…と言うか…
私は「住み分け」の一環かなと思います。
ウは尾脂腺も殆ど無いそうです。
ウは大きく分ければ「水中採餌鳥」の一種ですし、オシドリ・マガモ等は「水面採餌鳥」の一種です。
「水中採餌鳥」は、油をあまり身体に付けないので、深く潜れますが、飛び立ちは長く滑走します。
その中間的なのもいます。
みんな、同じ所の餌を食べないように「住み分け」していると聞きます。
それで、嘴の形も色々あるそうです。
また、そのように「進化」したとする捉え方もあるそうです。
2019-11-25 * 八田真田八 [ 編集 ]

▼▼▼コメント深謝!
みなさま こんばんは! いつもコメントとブログ・ランキングUPのための御支援を有難う御座います!

     せいパパさん
野鳥の♀(雌)は 喧嘩で勝った♂(雄)をパートナーとして選ぶと云うことばかりではなくて、羽の美しさとか、囀り声の良さなんかも選考の対象になるのでしょうね♪(^^)

     八田真田八さん
度々のコメント、ありがとう御座います!♪(^^)
なるほど!
「水面採餌鳥」と、「水中採餌鳥」は、飛び立ちの仕方が違うということでしたか!
また、一つ学びました♪ 
ありがとう御座いました!(^^)
2019-11-26 * ▲▲▲白竜(はくりゅう) [ 編集 ]

No Subject
白竜さん
おはようございます
これまた、激しい争いですね
子孫を残すための闘いとは言え、体力を消耗して
果たして元気な子孫が生まれるのでしょうか
そんな心配は、無用でしょうが
どの世界も、生き残るために必死なのですね
2019-11-26 * フクジイ [ 編集 ]

No Subject
おはようございます

こんなに争っているのは見たことがありません
そういう時期なんですね〜
2019-11-26 * ウィンターコスモス [ 編集 ]

▼▼▼コメント深謝!
みなさま おはようございます! いつもコメントとブログ・ランキングUPのための御支援を有難う御座います!

     フクジイさん
パートナーを獲得して、子孫を残す争いでしょうね(^^)
子孫を残すことは本能だとすると・・・本能とは何だろう?・・・と考え出すと・・・難しい話になります(^。^) 

     ウインターコスモスさま
パートナー獲得の時期だと思います。
初春になってパートナーを探し始めると 時間がかかり、繁殖に支障が出るかもしれません。
それで、今の時期にパートナーを見つけ、厳しい冬を助け合って乗り切り?・・・春が来ると 即 繁殖に着手する…と云う手順なのでしょう♪(^^)
2019-11-26 * ▲▲▲白竜(はくりゅう) [ 編集 ]