FC2ブログ

♪自然への回帰

 

▶“いつもの丘陵地”で!(その2)

【2016-7-25(月) 記】

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『力を合わせて全体の進歩を図る』


blog_line1.gif


タンボや小川から移動して、休耕田に水が入っている所に来ました(^o^)
その一角には,ハスの花が咲いていました。
     ⇊
a_Rs-hana__5700 (2)


ハスの花にトンボが留まるシーンを撮ろうと ハスの花を見回します(^-^)
     ⇊
a_Rs-hana_hasu__5695 (2)


シオカラトンボ、 ウスバキトンボ、ギンヤンマが スイスイと飛ぶのですが・・・ハスの花には留まりません^^;💦
     ⇊
a_Rs-hana_hasu__5691 (2)


ここにも チョウトンボが居たので ビックリ!
     ⇊
a_Rs-choutonbo__5577 (2)


ギンヤンマのカップルが目の前を横切り、 遠くの方に着水しました!
     ⇊
a_Rs-ginyanma__5670 (2)


産卵ですね!
    ⇊
a_Rs-ginyanma__5607 (2)


道端に、「ユウゲショウ」(別名: アカバナユウゲショウ) が一本だけ咲いていました♪(^^)
     ⇊
a_Rs-benibanayuugeshou__5557 (2)


これは? 
イヌホオズキ」でしょうか?
ヒヨドリジョウゴ」でしょうか??

【追記】・・・みなさまのコメントで、 「イヌホオズキ」 と決定しました!♪(^^)
  ⇊
a_Rs-hana_inuhoozuki__5530 (hiyodorijyougo)



葉はこれです。
     ⇊
a_Rs-hana_inuhoozuki__5533 (hiyodorijyougo)


青い果実をつけています(^-^)
     ⇊
a_Rs-hana_mi__5541 (2)


ーーー▶“いつもの丘陵地”で!(その3) へ。


blog_line1.gif 
 

 

▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●

   

【コメント投稿】: (12)


No title * by 散輪坊
 沢山のハスの花を見られる池がありましたが、灌漑用のためなのか
根っこ毎きれいにされてしまい花を全く見られなくなって残念です。
その池でトンボを見られたのですが、周囲に柵をめぐらされて水辺に
近付けなくなりました。

 最後の花はイヌホウズキではないでしょうか。
 

最後の植物は * by itotonbosan
おはようございます。
最後の植物の特徴は次の通りです。
①葉は3~5裂になっていません。
②茎は毛深くありません。
③実の柄が1箇所から出ている。
以上の理由からイヌホオズキと思われます。

④この植物の茎は蔓になっていないと思われますが,ご自分でお確かめ下さい。(イヌホオズキは蔓性の植物ではないからです。)
P☆!

No title * by フクジイ
白竜雲さん
おはようございます
先日、あの大賀博士がハスの種を発見したという所で観蓮会というのがあり
行ってきました
トンボが飛んでいましたが、残念ながらハスに止まってくれませんでした
沢山の人が来られていたので、トンボは飛び回るだけでした

こちらでも、セミの鳴き声が聞かれるようになりました
今も、ミーンミーンミーと鳴いています

No title * by 蝶 旅の友
ギンヤンマのカップル 久しぶりに目にしました。
昔は沢山いましたね。

▼▼▼コメント 深謝 * by ▲▲▲白竜雲 (はく りゅう うん)  
みなさま  おはようございます!
いつも早朝から、コメントと応援ボチッP☆を、有難う御座います!

     散輪坊さん
池に近づけなくなりましたか! それは、残念ですね!^^;;
最近は 訴訟になる事案も増えているので、適切な管理をしていなかったとして 責任を追及される場合もあるので、 そのような措置をとるのでしょうか?

     Itotonboさん
いつも同定を ありがとうございましす!
この植物の茎は 蔓にはなっていません・・・一本立ちの様でした(^-^)
イヌホオズキですね♪(^^)

     フクジイさん
大賀博士がハスの種を発見したという所・・・ああ 千葉県でしたね!
凄い発見でした!
今では全国で 大賀ハスが 見られますね!

