▶また 晴れました!(その1)


【2015-11-12(木) 記】 

また 晴れました!
市内の緑地公園を覗いたら・・・ハクセキレイが出迎えてくれました!d(^^)
     ⇊
ar-hakusekirei__2600 (2)

真剣な表情で、餌を探しています(^^)
     ⇊
ar-hakusekirei__2627 (2)

もうすぐ 絶滅危惧種になるかも知れない・・・おスズメ様です(^o^)
     ⇊
ar-suzume__2654 (2)

子孫を絶やさないように ガンバッテね!♪(^^)
   ⇊
ar-suzume__2656 (2)

日光浴しているのは・・・何チョウでしょう?
ヒメアカタテハですね(^.^)
このチョウは 越冬するはずです(^^)
     ⇊
ar-himeakatateha__2676 (2)

公園内を歩いて陸鳥を探したのですが・・・いませんね(>_<)
仕方がないので 池の方へ行ってみました(^-^)

遠くに居るのは?・・・あーれ 珍しいや!
当地には少数しか来ない ヨシガモですね!
     ⇊
ar-yoshigamo__2797 (2)

【ご参考】 何回も御紹介してますが・・・このスズメたちもあと半世紀もすれば、絶滅危惧種になるかもしれません。
以下は、2011年 11月 16日付の朝日新聞の記事ですが、スズメの数が減少していることを報じています。
貴重な記事ですので、消えてなくなくならないように、ここに再度 採録して、自然を考える資料とします。
              
 *************** 

スズメ、20年で6割減少か 
    都市部での子育て難しく

 国内のスズメの個体数が過去約20年間で約6割も減ったとする報告を立教大と岩手医科大のグループがまとめた。環境省の委託を受けた山階鳥類研究所が全国で実施している鳥類標識調査のデータをもとに推定した。

 立教大の森本元(げん)研究員と岩手医科大の三上修助教は、近年、指摘されているスズメの減少傾向を探るために、足輪を付けて移動経路を調べる鳥類標識調査に着目した。この調査では特定の場所に来た鳥をすべて捕獲するため、つかまえた鳥の中のスズメの割合の変化をみることで、増減の傾向を突きとめられると考えた。

 1987年から2008年まで調査を継続していた全国31カ所の標識ステーションのデータを調べると、全体では毎年7万羽前後の鳥がつかまえられてきたが、スズメは当初の4千羽前後から最近は1千羽前後に減った。割合では、全体の6%だったのが2%以下になった。さらに、各地の傾向を総合的に解析、周期的変動なども考慮して検証したところ、スズメが21年間で約6割減少したという結果が得られた。

 三上さんはこれまで、限られた地域での経年的な調査記録や、農地における駆除のための捕獲統計などから、1990年以降スズメが5~8割減少したという推定を出していた。今回の結果から、自然度の高い全国の標識ステーションでも従来の推定と同じように減少していることが示された。森本さんは「従来と異なるデータで同じような結果が出た。スズメは確実に減っていると言えそうだ」と話す。

 スズメは、屋根瓦の下など人工物を利用して巣作りをすることが多いが、住宅の構造が変わり、巣を作れる場所が減ってきた。

 グループは、営巣適地や食べる餌の減少で、都市部を中心にスズメの少子化が進んだことが大きな要因とみて、詳しい調査を続けることにしている。(米山正寛)

・・・・▶また 晴れました!(その2)へ・  (^^;)

blog_line1.gif



ブログ・ランキングに参加しています♪(^^) 
*
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ  ☚クリック!
にほんブログ村
   いつも ご協力・ご支援を戴き ありがとうございます!♪(^^)
  

 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 スズメが少なくなったと言われますが、この辺りでは
これからの時期ものすごい数の群れが見られます。
そして木に止まっての鳴き声が賑やかです。

No title

暖かい日差しの中
小鳥たちのさえずりが聞こえてきそうです。

No title

おはようございます
ハクセキレイの若鳥でしょうか
色が淡くて可愛いですね
カモ類もいろいろな種類があって見分け方が難しい~
ヨシガモは、少ない種類でしょうか

今朝は曇りで寒いです
晴れは一日だけでした~(--〆)

▼▼▼コメント 深謝!

