♪自然への回帰

 

▶タイワンタケクマバチ<台湾竹熊蜂>が生息域拡大中 (-_-;) 


先日・・・曇り日の時、クリの花にゼフィルスが来ているのではないかと思い、2箇所の栗の木を訪ねました。
木の周りをぐるぐる回りながら探しても、蝶は一頭も居ませんでした(><)
やはり、天気が悪いと ゼフィルスは飛ばないのでしょうかねえ(^^;)
最近、あちら こちらで このハナバチらしいのを 良く見かけます。
何でしょうね? 
a-Resized__hanabachi__202 (2)

飛んだ時の全身像は、これですが・・・・、
黒一色で、クマバチのような茶色の毛は 生えていないようです。
a-Resized__hanabachi__220 (2)

気になるので、調べてみましょう。
今は便利な時代になり、殆どの情報がネットで探せますv(^^)v
昆虫のグループの1つである、ハチ目とか 膜翅目(まくしもく)の用語で検索します。
ありました! ヽ(^。^)ノ 
岐阜大学教育学部理科教育講座の「昆虫図鑑」がヒットしました!
写真を見て行くと・・・ありました! 「コシブトハナバチ科」 に入っている・・・『タイワンタケクマバチ』<台湾竹熊蜂>でしょう!
中国から移入した外来種=タイワンタケクマバチで、 生息域を拡大中のようです(><)
わが国の自然界に被害をもたらさなければいいのですが・・・^^;;

『タイワンタケクマバチ』
2006年ごろから愛知県での侵入の報告が相次ぎ、急激に個体数を増やしている。
クマバチよりやや大きく、長い。枯れた竹に穴をあけ、巣を作る。


モンシロチョウが曇り空でも蜜を求めて・・・
a-Resized__monshirochou__373 (2)

モンキチョウは沢山飛び交っていましたv(^^)
a-Resized__monkichou__235 (2)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村へ 
ランキングに参加しています。ポチッ!(^^)♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   

【コメント投稿】: (15)


No title * by とりこ
おはようございます
ハナバチの翅は、オレンジ色できれいな色ですね
このような色の翅は、初めて見ました
収穫ですね
ゼフィルスには会えなかったのかな

おはようです~ * by hirugao
花にやってくる蜂さんが多くてちょっと怖いのです・・・
ことに夏の花になるとどうしてかなんですよ。

やはりこの森はゆったり蜜を吸うのにあっているのでしょうね。
お目当ては??

No title * by フクジイ
白雲さん
おはようございます
翅がとても綺麗ですね
また、力強い翅ですね
そして、ホバリングの写真も、とても素晴らしいです
最近、クマバチが沢山飛んでいるので
今年は、このホバリング撮影に是非挑戦したいです

No title * by みどり
綺麗な羽のハチ。
『タイワンタケクマバチ』というのですか?!
羽の色が違って見えるのは、光のせいもあるのかな?
珍しいですね。

▶コメント 深謝! * by ●白雲 (はくうん) 
みなさま  おはようございます!
いつも、コメントを、有難う御座います!

とりこさま
『タイワンタケクマバチ』でした!
名前が判ると・・・スッキリしますね!v(^^)
翅の色は・・・時々 虹色に光るので、 光った時に撮ろうと・・・狙いましたよ(^^)♪ この日は、ゼフィルスには会えませんでした^^;;

Hirugaoさま
ハチと云っても、いろいろな種類がありまして、花蜂は人には無関心で、全くと言っていいくらい刺しませんし、♂(雄)には刺す針もありません(^^)♪
御安心下さい(^^)

フクジイさん
フクジイさんは どんなカメラをお使いですか?
コンデジでは、昆虫のホバリングを撮るのは、難しいと思います。
デジ一眼をお使いなら、 撮り方を伝授致しますよv(^^)v

みどりさま
台湾から、このハナバチが生息域を拡大しているようですね!
今の季節、あちらこちらで見られます^^;;;;;
そうですね・・・光線の反射角度により  こんな色になります。

No title * by simosan
今晩は。

昆虫や生物の世界でのグローバル化は困りますね。v-12

江戸の頃に戻って鎖国でもしたようです。

No title * by itohnori
白雲さん、今晩は。
 >台湾竹熊蜂
そんな蜂が繁殖しているのですか!
どの様なルートで入って来たのでしょうか?
生態系を乱さないと良いのですが。

▶コメント 深謝! * by ●白雲 (はくうん) 
みなさま  こんばんは!
いつも、コメントを、有難う御座います!

