FC2ブログ

♪自然への回帰

 

▶ホシミスジの捕獲

先日撮ったホシミスジですが・・・市内の緑地公園に住みついている模様です。
では、 このチョウたちは何処から来たのか?
研究者のA氏(ホシミスジ研究の日本における第一人者)から、 「DNA鑑定をして、ホシミスジが どの方面から移動して、その生息域を拡大しているのか、調べたいので、1頭捕まえて送ってもらえないか」との依頼がありました。
それで、今日の昼頃、ネットを持って現地へ(^^)

この、チョウを含め、3頭のホシミスジが飛び交っていました。
ネットは、半世紀以上も使ったことがありません。
しかし、このチョウは フワリ フワリと 優雅に飛ぶものですから 簡単に網の中に。
3角に折ったティッシュに包んで持ち帰りました^^;; 
可哀想ですが・・・研究のためです^^;;;;;
a-Resized__hoshimisuji__137 (2)

ブログ・ランキング用のバナーは、左の欄・上部に置いてます。

   

【コメント投稿】: (13)


No title * by みどり
何事も研究のためですね。
本当に珍しそうな蝶です。

No title * by せいパパ
DNA鑑定
今では自然科学に分野でも
使われるとは知りませんでした。
大役お疲れ様でした
きっとこの蝶も歴史にDNAが永遠に
残ることでしょう。

No title * by kanageohis1964
こんにちは。

一昔前にはヒトゲノムの解読だけでも何年も掛かりそうだと言われていたと思います。それが今や多くの生物の解析に多用される手法に…随分と研究手法が進化したものだと思います。

No title * by hirugao
白雲さん

まだわからないことあるのですね~
これでどこから来たのかわかれば研究のお役に立てますね。

すごいなあ~♪



* by YUMI
そうか、こういうところでも、DNAが使われるのですね。
研究の成果やいかに。

No title * by フクジイ
白雲さん
おはようございます
研究のために、一役かって出て、素晴らしいことですね
>発明品を考えて、世のお役に立つ・・・
と仰っていただきましたが、私の場合は、自己満足です
色んな分野で研究を進められている方がおられるのですね
この研究が、社会にどう貢献できるのか、私には予測できませんが
とんでもないことが明らかになることを願いたいですね

No title * by はぴ
かわいそうだけど・・・
このコの命が研究の役立つといいですね。
P☆

研究協力 * by 埼玉の玉五郎
白雲様は蝶等の生態研究に一役の協力を・・・・。
素晴らしい事です。
私なんか無為に鳥や虫を捕っているだけですので
恥ずかしく思いました。
そのうちに何か役に立つ事も考えなくては。

No title * by itohnori
白雲さん、こんにちは。
 蝶のDNA鑑定で何処から来たのか、生息域が拡大しているのか分かるのですか!
科学の進歩は凄いですね。

すごいですね * by 古庵
こんにちは
ホー! ホシミスジの分布拡大のルートを調べるために、DNA鑑定ですか。それに白雲さんが一役かわれていますか。
すごいですね。

人間が意図したか否かは別として、逃がしたり逃げたり餌の移動などで分布が変わることや、交雑種が生まれたりは良く聞きますね。

でもホシミスジの場合は、自力での分布拡大でしょうね。
アッ 温暖化が原因なら やはり人間のせいですね。

いずれにせよ、結果が気になりますね。

No title * by simosan
今晩は。

可哀想ですが
どこか楽しそうな研究ですね。
頑張ってください。

No title * by hiro-photo
こんばんは。
捕獲した蝶も、研究の役に立って以降住処を広げ生息数が増えるのであれば、浮かばれますね・・・。
P

▶コメント 深謝! * by ●白雲 (はくうん)
みなさま  こんばんは!
いつも、コメントを、有難う御座います!

みどりさま
清書の和訳・・・時間がかかりました^^;;;;;が 和約を探し出せました!
やはり キリスト教関係は 資料が充実してますね!v(^^)

せいパパさん
昆虫のDNA解析が行われるようになってから、名前まで変わる蝶やトンボが出て来て、混乱します^^;;;;;
科学の発達も 良し悪しですね^^;;

Kanageohis1964さん
科学の進歩は早いですね。
胎児のDNA鑑定の結果、出産しない人も増えているとか(><)

一昨日まで、毎日 貴Blogのポイント用バナーをクリックしていたのですが、忙しくなり・・・すみませんm(_ _)m

Hirugaoさま
冗談ではなく・・・Hirugaoさま方面から 三重県南部を通過して それが北上したらしいのです。
学会で発表があるでしょう。

YUMIさま
思い掛けない所でDNAが出て来るでしょう?
昆虫のDNAは どんな構造なんでしょうね?

フクジイさん
私もホシミスジが居なかった当地に、どのグループが進出して来たのか、それがどんな意味を持つのか・・・など、判りませんが・・・地球温暖化との関連があるのでしょうか? 素人には判りません^^;;;;;

はぴさま
殺さずに済みました!ヽ(^^)ノ
今日 6/3の記事をお読み下さいね!

