FC2ブログ

♪自然への回帰

 

▶野鳥の森へ 《その2》

~~~~~~~~~~~~

blog_line1.gif

「野鳥の森」と名付けていると云うのに・・・全く小鳥の姿を見かけません。
ところが、誰かが置いたエサには 小鳥たちが集まって来る♪(^^)
鳥が居なかったわけではないんだ・・・と、 妙に感心(^-^)

ところが・・・最初はエサに集まる小鳥たちを 喜んで撮っていたのですが・・・そのうち エサを取りに来ている小鳥たちの動きが 人工的と云うか・・・不自然なのに気付きました^^💦
やはり撮り難くても 自然の姿の小鳥を撮る方がいいなあー・・・と思い、 このヤマガラを最後に 撮影を中止しました。
     ↓↓
Res-yamagara__111 (2)


前方の木の根っこで 何かが動いたのに気付きました。
動いたものにピントを合わせて撮ってみると・・・アオジでした。
     ↓↓
Res-aoji__416 (2)


エサを食べに来る鳥と違って 綺麗には撮れないのですが・・・やはり自然な姿を撮る方が 楽しいですねv(^。^)
     ↓↓
Res-aoji__396 (2)


さて、この場を離れ 池の方へ行ってみました。
案外大きな池です。
     ↓↓
tn.jpg


白いものが浮いていました。
ミコアイサかな?・・・・と思いながら、撮ってみると ユリカモメ でした!
この池は 海岸から30km近く離れていますが・・・飛んで来るのですね。
     ↓↓
Res-yurikamome__563 (2)


ただ一羽ですから・・・迷鳥かも知れませんが・・・。
     ↓↓
Res-yurikamome__517 (2)



ーーーーー▶野鳥の森へ 《その3》 へ



blog_line1.gif


konchuuekupurora.gif ブログランキングに参加しています。 下のバナーをclickしてランキングUPの支援をお願いしますv(^。^)  
 ↓↓ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

blog_line1.gif

画像をクリックすると、拡大します。 

画面全体が小さいと思われる方は、キーボードの 「Ctrl」キイを押しながら、マウスの歯車をギリギリと、 前方に回転させると画面が大きくなります。
反対側にギリギリ回すと、画面が小さくなります。 画面を元の大きさに戻すには、 「Ctrl「」キイを押しながら キイボードの数字の0(ゼロ)を押します。 手軽な画面拡大・縮小の仕方です♪(^^)


コメントは、送信後でも編集(書き直し、削除など)が出来る“優れもの”ですので・・・お気軽にお寄せ下さい。 
但し、 コメントを送付する時に、パスワードを書き込まなかった方は この機能が使えないので、 ご注意下さい。

blog_line1.gif
   

【コメント投稿】: (9)


No Subject * by かぜくさ
やはり自然な姿がいいですよね!
アオジも見たいです。
最近全然鳥を見てないので・・。

▼▼▼コメント深謝! * by ▲▲▲白竜(はくりゅう)

     かぜくささま
こんにちは! いつもコメントとブログ・ランキングUPのための御支援を有難う御座います!
木の実(ヒマワリの種?)を咥えている鳥たちを撮った時、これは撮るべきではないと思いましたね。
また、置いてあるエサに行っていいかどうか・・・周りの状況を警戒している鳥たちも 緊張した状態なので、撮るべきではないと思いました(^^)
自然体の鳥たちが 撮るのも、見るのも ホッコリしますv(^^)

No Subject * by ウィンターコスモス
こんばんは!
ヤマガラもアオジも
目がぱっちり
愛らしいですね!

No Subject * by とんとん
自然なヤマガラさん、おっとりと自然に見えます。
ヤマガラとの出会いは、枝の茂みから水浴びを撮ったのと、木の上にいるところの2回きり。
悲しいです。(涙)

▼▼▼コメント深謝! * by ▲▲▲白竜(はくりゅう)
みなさま こんばんは! いつもコメントとブログ・ランキングUPのための御支援を有難う御座います!

     ウインターコスモスさま
ウインターコスモスさまのトモエガモ・・・いいですねー!
もう、何年も出会っていないので 撮りたいのですが・・・当地では希少です^^💦

     とんとんさま
このヤマガラ・・・私がエサを置いた人と思ったのか 私を掠めて何回も飛び、エサ大歓迎の様子でした。
ヤマガラは 人懐っこい鳥ですね!

No Subject * by せいパパ
今回は冒頭から面白い
切り込み方で興味があります。
餌付けによっての鳥たちの行動
興味津々です。
応援!

No Subject * by フクジイ
白竜さん
おはようございます
大賛成です
昨日、いつもの植物園へ行ってきました
その隣に、小さな人工池があるのですが
誰かが、パンくずなどを与えています
私が何も持たずに近づいても、一斉に向かって来るのです
余り嬉しくない光景ですね

No Subject * by 八田真田八
私も近所の鴨川散歩の時に、「おや! こんな種類の鳥が一緒に居る! 珍しいな!?」と思う時があります。
するとそれは、今さっき、誰かが餌をやっていた後だったという事がよくあります。
鳥は通常「住み分け」をしていますので、それぞれの種が、川の深さ・流れの速さ・草の生え方・土壌の質など色々な環境の違いに適合した生活の仕方をしているものです。