Simoさん
Itohnoriさん

改めて調べましたら、このタイワンタケクマバチは、一緒にやって来たダニの特徴から、台湾ではなくて 中国本土からやって来たハチと判明したようです。
http://www.yahagigawa.jp/webpal/file/2_20100630135526_20512.pdf

今のところ、大きな影響はないようですが、継続して監視する必要がありますね。
http://www.pref.aichi.jp/kankyo/sizen-ka/shizen/gairai/measure30/pdf/pdf_data11.pdf

No title * by hiro-photo
こんばんは。
名前を調べるのに時間を費やしてしまいますが、やはり名前付きで絵を載せる方が親切ですね・・・、私もネットで調べていますが、中々使い勝っての良いネット図鑑は無いですね・・・。
P

No title * by はぴ
このハチは初めて見ます。
真っ黒でワイルドですね~。

栗の花にはゼルフィスがやってきますよね。
この日は見れなくてもまた探してみてください^^
P☆

▶コメント 深謝! * by ●白雲 (はくうん) 
みなさま  こんばんは!
いつも、コメントを、有難う御座います!

Hiro-photoさん
図鑑やネットで名前を調べるのは なかなか大変な作業です。
直ぐに見つかれば 良いのですが、そうでない方が多いですからね^^;;;;;

はぴさま
栗の木が どこにあったかな?・・・と、考えながら行って来ましたが、白い栗の花が 茶色になり始めていて、 もうすぐ終わりのようですね(^^;)

No title * by YUMI
これもはじめて見ました。
ワイルドな蜂ですね。
ネットは便利ですよね。
なんでもかわらなかったらネットです。
便利すぎて、良いのか悪いのか…とも思いますが。

▶コメント 深謝! * by ●白雲 (はくうん) 
YUMIさま  おはようございます!
いつも、コメントを、有難う御座います!ヽ(^^)ノ
毎日見て頂いて 恐縮です♪(^^)
自然界には いろいろ居るでしょう!
少しは 昆虫類の名前を覚えて頂けましたか?

No title * by kanageohis1964
こんにちは。

タイワンタケクマバチ、愛知県から広がったということは、やはり中国からの積み荷についていたんでしょうね。何を輸入したんでしょうね。

▶コメント 深謝! * by ●白雲 (はくうん) 
Kanageohis1964 さん  おはようございます!
RESが 遅くなり、 すみませんm(_ _)m

検索しましたところ、 おかしな話ですが、中国から竹を輸入した時に、竹の中に入っていたらしいのです。
竹なんか 日本で使われずに 竹藪が悲惨な状態ですのに・・・本当に輸入したのでしょうかね??

以下の資料を御参照下さい。

http://www.pref.aichi.jp/kankyo/sizen-ka/shizen/gairai/measure30/pdf/pdf_data11.pdf

http://www.yahagigawa.jp/webpal/file/2_20100630135526_20512.pdf

コメント









管理者にだけ表示を許可する

No title
おはようございます
ハナバチの翅は、オレンジ色できれいな色ですね
このような色の翅は、初めて見ました
収穫ですね
ゼフィルスには会えなかったのかな
2014-06-19 * とりこ [ 編集 ]

おはようです~
花にやってくる蜂さんが多くてちょっと怖いのです・・・
ことに夏の花になるとどうしてかなんですよ。

やはりこの森はゆったり蜜を吸うのにあっているのでしょうね。
お目当ては??
2014-06-19 * hirugao [ 編集 ]

No title
白雲さん
おはようございます
翅がとても綺麗ですね
また、力強い翅ですね
そして、ホバリングの写真も、とても素晴らしいです
最近、クマバチが沢山飛んでいるので
今年は、このホバリング撮影に是非挑戦したいです
2014-06-19 * フクジイ [ 編集 ]

No title
綺麗な羽のハチ。
『タイワンタケクマバチ』というのですか?!
羽の色が違って見えるのは、光のせいもあるのかな?
珍しいですね。
2014-06-19 * みどり [ 編集 ]

▶コメント 深謝!
みなさま  おはようございます!
いつも、コメントを、有難う御座います!

