▶市内の緑地ーカワウ

オオバンの動きを眺めていると・・・カワウが飛び立とうと 助走を開始しました(^^)
陸鳥で、助走をして飛び立つ鳥は居ません。
ところが、水鳥は、私が実際に見ただけでも・・・カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、コブハクチョウなど・・・助走しなければ飛び立てない水鳥が多く居ます。 
なぜでしょう?
たぶん水面を生活の場にするようになった水鳥は、防水とか防寒の必要性や、水中で素早く動くための足のヒレ、採餌するための大きく、広い嘴などの付属品・・・などから、体が重くなってしまったのではないでしょうか? 
重い体で飛び立つには、助走してスピードをつけて浮力を得る、航空機と同じ原理でしょうね (^-^)
a-Resized__kawau_1_80 (2)

a-Resized__kawau_2_81 (2)

a-Resized__kawau_3_82 (2)

a-Resized__kawau_4__83 (2)

a-Resized__kawau_5_86 (2)

blog_line1.gif


 ブログ・ランキングに参加しています♪(^^) 
通りすがりの方も 一日一回、ポチッ!と 御協力を!v(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

*

コメントの投稿

非公開コメント

No title


(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
 流石、観察されて居ますネ
カワウ・・・大阪城の石垣に羽を広げてへばりついている姿を
見ましたが、アップしないまま終わってしまいました。

 目の方は大丈夫ですか? お大事にしてくださいませ。
こちらは色々検査が始まりました。
胃カメラ、眼底検査が待って居ます(笑)

No title

先程コメントしましたが・・・

カワウ・・・と オオバンの区別がつかなくなりました・・・
失礼しました<(_ _)>

▶▶▶▶▶コメント 深謝!

Miyakoさま  こんばんは!
いつも、コメントを、有難う御座います!

カワウは、鵜飼いに使う「ウミウ」に良く似たデッカイ黑い鳥です。
よく羽を広げて、乾かしていますね。
オオバンは、顔の中央の白い「額板」と白い嘴が連なっているので、直ぐに判りますよ♪(^^)
大阪城のオジロビタキ・・・素晴らしいですね!

No title

こんばんは
助走シーンは面白いですよね。
水の上を走ってる~って感じます。
P☆

▶▶▶▶▶コメント 深謝!

   はぴさま こんばんは!
いつも、コメントを、有難う御座います!
河津桜+メジロの、桜次郎・・・華やかで 素晴らしいですね!
私も はぴさまのように 撮りたいですね!♪(^^)♪

No title

助走してるなんて
細かい所まで
見た事が無かったです
今度水鳥を見に行く機会があれば
観察します。

No title

おはようございます。
助走を要する鳥の解説、ごもっともですね。私もその説をこれから利用させてもらいます。小学生から質問があるかもしれません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

白竜雲さん
おはようございます
このように鳥が羽を広げた姿は、美しいですね
何度も挑戦したことがありますが、いつもピンボケです
さすがですね

▶▶▶▶▶コメント 深謝!

みなさま  おはようございます!
いつも、コメントを、有難う御座います!

せいパパさん
そうですね・・・カワウは 潜望鏡の様な長い首を水面から出して泳いでいることが多く、 なかなか助走して 飛び立ちませんからね(^^)
運が良ければ、見られますよ♪(^^)♪

KOZAKさん
いえいえ・・・調べたわけではないので、私のは仮説です(^^;)
子供たちには正確な説明をする必要がありますから、機会がありましたら、専門家の方にお聞き下さいv(^^)

鍵コメさま
木道が、自然環境を壊すのではないかと心配しましたが・・・どうも的外れのようですね。 お手数ですが、よろしく お願いします。

フクジイさん
あれあれ・・・ブログをお休みのところ…有難う御座います!
今日は、公園を歩かれますか?
野山は歩かれませんか・・・春の息吹きを吸収して 元気を貰えますから 野道を往きましょうヽ(^。^)ノ 

No title

今晩は。

こちらではカワウがコロニーを付くちゃって、
生態系を壊してしまうので困っている様です。

前はいなかったのにいったいどこからきたのでしょう。
少しなら別に問題なさそうですが・・・v-12

No title

こんばんは。
水の上を走るのですから、これが人間であれば忍者と言ったところですね。
私も時々水の上を走る川鵜を見ますが、中々写すまでには至りません。
p

▶▶▶▶▶コメント 深謝!

みなさま  こんばんは!
いつも、コメントを、有難う御座います!

   Simoさん
こちらでは、「鵜ノ山」と云うところがあり、鵜が増殖中です!
鵜は羽があるので 当地から貴地へも 飛べます(^-^)

   Hiro-photoさん
忍者でも、カワウなどの水鳥のように 水面上を走れません。
上った水しぶきが数個 消えない内に駆け抜けるのですから 相当なものです(^^)
やはり6-8コマ/秒の デジ一眼の威力でしょうね♪(^^)
プロフィール

 ▶白竜(はく りゅう)

Author: ▶白竜(はく りゅう)
横綱の「鵬」関と「鶴」関にあやかって、ハンドルネームを《白竜》にしました(^-^)2004年から、自然写真を撮りながら森や野山をノ~ンビリ歩き、素晴らしい日本(東海地方)の四季を楽しみつつ、自然環境や生きものたちの変化を観察しています。【管理画面へ】
**********************************
ブログ・ランキングに参加しています.にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ/日本ブログ村/
****************************

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
■新カウンター(2015_2_~    
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED     本日: SEO対策はUNFINISHED       昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED
QRコード
QR
日めくり
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ランキング