その実態を知りたいのに、「不自然な実態」に遭遇してしまう訳で、何とも苦々しい思いです。
私はやはり、打ち合わせ無く餌をやる人が多い地域では、「住み分け」が崩れ、交雑種ができてしまう事にも繋がるのではないかと考えています。

▼▼▼コメント深謝! * by ▲▲▲白竜(はくりゅう)
みなさま おはようございます! いつもコメントとブログ・ランキングUPのための御支援を有難う御座います!

     せいパパさん
餌付け・・・そうなんですよ。 自然の野鳥は撮るのが難しいと言って・・・珍しい小鳥が居ると 直ぐに餌付けをするカメラマンが居ます。 困ったことです。

     フクジイさん
子供たちが自然と触れ合う機会が少ないので、親たちは子供にパンを投げさせるのでしょうか・・・エサやりの親子が多いですね^^💦 「野鳥にエサを与えないで下さい」との表示があるのですが・・・。

     八田真田八さん
「住み分け(棲み分け)」・・・セキレイの仲間たちも、上流はキセキレイ、中流はセグロセキレイ、下流はハクセキレイ・・・イワナが上流、 ヤマメが下流・・・と、住み分けをしている話は聞いたことがあります。
生きものたちが生存競争を激化させないで、平和裏(裡)に共存する一つの知恵なんでしょうね。
     

コメント









管理者にだけ表示を許可する

No Subject
やはり自然な姿がいいですよね!
アオジも見たいです。
最近全然鳥を見てないので・・。
2019-12-24 * かぜくさ [ 編集 ]

▼▼▼コメント深謝!

     かぜくささま
こんにちは! いつもコメントとブログ・ランキングUPのための御支援を有難う御座います!
木の実(ヒマワリの種?)を咥えている鳥たちを撮った時、これは撮るべきではないと思いましたね。
また、置いてあるエサに行っていいかどうか・・・周りの状況を警戒している鳥たちも 緊張した状態なので、撮るべきではないと思いました(^^)
自然体の鳥たちが 撮るのも、見るのも ホッコリしますv(^^)
2019-12-24 * ▲▲▲白竜(はくりゅう) [ 編集 ]

No Subject
こんばんは!
ヤマガラもアオジも
目がぱっちり
愛らしいですね!
2019-12-24 * ウィンターコスモス [ 編集 ]

No Subject
自然なヤマガラさん、おっとりと自然に見えます。
ヤマガラとの出会いは、枝の茂みから水浴びを撮ったのと、木の上にいるところの2回きり。
悲しいです。(涙)
2019-12-24 * とんとん [ 編集 ]

▼▼▼コメント深謝!
みなさま こんばんは! いつもコメントとブログ・ランキングUPのための御支援を有難う御座います!

     ウインターコスモスさま
ウインターコスモスさまのトモエガモ・・・いいですねー!
もう、何年も出会っていないので 撮りたいのですが・・・当地では希少です^^💦

     とんとんさま
このヤマガラ・・・私がエサを置いた人と思ったのか 私を掠めて何回も飛び、エサ大歓迎の様子でした。
ヤマガラは 人懐っこい鳥ですね!
2019-12-25 * ▲▲▲白竜(はくりゅう) [ 編集 ]

No Subject
今回は冒頭から面白い
切り込み方で興味があります。
餌付けによっての鳥たちの行動
興味津々です。
応援!
2019-12-25 * せいパパ [ 編集 ]

No Subject
白竜さん
おはようございます
大賛成です
昨日、いつもの植物園へ行ってきました
その隣に、小さな人工池があるのですが
誰かが、パンくずなどを与えています
私が何も持たずに近づいても、一斉に向かって来るのです
余り嬉しくない光景ですね
2019-12-25 * フクジイ [ 編集 ]

No Subject
私も近所の鴨川散歩の時に、「おや! こんな種類の鳥が一緒に居る! 珍しいな!?」と思う時があります。
するとそれは、今さっき、誰かが餌をやっていた後だったという事がよくあります。
鳥は通常「住み分け」をしていますので、それぞれの種が、川の深さ・流れの速さ・草の生え方・土壌の質など色々な環境の違いに適合した生活の仕方をしているものです。
その実態を知りたいのに、「不自然な実態」に遭遇してしまう訳で、何とも苦々しい思いです。
私はやはり、打ち合わせ無く餌をやる人が多い地域では、「住み分け」が崩れ、交雑種ができてしまう事にも繋がるのではないかと考えています。
2019-12-25 * 八田真田八 [ 編集 ]

▼▼▼コメント深謝!
みなさま おはようございます! いつもコメントとブログ・ランキングUPのための御支援を有難う御座います!

     せいパパさん
餌付け・・・そうなんですよ。 自然の野鳥は撮るのが難しいと言って・・・珍しい小鳥が居ると 直ぐに餌付けをするカメラマンが居ます。 困ったことです。

     フクジイさん
子供たちが自然と触れ合う機会が少ないので、親たちは子供にパンを投げさせるのでしょうか・・・エサやりの親子が多いですね^^💦 「野鳥にエサを与えないで下さい」との表示があるのですが・・・。

     八田真田八さん
「住み分け(棲み分け)」・・・セキレイの仲間たちも、上流はキセキレイ、中流はセグロセキレイ、下流はハクセキレイ・・・イワナが上流、 ヤマメが下流・・・と、住み分けをしている話は聞いたことがあります。
生きものたちが生存競争を激化させないで、平和裏(裡)に共存する一つの知恵なんでしょうね。
     
2019-12-25 * ▲▲▲白竜(はくりゅう) [ 編集 ]