     蝶・旅の友さん
昔、小学生の頃は 田舎に住んでいたのですが・・・どんなトンボと遊んだのかさえ、忘れています。
今でもそうですが・・・多分シオカラトンボは 身近なトンボだったと思うのですが・・・(^^;)

No title * by かぜくさ
楽しい休耕田ですね!
ギンヤンマを写したいですが、飛ぶばかりで写せないです。
産卵中を見つけられればいいのですね。
チョウトンボも好きなのですが、最近見ていないです。
でも、オオムラサキのいる樹液の木をまたみつけられました♪

No title * by KOZAK
蓮の花にトンボは絵になりますね。蓮が身近にないのでチャンスも身近にありません<(´ロ`')o

No title * by simosan
今晩は。

俳句の政界では単に「夕化粧」とすると
白粉花の事で秋の季語となります。
http://kigosai.sub.jp/archives/3974
きっと明治期に入ってきた外来種ですので、
その前から使っていた白粉花には敵わないのでしょうね。v-10

No title * by hiro-photo
こんばんは。
蓮の花に止まるトンボを狙いたいのに止まってくれない・・、相手のある事ですから思うように事は運んでくれないですね。
ギンヤンマの産卵シーン・・こちらでもよく見ますが、こんな時でもなければまともに姿を写させてもらえません。

No title * by ウィンターコスモス
チョウもトンボもハスの花にはなかなかとまりませんね〜
アゲハなどもよく蓮池の上を飛んでますけど、
とまりそうになっても、とまらないで行ってしまいます。
虫には魅力ないんでしょうか。
とまり心地もよくないのかな??

イヌホオズキ、今たくさん咲いてますね。


No title * by はぴ
蓮が綺麗に咲いていますね。
こちらでも蓮池に蝶トンボがたくさんいます。
何度見ても綺麗なトンボさんですねぇ。P☆

▼▼▼コメント 深謝! * by ▲▲▲白竜雲 (はく りゅう うん)  
みなさま こんばんは! 
いつも、コメントと応援ポチッ!☆を、ありがとうございます!

     かぜくささま
ギニャンマは、どこの池でも飛んでいるのですが・・・留まりませんね!
^^;; 産卵で、水面で留まっているのは 偶に見ます!
オオムラサキに また会えましたか! 
羨ましい限りです! 未見です(^^;)💦

     KOZAKさん
ハスの花を見かけると、 トンボが来ないかと期待するのですが・・・なかなか留まりませんね!^^;;

     Simoさん
俳句の世界では ユウゲショウは白粉花ですか!
知りませんでしたよ(*^^*)

     Hiro-photoさん
ギニャンマは・・・そうですね・・・水面を周遊している姿は 良く見かけるのですが・・・稀にしか水草にぶら下がりません!
産卵の時は チャンスですね!ヽ(^^)ノ

     ウィンターコスモスさま
ハスの蕾の先端に留まってもらいたいので・・・確率は1/100くらいですね(^^;)💦
蕾の先端だと・・・留まり心地は最悪でしょう(^〇^)

     はぴさま
ハスは・・・やはり 仏の花のだと思います
宗教的荘厳さが感じられますからね♪(^^)

チョウトンボ・・・多いですか! いいですね!
初めてチョウトンボ・に出会った時は・・・ゆったりと飛んで 優雅なのでビックリしました!


コメント









管理者にだけ表示を許可する

No title
 沢山のハスの花を見られる池がありましたが、灌漑用のためなのか
根っこ毎きれいにされてしまい花を全く見られなくなって残念です。
その池でトンボを見られたのですが、周囲に柵をめぐらされて水辺に
近付けなくなりました。

 最後の花はイヌホウズキではないでしょうか。
 
2016-07-25 * 散輪坊 [ 編集 ]

最後の植物は
おはようございます。
最後の植物の特徴は次の通りです。
①葉は3~5裂になっていません。
②茎は毛深くありません。
③実の柄が1箇所から出ている。
以上の理由からイヌホオズキと思われます。

④この植物の茎は蔓になっていないと思われますが,ご自分でお確かめ下さい。(イヌホオズキは蔓性の植物ではないからです。)
P☆!
2016-07-25 * itotonbosan [ 編集 ]

No title
白竜雲さん
おはようございます
先日、あの大賀博士がハスの種を発見したという所で観蓮会というのがあり
行ってきました
トンボが飛んでいましたが、残念ながらハスに止まってくれませんでした
沢山の人が来られていたので、トンボは飛び回るだけでした

こちらでも、セミの鳴き声が聞かれるようになりました
今も、ミーンミーンミーと鳴いています
2016-07-25 * フクジイ [ 編集 ]

No title
ギンヤンマのカップル 久しぶりに目にしました。
昔は沢山いましたね。
2016-07-25 * 蝶 旅の友 [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝
みなさま  おはようございます!
いつも早朝から、コメントと応援ボチッP☆を、有難う御座います!

