▶河口の水鳥たち(その2)

【2016-9-4(日) 記】   

blog_line1.gif  

日めくりの・・・『今日の金言』

『互いに信じ合うことは美しい』


blog_line1.gif


どうも、被写体が遠すぎる(^^;)
もっと水際に行かないと・・・どこが良いかな?・・・と思案していると、ベテランらしい鳥撮り人(=カメラマン=CM)が大砲を担いで先の方を歩いているので、(いいポイントに行くに違いない!)と、・・・ついて行くことにしました(^o^)
     ⇊
a_Rs-kameraman__26 (2)


少し歩くと・・・葦が生えている所から ギンヤンマが飛び立ちました!
そして 行ったり来たりしていています(^^)
ギンヤンマは簡単に留まるトンボじゃないから・・・と思いながらも、目で追っていると 葦の茎に留まった!@@
ラッキー!・・・と喜んで・・・カシャリッ!
     ⇊
a_Rs-ginyanma__98 (2)

後ろに回り・・・もう一枚!
留まっているギンヤンマを撮ることは 珍しいことです(^o^)

おっ!
このギンヤンマ・・・雌雄を判別することが出来る尾端を見ると・・・上・下付属器の形は♀(雌)ですが・・・腹部第2・3節には、♀(雌)には通常見られない・・・♂(雄)と同じような水色をしています。
こんなギンヤンマ♀(雌)は初めて見ましたが・・・ママあることのようです(^o^)
     ⇊
a_Rs-ginyanma__176 (bb)


黄色いソックスを履いたコサギが見えたので 久しぶりに撮りました!
     ⇊
a_Rs-kosagi__70 (2)


少し川の方に移動すると・・・ありゃ! これは何だ?
     ⇊
a_Rs-kiashishigi__247 (2)


キアシシギ(旅鳥)のようです(^-^)
     ⇊
a_Rs-kiashishigi__287 (2)


近付くと 逃げ始めて・・・水の中を歩いて 遠ざかって行きます!(^^;)
     ⇊
a_Rs-kiashishigi__318 (2)

a_Rs-kiashishigi__323 (2)

a_Rs-kiashishigi__327 (2)

a_Rs-kiashishigi__330 (2)


ーーーー▶河口の水鳥たち(その3)へ。


blog_line1.gif 
 
 

▼当ブログの存在を広く知って頂くために、ブログランキングに参加しています♪(^^) 
このバナー ⇊ を 一日一回 クリックして ご支援下さい!♪(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
  いつも ご協力・ご支援頂き、ありがとうございます!♪(^^)
*


              ●コメント欄は この下 ⇊ にあります●

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 泊まるギンヤンマは羨ましいです。
翅が相当痛んでいるためなのでしょうか。
 キアシシギはここでは無理な鳥かもしれません。

No title

おはようございます
ギンヤンマ 美しい~♪ 翅が少し傷んでるけど細部にわたって鮮明  素晴らしいですね
こんな画像を拝見すると、「トンボ撮ったよ」なんて言えません!
キアシシギがのんびり歩いてる様子が良いな
干潟に行きたくなります!

No title

当地ではシギチドリはめったに見かけない鳥さん達ですが、この子らは渡り鳥ですか?

▼▼▼コメント 深謝!

みなさま  おはようございます!
いつも早朝から、コメントと応援ボチッP☆を、有難う御座います!