みなさま  おはようございます!
いつも早朝から、コメントと応援ボチッP☆を、有難う御座います!

     散輪坊さん
スズメは、昔は多かったのですが・・・今は僅かです(-_-;)💦
貴県は生きものたちの楽園ですから・・・可愛がってやって下さい!

     せいパパさん
晴れると・・・心も晴れ晴れします!
やる気が出ます!♪(^^)


     とりこさま
頬に黄色みが入っているので 若鳥でしょうか?
そうですね・・・当地の池では珍しく、居ても2~3羽ですから、少ない水鳥だと思います


No title

おはようございます(^^♪
 さすがに、色々の鳥を撮られて居ますネ
時々、スズメが少ないと言う記事を見ますが、ハトと一緒に
多く居ますが・・・鳩はベランで糞をしたり害が有ります。
スズメも偶にベランダに来てチュンチュン鳴いて居ます。

▼▼▼コメント 深謝!

Miyakoさま  おはようございます!
いつも、コメントと応援ポチッ!_P☆!を、有難う御座います!
スズメは、日本では童謡や昔話に取り入れられて、親しみのある鳥ですが・・・案外、人を警戒しますね(^^;)
2mまで近付くと 逃げますね!^^;;
むしろ、キジバトの方が 近寄らせてくれます♪(^^)

スズメ

白竜雲さま、こんにちは

減少している雀の件・・・
5・6年ほど前のNHKだったか?ネイチャー番組放送で
知りました。
確かに近年建て替えた我が家も屋上をつけてしまい、
瓦屋根がありません。
家の周囲の田んぼも、ここ20年で激減。
倉庫やアパート、住宅街、コンビニに変わっていて、
昔ながらのうねった屋根瓦は、資産家の農家さんとか
我が家近辺に昔から立っているお宅の数軒のみです。
確かにスズメが住みにくい環境になっているのです。

その放送が、きっかけで、我が家では、秋から春までの寒い期間、
玄関前あたりに縄張りを持っている雀一家(7、8羽)に
朝・夕に玄米を一握り、撒くようになったのです。

繁殖期から秋の中盤辺りは、新鮮な食べ物が豊富なようで
我が家には全く寄り付きもしませんが
秋が深まり空気が冷たくなりだす頃、一家が我が家にきます。

朝は2階の花壇にとまり、窓から中を覗いているんです。
今年も、2週間程前から待っているようになりました。
外出先から夕方戻ってくると、私の車のフロントガラス前で
ホバリングしながらはしゃいで、「お米、お米!!」
軽い気持ちで始めてしまいましたので、まさか、こんなに
あてにされるとは、、、ですけど、
餌が探しにくい寒い期間、朝夕食べる分位は
続けなくてはと思う次第です。

No title

白竜雲さん
こんにちは
言われてみれば、確かに目にする機会が少なくなったような気がします
稲作が機械化されたことも影響しているのでしょうか?
随分昔は、全て手作業だったので、刈り取った後に稲穂が落ちており
スズメが喜んで食べていましたものね
今は、コンバインでこぼすことなく刈り取っていますものね
スズメにとっては、住み難くなっているのでしょうね

No title

すずめが少なくなって来てるのですね、
こちらまだまだたくさんいて、騒がしくて困っていたけど
少なくなって来ると思うと寂しいわ。
いつも庭に降りて、餌探ししています。
草の実や虫を食べています。
先日、裏口からすずめが飛び込んできました。
窓を開けようとしたとたん、犬がパクっでした。可哀想なことしました。

こんにちは~

スズメにそんな危機が迫っているなんて知りませんでした。
スズメにも少子化が・・・・
そういわれれば昔より見かけなくなったような気がします。

▼▼▼コメント 深謝!