     散輪坊さん
池に近づけなくなりましたか! それは、残念ですね!^^;;
最近は 訴訟になる事案も増えているので、適切な管理をしていなかったとして 責任を追及される場合もあるので、 そのような措置をとるのでしょうか?

     Itotonboさん
いつも同定を ありがとうございましす!
この植物の茎は 蔓にはなっていません・・・一本立ちの様でした(^-^)
イヌホオズキですね♪(^^)

     フクジイさん
大賀博士がハスの種を発見したという所・・・ああ 千葉県でしたね!
凄い発見でした!
今では全国で 大賀ハスが 見られますね!

     蝶・旅の友さん
昔、小学生の頃は 田舎に住んでいたのですが・・・どんなトンボと遊んだのかさえ、忘れています。
今でもそうですが・・・多分シオカラトンボは 身近なトンボだったと思うのですが・・・(^^;)
2016-07-25 * ▲▲▲白竜雲 (はく りゅう うん)   [ 編集 ]

No title
楽しい休耕田ですね!
ギンヤンマを写したいですが、飛ぶばかりで写せないです。
産卵中を見つけられればいいのですね。
チョウトンボも好きなのですが、最近見ていないです。
でも、オオムラサキのいる樹液の木をまたみつけられました♪
2016-07-25 * かぜくさ [ 編集 ]

No title
蓮の花にトンボは絵になりますね。蓮が身近にないのでチャンスも身近にありません<(´ロ`')o
2016-07-25 * KOZAK [ 編集 ]

No title
今晩は。

俳句の政界では単に「夕化粧」とすると
白粉花の事で秋の季語となります。
http://kigosai.sub.jp/archives/3974
きっと明治期に入ってきた外来種ですので、
その前から使っていた白粉花には敵わないのでしょうね。v-10
2016-07-25 * simosan [ 編集 ]

No title
こんばんは。
蓮の花に止まるトンボを狙いたいのに止まってくれない・・、相手のある事ですから思うように事は運んでくれないですね。
ギンヤンマの産卵シーン・・こちらでもよく見ますが、こんな時でもなければまともに姿を写させてもらえません。
2016-07-25 * hiro-photo [ 編集 ]

No title
チョウもトンボもハスの花にはなかなかとまりませんね〜
アゲハなどもよく蓮池の上を飛んでますけど、
とまりそうになっても、とまらないで行ってしまいます。
虫には魅力ないんでしょうか。
とまり心地もよくないのかな??

イヌホオズキ、今たくさん咲いてますね。

2016-07-25 * ウィンターコスモス [ 編集 ]

No title
蓮が綺麗に咲いていますね。
こちらでも蓮池に蝶トンボがたくさんいます。
何度見ても綺麗なトンボさんですねぇ。P☆
2016-07-25 * はぴ [ 編集 ]

▼▼▼コメント 深謝!
みなさま こんばんは! 
いつも、コメントと応援ポチッ!☆を、ありがとうございます!

     かぜくささま
ギニャンマは、どこの池でも飛んでいるのですが・・・留まりませんね!
^^;; 産卵で、水面で留まっているのは 偶に見ます!
オオムラサキに また会えましたか! 
羨ましい限りです! 未見です(^^;)💦

     KOZAKさん
ハスの花を見かけると、 トンボが来ないかと期待するのですが・・・なかなか留まりませんね!^^;;

     Simoさん
俳句の世界では ユウゲショウは白粉花ですか!
知りませんでしたよ(*^^*)

     Hiro-photoさん
ギニャンマは・・・そうですね・・・水面を周遊している姿は 良く見かけるのですが・・・稀にしか水草にぶら下がりません!
産卵の時は チャンスですね!ヽ(^^)ノ

     ウィンターコスモスさま
ハスの蕾の先端に留まってもらいたいので・・・確率は1/100くらいですね(^^;)💦
蕾の先端だと・・・留まり心地は最悪でしょう(^〇^)

     はぴさま
ハスは・・・やはり 仏の花のだと思います
宗教的荘厳さが感じられますからね♪(^^)

チョウトンボ・・・多いですか! いいですね!
初めてチョウトンボ・に出会った時は・・・ゆったりと飛んで 優雅なのでビックリしました!

2016-07-26 * ▲▲▲白竜雲 (はく りゅう うん)   [ 編集 ]