     散輪坊さん
以前、池でパトロールしているギニャンマが 水草に留まったのを 一度だけ撮ったことがあります。 その水草が 休憩所になっていたようです(^^)  旅鳥は 貴県の池や湖では 休みませんか・・・^^;;

     とりこさま
えー そんなにギンヤンマが いいですか?♪(^^)♪
ありがとうございます!m(_ _)m
干潟も 旅鳥が見られるようになると 楽しいですね!
近くで撮れることもありますが・・・50m以上遠いのが難点です(^^;)

     KOZAKさん
この河口は、 これから 『冬鳥』と『旅鳥』が 入り乱れます(^o^)
キアしシギは、南半球へ行く途中に立ち寄った『旅鳥』で、10月まで滞在します。 カモメ類は 避寒のために当地に来た『冬鳥』で、 冬を越し、来年の3-4月まで ここに滞在します。

     

No title

今日は。

河口にはいろいろな鳥が来ますね。
こちらでは見られないので残念です。

昨日ウラギンシジミを見つけました
キンとギンとの違い・・・残念でした。v-12

No title

とまったギンヤンマに出会えたなんて
もの凄〜〜く運がいいですね!!
まだ一度も出会えてないと思います。
ヤンマだからやっぱりぶらさがるんですねぇ〜

黄色い足がよくわかってかっこいいコサギ
こんな場面、撮りたいです。。。
キアシシギも近くていいですね!!

▼▼▼コメント 深謝!

みなさま こんにちは! 
いつも、コメントと応援ポチッ!を、ありがとうございます!

     Simoさん
裏銀シジミは、今が最盛期のようで、あちこちで出会いますね!
裏金シジミは ゼフィルスの一種でしょう!
まだ見たことがありません(^^;)

     ウィンターコスモスさま
留まっているギンヤンマは・・・12年間で2度撮りました(^o^)
そうですね・・・ヤンマ科ですから ぶら下がります(^^)

干潟の水鳥は 遠いのが難点ですが・・・このキアシシギは、15mくらいの距離から撮りました♪(^^)

No title

大型のカメラは
戦場の大砲に見えますね。
こんな大きな機材を持っての
真夏の移動は好きじゃ無いと
無理だな〜
応援!

▼▼▼コメント 深謝!


 せいパパさん  こんばんは!
仰る通りです!♪(^^)
大砲は重いので、持ち歩いて散策するのには不向きで・・・「待ち」の撮影スタイル用ですね!、
でも、駐車場から水辺までは・・・このように持ち運ばなくてはいけませんv(^o^)

河口

白竜雲さま、こんばんは

河口はこれから渡り鳥の良い休憩所になり、
撮影ポイントには最高ですね。
人が近づくと、すぐ飛ぶシギチですけど、
このキアシシギからは沢山のシャッターチャンスを
頂けて、かなりラッキーだったと思います。

No title

水辺は鳥などの絶好の観察地ですね。当地には河口のような所がありませんから、必然、鳥の数も種類も少なくて、淋しい限りです。
トンボの詳しい観察点を聞いていますと、知識のない小生などは、ますますオスかメスか分からなくなってしまいそうです。

▼▼▼コメント 深謝!

みなさま こんばんは! 
いつも、コメントと応援ポチッ!☆を、ありがとうございます!

     ゆきさま
野鳥がベテランのゆきさま! 
キアシシギで いいでしょうか?
旅鳥には あまり出会ったことがありませんので、 鳥の名前に間違いがあれば 訂正をお願いしますm(_ _)m

     Bell3さん
渡り鳥たちを見られるのは有難いのですが・・・遠いので トリミングしないと判然としない所が悩みです(^^;)
トンボの雌雄は まず、尾端の上・下付属器の形を見ないといけませんが、慣れないと 難しい面もありますね(^^;) 
プロフィール

 ▶白竜(はく りゅう)

Author: ▶白竜(はく りゅう)
横綱の「鵬」関と「鶴」関にあやかって、ハンドルネームを《白竜》にしました(^-^)2004年から、自然写真を撮りながら森や野山をノ~ンビリ歩き、素晴らしい日本(東海地方)の四季を楽しみつつ、自然環境や生きものたちの変化を観察しています。【管理画面へ】
**********************************
ブログ・ランキングに参加しています.にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ/日本ブログ村/
****************************

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
■新カウンター(2015_2_~    
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED     本日: SEO対策はUNFINISHED       昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED
QRコード
QR
日めくり
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ランキング