みなさま こんばんは! 
いつも、コメントと応援ポチッ!☆を、ありがとうございます!

     ゆきさま
冬季の食料供給ですか! お優しいですね!
スズメも感謝していることでしょう。
そのうち、スズメがお礼に 大小2個の葛籠を持って来ますから、 小の方を貰って下さいね!ヽ(^。^)ノ

     フクジイさん
そうですね!食糧難があるかも知れませんね(^^;)
今日も自然観察から帰ろうとした時、2羽のスズメに会いましたので、
声をかけて、励ましましたv(^^)

     笑さま
そうですね・・・笑さまの畑の周辺には 沢山いましたね!
兎に角、 笑さまの地方は 自然が残っていますよ。
多分、 農薬も強力なのを使わないようにしているのでしょうね(^-^)
あの腕白ワンコが パクッですか! 何でも齧るワンコですね!

     Ikukoさま
スズメを撮る度に、 この朝日新聞の記事も御紹介しています。
当地では 郊外に行っても スズメを殆ど見掛けません(^^;)

No title

今晩は。

スズメが少なくなるなんて寂しい事ですね。
小鳥達が安心して住める環境に
人間も住みたいですヨネ。v-12

No title

こんばんは。
雀は一番身近にいていつでも見られる小鳥のはずですが、”絶滅危惧種になるかも知れない・・・”とは、少し怖い気がしますね。
今日も鏡川に行ってきましたが、葦の茂みの中に入ったり出たりしながら餌を食べていました。
可愛いですよね・・・・。
P

こんばんは

スズメ、まだ他の野鳥に比べれば、
スズメか〜ですけど
住宅地では減っていると思います。
以前はうちのベランダのプランターでさえ
砂浴びしてたりしました。
数年前から近所ではあまり見かけません。

河原の草むらなどにはかなり大きな群れがいますけど
公園でも灌木の枝に鈴なりというのは減ったようです。

ヨシガモ、まだ一度しか見たことがありません〜

No title

みなさま こんばんは! 
いつも、コメントと応援ポチッ!☆を、ありがとうございます!

     Simoさん
そうですね! 生物の多様性が失われていくと云うことは、 人間の生存にもダメージを与えることを意味します。
生きものたちとは 共存共栄が良いですね(^-^)

     Hiro-photoさん
貴県は自然が残っていると思いますので スズメの数も多いと思います。 当地では、20羽くらいのグループを見かけるのは稀です^^;;
生きものは 大切にしたいですね♪(^^)

     ウィンターコスモスさま
当地より貴県は スズメが多いようですね(^^)
それでも 減っていますか!
ヨシガモは 渡って来るのが 少ないのでしょうかね?

No title

おはようございます。

メダカも数を減らしているといいますが、スズメもですか・・・
おなじみ慣れ親しんだ生き物が少なくなるというのは寂しい限りですね。

逆にオオタカのように絶滅危惧から解除された生き物もいます。

身近な生き物だから特別扱い・・・というわけではありませんが絶滅させなようにしなければなりませんね。

▼▼▼コメント 深謝!

白鴉さん  こんにちは!
コメントとP★!を、 ありがとうございます!
あっ・・・オオタカは絶滅危惧種から解除されましたか!
気付きませんでした! 良かったですね!♪(^^)
仕事と勉学の両立・・・大変でしょうね!
プロフィール

 ▶白竜(はく りゅう)

Author: ▶白竜(はく りゅう)
横綱の「鵬」関と「鶴」関にあやかって、ハンドルネームを《白竜》にしました(^-^)2004年から、自然写真を撮りながら森や野山をノ~ンビリ歩き、素晴らしい日本(東海地方)の四季を楽しみつつ、自然環境や生きものたちの変化を観察しています。【管理画面へ】
**********************************
ブログ・ランキングに参加しています.にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ/日本ブログ村/
****************************

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
■新カウンター(2014_3_10~    
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED     本日: SEO対策はUNFINISHED       昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-