玉五郎さん
以前から 研究協力はしたいと思っていました。
2-3回、珍蝶などの発見が同好会誌に出たことはあるんですが・・・(^^)♪

Itohnoriさん
研究者は 凄いですね!
でも、フィールドに出る回数は 素人のわれわれの方が多いですから、研究の推論を実証するお役に 我々が立つことも 稀にはありますv(^^)

古庵さん
東京の、小金井辺りでホシミスジが見つかり、それは瀬戸内・近畿グループだったそうで、人為的な移動だったのでしょうね^^;;;;;
当地に来たのは、どうも瀬戸内・近畿グループが三重を通過して、四日市市辺りから北上して来たらしいのです。 研究者A氏の説なんですが・・・。

Simoさん
可哀想なことにならなくて済みました^^;;;;;
研究は面白そうなんですが・・・。

Hiro-photoさん
生きものを 犠牲にせずに済みました。
ホシミスジは 食草が増えて、 数を増やしているようです♪(^^)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

No title
何事も研究のためですね。
本当に珍しそうな蝶です。
2014-06-03 * みどり [ 編集 ]

No title
DNA鑑定
今では自然科学に分野でも
使われるとは知りませんでした。
大役お疲れ様でした
きっとこの蝶も歴史にDNAが永遠に
残ることでしょう。
2014-06-03 * せいパパ [ 編集 ]

No title
こんにちは。

一昔前にはヒトゲノムの解読だけでも何年も掛かりそうだと言われていたと思います。それが今や多くの生物の解析に多用される手法に…随分と研究手法が進化したものだと思います。
2014-06-03 * kanageohis1964 [ 編集 ]

No title
白雲さん

まだわからないことあるのですね~
これでどこから来たのかわかれば研究のお役に立てますね。

すごいなあ~♪


2014-06-03 * hirugao [ 編集 ]

そうか、こういうところでも、DNAが使われるのですね。
研究の成果やいかに。
2014-06-03 * YUMI [ 編集 ]

No title
白雲さん
おはようございます
研究のために、一役かって出て、素晴らしいことですね
>発明品を考えて、世のお役に立つ・・・
と仰っていただきましたが、私の場合は、自己満足です
色んな分野で研究を進められている方がおられるのですね
この研究が、社会にどう貢献できるのか、私には予測できませんが
とんでもないことが明らかになることを願いたいですね
2014-06-03 * フクジイ [ 編集 ]

No title
かわいそうだけど・・・
このコの命が研究の役立つといいですね。
P☆
2014-06-03 * はぴ [ 編集 ]

研究協力
白雲様は蝶等の生態研究に一役の協力を・・・・。
素晴らしい事です。
私なんか無為に鳥や虫を捕っているだけですので
恥ずかしく思いました。
そのうちに何か役に立つ事も考えなくては。
2014-06-03 * 埼玉の玉五郎 [ 編集 ]

No title
白雲さん、こんにちは。
 蝶のDNA鑑定で何処から来たのか、生息域が拡大しているのか分かるのですか!
科学の進歩は凄いですね。
2014-06-03 * itohnori [ 編集 ]

すごいですね
こんにちは
ホー! ホシミスジの分布拡大のルートを調べるために、DNA鑑定ですか。それに白雲さんが一役かわれていますか。
すごいですね。

人間が意図したか否かは別として、逃がしたり逃げたり餌の移動などで分布が変わることや、交雑種が生まれたりは良く聞きますね。

でもホシミスジの場合は、自力での分布拡大でしょうね。
アッ 温暖化が原因なら やはり人間のせいですね。

いずれにせよ、結果が気になりますね。
2014-06-03 * 古庵 [ 編集 ]

No title
今晩は。

可哀想ですが
どこか楽しそうな研究ですね。
頑張ってください。
2014-06-03 * simosan [ 編集 ]

No title
こんばんは。
捕獲した蝶も、研究の役に立って以降住処を広げ生息数が増えるのであれば、浮かばれますね・・・。
P
2014-06-03 * hiro-photo [ 編集 ]

▶コメント 深謝!
みなさま  こんばんは!
いつも、コメントを、有難う御座います!

みどりさま
清書の和訳・・・時間がかかりました^^;;;;;が 和約を探し出せました!
やはり キリスト教関係は 資料が充実してますね!v(^^)

せいパパさん
昆虫のDNA解析が行われるようになってから、名前まで変わる蝶やトンボが出て来て、混乱します^^;;;;;
科学の発達も 良し悪しですね^^;;

Kanageohis1964さん
科学の進歩は早いですね。
胎児のDNA鑑定の結果、出産しない人も増えているとか(><)

一昨日まで、毎日 貴Blogのポイント用バナーをクリックしていたのですが、忙しくなり・・・すみませんm(_ _)m

Hirugaoさま
冗談ではなく・・・Hirugaoさま方面から 三重県南部を通過して それが北上したらしいのです。
学会で発表があるでしょう。

YUMIさま
思い掛けない所でDNAが出て来るでしょう?
昆虫のDNAは どんな構造なんでしょうね?

フクジイさん
私もホシミスジが居なかった当地に、どのグループが進出して来たのか、それがどんな意味を持つのか・・・など、判りませんが・・・地球温暖化との関連があるのでしょうか? 素人には判りません^^;;;;;

はぴさま
殺さずに済みました!ヽ(^^)ノ
今日 6/3の記事をお読み下さいね!

玉五郎さん
以前から 研究協力はしたいと思っていました。
2-3回、珍蝶などの発見が同好会誌に出たことはあるんですが・・・(^^)♪

Itohnoriさん
研究者は 凄いですね!
でも、フィールドに出る回数は 素人のわれわれの方が多いですから、研究の推論を実証するお役に 我々が立つことも 稀にはありますv(^^)

古庵さん
東京の、小金井辺りでホシミスジが見つかり、それは瀬戸内・近畿グループだったそうで、人為的な移動だったのでしょうね^^;;;;;
当地に来たのは、どうも瀬戸内・近畿グループが三重を通過して、四日市市辺りから北上して来たらしいのです。 研究者A氏の説なんですが・・・。

Simoさん
可哀想なことにならなくて済みました^^;;;;;
研究は面白そうなんですが・・・。

Hiro-photoさん
生きものを 犠牲にせずに済みました。
ホシミスジは 食草が増えて、 数を増やしているようです♪(^^)
2014-06-03 * ●白雲 (はくうん) [ 編集 ]