とりこさま
『タイワンタケクマバチ』でした!
名前が判ると・・・スッキリしますね!v(^^)
翅の色は・・・時々 虹色に光るので、 光った時に撮ろうと・・・狙いましたよ(^^)♪ この日は、ゼフィルスには会えませんでした^^;;

Hirugaoさま
ハチと云っても、いろいろな種類がありまして、花蜂は人には無関心で、全くと言っていいくらい刺しませんし、♂(雄)には刺す針もありません(^^)♪
御安心下さい(^^)

フクジイさん
フクジイさんは どんなカメラをお使いですか?
コンデジでは、昆虫のホバリングを撮るのは、難しいと思います。
デジ一眼をお使いなら、 撮り方を伝授致しますよv(^^)v

みどりさま
台湾から、このハナバチが生息域を拡大しているようですね!
今の季節、あちらこちらで見られます^^;;;;;
そうですね・・・光線の反射角度により  こんな色になります。
2014-06-19 * ●白雲 (はくうん)  [ 編集 ]

No title
今晩は。

昆虫や生物の世界でのグローバル化は困りますね。v-12

江戸の頃に戻って鎖国でもしたようです。
2014-06-19 * simosan [ 編集 ]

No title
白雲さん、今晩は。
 >台湾竹熊蜂
そんな蜂が繁殖しているのですか!
どの様なルートで入って来たのでしょうか?
生態系を乱さないと良いのですが。
2014-06-19 * itohnori [ 編集 ]

▶コメント 深謝!
みなさま  こんばんは!
いつも、コメントを、有難う御座います!

Simoさん
Itohnoriさん

改めて調べましたら、このタイワンタケクマバチは、一緒にやって来たダニの特徴から、台湾ではなくて 中国本土からやって来たハチと判明したようです。
http://www.yahagigawa.jp/webpal/file/2_20100630135526_20512.pdf

今のところ、大きな影響はないようですが、継続して監視する必要がありますね。
http://www.pref.aichi.jp/kankyo/sizen-ka/shizen/gairai/measure30/pdf/pdf_data11.pdf
2014-06-19 * ●白雲 (はくうん)  [ 編集 ]

No title
こんばんは。
名前を調べるのに時間を費やしてしまいますが、やはり名前付きで絵を載せる方が親切ですね・・・、私もネットで調べていますが、中々使い勝っての良いネット図鑑は無いですね・・・。
P
2014-06-19 * hiro-photo [ 編集 ]

No title
このハチは初めて見ます。
真っ黒でワイルドですね~。

栗の花にはゼルフィスがやってきますよね。
この日は見れなくてもまた探してみてください^^
P☆
2014-06-19 * はぴ [ 編集 ]

▶コメント 深謝!
みなさま  こんばんは!
いつも、コメントを、有難う御座います!

Hiro-photoさん
図鑑やネットで名前を調べるのは なかなか大変な作業です。
直ぐに見つかれば 良いのですが、そうでない方が多いですからね^^;;;;;

はぴさま
栗の木が どこにあったかな?・・・と、考えながら行って来ましたが、白い栗の花が 茶色になり始めていて、 もうすぐ終わりのようですね(^^;)
2014-06-19 * ●白雲 (はくうん)  [ 編集 ]

No title
これもはじめて見ました。
ワイルドな蜂ですね。
ネットは便利ですよね。
なんでもかわらなかったらネットです。
便利すぎて、良いのか悪いのか…とも思いますが。
2014-06-20 * YUMI [ 編集 ]

▶コメント 深謝!
YUMIさま  おはようございます!
いつも、コメントを、有難う御座います!ヽ(^^)ノ
毎日見て頂いて 恐縮です♪(^^)
自然界には いろいろ居るでしょう!
少しは 昆虫類の名前を覚えて頂けましたか?
2014-06-20 * ●白雲 (はくうん)  [ 編集 ]

No title
こんにちは。

タイワンタケクマバチ、愛知県から広がったということは、やはり中国からの積み荷についていたんでしょうね。何を輸入したんでしょうね。
2014-06-20 * kanageohis1964 [ 編集 ]

▶コメント 深謝!
Kanageohis1964 さん  おはようございます!
RESが 遅くなり、 すみませんm(_ _)m

検索しましたところ、 おかしな話ですが、中国から竹を輸入した時に、竹の中に入っていたらしいのです。
竹なんか 日本で使われずに 竹藪が悲惨な状態ですのに・・・本当に輸入したのでしょうかね??

以下の資料を御参照下さい。

http://www.pref.aichi.jp/kankyo/sizen-ka/shizen/gairai/measure30/pdf/pdf_data11.pdf

http://www.yahagigawa.jp/webpal/file/2_20100630135526_20512.pdf
2014-06-21 * ●白雲 (はくうん)  [ 編集 ]